ライトワーカーとは?ライトワーカーの特徴と能力の活かし方

gftdrsedrftgy_TP_V (2)

ライトワーカーの特徴と能力の活かし方についての情報をお伝えします。

 
ライトワーカーの特徴:地球の人々を恐れが与える影響から解き放つ手助けをすることを選んで生まれてきている。

地球を何らかの形で助けるために高次の星からやってきているともいえます。

ライトワーカーそれぞれが独自の方法で人の覚醒の手助けをします。

異なった愛表現方法を用いて地球の新時代への移行を助ける役目を持っているということです。

ライトワークの原型は7つのタイプに分けられます。これは、宇宙が創造されたときにできた7つの波長と関係があります。

そのライトワークの原型である7つのタイプに、ライトワーカーそれぞれの経験や考え方などが加わって、ユニークな光の貢献を地球にもたらすことができます。

 

ライトワーカーの特徴:自分らしく人に貢献すると、高次のエネルギーが自分を通過して相手にいくため、自分自身もかなり高い波動に引き上げられる。

 

ライトワーカーの特徴:もともと本質的(スピリチュアル)なため、物質的なことに 意識を向けすぎると不安的になる。

地球では大部分の人が物質的なものに関心を寄せています。

そのため、ライトワーカーの人が他の大多数の物質志向の人たちと同じようにしようとすると、不安定に感じて、本当の自分のことを忘れてしまう状態になりやすいです。

自分自身の真実を失い、地球の人々や生物を助ける奇跡的な能力を持っていることも忘れてしまうのです。

そして、自分は本当は何がやりたいんだろう?どうして生まれてきたのだろう?など考えて思い悩んでしまう可能性があります。

ライトワーカーが、この地球の常識の方に自分を押し込めようとすると、本当の自分のことや人生の目的、何をこれからしていったら良いのかなど見失って不安になりがちです。

ライトワーカーの人は、本当は地球の枠組みをはるかに超えた枠組みを持っています。それを地球にもたらすために来たのであって、地球の枠組みにはまるために来たのではありません。

 

ライトワーカーの特徴:人を癒すことに関心があり、そのような仕事をしていきたいと思っている。

スピリチュアルに関する仕事、ヒーラー、教育関係の仕事、セラピストなど人を癒したり、導いたりする仕事に就きたいという願望がある。

⇒このような願望を現実のものにするために自分は講座を創っています。

 

ライトワーカーの特徴:どのような問題や状況もスピリチュアルな観点からとらえ、本質的な部分に関心がある。

 

ライトワーカーの特徴:他の人にはない霊的な能力やインスピレーションがわくなどスピリチュアルな体験をしたことがある。

 

ライトワーカーの特徴:自分の本質を見失うような過酷な人生の経験をしている。

 

ライトワーカーの特徴:世界全体を癒すためにもまずは自分自身で豊かさを顕現し、そして癒したいとも感じている。

 

ライトワーカーの特徴:自分の使命がハッキリしていなくても、何かすることがあると感じており、一刻も早くそのことを実行する必要があると思っている。

 

ライトワーカーの特徴:物質的なことにあまり関心がなく、もっとスピリチュアルな方向に向かっていきたいという願望がある。

 

ライトワーカーの特徴:自分の本心では物質的な仕事よりも、本来は自分がするべきもっとスピリチュアルな仕事があると感じている。

 

ライトワーカーの特徴:あらゆる霊的な能力(チャネリング・ヒーリングなど)を持っている。この能力は地球や人類を癒すために自発的に使うように与えられたものである。

 

ライトワーカーの特徴:聖なる目的を持っている。そして、その目的を遂行するかどうかがこれから先の地球の行く末を決める。

 

ライトワーカーの特徴:自分の使命を果たすための能力をすでに持っているため、それを思い出すだけで良い。そのためには本当の自分には属さないような刷り込みなどを除去し、自分を癒す必要があるかもしれません。

 

ライトワーカーの特徴:本来のライトワーカーの奇跡的な能力は、低次の自己(自我・エゴ)からきているのではなく、自分のハイヤーセルフや更なる高次の自己からやってきています。

そのため、低次の自己と本当の自分を識別し、自分自身の中心にいられるようになる必要があります。

 

ライトワーカーの特徴:スピリチュアルなアプローチにより地球を癒すことができる。

もちろん物質的なアプローチでも地球を癒すことができるが、ライトワーカーの本領はスピリチュアルな観点から仕事をすることで発揮されるともいえます。

 

