喜びながらお金を創造するための秘訣

お金の引き寄せに関するスピリチュアルな法則をリストにいたしました。

お金のスピリチュアルな法則にしたがうとき、お金と豊かさは大量に流れていき、もつことはより簡単になり、もっと多くの喜びを与えてくれます。

自分のハートに響くものを活用してください。

お金は、生まれつき才能がある人など、ある特定の人だけに来るわけではありません。

まだあなたは自覚はないかもしれませんが、無限の豊かさを創造し、人生のすべての面で物質的にも精神的にも必要なものを得るためのすべての答えと才能が、すでにあなたの中に存在しています。

お金を生み出すことは、あなたが自然体で生き、考え、行動する結果、努力せずに行うことができます。

あなたは自分がほしいものは何でも自分に引き寄せることが出来ます。

自分の最高の夢を実現することも出来ます。

これからお伝えする情報はお金だけでなく豊かさも創造することを視野に入れています。

というのもお金だけがあなたに豊かさをもたらすものとは限らないからです。

今、目には見えませんが新しい時代の流れが起こっています。

あなたの本質(ハイヤーセルフ、自分の存在の最も深い部分など様々な呼び方があります。)を、自分が創造するあらゆることの中に表現する方向に進むことがとても大切です。

これからの時代は仕事、人間関係、ライフスタイルなどあらゆるものが再定義されていき、お金の稼ぎ方も変わっていきます。

それは今までのように物質的なものから、より精神的なもの(スピリチュアルなもの)に移行していくともいえるでしょう。

お金のスピリチュアルな法則にしたがうとき、お金と豊かさは大量に流れていき、もつことはより簡単になり、もっと多くの喜びを与えてくれます。

0.➀豊かさを実現させるための知識を得る⇒➁その知識を最低3回は行動に移す(体験する)⇒➂その結果をありのまま観察する⇒➃それに対して評価・反省・考察をする⇒➀´それをもとにまた行動に移す⇒➁´⇒➂´⇒➃´⇒と続く

1.実はお金の本質はエネルギーです。

そして、エネルギーはあらゆる次元に存在しています。

これからお伝えするお金に関するスピリチュアルな法則(霊的法則)は、豊かさを創造する普遍的エネルギーの法則です。

そのため高次の存在でもお金を創造するための本質を知っているのです。

豊かさとは、物事の量を単にたくさんもつということだけを意味しているのではありません。

それはまた、あなたを満たしてくれる物事もつということも含んでいます。

お金はあなたの豊かさの一部になることができます。

あなたが物事を実現するのが上手になるにつれて、自分が創造したい物事を意識的に選び、それを自分に引き寄せることができるようになります。

状況と物事はあなたがそれらを必要になると同時に、あなたの人生にやってきて、あなたはお金に支配されるというより、お金を支配する(コントロール)することができるのです。

2.自分のライフワークをやって、自分と他の人たちのより高い幸福のために奉仕することが大切です。

3.あなたが他人と競争ではなく協力し、エネルギーとお金などのあらゆる交換を、かかわったすべての人々に恩恵があるものとすることが重要です。

4.あなたがお金を稼ぎ、使うやり方が地球に被害を与えないことが大切です。

5.お金のためや〇〇のために、本当は動きたくないのに無理やり動こうとしていない。

もし動きたくないときは、その対象の物事との関係性を自分の中で修正し、明るい気持ちになってから行動に移すこと。

6.自分がほしいものを明確にした後は、それに執着せずに手放して、宇宙に任せるようにする。

7.自分の本心にしたがって行動すること。

8.何かをしているとき漠然と行動するのではなく、物事が上手くいく流れを感じ、その流れに乗ること。

9.ハイヤーセルフや魂など自分の本質と調和して仕事や生活をする。

10.自分らしい道を歩むことにより、あらゆるものが豊かになる。

自分の歩んでいる道を観察し、自分らしくないと感じるところや、もはや自分に役立たない古い状況は、それを認めて手放し、新しい方法や機会に自分自身を開いていくこと。

11.自分のライフワークを見つけ、創造することは、他の何をするよりも多くの豊かさをもたらします。

あなたのライフワークは自分が愛していることをすることであり、それらは何らかの形で人類のより大きな利益に貢献することにもなる。

12.十分なお金が稼げないだろうという理由で、自分の最大の創造性、喜び、生き生きした感覚の道を閉ざさないこと。

つまり、お金が稼げそうかどうかで、自分の愛していることを実行することを止めないこと。

お金は、自分が好きなことをすることの副産物であり、お金のスピリチュアルな法則を活用していけば、たいして考えなくても、あなたの人生に努力なしでお金が引き寄せられてくる。

13.内なる導きに従って行動すれば、あなたは経済の状況や他の人たちが作ったあらゆる状況に影響される必要はなく、繁栄する自分自身の経済的な環境を創り出すことが出来ます。

よく自分の内なる導きに耳を傾けてみると、どんな経済的不況の時でも、豊かに暮らすために必要なすべてのことの導きがたえず送られていることに気づくことができるようになります。

もしその導きに従ったことで、ある仕事やお金を一時的に失うことがあったとしても、実際その時点では、ある仕事やお金が自分のより高い幸福のためにならないからそれが起こります。

一時的に見れば、大きなトラブルに見舞われたように見えても、大きな視点で見れば、その出来事があったことによって、今までと大きく違った流れに乗ることになるのです。

もし、本当に自分の高い幸福に役立つものであれば、内なる導きに従うことでそれが取り去られることはありません。

あなたは自分の内なる導きを感じたり、聞くことが出来るでしょうか?

実際それはまったく難しいことではなく、深呼吸などをしてリラックスをし、ただ内面に耳を傾ければ誰にでも聞くことが出来ます。

あなたには最高の人生を歩むためのメッセージが常に送られていますが、さまざまな思考や情報によってかき消されていることが多くあります。

大勢がガヤガヤしているところで、どれが本当に自分にとってよいメッセージなのかを聞き分けることは至難の業です。

自分の内なる導きに耳を傾けるためには、リラックスすることが不可欠です。

リラックスするために瞑想をしてもよいですし、運動をしてもよいでしょう。

ただ自分が好きなことをすることはリラックスする最高の方法の一つです。

内なる導きがあることを自覚し、自分の内面に耳を傾ければ自分がこれからどのようなことをしたら良いのかなどがさまざまな形で分かるようになります。

内なる導きは命令ではないため、その通りにするかどうかはあなたが決めることが出来ます。

一番良いのは自分が明るくなるような感じがするメッセージに従って、本当に何も期待せず、気軽に行動してみることです。

後になって、その結果に驚くことが多くあるでしょう。

あなたの内なる導きは、今のあなたの視野よりも、もっと大きな視野を持っている自分の本質からやってきます。

より広くが見渡せる場所から、あなたの最善の道しるべとして内なる導きはあります。

活用するかどうかは完全にあなた次第ですが、まず少なくともそれを一度は聞こうとしてみることが大切です。

14.お金を生み出し、管理するために従うべきお金の法則には大きく分けて2種類あります。

1つ目は、お金に関するスピリチュアルな法則(霊的な法則)です。それはお金を引き寄せるために使うことができ、それによって引き寄せられるお金はあなたに最高の幸福をもたらします。

2つ目は、人間が作ったお金の法則です。それには、財政計画、時間管理、お金の管理方法、マーケティング、ビジネス計画などがあります。

実はあなたは霊的法則だけでもお金を生み出すことができますが、今ある人間が作り出したお金の法則と調和させて活用することで、より少ないエネルギーでより多くのお金を引き寄せ、蓄え、生み出すことが出来ます。

15.お金を持つことと精神的な道を歩むことを両立できないという考えがよくあります。

実際には、お金とスピリチュアルなこと(精神的なこと)は両立しえるものであり、あなたはお金を稼ぎ、使うやり方を通じて、他の人たちへの思いやりや愛を反映させることができるのです。

あなたはお金を持つと同時に、自分の霊的な法則にしたがうことができます。

貧しいことが「より高い」わけではありません。

とういのは、自分のライフワークを成し遂げるには、しばしばお金が必要だからです。

精神的な成長のおかげで、あなたは豊かさを実現する能力を高めることができ、また豊かさを実現する自分の能力のおかげで、あなたは自分の本質的な仕事を世の中に送り出すことができます。

16.自分がどれだけ稼げるかというよりも、どれだけ世界に貢献できるかという考えに基づいて、自分の繁栄を築くことが大切です。

あなたが自分の魂(本質)の知恵と同調し、他の人たちに奉仕し、自分の周りのエネルギーをより高い秩序、調和、より美しい状態にすることから本当の豊かなお金は生まれます。

17.お金には途方もない力があります。

あなたがどのようにお金を稼ぎ、使い、蓄えるかは、あなたのお金が自分と他人にとって良いものを創造する力になるかどうかを決定づけます。

より大きく考えて、地球のためになる力としてお金が使われることに役立つ、新しい考えを持つことが大切です。

あらゆる形は思考に従います。それがこの宇宙の法則です。

お金に関して、新しい考えをもつことで、あなたは自分にとっても他の人たちにとっても、お金の新しい現実を創造することができるのです。

一人ひとりが新しい現実の創造者としてお金についての肯定的な考えを創り出し、行動することによって、この地球上でのお金のより高いヴィジョンに貢献することができます。

18.現在の地球でお金は「欠乏」という考えによって創造されており、ほとんどの人が「欠乏」を信じていることによって、それに見合った現実、つまり、競争、奪い合い、戦争などが現実化している。

もし、全ての人が自分に本来備わっている豊かさを創造できる力に気づき、その考え方に基づいて生きるようになれば、今のように競争したり、戦争したり、地球を傷つける必要が無くなる。

この地球を本当に豊かな場所にするためには、一人一人がすべての人々のために豊かさを創造する方法を考え、行動に移していく必要があります。

19.宇宙の供給は無限であり、この地球上の全ての人々が豊かに生きることは可能です。

もちろんあなたがそのような地球を思い描き、それを信じるまでは、そのような地球を体験することはないが、そのような地球を現実のものとして感じることができるようになるための、第一歩として、まずは自分の必要なものがすべて満たされる現実を創造することから始めることが大切。

つまり、自分の必要なものは制限なく豊かに創造できるのがこの世界であると考え、行動することから始めましょう。

20.静かにして、目を閉じ、過去に自分がほしかったもので、あなたが手に入れたものをいくつか思い出してください。

そして、次にそれを受け取る前の気持ちを思い出してください。

自分がほしかったものを受け取る前に、どのように考え、どのような感情、どのような感覚を持っていたでしょうか?

