ライトワーカーの3つのタイプとは?

oht97_nagareruhosi_tp_v

ライトワーカーは大きく分類すると、以下の3種類に分けることができます。

<高次元の惑星から何かを地球にもたらしに来たライトワーカー>  
                          
まず高次元の惑星からやってきたライトワーカーは地球の環境や人類の状況を把握するのを目的として何回か地球で生まれ変わりを繰り返します。

そのため、平均として地球での転生の回数は少なめで5~50回は経験しているといわれています。

ある意味、「身体をもって生きるとはこういうことか」という自分の身体を使った人体実験みたいな期間です。 笑

転生回数が他の魂よりも少ないのは、自分の故郷の惑星から持ってきた技術やエネルギーを忘れずに保持しておくために必要なことだからです。

ここで言う技術やエネルギーは、ヒーリング、高次元とのチャネリング、高次元の質(愛・喜び・調和・美など)などのことです。

あまりに生まれ変わってしまうと、何をしに来たのかを忘れてしまう可能性があります 笑。

そして、基本的には今回の人生は地球での仕事のクライマックスを迎えていることがおおくあります。

基本的に精神の状態は地球レベルよりもはるかに高い状態にあります。

そのためこのタイプのライトワーカーにとっては、

地球は学びを得る場所というよりは、ライトワーカーとしての自分らしさを発揮して貢献する場所なのです!

もしあなたがこのタイプであれば、何かを学ぶことよりも、人や世界に貢献したり、周りの人や人類の意識の向上を何らかの形で促すことに喜びを感じるでしょう。

そういうことをすると意識しただけで喜びやワクワクを感じるかもしれません。

この場合は経験から得るあらゆる学びは、もっと自分らしく貢献するための学びであり、すべて自分らしい貢献をすることに結びつきます。

自分が何かを学ぶと、なぜか周りの人に何らかの形でそれを伝えたくなりませんか?

そして、それをしようとすること、実際にすることにワクワクや喜びを感じませんか?

もし自分がこのタイプに当てはまると感じるのだとしたら、あなたへのアドバイスは

「今いる環境から少しずつでもよいので、自分がやりたいと感じる表現を始めること」です。

「いつか」や「どこか」ではありません。「今の仕事を辞めてから」でもありません 笑。

今からできることが必ずありますし、ちゃんと意識してみれば、無意識でやっていることにも気づくでしょう。

あなたは偶然そこにいるわけではありません。

もしかしたら、そこにある何らかの古い仕組みを率先して経験し、新しい仕組みを創り出そうとしているのかもしれません。

あなたが感じていることを自分がやりたいように表現していきましょう。

それがライトワークです。

それは明らかにその場所にいて、あらゆることを経験してきたあなたにしかできないことです。


自分の仕事をすることほど調子が良くなることはありません。


<地球の守護者的なライトワーカー>

地球で何百回も生まれ変わっているライトワーカーです。

魂によっては、人類の起源や地球の起源に関わっていることもあります。

始まりからこの地球の歩みを見守ってきた彼らは、地球のガーディアン(守護者)ともいえるでしょう。

たいてい彼らは、地球と人類のスピリチュアルなガーディアンとされるシリウスと強いつながりがあります。

このタイプの人はもしかしたら、夢やふとした時に青い惑星(シリウス)のビジョンを見たことがあるかもしれません。

地球の守護者のスターシードの使命は、地球と人類の進化に大きく関わっています。

そのために率先して地球に何度も生まれ変わってきました。

彼らは、スピリチュアル・ティーチャー、シャーマン、指導者、ヒーラー、王や王女、高僧、巫女といったリーダー的な役割を持つことを多くあります。

実際にそのような職業についていなくても、存在自体がリーダーです。

このタイプのライトワーカーは、地球で培われてきた古代の知恵や本質的がつ地に足の着いたスピリチュアルな知識を持っています。

身体を持った状態での転生を誰よりも繰り返しているため、彼らは地に足の着いた状態とスピリチュアルである状態をバランスよく保つ能力をマスターしています。

地球が3次元から5次元にシフトしている今にいるこのタイプのライトワーカーは、おそらく人間としての最後の人生になるでしょう。

彼らが今まで携わってきた計画は最終段階に来ています。

このタイプのライトワーカーへのメッセージは、

今まで自分が培ってきた技術や能力を思い出し、それを現場で活用して、現実的に、着実に世界に新しい仕組みをもたらしましょう!

