引き寄せの法則×お金とライフワークを創造する23:自分の高い道に進む

もしかするとあなたはある選択と決定をしなければならない時期に来ているかもしれません。

もし今が古いものを変え、新しいものを築く時期ならば、自分は次にどんな段階を踏めばよいかを調べることが必要です。

もう今の仕事をやめたり、変革する時期と感じますか?

あるいは、自分のビジネスを始めたり、仕事を得たり、学校に行って、さらに必要な知識や技術を獲得する時期だと感じますか?

ただ、自分の新しい仕事やアイデアを世の中に出すために、必ずしも今の仕事をやめる必要はありません。

自分の新しいアイデアに基づいて行動を開始するとき、現在いるところにとどまっていてください。

それらのアイデアが時間をかけてそれ自身の速度で芽を出し、成長することを許してください。

自分を養えるほどしっかりとした土台を自分の新しい仕事のために作りあげるまで、現在の仕事にとどまってください。

もしあなたが新しい家を建設中ならば、新しい家が入居できる状態に完成するまでは、古い家にいたいと思うことでしょう。

多くの場合、自分がどうやって生活するかという問題を、自分が進んでいる新しい方向と結びつけないほうがよいのです。

つまり、自分の新しい道を始めるとき、毎月の収入の必要性に追われないようにすることです。

代わりに、自分が考えつくだけのすべてのことをして、自分の考えを行動に移し、自分の新しい道をできる限り強固なものにしている間、十分な収入をもたらす方法を見つけてください。

もしあなたが今の仕事に満足していなければ、それをやめるよりも、それを変えることが必要な場合もあります。

多くの人はよい仕事をもっていて、もし進んで仕事に対する自分の態度を変えたり、その仕事がもっと自分に合うように働きかけるならば、それはもっと満足のいくものにすることができるはずです。

仕事に足を踏み入れて、すべてが完全であることを発見することはまれなことです。

ですから多くの人の課題の一部は、自分の仕事を自分の今の姿に合うようにすることです。

もしあなたが自分の仕事に不満を言っているならば、正確には何が不満なのか突き止めましょう。

単に雇い主や同僚について、あるいはその仕事のいくつかの小さな点について、何か好きではないところがあるとうだけで仕事をやめてしまう人もいます。

もし自分の今の仕事が何かに貢献していて、意義があり、自分に成長する機会を与えてくれていると思っているならば、その仕事はよりよくするに値します。

かりに自分が今やっていることが楽しくないにしても、そのことは、それを楽しくすることができないということではありません。

自分自身を変えることによって、自分の周りの世界を変えることができるということです。

つまり、あなたは自分のなかの何かを変えることで、好きでない多くの状況を変えることができます。

人々のあなたに対する態度とあなたの方にやってくる機会は、あなたの態度、エネルギー、愛によって決まります。

もし自分の仕事をやっていて、大切にされている感じがしないならば、それは、あなたが自分自身を大切にしていないからかもしれません。

また、自分の雇い主、同僚、雇用者に認められている感じがしなければ、それはあなたがまだ自分自身を認めるようになっていないからかもしれません。

いったんあなたが自分を大切にし、認めるようになると、他の人たちもまたそうしてくれることに気づくでしょう。

ですから、仕事をやめる前に自分がそれについて好きでないところを見て、今経験していることは、自分の自分自身に対する態度を反映しているのではないかと尋ねてみてください。

もしこの状況を生み出したその行動を変えなければ、どんな仕事をしても、また同じような状況を生み出してしまうでしょう。

もしあなたが何かを受け取りたいならば、まず最初に何かを与えることです。

また、尊敬されたいならば、ます自分と他の人たちを尊敬することから始めてください。

また、自分の仕事を改善したいならば、自分の雇い主が自分に何をやってくれることができるかではなく、代わりに、「私は自分の仕事に何を貢献できるだろうか」と尋ねてください。

もしあなたが自分の最高で最良のものを与え、前向きな態度で働き、求められている以上のことを行い、さらに求められなくても、何が必要かを予期するならば、自分の仕事から得るものが劇的に変わる可能性があります。

他の人たちに奉仕し、同時に多くのお金を稼いでいる人々は、喜びの態度で仕事に行き、自分のすることを愛し、喜んで余分な時間を注ぎ、そして自分が奉仕する人々の幸福を気遣います。

自分がどこにいようとも、自分の最高の力を発揮する特性を育てれば、そのことはあなたのより大きな豊かさをもたらすはずです。

大会社で働いているある女性は、最初は自分の仕事を楽しんでいましたが、最近仕事量に圧倒されるように感じ始め、それを嫌いになり始めました。

彼女はやめることを考えて、自分の上司に仕事の不満を打ち明けたところ、その上司は賢明な人だったので、彼女の仕事にともなうあらゆる仕事のリストをつくり、その中の何が好きで何が嫌いかをみるように彼女に求めました。

自分が何をすることに時間を費やしているかを調べてみると、彼女は、自分が楽しんでいるより大きくより意義のある仕事ではなく、小さな仕事をすることに自分の大部分の時間を費やしていることに気づきました。

彼女は他の人たちに迷惑をかけたくなかったので、仕事を他の人に任せたり、助けを求めることをしなかったのです。

彼女は、自分に仕事をあまりに与え過ぎていることで、他の人たちを非難していましたが、必要なことは、自分が他人から大切にされる前に自分を大切にすることを、学ぶことであると分かりました。