例えば、何となく手に入る気がすると考え、自分がそれをもとことに対して肯定的な感情、それを手に入れるだろうという内なる実感を持っていた、など。

振り返ってみるとよくわかるのですが、あなたは自分がほしいものを創造するために、自分の思考と感情を使って、常に物事を自然に実現しています。

物事を実現することは、内なる世界から自分の考え、概念、ヴィジョン、夢を、自分が五感で経験できる外部世界へ連れ出すことなのです。

自分が手に入れることをかなり確信できる何かのことを考えるとき、あなたはそのことに対して肯定的なイメージを持っています。

その時、あなたは自分がそれを持つことを見ることができ、それをもつことについて心配していません。

そして、あなたはそれをほしいと思い、それを自分の人生に実現するために必要なことをしようとする気持ちになります。

21.自分がどのようにして小さな単純な物事を創造するのか観察し、自分にとって生み出すのが簡単な物事で、思考を実現化する技術を磨き始めてください。

小さな願望達成を繰り返すことで、自分が物事を創造する能力に自信を持つことが出来るようになります。

自分の創造する能力に自信が持てるようになるにつれ、あなたはもっと大きくて制限のないやり方で物事を実現する準備が出来るようになります。

実際、あなたが創造できるものには限界がありません。

本当のあなたは無限の世界に住んでいるのです。

どのようなことも、あなたが可能だと思い、確信すれば、可能になるのです。

22.あなたが豊かさの源泉です。

豊かさの源泉、つまりあなたに豊かさをもたらすものは、

あなたの仕事ではありません、

結婚相手でも両親でもありません、

宝くじでもありません、

あなたが自分の豊かさとお金の源泉です。

本当の自分の無限の豊かさと結びつき、自分の意識を自分自身の範囲を超えた高い力に開き、喜びや愛、幸福や生き生きとした感覚の高い質を表現し、放射することで、あなたは自分のより高いレベルの豊かさの源泉になります。

23.実は、お金をもつことは、それらを生み出すプロセスをマスターすることほど重要ではありません。

いったんお金や豊かさを生み出すプロセスをマスターすれば、あなたが経済的に豊かになる能力は外部の状況に左右されなくなります。

自分がほしいものを、ほしいときに創造できるようになるからです。

豊かさを創造することは自分が成長していくプロセスと連動しています。

今のあなたの世界は、今までのあなたが信じてきたこと(信念)によって形作られています。

より大きな豊かさを創造するためには、今まで信じていたことを手放し、拡大する必要が出てくるのです。

24.今現代の科学では測定できませんが、あなたの思考は実際の物質として存在しています。

自分の思考を「磁石」として想像するとイメージしやすいです。この「磁石」は世界の中へ出かけていき、それらに合う物質を引きつけます。

つまり、それらはあなたの中から出ていって、物質の世界の中に自らを再現しているのです。

今の自分の周りにあるあらゆるものは、かつては誰かの思考の中にあったものでした。

車、道路、家、ビル、あらゆる商品などは、それらが現実になる前は、全て思考として存在していたのです。

25.思考は創造されるもののモデルを作り、感情はそれらの思考にエネルギーを与え、内なる世界からそれらを外部世界へ送り出す力となります。

感情は強ければ強いほど、あなたは考えていることをより早く実現します。

あなたの意志は、自分がほしいものを得るまで、それに継続的に集中し、自分の思考と感情を導きます。

26.思考は自分が引きつけるもののモデルを作り上げるので、自分がほしくないものより、自分がほしいものを考えることが大切です。

自分が望んでいる反対のことを恐れたり、嫌がったりすることでそれを得ることはありません。

例えば、お金を持つことは、貧しく生きていることを恐れたり、嫌がったりすることからは生まれないのです。

27.あなたが集中することは何であれ、あなたはそれを得ることになります。なぜなら、エネルギーは思考に従うからです。

お金と豊かさをもつことを愛すれば愛するほど、あなたはますますそれをイメージし、それゆえそれを自分に引きつけます。

28.肯定的な感情と思考は、ほしい物事を自分に引きつける力があります。否定的な感情は、ほしい物事をもたらしてはくれません。

それらはただ、あなたがほしくないものをもたらすのです。

自分がほしい物事について肯定的に考えながら、イメージや思考する静かな時間を過ごしてください。

問題などをあれこれ考え、高いやり方で考えないときには、あなたは豊かさを退けているのです。

29.しかしだからと言って、自分の否定的思考について悪く思わないこと。

なぜなら、自分の否定的思考や感情を恐れたり、嫌ったりすることは、それらにもっと力を与えてしまうからです。

否定的な思考や感情が自分の中に生まれたときは、物事がよくわかっていない小さな子供を相手にするように優しく対応し、ただ微笑みかけて、よりよいやり方をそれらに示せばよいでしょう。

30.あなたが自分の中に否定的思考があることを認めたら、その否定的な思考に対して「なんでそんなことを自分は思うんだ!ダメだな!」など、その思考に対して過剰に否定したり抵抗したりせず、ただ肯定的な思考を自然に置けばよいです。

肯定的な考えは否定的な考えよりもはるかに強力です。

その力は、1つの肯定的な考えで、何百という否定的な考えを帳消しにすることができるほどです。

31.あなたの否定的で低い考えが現実になることによって、あなたの成長に役立つ何かをあなたが学ぶことがない限り、あなたの本質はそれらが現実化することを防いでくれます。

目には見えませんが、あなたの本質はちゃんと何を現実化するかどうかを選別しています。

あなたは自分の本質と宇宙に無条件で愛され、守られているのです。

32.あなたの考えがより高く肯定的に、よりポジティブになるにつれて、あなたの本質はますます多くの考えを実現するようになります。

33.思考を現実化していくのを助ける素晴らしい道具がいくつもあります。

それらの道具は、物質的なものというよりは、あなたが創造的になることによって自分の内側に創り出すことが出来る道具です。

例えば、光のイメージ。

自分の心の映像の中に光を入れることをイメージすることで、否定的な考えを消したり、溶かしたりすることを簡単にできます。

さらにそれによってポジティブな面を強め、拡大することもできます。

他にも、黒板に否定的な考えが書いてあって、それを消すイメージをするなど、自分がイメージしやすいものを考えると良いでしょう。

複雑にむずかしく考えず、子供のように創造的になり、楽しくイメージしてみましょう。

それでは練習です。

自分がほしい何かを考えてみてください。

そして、自分がなぜそれを持つことができないのかについて自分が抱いている考えを一つ選んでください。

それから光を入れるなどして、その否定的な考えを消し去るイメージをしてみてください。

自分の否定的な考えを消すことで、それがあなたの現実になる力を奪い去りましょう。

否定的な考えは消えましたか?

それでは次に、自分がなぜそれを持つことができるのかについて考えを生み出してみましょう。

そして、そのまわりに白い光を置いみてください。

さらに、自分がほしいものを受け取ったり、触ったり、見たり、感じたりできるくらいにそのイメージを実感してください。

ただ観察しているというよりも、自分がその中に立っているようにイメージしてください。

自分の肯定的な考えをもっと鮮明に現実化することで、自分がほしいものを創造する、肯定的思考の能力を高めていきます。

このように考えると、ほしいものをよりスムーズに現実化することができます。

34.自分がほしいものについて繰り返し考えることが大切です。

繰り返し考えることには大きな力があります。

過去に自分がほしかったものを得た時、おそらく、あなたはそれについて繰り返し考えていたでしょう。

繰り返すことによって、自分がほしい物事についての考えをしっかりと潜在意識の中に植え付けることが出来ます。

そうすることで潜在意識はあなたが考えていることを実現する仕事を開始します。

35.ポジティブに物事を考えるよう意識しているのに、ふとした時にネガティブな考えや、感情が浮かび上がってくるときはありませんか?

それは自分の考えというよりは、周りの人々が考えたり感じている感情やエネルギーと同調した結果、感じたものかもしれません。

目には見えませんが、人の思考や感情はエネルギーとして漂っていることがあり、それらのエネルギーはまわりのものに影響を及ぼす可能性があります。

36.今まででネガティブな考えを習慣にしている友人と話した後、自分の中にも心配などのネガティブな感情が移ったことを感じたことはありませんか?

もしこのように周りのエネルギーに影響されていることに気づいたら、まずは、自分が誰かほかの人の考えに影響されたのだということを改めて認識しましょう。

自分がまわりのエネルギーの影響を受けていると認識するだけでも、かなりその影響は軽減されます。

そして、自分は豊かな世界に住んでいて、自分の生きている世界がどれだけ素晴らしいかということを自分に言い聞かせてみると良いです。

肯定的でポジティブな思考に切り替えていくことで、逆にあなたは肯定的なエネルギーを周りに放射し始めます。

実際、自分がエネルギーを放射しているときは周りの影響を受けることはありません。

37.一般大衆はあなたの考えに影響する可能性がある、強力な思考形態を生み出します。

テレビのニュースや新聞などは人に不安や恐怖を意識させる作用があり、あまりにも多くの人がそれらの情報に無防備に触れ、自動的にネガティブなことに意識を向けて同調することで、マイナスの放送波この現実の世界に放射しています。

そして、実際にそのような出来事を数多く生み出しているのです。

38.無意識的に、ただ周りに流されて生きていると、そのようなネガティブなエネルギーや恐れや心配などに同調し、それらがまるで自分の中から生まれてきたものであるかのように反応してしまう可能性があります。

このように自分の中に違和感を感じるときは、周りから来たエネルギーの影響があることを覚えておくと良いです。

39.まわりの状況がどのようなものであっても、あなたは自分で自分の豊かさや繁栄を創り出すことが出来ます。

継続的に豊かさや繁栄を築くための課題は、自分の考えを肯定的に保ち、大勢の人々が考えたり言ったりすることに影響されないことです。

あなたは自分の豊かさの源泉であり、外部の状況に一切関係なく、素晴らしく豊かな生活を送ることが出来ます。

40.無意識的にポジティブになることを期待してはいけません。

この世界に漂っている大衆意識は自己実現とは大きくかけ離れているのが現状です。

自分から意識的に肯定的でポジティブな考え方を選び、豊かな世界に住むことを選択していくことが重要です。

41.現状に縛られず、そして、自分の可能性を開くために、自分の夢の実現を想像することが必要です。

夢を描くときに「これは難しそうだ。」「そんなこと自分にはできない」「今まで出来なかったら、これからも、、、」と考えてはいけません。

一切制限なく、大きく無限に考えることで、さらにもっと素晴らしい人生を創造することができます。

42.夢や何かを想像することは自分の可能性を示しています。

その夢は理由があってそこに存在しているともいえます。

その夢はあなたをこの地上でより高い道に案内してくれる役割もあるのです。

夢に向かうことは本来のあなたらしさをより思い出し、発揮していくことにつながります。

43.自分に何が可能かについて自分のヴィジョンや思考を日々広げてみてください。

周りの人や常識、今までの自分の状態などあらゆるものに遠慮する必要はありません。

何の制限も設けずに、大胆に夢を見て、大きく考えてください。

44.もし自分が何かの仕事で独立することを考えているのであれば、自分がもてるものや、やれることについて妥協をしないでください。

例えば、あなたが1週間に1人のお客さんに奉仕することを考えているのであれば、5人に奉仕することを考えてみてください。

1年以内に独立することを考えているなら、1カ月で始めてみるのはどうかと考えてください。

大きく、制限なく考えることがとても大切です。

45.自分の思考を拡大することは、自分の想像力(創造力)を開発することにつながります。

あなたの想像力は自分が考えている以上にその活動範囲が広く、それはあなたの本質につながっています。

想像力は、あなたの潜在意識に埋め込まれている過去のプログラムや信念、恐怖に縛られていません。

想像力はあなたが自分の物質的な世界を越えることができるようにあなたに与えられたものです。

そして想像力はあなたの個人的な限界の枠組みから外に出て、自分の最大の可能性を開放する能力をあなたに与えています。

46.望ましいたった一つの結果を想像する代わりに、「起こりえる最高の結果は何だろうか?」と自分に質問してみましょう。

最良の結果を想像した後で、さらに良い結果を想像するように習慣づけてみてください。

手に入れることができると考えている以上のものを求めましょう。

47.あなたが無限の考え方を実践し始めるとき、以前の自分の考えがまだ自分の現実を創造していることに気づくかもしれません。

あなたは新しい無限の考え方を送り出しているのに、まだ自分の過去の制限された考えの結果に出会うかもしれないです。

それでも、今現在の環境は自分の過去の考えの結果だと思って、観察し、それから現状は気にせず、自分の望ましい夢に意識を向けるようにしましょう。

48.この物質世界は、思考してから形になるまでに時間がかかることが多いのです。

(本当に確信していることは時間に関係なく出現してくることがあります。)