ライトワーカーの特徴:物質的な仕事の仕方に違和感を感じていることが多く、本当の自分はもっと違うことをやる必要がある気がしている。

お金を稼ぐためだけの仕事をしていくことにむなしさを感じたり、「本当にこんなことをしていてよいのだろうか?ほかにやることがるような感じがする・・・」など思ったりする。

 

ライトワーカーの特徴:精神の力の影響力を本当は知っている。そして、物質的なものを超えた本質の世界から物事を見て考えている。そのため、自分の考えを常にチェックし、それが低次の自己からくる(恐れからくる)ものなのか、それとも高次の自己(愛)からくるものなのかを識別し、本当の自分の道を常に選択していく必要がある。

 

ライトワーカーの特徴:自分の本来の仕事をしているビジョンなどが突然湧いてくることがある。

それが実際には本来の自分の仕事なのですが、お金のことや物質的な手段のこと、そして現在の自分にはそのような能力はない、などということに気をとられることで、なかなかその方向に向かうことが困難であると感じていることが多いです。

実際には、本当の自分がやる仕事ができないというあらゆる理由(お金、能力、物質的環境)は、見せかけのものであり、実際あなたが一歩踏み出せば、驚くほどスムーズに自分らしく世界に貢献する道が開かれます。

逆に自分らしい人生を歩んでいないため葛藤やネガティブな気持ち、ストレスを抱えているともいえます。本来は自分らしい道を歩まないほうが難しいのです。

自分本来の道を受け入れるとき、失敗することはありません。

 

ライトワーカーの特徴:孤独感を持っていることが多い。

この地球にいるほとんどの人が物質的なものにとらわれすぎていて、本来の自分のことを忘れています。

旧時代の地球は進化している魂にとっては非常に窮屈に感じ、その世界を基盤にしている人との交流もどうしても乗り気になれないことが多くあります。

なぜなら本当の自分のことを押しころして相手に合わせないといけないように感じてしまうことも多いからです。

ライトワーカーの人は、本当の自分のことを覚えていることが多いため、まわりの物質志向の人たちと本気で共感することが出来ないと感じていることが多いです。

そのため、周りになじめず、(表面的にはなじんでいても本心では何か違うと感じているため)自分は一人なんじゃないかと孤独感を募らせてしまう傾向にあります。

 

ライトワーカーの特徴:輪廻している回数が多いことがほとんど。地球にいるほとんどの物質志向の人たちよりもはるかに多くの経験をしてきている。目を見ると、その人の深さを知ることができる。

ライトワーカーの目は、深い慈愛に満ちており、波動が他の人と明らかに違うことがわかる。

 

ライトワーカーの特徴:前世で、シャーマン、ヒーラー、神主、いたこ、チャネラーなどスピリチュアルな仕事をすでにしていた経験が多くある。

ライトワーカーは宇宙の本質につながることを得意としています。

自分の内面を癒していくことで、そのような過去から培ってきた能力を発揮できるようになるかもしれません。

重要なのは、すでにたくさんスピリチュアルなプロとして仕事をしてきたということを思い出し、自分のあらゆる面に自信を持つことです。

 

ライトワーカーの特徴:生き物への関心が強い

動物や植物などをかわいがったり、逆に、動物からも愛されることが多いです。

 

ライトワーカーの特徴:地球の社会問題や環境問題を解決したい気持ちがあり、自分に何かできることはないかと思っている。

ライトワーカーの人は何らかのかたちで地球環境の問題に取り組みたい気持ちも持っていることが多くあります。

森林伐採や水質汚染などをしているのをみていると、自分事のように様々な気持ちがわき起こってくることがあります。

そして、自分にできることがるのであれば、何か地球の環境をよくする活動もしたいと感じていることが多いです。

 

ライトワーカーの特徴:繊細な感覚を持っていて、本質的に優しい

繊細で感受性が豊かであることがほとんどです。

人の本心を感じ取る能力がとても高いです。

そのため、カウンセラーなど相談役を務めると、トレーニングしていないと感情移入しすぎて、自分の中心から外れてしまうかもしれません。

 