というものです。

おそらく、あなたがこのタイプであれば、どのようなスピリチュアルな人よりも、現実的な仕事に就いていたり、もっとも地球らしい環境に身を置いているでしょう。

普通のスピリチュアルな人よりもグラウンディングが上手なため、エネルギーの影響からも強く、自分の仕事を上手にこなすことができるでしょう。

この3次元世界に新しい文明をもたらす先駆者として、自らの内側にあるヴィジョンを今の環境で着実に現実化させ、スピリチュアルな目覚めがまだもたらされていない人たちもうまく先導し、きたる5次元の黄金時代に自然にシフトできるように導いていきましょう。

併せて、地球の環境にあまりなじめていないライトワーカー達の力にもなってあげましょう。

ある意味、あなたは地球という旅行先のガイドさんのような存在であるともいえるでしょう。 笑

あなたと触れ合ったライトワーカーたちは自分たちが力強くなったと感じ、もっと自分のライトワークを実行することができます。

身体をもった人間特有の感覚に関するスペシャリストであるあなたの力を必要としている人は本当にたくさんいます。


<新時代のライトワーカー>

このタイプのライトワーカーは地球での人生経験がほとんどないことが特徴です。

この身体をもった人間としての人生を全く送ったことがない場合もあります。

この地球が3次元から5次元にアセンションする時期に地球と人類に引き寄せられた存在達で、本当に数多くの重要なギフトと役割を持ってきています。

密度の高いこの地球に来たての彼らのオーラフィールドは、非常に純粋で拡張性があります。

これ自体も人類にとっての素晴らしいギフトです。

なぜなら彼らがいるだけで、彼らのオーラ体と触れることになり、それに共鳴して周りの人々が自分本来の純粋さなどを思い出せるからです。

一方で、あまりこの身体になじめていない存在も多く、ちょっと変わり者にみられて精神的な疾患を持っていると勘違いされることがあります。

実際にはまったくもって病気ではありません。

ただこの身体をもって生きることに慣れていないだけなのです。

新時代のライトワーカー達は年齢的に若い世代が多く、彼らはクリスタル・チルドレンやレインボー・チルドレンとも呼ばれます。

また彼らは、コマンド・アシュタールの星の種(シード)が埋め込まれていることが多くあります。

その星の種(スターシード)は来るべき時に、開花し、地球に数多くの恩恵をもたらすでしょう。

そのためには、インディゴチルドレンと呼ばれる5次元の開拓者たちが、地ならしをする必要があるでしょう。

新しい時代のライトワーカーやスターシード達が安心して存在できるような環境を創ってあげる必要があります。

それが出来上がってから本格的に新時代のライトワーカーやスターシード達が自分の仕事を始めます。

彼らは地球の未来の人生のサイクルを始める存在ともいえるでしょう。

今後の地球の未来の準備をしているともいえます。
<すべてのライトワーカーに共通すること>

・「地球と人類を助けたい!」という思いや衝動を持っています。

これは一番の共通項と言えるでしょう。

ヒーリング、チャネリング、スピリチュアルな教え、エネルギーワークなど表現方法やギフトのカタチは違えど、その根底にある想いは同じです。

・ライトワーカー達は、この地球の一般的に人たちとは異なるものに属している感覚を持っています。

それが実際には自分の故郷の惑星に自分のルーツがあるという感覚でもあるのです。

故郷の星との繋がりを思い出すことは、自分のルーツと繋がることにもなり、自分の本来の姿を思い出し、自分が地球の持ってきたギフトを開放し、役割を発揮するのを大幅に加速させます。