数日で結果を経験できないからといってがっかりしないでください。

意識的に無限の考え方を実践し続ければ、次第に古いパターンが去っていきます。

そして、あなたは新しい考え方の結果をどんどん経験するようになるでしょう。

49.何が可能であるかについて自分の考えを拡大していくと、今現在ではそれを創造する技術を持っていないことに対する心配の気持ちがでてくるかもしれません。

例えば、「人にカウンセリングをして潜在能力を引き出せるようになりたい!」と考えているときに、

「でも今の自分はそこまでの能力はもっていないし、技術も持っていないな・・・本当に出来るのだろうか・・・」などと心配になってくることがあるかもしれません。

実は、自分の考えを拡大することによって、自分が夢見ていることを実現する能力が自分の中で発展していきます。

ですので、現状の自分の能力を基準に心配する必要がありません。

現状を基準に考えないでください。

50.もし何かが可能であることを信じられないならば、あなたはそれを得ることはありません。

しかし、それは可能かもしれないというほんの小さな考えでも持つならば、あなたはすでにそれを創造する道にいるのです。

自分の心の中で自分の夢を生きることが大切です。

現実の世界でそうなっていないからといって、そのようなこと気にする必要はありません。

自分がほしいものを自分が得ていることを想像し、感じましょう。

そして、単なる甘い考えや遠い空想ではなく、実現可能に感じられるように、それらを実感してみてください。

そのようにすればするほど、あなたの夢は自分の中で確立され、この現実世界に、その夢を引き寄せ、流入させていくのです。

51.自分がヴィジョンを創造し、夢を見て、空想することを許してください。

それから、自分の夢や目標に到達するために実行できる、単純で具体的で実践的な手段に毎日集中してください。

あなたの夢や理想に行くためにあなたがすぐに実行できる、単純で具体的な手段が常にあります。

何かが起こるまで行動するのを待っている必要はありません。

無限に思考し、その後は、気軽に単純で現実的な行動をとるようにしましょう。すると今までにないような経験をすることになるでしょう。

52.思考は現実化するというのは事実ですが、この地球では思考が現実化するまでに「時間」という要素が絡んでくることが多くあります。

一見すると、考えたことがすぐに現実にならないことはもどかしいことに思えるかもしれません。

しかし、時間があることによって自分が創造したものをじっくり経験することができます。

じっくり経験をすることで、「これは本当に自分がほしいものではないな。」とか、「次はもっとこういう風に考えて想像してみよう。」という、遊びをすることが出来ます。

53.考えたことが現実化するまでの時間というものがあることによって、物事が実現する前に、自分の思考を軌道修正したり、もっと自分にとって望ましいものを明確にすることを練習することが出来ます。

そして、何かを得るまでの期間に、あなたは様々な経験をもとに成長し、よりよい現実を想像する材料を得ることができるのです。

その道中で得た知識や、経験をもとにさらに素晴らしい夢を再創造していくこと。

54.何よりも夢が現実の世界に現れてくるまでの時間、自分にとって最高のことが最高のタイミングで起こることを信頼しながら、その道での経験を大切にし、今現在を味わい、楽しみむことが重要である。

55.自分がほしいもののすべてを持つことをイメージしてください。

自分の健康状態。パートナーシップ。素晴らしい人間関係。満足する仕事。預金残高。

そして、次に、自分が周りの人々に対してどれだけ役に立てるかも見てみてください。

もしあなたの友達や知り合いなどのすべての人が、素晴らしい仕事をし、お金を豊かにもち、人生が上手くいっているとしたら、どんなであるかを想像してください。

ただ自分のためだけではなく、周りや全世界ののすべての人のためにより多くを求めるように挑戦してみてください。

つまり、自分の範囲を超えて、ほしいものが行き届く範囲を拡大してみるのです。

56.あなたがより良い仕事を望んでいたら、仕事をほしがっているすべての人々にいい仕事が見つかることを想像してみてください。

もし、あなたが素晴らしいパートナーシップを望んでいるとしたら、同じように素晴らしいパートナーシップを求めているすべての人々が理想のパートナーシップを築くことを想像してみてください。

こうすることによって、この宇宙にはすべての人々にとって本当の豊かさがあることをあなたは学び、すべての人々の豊かさと自分の豊かさを結びつけることができるようになります。

すべての人々の豊かさを想像し、その豊かさのなかに他の人たちを入れるために、自分の考え方を広げるにつれて、もっと大きな豊かさが自分にやってくる道を開くことができます。

57.あなたの考えの背景にある感情が物事を実現する速度を決めます。

もし何かを本当にほしいと思っているのであれば、ほしいかどうかあいまいであるときより、ずっとそれは早くやってくるでしょう。

自分がほしいものに対して、ワクワクする気持ちを生み出してください。

「それを持つことのメリット」や「自分や周りがどれくらい喜ぶか」など、ほしいものに関していろいろな角度から見てみたり、自分にやって来た時に感じる気持ちを想像したり、五感を想像することは肯定的な感情を意図的に抱く上で役立ちます。

58.どのような方法であれば、自分がほしいものに対して、肯定的な感情を意識的に生み出せるようにすることが重要です。

59.ほしいものに関して頻繁に、そして肯定的な感情を抱くように強く考え、それでいて同時にそれを得ることに対する執着をすすんで手放し、どんなふうであっても一番良いやり方で、それが自分の人生にやって来ることを喜んで任せてください。

60.自分がほしい物事を実現するためには、それを創造することを決意することも大切です。

言い換えると、ほしいものを自分が得ることは、自分にとって重要であり、進んでそれを得ることに一定量の思考とエネルギーを注ぐということを決心することです。

一定の焦点を当てるとき、あなたの求めるものはより早く創造できます。

61.意識的であっても、無意識的であっても、あなたは心の奥深いところでは成長と生き生きした感覚を求め、自分の可能性を実現し、自分がなりえるすべてになることを望んでいます。

62.ほとんどの人は、以下のようなことを深いところで求めています。

喜び。愛。安定感。創造的自己表現。楽しく意義ある活動。自己尊重にあふれた生活。

自分の生活のなかにこれらの要素があればあるほど、あなたはますます満ち足りた気持ちになり、自分の可能性を十分に発揮できます。

63.自分の最も深い必要性を満たしてくれ、自分が成長し、可能な限り最も素晴らしい人生を生きるための道具となる物事を創造することが大切です。

64.たくさんのお金があなたに与えてくれると思えるものは何でしょうか?

ほとんどの人は、お金を得ることで自分の必要性が満たされ、自分が今持っていない感覚や状況を経験できると思っています。

お金があれば心配から解放され、好きなことをして遊ぶことができ、自分たちがしたくない活動をしなくても済むと考えているのです。

実際、そのような人がお金を持ってみると、それだけでは自動的に自分の必要性を満たしたり、自分が望んでいる気持ちを与えてくれないことに気づきます。

あなたの足りないものを満たしてくれる何かとしてではなく、自分がもっと十分に自分自身を表現でき、自分の可能性を実現することを助ける道具としてお金や物事を見てみてください。

65.少し深呼吸をして、「今持っていない何かで、お金を持つことによって得られるものとは何か?」と自分に尋ねてください。

そして、お金を持つことで得られるものを得たことによって、内なる平和、愛、自己尊重、幸福など、どのような高い「質(本質)」を持つことになると思いますか?

つまり、そのことが現実になったときにどのようなことを感じたりするでしょうか?

66.理想の状態になったときにもつことになる質に注目することはとても重要です。

実は、その求めている質は、物質的な条件がそろわなくても(お金持ちにならなくても)今すぐ手に入れることができます。

例えば、お金持ちになって自由な生活を送ることによって「内なる平和」という質をもつことを求めているのであれば、状況が整うまで待たなくても、今少し静かにして、深呼吸などすれば「内なる平和」を持つことができます。

このようにお金をたくさん持っていなくても、あなたの求めている質を今すぐにでももつことができます。

67.あなたがお金を手に入れれば、得られるだろうと考えている高い質を表現し、自分の言葉や行為、存在の在り方でそれらの質を体現して放射すればするほど、自分の創造的な意識の次元を物質的に表現するお金とものを引き寄せられるようになります。

愛、内なる平和、健康、幸福、自己尊重といったどんな高い質でも、それを今から体現することはあなたの波動を根本から変え、そのおかげであなたらしい波動に合うものは何でもあなたに引き寄せられるようになるのです。

お金だけでなく、自分が求めていたものより良いものが引き寄せられるようになりはじめ、自分の周りのあらゆることが、あなたの本質に合うようになるでしょう。

68.67の実例の紹介

ある男性は1億円をお金を手にして、引退し、のんびり生活することを目標にしていました。

彼は投資など、自分が知る限りあらゆる方法でお金を儲けようとしました。それもうまくいったりいかなかったりをくりかえしていました。

仕事も一生懸命になって頑張っていましたが、目標とする金額までは程遠い状態でした。

あるとき彼は、自分は一億円を手にすることによって何を本質的に得ることになるのかを時間をかけて考えてみました。

そうしたところ、のんびりする時間と、自分の好きな活動をやる自由が一億円によってもたらさせると考えていることが分かりました。

このことが分かった彼は、すぐにのんびりする時間を確保し、自分の好きな活動を少しでもいいから始めることにしました。

彼はかつて楽器を弾いているときに喜びを感じていたことを思い出し、出来るだけ多くの時間を楽器とともに過ごすようにしたのです。

自分の好きな活動を追求することによって、人生の他の領域にも様々な良い影響があることを経験し始めました。

仕事での昇進、もっと給料の多い仕事も提供されるようになりました。

そして、自分が作曲した曲を映画会社に売ることができ、自分がかつて経験をしたことがないほどの多くの富への道を歩むことになったのです。

自分の求めている本質を見極め、それを満たすための活動を始めることによって、彼はほしかったお金だけでなく、自分が愛する仕事、充実して満足のいく生活、自分の大きな可能性と技術を実現する機会といった素晴らしいものを人生に引き寄せることができたのでした。

69.お金によって満たしたいと思っている自分に必要なものと、お金が自分に与えてくれるだろうと望んでいる高い質にあなたが日常的に触れて、これらの質を育てるように働きかけるならば、あなたが引きつけるお金と物は、喜びと自己充実をもたらされます。

反対に、お金をもつことで、自分がどんな深い必要性と高い質を表現したいのかを知らない状態で、お金だけ手にしても、それがどれだけの大金であってもきっと満足出来ないでしょう。

70.自分が求めている質ををいったん突き止めたら、どのようにして生活でその質を体現し、放射すればよいのでしょうか?