ライトワーカーの特徴:多くの現存の組織になじめない傾向にある。

物質志向の人たちが築きあげた組織(権力や上下関係が基盤にある)になじめず、反発する気持ちを抱く傾向にある。

もしくは、完全に本来の自分を抑制して、抜け殻状態で仕事をすることもある。

ライトワーカーの特徴:精神世界(スピリチュアルなこと)に抵抗がない。

前世や魂、別の惑星の話などに対して自然に受け入れることが出来ます。

むしろそっちの話の方が自然であるようにすら感じることが多いです。

 

ライトワーカーの特徴:一人の時間が好きな傾向にある。

これは自分の本質と繋がる時間を大切にしているともいえるでしょう。

 

ライトワーカーの特徴:地球を新しい次元に移行するのに貢献することに喜びを感じる。

そして、ライトワーカー達の活動は新しい次元への移行を目指す人たちの覚醒を促すことを願い、使命としている。

映画マトリックスでいうところの覚醒のカプセルを人に渡す人(モーフィアス)ともいえる。

(前の映画ですが『マトリックス』をまだ見たことがない方は、スピリチュアルな観点から鑑賞してみることをオススメいたします。)

 

ライトワーカーの特徴:自分が愛の光の灯台であるということを深いところで知っている。

この光は、癒しや覚醒を促すものであり、それは愛と喜びの波動です。

ライトワーカーの存在自体が、自然に周りの人の気持ちを落ち着かせ、新たな気づきを得る手助けをし、周りの人の存在を高める触媒的な役割を持っています。

そして、意識の状態が上がった周りの人たちは本当の自分の人生を歩み始めるのです。

このようにライトワーカーは光の触媒となります。これは押し付けたり、相手を操作するものではありません。

それは太陽の光のように降り注ぎ、相手の成長を促すのです。

やるべきことは自らの光を強めるためにできることをすることです。それが結果的に周りの人のためにもなります。

自分の存在や自分らしい貢献のレベルをアップグレードさせましょう。

 

ライトワーカーの特徴:この地球の波動を高め、全体が愛に満ち、争いのない、豊かな世界にすることに強い関心を持っている。

 

ライトワーカーの特徴:人が本来自由であることを知っているため束縛されたりコントロールさせるような旧時代の教育や仕事のスタイルに違和感を覚える。

逆に、ほとんどの人が自分の自由を忘れているため、誰かに主導権をにぎってもらうことを望んでいる。

恐怖を基盤にした生き方をすることで、本来の力や創造性を忘れているのが現代のほとんどの人間の状態です。

さらに人に受け入れられようとすることで、自分の中心から外れ、本当の自分と不調和の状態で生きている人が多いため、多くの悩みやトラブル、ストレス、病気を抱えているのです。

そして、本当の自分との繋がりを失った空虚感を、お金や食べ物、恋愛や娯楽などで埋めようとし、絶え間なくのめりこみます。

しかし、その空虚感は自分の本質との繋がりを感じれないところからきているため、上記のようなことを繰り返しても決して解決するものではありません。

 

ライトワーカーの特徴:自分の魂(自分の本質)との繋がりを拒絶して生きることに耐えられない。

 

ライトワーカーの特徴:ライトワーカーの人は物質的な成功や豊かさへの一種の憧れや、現状の寂しさを感じることはありますが、外の世界にあるものでは本質的に自分は満たされないことを知っています。

だんだんと人生を歩むにつれ、何らかのきっかけでスピリチュアル(精神的)なことに関心を持つようになります。

そして、スピリチュアルな道を探求するようになるのです。

 

ライトワーカーの特徴:答えが自分の中にあることを知っている。

 

ライトワーカーの特徴:幼いころからどことなく寂しさを感じていることが多い。

実際、その心の傷を持っているのは自分個人というよりは、全人類が共通して持っているものであることを後で知る。

そして、自分自身を愛し始めることで、率先して世界に愛の波動を広げることになります。

 

ライトワーカーの特徴:旧時代の教育の過程で数多くの決めつけや評価にさらされた結果、自分のセルフイメージがとても低くなってしまっていることが多い。

 

ライトワーカーの特徴:理想主義の傾向があり、多くが芸術的な才能がある。

実際、どのような表現方法であれライトワーカーの仕事は芸術的な高い波動をもっていることが多いです。

それらは関わる人の心を癒し、本当の自分自身との繋がりを促します。

 