彼女は自分の仕事と関連しているどの仕事が好きで、どの仕事が好きでないかを見た結果、自分が好きでないものは自分のより高い技術を使わないものであり、それらはそういう仕事にやりがいを感じて、楽しむことができる人たちに任せることができることに気づきました。

彼女が自分で何でもやろうとすることはやめて、代わりに自分のより高い技術を使うことに専念するようになるにつれて、彼女は多くの創造的で革新的なアイデアを生み出したので、会社にとってより貴重な人材となったのです。

彼女は再び自分の仕事を愛し始めました。

彼女が自分自身を大切にするにつれて、自分が仕事によって大切にされていることに気づきました。

自分のなかに変化を起こすことによって、彼女はその仕事を自分に喜びをもたらすものに変えたのです。

もしあなたが毎日仕事に行くのが嫌いだったり、自分の会社の目標や方針に賛成せず、自分の最善を尽くすように心から専念せず、自分や同僚のやっていることを楽しんでいないならば、あなたの仕事は本当には自分の人生に貢献していないのです。

そうであれば別の仕事を探す時期かもしれません。

自分自身に正直にあってください。

あなたは自分の仕事を基本的には好きで、そのなかのある要素だけが嫌いなのでしょうか?

もし自分がどれだけ自分の仕事を嫌っているかを考えながら毎日仕事に行くならば、また会社の問題を解決するのに、あなたの能力では間に合わないならば、もっとよい何かが待っているという自分の内なるメッセージをあなたは聴いていないのかもしれません。

多くの人は、自分の地位が成長と生き生きした感覚を提供しなくなってからも、他によりよい仕事はないだろうと考えて、長くその仕事にとどまっています。

※参照、光の存在オリンとダベンのチャネリング情報『クリエイティング・マネー』サネヤ・ロウマン&デュエン・パッカー著

~~引き寄せの法則×お金とライフワークを創造する:自分の高い道に進むためのワーク~~

➀自分がやりたいと感じることやアイデアを行動に移していないものがありますか?

もし移していないものがある場合、それを簡単に始めることができる方法を考え出し、行動に移してみましょう。

そのために、以下に自分の行動に移していないやりたいことやアイデアのリストを書いてみましょう。

例:人の人生がより豊かになるための手助けをするような仕事をしたい。

例:もっとたくさん楽しい映画や漫画を読みたい。など

➁上記➀で書いたリストのそれぞれの項目について、今から簡単に始められる方法を考え出し、実際に行動に移してみましょう。

例:人の人生がより豊かになるための手助けをしたい。⇒人が豊かになるのに役立つ情報をブログに書き始める。

例:もっとたくさん楽しい映画や漫画を読みたい。⇒映画や漫画を借りにTSUTAYAに行ってみる。など

➂今の仕事に関して「自分の好きな部分」と「不満や嫌いな感じがする部分」をリストにしてみましょう。

「今の仕事の中で好きな部分」

例:自分で自由に時間を使ってさぎょうをすることができる。など

「今の仕事の中で不満や嫌いな感じがする部分」

例:自分に対して何か間違いを指摘されるのではないかと感じる〇〇さんと一緒にいる時間が嫌な感じがする

➃上記➂で書いた「今の仕事の中で不満や嫌いな感じがする部分」のそれぞれの項目に対して、自分が本当に受け取りたいと思うものを明らかにしてみましょう。

例:「自分に対して何か間違いを指摘されるのではないかと感じる〇〇さんと一緒にいる時間が嫌な感じがする」部分に関して、本当は自分に対して愛をもって、ありのままの自分を尊重してくれることを望んでいる。など

➄上記➃で書いた、「自分が本当は受け取りたいと思っているもの」のそれぞれに対して、「もしあなたが何かを受け取りたいならば、まず最初に何かを与えることです。」という情報をもとに、自分に何ができるかを考えて書き出してください。

例:「〇〇さんや同僚から、自分に対して愛をもって、ありのままの自分を尊重してくれることを望んでいる」ことに関して、自分からその人たちや自分自身に対して愛をもって、ありのままの自分やその人たちを尊重するように心がけて接するようにする。など

➅『また、自分の仕事を改善したいならば、自分の雇い主が自分に何をやってくれることができるかではなく、代わりに、「私は自分の仕事に何を貢献できるだろうか」と尋ねてください。

もしあなたが自分の最高で最良のものを与え、前向きな態度で働き、求められている以上のことを行い、さらに求められなくても、何が必要かを予期するならば、自分の仕事から得るものが劇的に変わる可能性があります。』

とありますが、もっと仕事を通じてあなたらしく豊かになるために、自分のどのような最良のものを、求められている以上に与えることができそうですか?

そのアイデアを書いてみましょう。

例:自分は人や場を明るくするエネルギーを持っていて、そしてその能力を活用しているときに自分も喜びを感じるので、その能力を仕事をしながらもっと活用するように意識してみる。など

以上です。

自分が求めているものを、先に与える人になることは、自分らしく豊かになるための最大の秘訣です。

=======================

祝!1450人突破!記事よりも実践的で人気のメルマガ講座はコチラ

=======================