一つオススメの方法は、自分が経験したい質を与えてくれるすべての活動をリストアップし、それらをもっと頻繁に行うようにすることです。

例えば、自分がもっとワクワクするような感覚を望んでいるのであれば、自分がワクワクするようなすべての活動をリストアップします。

映画を見ること、漫画を読むこと、文章を書くこと、親友と話すことなど。過去ワクワクしたことを参考にしてもよいです。

そして、それらの活動をリストアップしたら、頻繁に生活に組み込むのです。

隙間の時間に文章を書き、夜は楽しい映画を見て、休日には親友と話をするなど、積極的にあなたが求めている質(ワクワクすること)を放射する活動を行うのです。

71.お金があればもっとワクワクした生活が出来るはずだ!と思っている場合、今からワクワクする活動をし始めることで、お金をスムーズに引きつけることが出来るようになります。

そのため、何か状況が整うまで待つ必要はありません。

自分の生活の中で今すぐ始められる簡単なことから一つ一つ行動に移し、頻繁に自分が求めている質を放射すれば、あなたらしい最高に豊かな人生が創造されます。

72.~今すぐ豊かになる引き寄せの方法まとめ~

自分が豊かになったらやろうとしていることは何かを考える。

そのやろうとしていることは、どのような質を自分に与えてくれるのかを特定する。

そのような質を経験できることで、今すぐできるようなことをリストアップする。

そのリストアップしたことを、今の生活の中にどんどん組み込んでいく。

73.人はよく楽しくない物事をやめるためにお金を求めることがあります。

そして、楽しくない物事があるとすぐにやめて、他のところに自分の理想的な環境を求めてさまようことになる人もいます。

物質や環境に自分の望みを叶えてもらおうとすると、多くの場合が期待外れや同じことの繰り返しに終わります。

どのようにすれば、この「楽しくない物事をやめたい」ということにまつわる負のサイクルを終えることが出来るのでしょうか?

意外かもしれませんが、楽しくない物事をやめる第一歩は、自分をもっと敬い、尊敬することを学ぶことです。

74.人は自分がやっていることをどのように感じるかで自分の価値を計っています。

つまり価値のないことをやっている自分=価値のない自分と感じるということです。

今自分が楽しんでいない小さなものごとと今までの関わり方をやめ、新しい姿勢で取り組むことができれば、あなたは自分に対するより多くの敬意と尊敬を自分に感じられることに驚くでしょう。

75.あなたが楽しくない今の仕事を辞めたいと感じているのであれば、あなたに2つの質問をさせてください。

質問1「今あなたがやっていることで楽しくないと感じる小さなことは何ですか?」

答えの例:新規営業。など。

質問2「自由なものの見方をした上で、その今楽しくないと感じている小さなことはどのように将来の自分らしい人生や夢につながるとおもいますか?」

答えの例:将来自分で独立して仕事をする上で新規開拓をする方法を今学ぶことができている。 など

上記の2つの質問に答えることで、今やっていることに価値を見出すことができ、そして結果的に自分に対する尊敬の気持ちや敬意を感じるようになるかもしれません。

76.物事を引き寄せるためには、まず自分のほしいものをハッキリとさせなければなりません。

そして、ほしいものをはっきりとさせるためには、あなたがそのものに求めている本質を知っている必要があります。

77.何かを手に入れることによって得られる本質とは、そのものに対してあなたが期待している機能であり、それを使う目的でもあり、それによって得られるだろうとあなたが思っているものです。

お金を得ることによって得られる本質は、ある人によっては内なる平和かもしれませんし、別の人ではワクワクした感覚かもしれません。

この何かを手に入れることによって得られる本質は、想像以上に様々なものから得ることができます。

例えば、上記のようにお金を得ることで自分が求めている本質が内なる平和であれば、お金を今得ていなくても、ただ深呼吸をしたり、自分の好きなことに没頭するだけでも得ることが出来るかもしれません。

78.例として、例えばある人が冬用のジャケットがほしいと思っていたとします。自分がそのジャケットに望む特徴を具体的に挙げることで、そのジャケットによって得られる本質が分かります。

暖かくて、見た目が良くて、長持ちすることがその人の求めているものの本質だとします。

そして、いったん自分が求めているものの本質が分かったことで、その本質を満たすのはジャケットだけでなく、セーターや厚手のトレーナーでも可能であることが分かるかもしれません。

このようにして自分のほしいものの本質を知ることで、その本質を満たすあらゆる形態が自分のところに引き寄せられる形と方法の幅を広げることができるのです。

79.自分がほしいものの本質を知らない状態で、外観などの表面的なものを基準にして何かを手にいれても、後になってそれが自分に満足をもたらしてくれるものではなかったということに気づくかもしれません。

外観がカワイイという基準だけでジャケットを購入した結果、本当は暖かいものがほしかったのに、あまりに通気性が良すぎて冬だと寒くてしょうがないなどということが起こり得るのです。

80.あなたがある特定のものを引き寄せようとするときには、次のように自分に尋ねてください。

「私がこれに望む機能の本質は何だろうか?」

「私がそれを使うすべてのやり方とはどういうものだろうか?」

「私は特定ものだけしか自分のほしいものを満たしてくれないと決めつけて、選択の幅を狭めていないだろうか?」

「さらにもっと良いやり方で、同じ機能を満たす他の形態がないだろうか?」

「この特定のものを買ったりせず、この金額のお金が準備できなくても、今すぐ自分がほしいものの本質を手に入れることはできないだろうか?」

特定のものを引き寄せようとする前には、その求めているものが満たしてくれると思っている本質を先にはっきりさせておく必要があります。

81.お金持ちになるとか、幸福になるなどの、何かはっきりと決まっていないものを求めるのであれば次のように自分に尋ねてみてください。

「自分が幸福であるかどうか、どのようにして私はわかるだろうか?」

「自分がお金持ちだと感じるためには、銀行にどれくらいの貯金があればよいだろうか?一カ月の収入はどれくらいあればよいのだろうか?自分のほしいものに対してどれくらい余分なお金が使えればよいだろうか?」