また同じようなルーツをもつ人たちとこの現実世界で繋がりを持つことも、自分の本質を安定して発揮するカナリの助けになるでしょう。

・地球にやってきた本質的な目的と同時に、この身体をもって存在している現実的な人生の目的を果たすことも大事です。

もちろん地球のアセンションを手助けに来ているのですが、この身体を持った経験を楽しみに来ている面もあるため、人生もエンジョイすることは重要なのです。

自己実現や物質的な願望を叶えること、自己実現することも大切ですし、肉体的な癒しや満たされた感覚を味わうことも重要です。

自分の本質的なミッションと人間としての自己実現のバランスをうまくとりながら、自分の好きなようにやることが大切です。

・スピリチュアルなことに深い関心を持っていて、一度興味を持ち始めるとすでに経験したことがあるかのようにスピリチュアルな成長が早いです。

・小さいころから宇宙、星々、天使やユニコーン、サイエンス、フィクション、そういった映画や漫画などに興味を持つことが多くあります。

・芸術的な感覚を持っており、繊細でもあります。

何が美しいのか、何が本質的なものなのかを察知する感覚がとても鋭いです。

嘘やごまかしはすぐに感じ取るでしょう。

・地球や人類のハマっているパターンを色濃く体験するために困難な経験をすることが多くあります。

もっとも人間らしい両親のもとに生まれたり、困難多き人間関係を経験したりすることがあります。

実際にはそれによって、

「なるほど、地球とはこういう星なのか。それならこういう角度から光をもたらしてみようかな」笑

という現実的なアイデアも浮かぶのです。

経験することで人類のことも深く理解できますし、導くこともできるのです。

・実際にUFOを知覚したり、目に見えないマスター達と遭遇することもあります。

これは感覚が高次元のものをとらえることができるために可能なことなのです。


<ライトワーカーではない一般的な人類との関心の違いを理解しましょう>

ライトワーカーではない多くの人類は、地球という学校でスピリチュアルな学びと成長について訓練を受けるためにいます。

スピリチュアルな学びを地球で完成させるために、何度も地球に生まれ変わることを選んでいるということです。(大体は200回くらいと言われています。)

ただ、この地球においてあまりに転生を繰り返してしまうと、どんどんとスピリチュアルな感覚が薄れていき、自分が肉体であると思い込んでしまう傾向にあります。

そうなると、スピリチュアルなことに関心をもたなくなり、スピリチュアルな学びや成長をおろそかにしてしまう可能性がとても高くあります。

この地球において、物質的な側面が人類の意識を占領してしまっている現代は、多くの人たちが目に見えないことを想像したり、知覚することが困難な状況でもあります。

(ただし、だんだんと地球の波動が上がってきているため、スピリチュアルな目覚めを経験する人も増えてきています。)

物質的な側面が意識に覆いかぶさると、人類が注目するのは日常の出来事のみになりがちです。

そして、目の前の現実的なこと(お金のやりくりなど)などに意識が向いてしまい、本来の目的であるスピリチュアルな成長や学びがほとんどなくなってしまいます。

そのため、何度も必要以上に生まれ変わる必要があるのです。

これは差別ではなく地球上での事実であるため、ライトワーカーの人はちゃんと理解しておく必要があります。

そうしないと、

「なぜ自分はこんなにも他の人と違うのだろう」

「スピリチュアルなことを感じたり、興味を持つのはおかしなことなのか!?」

と自分のことを責めたり、疑ったりしかねません。

みなそれぞれが自分の立ち位置で正常なのです。

ただ関心ごとが違うだけです。

自分のことを疑わないこと、責めないことはこの地球でうまく自分のミッションをこなす上でとても大切なことです。

多くのライトワーカー達は、この地球に学びに来たというよりも、助けたりサポートしたり奉仕しに来たのです。

(あとは肉体をもつことはどんなことなのかということへの興味や遊びの目的もあります 笑)

ライトワーカーは人生のあらゆる経験からくる全ての学びは、人類へのサポートや奉仕をさらに強めることに使われます。

つまり、もっと素晴らしく貢献するために学んでいるのです。

一般的な地球人の多くは、もっと人を助けたり貢献するために学んでいるというよりは、自己のスピリチュアルな成長のために学んでいることがほとんどです。

このように関心ごとが違うのです。

もちろん優劣はありません。

これは喜びを感じることが違うとも言えるでしょう。

ライトワーカーは人類の意識の進化に貢献することに喜びを感じます。

地球の人類の多くは自己のスピリチュアルな成長や学びに喜びを感じます。

これでライトワーカーであるあなたの仕事がより明らかになったのではないでしょうか?