ライトワーカーの特徴:地球に新しい種類の意識を広めることを魂の使命として持っている。

それができるようになるためには、自分自身を信じることができるようになることが必要である。

自分の直観と感覚の声を信じられるようになることが重要である。

ただそのためには、「自分は他の人よりもはるかに優れていて、進化している」というエゴからくる声と、自分の本質からくるハートの声をしっかりと識別することが出来るようになる必要がある。

 

ライトワーカーの特徴:自分にとって本当に大切なことや願いを本心では気づいていても、それがあまりにも今の物質志向の旧世界とは違うものであるため、自らの理想を現実にしようとする前に想像上の脅威に押しつぶされ、その理想を諦めたり捨てたりすることがある。

このようにならないためには、本質的な自分自身を確立し、社会や周りからの評価、物質的な状況がどのようなものであったとしても、常に自分の中心にいられるようになる必要があります。

そのためには、独りでいる時間などをつくり、自分と向き合うことで本当の自分のことを知ることが大切。

物質世界から逃げるわけではなく、ちゃんと地に足をつけながらも、精神世界での自分自身のことを思い出していく作業が必要です。

そして、自らの中心にいることを維持するためには、自分に正しくないと感じるような周囲の要求などには、きっぱりと「No」と言えるようになることも重要です。

それは、周りの人を自分の正しさで押しつぶすために闘うことではありません。

逆に、各々が自分らしい世界を確立させるための手本となることや、相手の世界を尊重することなのです。

 

ライトワーカーの特徴:自分の偉大さや、地球に新しい意識をもたらすためにやって来たことを心の底では知っているが、様々な理由からそのことを認めておらず、行動にも移していないことが多い。

この状態を解決するためには、静かにリラックスして、自分が本当はどこから来たのかを思い出そうとすることが大切です。

内なる神殿を見つけ、そこに行くことをイメージしてください。

そこにはあなたのガイドがいます。そのガイドはソウルメイドであり、友達です。

ガイドはあなたが自分らしく豊かになって、地球のためにも素晴らしい働きをするためなどのアドバイスや手助けをしたいと思っています。

ガイドは高い視野からものごとを観れるため、この物質次元に意識を固定している自分たちよりも、多くのことが分かっています。

人生の様々な局面で、必要であれば、ガイドに何か尋ねてみるのもよいでしょう。

内なる神殿にいったときは、そこにある自分の本質的なエネルギーを地球に持ってくるイメージをすることはとても自分の仕事をする上で助けになります。

椅子などに腰かけて、自分の本質の素晴らしいエネルギーと一緒になって、世界にそのエネルギーをシェアするイメージをしてみてください。

実際、世界はあなたの本質的なエネルギーをとても必要としてます。

 

ライトワーカーの特徴:自分の傷を癒して、他の人の手本になるために生きることが人生の目的の一つにある。

この人生の目的を達成するためには、自分自身をありのままに認められるようになることが重要です。

特に、自分の意識的にはあまり受け入れたくないような自分の内面の一部にも直面し、そこに愛を送ることが大切です。

 

ライトワーカーの特徴:自分の弱点や未熟なところに意識を向けていることによって、自分が本来持っているとてつもない光に気づいていないことが多い。

物質志向の人たちがつくった文化では、自分の弱点や至らないところなどに意識を注ぎ、それに対して様々な攻撃などをしたりします。

そうされた経験は誰でも一つや二つはあると思います。

ライトワーカーは素直であることが多いため、言われたことをそのまま受け入れたりしがちです。

そして、相手に指摘された自分の欠点などに意識を向けて、内向してしまいやすくなる傾向があります。

この解決策の一つは、欠点を指摘してくる人は自分の内面にある欠点を人に投影しているだけであり、その人は自分自身に指摘しているという事実を知ることです。

欠点やマイナス面に意識がいきやすい人は、自分の内面に癒されていない部分があります。

ですので、人からそのように見られたとしても、その人をさげすむのではなく、愛を必要としていることを理解し、可能であれば愛を送るイメージをもってください。

実際、愛を送れば、自分自身の内面も癒されることにつながります。(というのも、自分も人に対して自分の内面を投影している場合が多いからです。)

 

ライトワーカーの特徴:純粋であるため、人を少しでも傷つけたと感じると途端に自分の力を抑制しようとする。

ライトワーカーの人は純粋であり人が幸福になるサポートをしたいと思っているため、自分が何らかの形で相手を傷つけてしまったと感じると、これ以上相手を傷つけないように途端に自分のことを抑制し始めます。