以上のように、漠然とした夢を持っている場合は、それを具体的にしていくように自分に尋ねることは大切です。

自分がほしいものを具体的にして、それを求め、さらにそれ以上を引き寄せるように意識してみてください。

82.そのほしいものによって得られる本質と、自分がそれによって表現したい高い質もイメージすると、なお効果的があります

83.実例

ある女性が新しい住居に引っ越したいと思っていて、自分が欲しいものの本質をハッキリさせました。

バルコニーがあって、たくさんの日光が入って、近くに公園があることを望んでいました。

彼女はまた、これらの具体な物事から自分が得られるものも明確にしました。

バルコニーがあれば野菜を育てることができ、公園が近くにあれば新鮮な空気のある野外に気軽に出かけることができる、など。

その少し後で、新しい友人ができ、その友人がたくさんの新鮮な野菜を持ってきてくれるようになりました。

その友人は野外に行くことを愛しており、ハイキングやキャンプによく連れて行ってくれるようになりました。

ある日彼女は、自分がすでに新しい住居に望んでいる本質を手に入れていることに気づきました。

それは、あまりにも自然に、彼女が想像していたよりもはるかに良いやり方でやって来たのです。

84.あなたの本質(ハイヤーセルフ)は、あなたの望んでいるものの本質をあなたに与えてくれますが、それはあなたが期待した形ではないかもしれません。

もしかしたら、あなたが夢みているものの本質は、すでにあなたのところにやって来ているかもしれないです。

必要なことはただ、それを認めることだけなのです。

85.うまく物事を引き寄せるためには、自分がほしくないものを取り除くのではなく、自分がほしい物事に焦点を当てることが必要です。

86.何かをやろうとしている時に、「それが正しいかどうか?」と分析しすぎる時にだけ、複雑になります。

ただそれを楽しんで、自分に一番良いものは何であれ最高のタイミングでやってくるということを信頼することで、最も良い結果を得ることができます。

87.物事が引き寄せられないときの共通項の一つに「自分が求めている物事を自分がもつことを想像できない、実感できない」というものがあります。

そのものごとが現実になることは可能であるというあなたの信念がそれほど強くない場合は、なかなかそれが現実の世界に引き寄せられることはありません。

本心では、なかなかそれは難しいと思っているからです。

自分がもてると想像できる物事を求めることから始めてみましょう。

88.簡単なものから引き寄せることを試し、それが上手くいくことで、自分の物事を引き寄せる能力に自信が持てるようになります。

そうしていけば、大きな物事を引き寄せることが出来るという信念が自分の中に根付いていき、ますます自分の望んでいることが現実の世界に引き寄せられてくるでしょう。

一つひとつの成功が以前の成功の上に積み上げられていきます。

あなたが成功を経験するにつれて、始めた時には不可能だと感じられた物事さえも、創造可能だという信念と内なる確信を育てることが出来るでしょう。

89.自分がそれをもつことが可能であり、ほとんど確実でさえあるという内なる感覚や確信は、物事を自分の人生に引き寄せる準備をするときに、最も重要なことです。

90.自分が本当にほしくて、持つ準備が出来ていて、もつことにワクワクする物事を引き寄せるようにしましょう。

あまり準備が出来ていないと感じるものは、今の状態では手放して、他のもっと自分にとって望ましいものに意識を集中させましょう。

91.妥協する何かではなく、本当に自分がほしいものを引きつけてください。

妥協するような内容のものはそれを持つことに関してめったにワクワクすることはないので、結果としてそれを引き寄せることは困難になります。

92.自分が今までほしがっている自分で考えてきたあらゆるもののリストを作り、それら一つ一つをしっかりと観察してみることは大切です。

実際、その夢のリストを観察してみると、過去の自分が望んでいたものを惰性で今でも望んでいると勘違いしているものが見つかるかもしれません。

そのように昔はほしかったけど、今現在はそこまでほしくはないものを過去の惰性で心の中で持ち続けていると、意識がそこにとらわれます。

そして、今現在はそのものをほしいとはあまり思っていないのが本心なので、引き寄せが起こりません。

それで、自分が求めているものが引き寄せられないと勘違いすることにつながることが多くあります。

93.あなたは自分が愛している物事、つまり自分に単なる安心ではなく、喜びを与える物事を想像するように動機づけられています。

「私は自分の借金を返済するため、あれこれを手に入れるために、お金を生み出すべきだ」と、多くの人は言います。

しかしこの「べき」という言葉がついている場合、豊かさを生み出すための十分な感情的エネルギーを与えませんし、その願望は自分の本質からくるものではありません。

つまり「~~べき」がついている願いは、本当のあなたが望んでいるものではなない可能性が高いということです。

上記の例で言えば、もし借金が消えていくのを想像したときに喜びや幸福感がないのであれば、それはあなたの本当の望みではないかもしれません。

このように過去から惰性で望んでいる願望や「~~すべき」のようなタイプの願望は本当のあなたの求めているものではない可能性が高いため引き寄せが起こりません。

しっかりと自分の本当のほしいものと、本当にほしいとは思っていないものの識別をすることが重要です。

識別できれば、自分が本当にほしいものに集中することができ、引き寄せもスムーズに起こすことができるようになるからです。

94.いったんあなたが喜びを感じる目標を見つけたらそれを最優先にするようにしましょう。

95.自分の人生で最も重要な1つまたは2つのことを選んで、それらに集中してください。

自分に、「今自分の人生で創造できるたった一つの最も重要なこと(最も喜びをもたらすもの)は何だろうか?」と尋ねてください。

それから、それを創造してください。

96.自分が持てると信じる物事は何でも持つことができ、今すぐ自分のほしいあらゆるものの本質をもち始めることが出来ます。

97.ほしい物事を人生に引き寄せることは、行動する前にエネルギーと物事を引き寄せるための磁力に働きかけるときもっと簡単になります。

エネルギーの世界で創造するとは、心を静めてリラックスし、それからほしいもののイメージや象徴を心の中に与えることです。

98.エネルギーと磁力に働きかけることを意識的に出来るようになると、長時間の熱心な労働をするよりも効率的に大きな結果を生み出すことが可能となります。

99.物事を引き寄せることは磁力界を生み出すことを含んでいます。

この磁力は引き寄せる側と引き寄せられる側の両方に最大の利益になることだけを引き寄せる力があります。

この磁力を活用するためにも自分も含めたより大きな範囲のものが利益を得るようなものを引き寄せることを意識してみましょう。

100.自分が求めている物事が、人生で自分がもっと表現したいあらゆる高い質のための道具になることをあなたが知っていることです。

そのため、まず何かを引きつけるときは、自分が放射したい質について考えてることが必要です。

質とは、その中身のことです。

例えば、お金を引き寄せたいと思っている人は、「お金を得たら自分はどのように感じるだろうか?お金を得ることによってどのようになりたいのだろうか?」と問うことによって自分が放射したい質を知ることができます。

ある人によってはお金を得ることは様々な未知の経験をすることを可能にし「ワクワクする」という質を表現できることに気づくかもしれせん。

他の人はお金を得ることによって自分に無理をして仕事をしなくてよくなることによって「内なる安心」という質を表現できるようになることに気づくかもしれません。

あなたが自分の人生の中でもっと表現したい質は何ですか?

その質をもっと表現することを助けると自分が知っているものを求めるようにしてみてください。

101.自分がほしい物事の具体的な形態だけでなく、その本質や特徴を引きつけることが大切です。

自分がほしいものの本質や特徴が分かっていて、その具体的な形がまだハッキリしていない場合は、その本質の象徴を自分なりに心の中に描くことで、自分の枠を超えたところから大きなものを引き寄せることが出来ます。

例えば、自分が仕事に関してほしいものの本質が「何かを創造する喜び」であった場合、どんな仕事がよいのかまだハッキリしていなくても、「創造する喜び」を自分の中で象徴するイメージを描いてみることです。

人によっては「創造する喜び」の象徴は何かの企画を作っているイメージかもしれませんし、別の人からすれば「創造する喜び」の象徴は光り輝いている球体のイメージかもしれません。

自分にとってその象徴がほしいものの本質を表わすのにしっくりくるものであれば何でも自由にイメージしてみてください。

102.自分がほしいものとさらにそれ以上を求めることが大切です。

例えば、自分が好きなことを企画する仕事をして豊かになりたいという夢があるのであれば、それをもっと拡大させて自分が好きなことを企画して独立するためのスクールを作ることを思い描いたり、夢の規模を広げてみて自分と同じような夢を持っているすべての人がその夢を実現しているところを求めてみるなどしてみてください。

他には、一年後に独立することを考えているならば、一か月後にしてみてはどうだろうか?など考えてみてみるのも良いでしょう。

103.自分が求めている物事を愛し、手に入れる意欲を持つこと。

104.あなたは自分がほしいものを肯定的に考えることが必要です。

高い肯定的な思考から生まれる波動やエネルギーは、心配や不安などのネガティブなエネルギーよりも数百倍も強いからです。

105.自分が求めている物事を持つことができると信じてください。

もし描く夢が大きすぎて持つことをなかなか信じられない場合は、その大きな夢につながりかつ持つことを信じることができる小さな夢を描き、それに集中してください。

106.自分が引き寄せている物事を「必要!」「どうしても手に入れたい!」「それがないとダメだ!」とするのではなく、むしろそれについてある種の無関心でいることが大切になります。

たとえそれが引き寄せられなくても、あるいは自分と期待したものとは違った形で来たとしても、大丈夫だと思いましょう。

自分が何かを求めたあとは、それを手放し、やってくるものは何であれ、適切なものとして受け入れてましょう。

107.あなたが引き寄せるのが最も簡単なものは、今までにあなたが創造し、引き寄せたことのあるものに似たもので、同じくらいの額や範囲のものです。

今よりも豊かな人生を引き寄せていきたいのであれば、何であれ、自分が生み出すことに成功できると感じるものから始めるのがよいです。

それが小さなものであっても、自分が創造し、引き寄せる体験を重ねることで、ものごとを引き寄せる感覚や能力を発達させ、自信を得られるからです。

108.自分が物事を引き寄せる力があることを確認するために、人生で自分が今まで望んだことで引き寄せることが出来たものをリストにしてみましょう。

例:自分が喜びを感じる企画をするような仕事がしたいと思っていて、実際にその仕事に就くことができた。など

引き寄せてきたものを振り返ってみるだけでも自分の考えたことが引き寄せられていることに気づきます。

自分の引き寄せの力を確信すればするほど、引き寄せることが簡単になってきます。

109.物事を意識的に引き寄せるようになってくると、物事が引き寄せられるときの感覚が分かるようになってきます。

つまり、自分が引き寄せているとことを感じる能力が発達していきます。

自分がほしいものに意識を集中させていると、ある時点で突然がやってくる感覚がしたり、増加したエネルギーの感覚が消えるように感じることがあります。

もしこのような感覚がしたら、引き寄せるための作業が完了し、それを止めてもよいという合図であると思ってください。

110.まだそれをもつことが近づいているような感じがしなかったり、エネルギーが移動したという感覚を感じるまで、引き寄せるための作業を再開してください。

111.自分がどれくらいのエネルギーをかけて、どのようなものを引き寄せているのかも観察してみるといろいろな発見があります。

自分が小さな結果を出すことや、あまりにも多くのエネルギーと力を使っていることに気づくかもしれません。

例えば、昼の食事を食べることに関して午前中ずっと考えてそこにエネルギーを注いでいたり、考えてもしょうがないことを長時間考え続けていたりなど、エネルギーの無駄遣いをしていることが多く発見できると思います。

場合によっては自分の理想としている状態と反対のことが実現することについてエネルギーを多く注いでいることに気づくかもしれません。

お金が無くなったらどうしようと長時間考えていたり、自分がこれをやって上手くいかなかったらどうしようなどと考えてそこにエネルギーを注いでいたりなど。

自分が結果を生み出すのに使っているエネルギーを意識できるようになれば、より小さなエネルギーで大きな結果を生み出すことも可能になります。

112.ほしいものが何であれ、それに対して適切な量のエネルギーというものがあります。

食事のような簡単なものを生み出すのに丸一日そのことを考えたりするのはエネルギーをかけすぎです。

自分がほしいものを得るのに、どれだけのエネルギーが必要なのかを感じ取れるようになってください。

そして、適量のエネルギーを注ぎ、それ以上は使わないようにすることが大切です。

113.もしあなたがあまりに多くのエネルギーをつかっているならば、感覚として重荷のように感じられるでしょう。

たとえば、自分がほしいと思う対象のものをどうしても手に入れたいからたえず考え続けなければならないならば、それを引きつける作業を奮闘のように感じられるでしょう。

114.とても多くのエネルギーを小さな結果や何にもならない結果のために使っているとしたら、あまりにも引きつける力を出しすぎている可能性が高いです。

もしあまりにも多くの力を使わなければならないのであれば、それは本当のあなたらしい道(自分の高い道)の流れに逆らって進んでいるのかもしれません。

115.何かを考えたとき、それがほとんど引き寄せられてくるのを感じることができれば、適量なエネルギーを使っていることが分かります。

自分が引き寄せようとしている対象に対して、あまりに少ないエネルギーしか使っていないとすれば、それはまったく引き寄せられないか、それがやって来るのには時間がかかるでしょう。

偶然に物事はあなたのところに引き寄せられるのではありません。あなたが注いだエネルギーと関係があるのです。

自分があまりに少ないエネルギーしか使っていないのは、ほしいものが遠く離れてあるのに見えているからなのかどうかを自分に確かめてみてください。

「自分にとっては、そんなことまだ実現するのには早すぎる」「そんなに大きなことが実際に叶ってしまったら、今の生活が・・・」などという本音が出てくるかもしれません。

その状態だと、それは引き寄せられる確信の状態ではなく、単なる望みの状態なので、もう少し自分が確信できる形の願望に切り替える必要があります。

116.今持っているよりも、ずっと大きなエネルギーをもつ何かを引き寄せる前に、そのエネルギーと調和することを学びましょう。

たとえば、今持っているよりもずっと多くのお金を欲しいのであれば、あらかじめ自分がそれをどのように蓄えたり、何に使うのか、それがどのように自分の人生を助けるのかを知るなど、準備をするのです。

そして、自分がそれを持ったときにどんな気持ちがするのかを想像し、それを手に入れることについてのあらゆる心配を解決することです。

その引き寄せたい対象のもののエネルギーを「身につける」遊びをするのです。「持っているフリをする」とも言えます。

117.今持っているものよりもずっと大きい何かと調和する一つの方法は、自分が求めているものを拡大することです。

もし、今もっているよりももっとたくさんのお金がほしいのであれば、さらにもっと大きな額のお金を自分が持っていて「身につけている」ことを想像します。

そして、さらにもっと多くのお金を「身につける」想像をしていきます。

すると、金額が上がっていくにつれて、自分の感じ方や考え方が変わることに気づくでしょう。

ある金額は快適に感じ、ある金額では不快に感じられるかもしれません。

お金であれどのような物事であれ、それを引き寄せる前に、エネルギーのレベルでそれを快適に感じるにつれて、それはますます簡単にあなたのところへ引き寄せられてきます。

118.上記のように自分が引き寄せたいものを拡大していったときに、自分の考えがどのように変わる可能性があり、自分の感情とライフスタイルがどんなふうに違ってくるのかをよく観察してみましょう。