あなたは教え、助けて喜び、人類は学び、成長し喜ぶのです。

このような観点からも、ライトワーカーであるあなたは、今いる場所からどんどん自分の感じている事や気づきなどを好きなようにアウトプットして、自分らしい表現を始めるべきなのです。

本当に多くの人類はそれを待ち望んでいます。

(表面的には意見抵抗しているようにみえたとしても 笑)

ですので、喜びながら好きなようにやりましょう! 今いるところから。

<PR>

自分の故郷の惑星との繋がりを強めたい方はコチラがオススメです↓

自分の本質・故郷の惑星(ホーム)とつながるエネルギーワーク


自分のライトワークを現実のカタチにしたい方はこちらがオススメです↓

PR2 <有料>地球であなたの本当の仕事を始めるためのコンサルティング

 

=====================

自分の本質・故郷の惑星(ホーム)とつながるエネルギーワーク

===================== =====================

今の仕事から、だんだんと本当に自分らしい仕事・ライトワークにシフトするための実践型メルマガ講座はコチラ

=====================

関連記事

  1. わがままになっているときの解決策

  2. 質問8:何かをしているときに物事が上手くいく流れを感じることが出来ますか?それとも・・・

  3. FS196

    ライトワークの技術:アストラル界の霊的存在の開放

  4. 003YAMASHA601_TP_V

    アセンションした世界についての情報

  5. FS060

    スターシードとは?特徴と能力の活かし方  

  6. FS139

    ライトワークの技術:変容を促すヒーリング方法

  7. DSCF4255-Edit2-Edit_TP_V

    エネルギーワーク講座:オーラを浄化し保護するエネルギーワーク

  8. 完全に混乱しているときの解決策

  9. pak25_hikarimachinami_tp_v

    ライトワークを始める1:あなたのユニークさを見つける

本当の自分を知るテスト

  1. fdrsedrftgyuhij_tp_v-1
  2. In October of 2013 Hubble kicked off the Frontier Fields programme, a three-year series of observations aiming to produce the deepest ever views of the Universe. The project’s targets comprise six massive galaxy clusters, enormous collections of hundreds or even thousands of galaxies. These structures are the largest gravitationally-bound objects in the cosmos. One of the Frontier Fields targets is shown in this new image: MACS J0717.5+3745, or MACS J0717 for short. MACS J0717 is located about 5.4 billion light-years away from Earth, in the constellation of Auriga (The Charioteer). It is one of the most complex galaxy clusters known; rather than being a single cluster, it is actually the result of four galaxy clusters colliding. This image is a combination of observations from the NASA/ESA Hubble Space Telescope (showing the galaxies and stars), the NASA Chandra X-ray Observatory (diffuse emission in blue), and the NRAO Jansky Very Large Array (diffuse emission in pink). The Hubble data were collected as part of the Frontier Fields programme mentioned above. Together, the three datasets produce a unique new view of MACS J0717. The Hubble data reveal galaxies both within the cluster and far behind it, and the Chandra observations show bright pockets of scorching gas — heated to millions of degrees. The data collected by the Jansky Very Large Array trace the radio emission within the cluster, enormous shock waves — similar to sonic booms — that were triggered by the violent merger. For more information on Frontier Fields, see Hubblecast 90: The final frontier. Links  Hubblecast 90: The final frontier Link to Hubblesite release
  3. elly95_hanatotegami_tp_v-1
  4. oht97_nagareruhosi_tp_v
  5. 160512-8_tp_v
  6. FS196
  7. FS140
  8. FS151
  9. TSU852_icyounoochibadeakiwoshiru_TP_V
  10. PAK85_jinseimagarimichi20140102_TP_V
PAGE TOP