ライトワーカーの持っている才能を発揮した時、それはとても力強く、相手の進化や幸福を促す高次のエネルギーが伝達することがあります。

自分の本質と繋がっている人であれば、ライトワーカーからの行為は心地よく感じるのですが、逆に、エゴ(低次の自己)に支配されている人は、逆にその光に対して抵抗を示したりします。

実際、愛が基盤にあるライトワーカーの行為が人を傷つけることはありません。

エゴ(低次の自己)が自分が消滅させられるのではないかと勝手に勘違いして、変な反応を過去から持ってきているだけであることがほとんどです。

もしあなたの動機が相手が良くなることを願っているものであれば、あなたの行動によって怒ったり、変な反応をした人は、光を恐れているエゴに支配されている可能性が高いのです。

このことを理解して、自分が一番地球に貢献できる才能を抑制するのはやめましょう。

究極的には、人は本当の意味で他人を傷つけることはできません。その人を傷つけることができるのはその人だけなのです。

ライトワーカーに必要なことは、自分が人を傷つけたかなと思ったときは、相手が良くなることを願っている自分の本心に立ち戻り、恐れず、自分の才能をどんどん発揮することともいえるでしょう。

もちろん、自分も怒りなどから相手を攻撃しようと思って何かをした時は反省する必要はあります。

しかし、ほとんどの場合はそうでないことの方が多いでしょう。

=====================

自分の本質・故郷の惑星(ホーム)とつながるエネルギーワーク

===================== =====================

今の仕事から、だんだんと本当に自分らしい仕事・ライトワークにシフトするための実践型メルマガ講座はコチラ

=====================

関連記事

  1. axis141105267575-thumb-autox1600-19474

    黄金時代への扉を開く「問い」

  2. bsHIRO92_indasutoriarucity

    ライトワーク講座:あなたの本当の仕事(貢献)についてまとめ

  3. TSU92_syukuhuku_TP_V

    成功や幸せを今の活動と結びつけるワーク

  4. fdrsedrftgyuhij_tp_v-1

    アセンデッドマスターのリスト

  5. 161103195224dscf7021_tp_v

    ライトワークとお金の付き合い方

  6. FS139

    ライトワークの技術:変容を促すヒーリング方法

  7. ohkobayashi_img47961_tp_v

    アルクトゥルスとは?アルクトゥルス人と繋がるとどうなる?

  8. hiro92_tukinomieruoka_tp_v

    ライトワーク講座:喜びをもっと増やすことに意識を向ける

  9. l201106190600

    12のチャクラとは?各チャクラについてまとめ

本当の自分を知るテスト

  1. fdrsedrftgyuhij_tp_v-1
  2. In October of 2013 Hubble kicked off the Frontier Fields programme, a three-year series of observations aiming to produce the deepest ever views of the Universe. The project’s targets comprise six massive galaxy clusters, enormous collections of hundreds or even thousands of galaxies. These structures are the largest gravitationally-bound objects in the cosmos. One of the Frontier Fields targets is shown in this new image: MACS J0717.5+3745, or MACS J0717 for short. MACS J0717 is located about 5.4 billion light-years away from Earth, in the constellation of Auriga (The Charioteer). It is one of the most complex galaxy clusters known; rather than being a single cluster, it is actually the result of four galaxy clusters colliding. This image is a combination of observations from the NASA/ESA Hubble Space Telescope (showing the galaxies and stars), the NASA Chandra X-ray Observatory (diffuse emission in blue), and the NRAO Jansky Very Large Array (diffuse emission in pink). The Hubble data were collected as part of the Frontier Fields programme mentioned above. Together, the three datasets produce a unique new view of MACS J0717. The Hubble data reveal galaxies both within the cluster and far behind it, and the Chandra observations show bright pockets of scorching gas — heated to millions of degrees. The data collected by the Jansky Very Large Array trace the radio emission within the cluster, enormous shock waves — similar to sonic booms — that were triggered by the violent merger. For more information on Frontier Fields, see Hubblecast 90: The final frontier. Links  Hubblecast 90: The final frontier Link to Hubblesite release
  3. elly95_hanatotegami_tp_v-1
  4. oht97_nagareruhosi_tp_v
  5. 160512-8_tp_v
  6. FS196
  7. FS140
  8. FS151
  9. TSU852_icyounoochibadeakiwoshiru_TP_V
  10. PAK85_jinseimagarimichi20140102_TP_V
PAGE TOP