「これをもつと、あまりにも責任がおもくなるかもしれない・・・」「〇〇のようなことが起こる可能性が出てきて心配だ・・・」など、隠れた恐れが表面化してくることがあります。

そのような疑いや恐れなどのネガティブなエネルギーを解決するにつれて、ほしいものをもっと引き寄せることが可能になっていきます。

この自分が引き寄せたいものをどんどん拡大していく練習は楽しく面白いと感じる間だけ、続けてみましょう。

119.このようにして、いったんあることを引き寄せることをマスターしたら。

あとはただ、それが簡単に実現するようにそれについて考えるようにすればいいです。

120.もし今まであることを簡単に引き寄せられたのに、それが流れが止まったり、減り始めたり、それを引き寄せるのにあまりにも多くの仕事が必要ならば、自分がいま歩いている道をよく観察して調べる必要があるかもしれません。

なぜならば、あなたが新しい方向へと向かうサインかもしれないからです。

121.この物質世界における豊かさとは、基本的には財産的なことに関係していることが多いです。

しかし、精神世界における本当の富とは金品や財産のことをいうのではなく、霊性の体現、愛、そして他への奉仕のことを言います。

精神世界の豊かさを体現した人ほど、優しさから生まれる行為、愛、周囲への奉仕活動を自然に行います。

これからの人生は出来る限り、意識の焦点を無条件の愛、許し、そして、他の人への貢献と奉仕に合わせることをお勧めいたします。

そのようにしていけば、自然と現在の物質世界においても真の豊かさを体現することができ、さらにはこの肉体を離れて、次の精神世界に進んだときにもそれ以上の福を手にすることができます。

ここで一度あなたの豊かさの定義を再確認してみましょう。

122.お金は、あらゆることを達成し、創造するために費やされたエネルギーと時間を表わしています。

もちろん大いなる喜びをもたらしてくれる豊かさの形には、お金以外のものが数多くあります。

お金は豊かさと幸せを達成するための手段の一つであり、お金自体が人生の目的ではありません。

この地球では、お金は自分の望むもの、繁栄、やすらぎ、喜び、意味のある生き方を達成することを可能にしてくれます。

123.スピリチュアルな道を探求している多くの人が、仲間たちと調和を保ちながら素晴らしい人生を送ろうと努力しているのに、なぜ自分はいまだに貧しい生活に追われているのだろうと思っています。

この人生で苦痛や苦しみ、不足、欠乏を現実に顕現するする代わりに、愛や喜び、調和、豊かさを顕現するためにはどうしたら良いのでしょうか?

そのためにはまず、意識のもっとも深いレベルで克服して、除去しなければならない根強い考え方があります。

124.他の人に対する奉仕と自分自身に対する奉仕にはバランスが必要です。

まず他の人たちを尊重する前に自分自身を尊重しなければなりません。

なぜなら自分を愛することができて、初めて他の人たちを愛することがでるからです。

自分に愛せない条件を取り払い無条件に愛することで、始めて他の人たちを無条件で愛することができるようになるともいえます。

125.豊かになるためにはまず、私たちが創造する事柄、他の人たちと分かち合う事柄に自分から価値を置き、素晴らしいことだと思わなければなりません。

そうしなければ、鏡のように自分が創造することには何の価値もないと他の人たちは信じ始めることになるでしょう。

いかなるものであれ、他の人に大切であると思われ価値があるとみなされるためには、まず自分がそれを大切で価値があるものだと思わなければなりません。

126.全てのことに関して「エネルギーの交換」がなければなりません。なぜならそれは宇宙の法則だからです。

お金は一つの象徴であり、交換するための手段です。

それは、あるものないしあることのために費やされた時間とエネルギーを表わしています。

127.どのようなレベルのものであっても、願望して顕現することについて学ぶときには、自分が創造するものを自らのものであると宣言して、それに対して責任を持たなければなりません。

128.私たちがこの地球で人間として生きる上で体験する最も重要な問題と教訓は、両極性と二元性の世界において、あらゆることのバランスをどのように実現するのかということです。

もちろん他の人に対する奉仕は良いことであり正しいことではありますが、自分自身に対する奉仕は悪いことであり間違っているという概念は超越して変えなければなりません。

自分自身に対する奉仕と他の人に対する奉仕を同じものと見なして、バランスを保つ必要があります。

あなたは、自分自身に対して奉仕することに関してどのように感じていますか?

129.昔の宗教で教えられていた殉教(自分の信ずる宗教のために命を捨てること)や自己犠牲の時代は終わりました。

それはつまり、ある特定の人や存在に頼り、崇拝し、依存する時代は終わったともいえます。

もちろん、かつての地球の魂はまだ成熟していなかったため、そのような生き方やあり方が必要だったことは間違いありません。

しかし、今は、自己の尊厳を我がものとして宣言し、自己にとって最善のあり方を実現し、そうすることによって、ポジティブで喜びがいっぱいの成功者として他者へのお手本になる、そういう時代が来ています。

自分の力を他人に委ねるのではありません。自分自身の生活において顕現の宇宙法則を活用し、「自分の言葉を生き」「自分のヴィジョンを生きる」ことが大切です。

130.「スピリチュアルなことであるなら、無料で提供されるべきだ」という言葉や考え方を捨てましょう。

他の人たちにとって価値あることを学び、創造するためにどれほどの努力を払ったとしても、それは他の人に無料で与えらえるべきだと感じている人もいます。

「それが奉仕であり、スピリチュアルな道には不可欠なことである。」と。

自分が行っている仕事を大切に思わなければ、その仕事が他の人たちに対して持つ価値を著しく低下させ、多くの場合、まったく価値のないものとして扱われることになります。

そして、なんでも無料で手に入れようとする人は、たいていの場合、自分の人生で豊かさを顕現することが難しい人たちです。

私たちが提供するサービスや製品と引き換えに何らかのエネルギーの交換を要求しなければ、そのような考え方を強化することになります。

あなたは自分のサービスの価値をどのように考えていますか?もし、無料で提供し、奉仕するべきだと考えているのであれば、それは豊かさに貢献しない考え方であるため、超越する必要があります。

131.スピリチュアルな覚醒を探求する多くの人は、スピリチュアルであるためには物質的な性質と事柄をあきらめなければならないと信じています。

信じたことが現実化するのがこの宇宙のため、宇宙も協力して、そのように信じる人たちから物質的な豊かさを断ち切ります。

実際、全てのものには価値があります。それに対して何らかの形でを払う必要があります。

お金であれ、ものであれ、何らかのエネルギーの交換がなければなりません。

唯一、無料のものとは「無」ないし、「無いもの」です。

無いものとは存在しないもののことです。

高次元の世界ではいかなるものといえども、無料で与えられることは決してありません。

なぜなら、そうすればそのものを「無いもの」のレベルに貶めることになり、その結果、そのものが現在の形で存在する権利を破壊してしまうからです。

そして、破壊されたものは宇宙の源ないし未顕現の原初の生命力物質に戻ることになります。

132.上記のような不均衡な信念体系に固執し、スピリチュアルな知識や仕事は無料で、あるいはエネルギーの交換なしに与えられるべきであると信じたとします。

そうすれば、宇宙はエネルギー(お金/サービス/品物)が私たちのところにやって来るのを妨げ、私たちが現在信じている価値体系にとどまるように、私たちをサポートするしかありません。

133.あらゆるものの宇宙の源に依存することによってお金/豊かさ/繁栄を顕現するようになったとき、私たちは「神聖な生得の権利」を我がものであると宣言しているのです。

必要なものをいただき、豊かさが自然に流入し、また自然に流れ出ていくことをゆるすようになると、必要としているものや願っていることが、それがなんであるか自分でも知らないうちに実現するようになります。

134.慈善の心を持つことは確かに大切です。(慈善とは、他者をあわれみたすけること。情けをかけること。特に、貧困の人々を救済すること。)

力づけることは大切ですが、施しはすべきではありません。(施しとは、あわれみの気持ちで、人が困っている状態を助けるような行為をする、恵み与えること。)

施しは貧困の意識をサポートするものに過ぎません。(なぜなら施す側も、施される側も意識のフォーカスが不足/貧困に向いているからです。)

慈善の心をもっていつ与えるべきかについては、あなた自身の判断力を使い、内なる導きを求める必要があります。

ハートの導きに従うようにすると良いです。

いかなる見返りも期待することもなく喜びをもって自由に与えることができるとき、それは適切な行為であるとわかります。

しかし、疑いやためらいや恨みの気持ちが少しでもあればそれは適切ではありません。

135.思い出してください。私たちが求めているのは単なる「物」ではなく、「存在のあり方」です。

私たちが求めているものは愛であり、喜びであり、心のやすらぎです。そして、優雅にやすやすと展開する人生です。

私たちはそれぞれユニークな存在であり、これらの条件を満たすために何が必要と考えるか、それは人によって異なるでしょう。

136.たくさんの愛と祝福があなたに与えられています。

137.以下に豊かさを顕現するための格言と効果的な活用法をご紹介いたします。

<格言の活用方法>

1.格言を唱える前に一度か二度、リズムをつくりながら深呼吸をします。

2.格言を朝と夜の二回唱えると良いでしょう。できればそれ以上だとなお良いでしょう。

好きな格言を暗記すれば、疑念やネガティブな思いがわいてきたときにすぐに唱えることができます。

3.自分は豊かな人である、健康な人である、幸せな人である、価値のある人である、と考えます。

そのような自分のイメージを描きます。(イメージは現状に制約されません。自由にイメージしましょう。)

4.豊かさを象徴する贈り物であれば、どんなに小さなことに対しても感謝しましょう。

感謝の態度を維持します。スピリットの導きにしたがって、与えられた祝福を他の人たちと分かち合います。

5.豊かさとはお金や「物」以上であることを理解しましょう。豊かな愛、豊かな喜び、溢れる健康、豊かな想像を自分のものであると宣言してください。

あなたが持っている数多くなスピリチュアルな贈り物を自分のものであると宣言してください。

「豊かさのための格言」

・宇宙から供給されるものに限界はありません。美と豊かさのすべては私の「神聖な生得の権利」です。

・創造主こそ私の豊かさの供給源です。

・私〇〇は、私の神聖な権利であり、自然なあり方として豊かであることを受け入れます。

・宇宙の豊かな富が私を通して今、流れています。

・宇宙の豊かなる善が今、私を通じて顕現することをゆるします。私の心、感情、肉体、かかわる事柄において顕現することをゆるします。

・私は豊かさを手の上に軽やかに持ち、自由に他の人たちへと流れていくことをゆるします。

こうすることによって、すべての良い事柄が終わることなく豊かに流れていくことを保証します。

・私は豊かさに値する人です。したがって、財政的な機会はすべて私に開かれています。

・あらゆる形の豊かさが、創造主に導かれた完璧な方法でやすやすと私のところに流れてきます。

・私は私の豊かさのすべての源とチャンネル(経路、道)を祝福します。

・私は宇宙の豊かさそのものです。

・私は限りなく豊かです。

・私は人生におけるすべての軌跡と豊かさに感謝します。

格言は以上です。

自分のハートに響くものを活用してみましょう。

138.以下、『運命の脚本を書く』ロナ・ハーマン著より、チャネリングによって大天使ミカエルから得られたさまざまな宇宙法則の情報を共有いたします。

「引力の法則」(引き寄せの法則)

自分に引き寄せたいものがあれば、それがどんなものであれ、顕現したいと思っていることの感情そのものになり、その感情を放射しなければなりません。

愛を望むならば、自分自身に対する愛を感知するのです。そして、自らを愛で満たし、その愛を放射します。

人間は磁石のような存在です。

意識している願望を自分自身に引き寄せますが、それは精神的な明晰性、感情の強さ、積極的な関わりによって強化されます。

(同時に、潜在意識や顕在意識にゆるしているネガティブなエネルギーも自分自身に引き寄せることがあります。

そのため自分の中にある望ましくない信念などは手放すことが重要です。)

「仮定の法則」

シェークスピアは次のように言いました。「ある美徳を持っていなくとも持っているふりをすることです。」

「顕現の普遍的な法則」を使うにあたっては、願望するものを顕現するために積極的な参加が必要です。

創造主の美、やすらぎ、豊かさ、喜び、活力のすべてを自分が持っていると仮定するのです。

(自分が求めているものをハッキリさせたら、それを持っているふりをしましょう。)

「豊かさの法則」

この地球においては欠如、制限、貧しさといったものは人類の意識の中にしか存在しません。

「内なるものがそのまま外に現れる」ということです。

顕現の法則はあなたのすべてのニーズを満たす用意があります。

(目には見えないので実感しにくいかもしれませんが)あらゆる人が必要としているものを提供する準備がこの宇宙にはあります。

しかし、まずあなたが豊かさを自分のものであると宣言しなければなりません。

豊かさのビジョンを抱き、疑いや自分には価値がないといった感覚、あるいは罪の意識のすべてを捨て去って、豊かさのエネルギーを投影しなければなりません。

「心で思うものに人はなる」のです。

「支配の法則」

創造主は、この地球におけるすべてのものに対する支配権を私たち人間に与えてくださいました。

それは素晴らしい祝福でした。

しかし、それは同時に地球を管理する義務を与えられたことを意味します。

したがって、わたしたちには地球の安全と地球に住むすべての存在に対して責任があります。

ユニヴァーサル・マインド(大宇宙の心)にはすべてのものがすでに存在しています。

したがって、望むものはすべて与えられます。

この遺産をどの程度まで自分のものとするか、それを決めるのはあなたです。

明確な目的、創造旅行、視覚力、強い目的意識、積極的な参加こそが、制限のマスターではなく共同創造のマスターになるために不可欠な要素です。

「確言の法則」

創造者は「光あれ」と言われました。そして、光が生まれました。

いかなる疑いを抱くこともなく、そうしようと試みることもなく、確言の法則を使ってただ創造したのです。

あなたの潜在意識と顕在意識は、あなたが自分自身について、また自分自身のために信じていることをそのまま受け入れます。

確言は潜在意識のプログラムを組み直して顕在意識に方向性を与えます。

あなたが自分自身のために確言することが何であれ、それがあなたの存在の法則になります。

あなたがなりたいと思っているもの、顕現したいと思っているそのものになって思考し、行動し、信じなければなりません。

「物質界の法則」

あなたはここ地球において肉体の器に入っているスピリットであり、創造主や偉大な光の存在に代わって物質世界を体験しています。

あなたの美しい肉体の宮殿の「神聖な青写真」がコード化されて、黄金のエーテルの網と呼ばれるものの中にあります。

しかしながら、この美しい黄金の網は光を失い、タールのように真黒な物質が詰まっているというのが現状です。

あなたがオーリックフィールド(自分のオーラの領域)に許容したネガティブな思考形態やエネルギーのために、長い時間の流れの中で光を失ってきたのです。

創造主の指揮の下にデザインされた完璧な身体を我がものであると宣言し、活性化してください。

毎日、次の言葉を繰り返してください。

私は純粋なスピリットであり、純粋な肉体です。
私は強く、若々しく、健康で、活力に溢れています。
私は存在の核心から純粋な愛とキリストの光を放射します。

(ここでいうキリストとはイエスのことではなくその純粋なエネルギーのことです。)

138.自分が引き寄せたいもののエネルギーに働きかけ、ほしいものを引き寄せるための作業をやったあとには、自分の内なる導きが最も早く簡単な方法であなたを自分のほしいものへと導いていきます。

自分の内なる導きを聴き、それに基づいて行動すると、自分の自然なエネルギーにしたがうことになり、自分の引き寄せたかったすべての物事が、スムーズに簡単に引き寄せられてきます。

内なる導きはハイヤーセルフ(自分の本質)からやってきて、感覚、洞察、内なる知恵という形で、あなたに語りかけてきます。

これは肉体的感覚ではとらえなれない次元からの情報であるため、静かにして、自分の思考と感情を聴くことが大切です。

そうすることによって、普通に考えられる以上の広範囲の情報を利用することが可能になります。

139.自分が引き寄せたいものについてのあなたの考えが、宇宙のなかに出かけていくとき、あなたのハイヤーセルフは過去、現在、未来の出来事を見渡します。

そして、引き寄せたいものをあなたが得るために、必要な関係、状況を眺めます。

それからハイヤーセルフは、あなたのところへそれらをもたらす最も良い方法を探し、ある人、機会、出来事をあなたに引きつけ始めます。

ハイヤーセルフはあなたを助け、かつあなたと知り合うことによって利益を得る人々と、あなたが出会う機会を生み出します。

なぜなら、宇宙はすべての人々のより大きな喜びや幸福のために働くからです。

140.あなたの感情は次にどんな行動をとったらよいかを合図します。

ワクワクしたり、明るい感じがしたり、ポジティブな感情が引き寄せの道しるべとなります。

とらわれず柔軟に、内なる衝動と直観にしたがい、強い感情に耳を傾けて、それにもとづいて行動しようというあなたの意欲が、あなたを目標へと導いていきます。

自分の内なる導きを信頼し、それにしたがうことで、自分の高い幸福へと導かれています。

141.課題の一つは、内なる導きと自分勝手な考えや恐怖に満ちた考えを区別できるようになることです。

もしある衝動にしたがうのが楽しく喜びに感じられるならば、それはおそらく内なる導きからやってきています。

反対に、自分が身勝手な考えをしているのではないかと疑うならば、それはおそらく内なる導きではないでしょう。

そして、そのことを考えたときにポジティブな感情がわきおこれば、それは内なる導きと同じ方向で考えています。

つまりその考えに基づいて行動すれば、スムーズに引き寄せが起こります。

逆に、あることを考えたときにネガティブな感情がわきおこれば、それは内なる導きと違う方向で考えています。

ネガティブな感情がわくような考え方をもとにして行動すれば、引き寄せが起こりません。

152.自分の内なる感覚を尊重し、時間を使って細かくチェックしてみてください。

「これは私の本当の内なる導きだろうか?それはピッタリと気持ちよく感じられるだろうか?あるいは、単に希望しているだけなのだろうか?」と自分に質問してもよいです。

あなたの魂は感情や思考を通じてあなたに話しかけるので、あなたがそれらに気づけば気づくほど、内なる導きを聴き、それを発展させることが可能となります。

内なるメッセージにしたがって行動し、それに対してフィードバック(反応)を得るとき、内なる導きを発展さることにつながります。

153.もしあなたの考えと感情がその状況に対して、いつもと違っているときは、それに注意をはらってください。

例えば、あるお店に行こうとしたとき、まずこのお店が開いているかどうか電話して確かめようという気持ちになる場合があります。

普段であれば、こういう気持ちや考えを持たず、ただ出かけるだけです。

その気持ちをもとに、お店に電話してみたところ、その店は改装のため閉店していることがわかったりするかもしれません。

自分の感情と考えに注意を払い、それにしたがって行動することを習慣にするようになると、内なる導きとそうでないものを区別することがますます容易になります。

154.何かをするときに、「これが私のやり方だろうか?これが私にとって最も明るく楽しい活動だろうか?それとも、しなければいけないと自分で考えているので、自分にそれを強制しているのだろうか?」と、自分に尋ねてみてください。

自分の喜び、楽しさ、自己愛の感情が、あなたをより高い幸福へと導いていることを信頼することが大切です。

155.内なる感覚にはいくつかの種類があります。

まず、1つは、予定している行動についての否定的な感覚、あるいは警告的な感覚です。

そのような警告的な内なる導きは、たいてい感情を通じてやってきて、しばしば不安感、みぞおちのなかの不快感として経験されます。

例えば、投資をやっている人が、自分が間違った投資をしたときには、買ったあとで、いつもよりも緊張し、不安になるので、それが分かると言っていました。

自分がいつもどのように感じているかを知り、普段は感じない不安やいらだちに注意を払うことで、この種の内なる導きにもっと気づくことができるようになります。

この人は投資をしたあとの自分の普通の緊張の程度を知っていたので、自分が異常に緊張しいているときに気づきました。

このように自分の感じ方とそのあとに起こる結果を検証していれば、この人の場合投資で失敗することを予期することができます。

自分の通常の恐怖と自分の高い導きである内なる感情的メッセージの違いを学ぶことが課題の一つです。

156.もう1つの内なる感覚の種類は、自分が選ぶかもしれない道や方向について洞察を与えるような感覚です。

157.自分の未来の道と方向についての内なる導きは、静かで思索的な状態にあり、自分を通常の意識から連れ出すような活動を行っているときにやって来ることが多くあります。

この種の内なる導きは、自分がやりたいことの考え、感情、イメージや空想であることもあります。

それはあなたが静かになるたびに、成長し、増えていくかもしれません。

静かに座って、身体をリラックスさせ、自分の人生について思索する時間を自分にもっと与えることによって、この種の導きを育てることができます。

他にも、絵をかいたり、音楽を演奏したり、運動しているときなど、人生に対する予期もしない突然の洞察・インスピレーションを得ることがあります。

そのようなときは、この導きにしたがって行動することが大切です。というのは、自分が得た洞察やアイデアにしたがって行動することをいつも避けていると、未来の導きを聴いたり認めたりすることがますます困難になるからです。

158.ある考えがひらめいたとき、「この考えは自分の新しい道を生み出し、利益になり、また自分を一生養ってくれるだろうか?」などと尋ねたり、いろいろ分析しすぎないことが大切です。

考えは種のようなものです。つまり、それが最初にやってきたときは、何に成長するかわからないことが多いのです。

過去の経験をもとに考えを分析したりすると、この考え(種)の素晴らしい可能性を閉じ込めてしまうことにつながりかねません。

偶然、考えがひらめくことはありません。そのため、あまり複雑に分析しすぎず、自分の喜びに満ちた衝動にしたがってみましょう。

そうすれば、自分の考えが一番自分に役立つ形態へと展開していくことにつながります。それはきっと、自分の予測を上回る素晴らしいものになるでしょう。

159.自分が適切なときに適切な場所にいるように導く内なる導きは、自分の通常の考えを知り、それとは違う考えに注意を払うことからやってきます。

たとえば、ある人が普段ある道を運転して仕事に向かっていました。

ある日ふと別の道を運転して仕事に向かおうという考えが浮かびます。

以前にもこのようなことを考えたことはありましたが、その時はいつもよりもその考えに切迫感がある感じがあることに気づきます。

その考えに従って仕事に向かった後で、いつもの道はすごい交通渋滞があったことをラジオで知りました。

このように自分の高い導きからくる考えには、微妙に違った質や感覚があるのです。

これらの微妙な感覚と考えにしたがって行動し、その結果を観察することで、内なる導きとそうでないものを見分けることができるようになります。

160.もう一つ別の例ですが、ある人がずっとほしい品物があって、それをなかなか見つけることができませんでした。

その人は、インターネットを使って検索したり、お店に実際に足を運ぶなど、たくさん探しましたがどうしても見つけることができませんでした。

そして、ある日、その人の心の中にあるお店の映像が浮かびました。そこは普段買い物にいくお店ではありませんでしたが、何となくそこに行ってみようという気になります。

その人はこの例外的な衝動に耳を傾け、その店に行ったところ、ずっと探していた品物がちょうど到着したところで、とうとうそれを買うことができました。

その人は、振り返ってみて、自分が今までさんざんチェックしたお店にはそこに行きたいという衝動がなかったことに気がつきます。

実際、チェックしにお店に行ったときは、自分がほしいものがそこにあるだろうと思ったからではありますが、自分の気持ちやイメージは、自分をそれらのお店へ導いてはいないという事実を無視していたのです。

161.ときには、どんな行動をとるべきかについての感情、考え、イメージがあるまで待って、何もしないほうが良いこともあります。

どんな行動をとるべきかについての導きを待つことによって、不必要な仕事が排除され、あなたは適切なときに適切な場所にいることができ、自分の欲しい物事を簡単に努力なしで創造します。

自分が引き寄せたい何かについて考えてください。

そして、その引き寄せたいものを手に入れるために、自分が実行できる行動で、心に浮かぶものはありますか?

それは、電話をかけるとか、何かを買いたいならば、思い当たる店に行くとかいう、とても簡単なことかもしれません。

あなたは喜んでその行動を起こしますか?自分がいつそれをやるかを決めてください。

もし今はどんな導きも受け取っていないのであれば、喜んで何もしないで、ただ、瞬間瞬間自分の喜びにしたがってください。

そして、この引き寄せたいものについての自分の考えに、いつもよりもっと注意を払ってください。

そうすれば、どんな行動をとったらよいのかのイメージが来たときに、すぐに気づくことでしょう。

自分が引き寄せたいものを考えるたびに、自分が実行できる行動についてどんなイメージがやって来るかに気づくために静かにし、ゆっくりと時間をとってみましょう。

162.あなたの本質的な衝動、つまり真の内なる直感の導きは、あなたがすでに直接的・間接的に親しんでいる何かに関係しています。

これらの衝動は、あなたにアイデアとそれを実行するきっかけを与えます。

もし自分がそれについて何も知らず、正しく行うのに何カ月もかかり、自分にそれをやる時間もないのに、それをやる突然の衝動がわいたら、それはおそらく一時的な空想であって、内なる導きではないでしょう。

内なる導きがあなたにやるようにしきりに勧める行動は、あなたにとって筋の通った次の段階であるか、今持っている知識で実行できる段階なのです。

ときには新しい情報を得たいという衝動がわくかもしれませんが、そのときにはあとでその情報にもとづいた行動をとるように導きがやって来るでしょう。

そのような指示は緊急であることはめったになく、あなたは自分にとって快適な速さでそれらを実行する時間が十分に与えられています。

163.自分の内なる導きを聴き、それを開発する一つの方法は、過去の成功を振り返って、次のように尋ねることです。

「自分がその行動をとろうとしたとき、どんな感情や考えをもっていただろうか?」

自分が買ったもので、素晴らしい買い物だと感じたもののことを思い出してください。

あなたは自分がそれを買うことについてどんな風に感じたかを覚えていますか?

たとえためらいの瞬間があったとしても、あなたを導く内なる知恵があったこととおもいます。

逆に、あまりうまくいかなかった何かにお金を使う決心をしたときのことを振り返って考えてみると、おそらく、買ったものに満足した時とは内なる感覚が違っていたことを思い出すことができると思います。

もし好きでない状況が起こったら、振り返ってみて、別の方向にあなたを連れて行こうとした感情や考えを自分が持っていたのではないか調べてみてください。

あなたはたえず自分のハイヤーセルフから、可能なかぎり最も簡単で、楽しい方法で結果を達成することについて導きを受けています。

注意してこの導きを聴いくことが大切です。

行動する前に、自分の考え、感情に注意を払う習慣を身につけましょう。

自分が普段どのように考え、感じるかを知るようにすることです。

そうすれば、微妙な変化に気づくことができます。こういうことを行うにつれて、ますます内なる導きに敏感になり、たえず受け取っている導きに気づくようになっていきます。

164.何かに対して自分が重苦しさ、抵抗、あるいは続けたくない気持ちを感じるときはいつでも、それは自分の最高の道にしたがっていないという合図です。

自分の本質(ハイヤーセルフ)は、自分の高い道に従っているときは、自分を楽しい気分にし、そうでないときはあなたに抵抗感と重苦しさを与えることで、あなたに話しかけます。

もし「するべきことリスト」にしたがって、自分に物事ややることを強制するならば、あなたは自分の深い存在の部分を聴いていないのです。

165.自分の本質はめったに、「あなたはこれやあれをしなければならない」とは言いません。

自分の本質は、「これは楽しくありませんか?これはあなたに大きな喜びをもたらしませんか?あなたはこれをもっとやりたくありませんか?」と言います。

166.自分がある行動をとることに抵抗し、あとでその行動が不必要か不適切であったことがわかった経験があると思います。

例えばやるべき計画があったのに、それに取り組むことに抵抗を覚えたときに、その感覚を大切にして一度その計画を行動に移すのを止めたとします。

それで、自分の内なる導きと喜びの感覚にしたがって、何か別のことに取り組んでみると、後になって、抵抗を覚えた計画が不要になるような状況に変化したことを知るかもしれません。

もし、抵抗感を覚えた時に、その感覚を無視して、強制的にそのことを実行していたら、結局はすべてが無駄になっていたかもしれません。

自分にいつも「やるべきだ」といっているすべての活動を一時的に脇に置いて、何をやりたいのかを自分に尋ねることはよいことです。

自分の内なる導きと楽しい気持ちにしたがうことで、不必要なことを省くことができます。

167.あることが自分のためになると知っているのに、それに抵抗しているのならば、それは自分の価値をもっと敬ことから始める必要があるサインかもしれません。

そのような感覚は今持っている以上を持つ価値が自分にはないと感じることから生まれていることがほとんどです。

どんな小さなことでもよいので自分のことを大切にしたり敬うようなことを始めてみましょう。

つまり、自分のためにしたいと思っていることで、本当に自分を育む贅沢な何かを考えてみてください。

例えば、お風呂につかったり、毎日ゆっくりする時間を30分取るような簡単なことでもよいです。

自分の育む活動に時間をとることは、潜在意識に自分は目標を達成するに値する人間であるというメッセージを与えます。

自分のことを少しずつでも敬うことができるようになれば、内なる導きにしたがうことがより簡単になっていき、より大きなものを引き寄せることができるようになっていきます。

168.多くの場合、自分の本質は内なる導きを通して「私は一日中働きたい。自分がたくさんのことを達成するのはとても気持ちの良いことだ」ということがあるかもしれません。

このように、自分の本質は瞬間的な満足を得られるように導くよりも、長期的な内なる満足感や達成感に導くことが多くあります。

169.自分の本質は多くの異なった方法で話しかけてきますが、自分がやっていることを素晴らしく思う気持ちと自己愛を通じていつも話しかけてきます。

もし自分に何かを強制させていたり、義務感から仕事をやっているのであれば、それは自分の内なる導きに耳を傾けていない状態です。

170.もし、自分がやりたくない多くの物事を自分に強制しないといけない仕事に就いているならば、いちど高い視野から自分の今の立ち位置を観察してみましょう。

なぜ、自分は楽しいことをやることを許さないような仕事に就いているのでしょうか?

同じように、自分の仕事のある部分が嫌いであると感じるときも、同じように高い視野からその物事を観察してみると良いです。

自分の否定的な感情に注意を払いましょう。

その感情は、状況をどのようによりよく変えることができるかについて、自分に向けたメッセージを持っています。

つまり何かを行っているときに経験する否定的な感情は、その物事に対してもっとより良いやり方やより良い関係の取り方があるということを知らせてくれているということです。

いつもの自分の視野からではなく、より高い視野から物事をながめてみると、それらをやるより良い方法を見つけることができます。

171.楽しくない活動に長時間従事することは、自分を敬わないことです。

もしかしたら、楽しいことをやれば、お金を稼ぐために自分に強制しているあらゆる仕事が、もはや不必要であることに気づくかもしれません。

また、好きでない仕事をするより、好きな物事をやるほうが、結局より多くのお金が稼げることを発見するでしょう。

何より、物事を自分の直観や高いビジョンのもとで行い、楽しく感じれば感じるほど、より早く簡単に自分が引き寄せたいものを得ることができます。

もちろんそのことによって課題がなくなるということではありません。課題はあなたをより高みに導くために大切なものになりえるからです。

しかし、課題に対する取り組み方によっては喜びを感じながら、乗り越えることも可能なのです。

自分の喜び、楽しみ、自己愛の気持ちにしたがうにつれて、自分の引き寄せたいことは実現していくのです。

172.自分が求めているものを引き寄せ、内なる導きにしたがうとき、引き寄せるものを受け取れるように、自分の人生に豊かさや成功を許す必要があります。

引き寄せをマスターするには、自分の最高の状態を保ち、自分自身を高い道へと推し進めてくれるような選択と決定をすることが重要です。

自分のもっとも明るい感じのする道(光の道)を選ぶとき、それは自分の最高の次元での成功を選んでいることになります。

173.自分が今持っているものと、今いるところは、すべて自分が行った選択と決定の結果です。

多くの選択は意識的に調べて行われたものではなく、新しい無限の考え方というよりも、受け身で行っていて、自分の過去のプログラム(パターンや過去からの惰性)に基づいています。

そのことに気づけば、今からもっと意識的に、もっと高い次元へシフトできる選択を始めることができます。

自分が今いるところがどのようなところであったとしても、それは自分の過去の決定の結果であることを認め、瞬間瞬間に自分の現実を本当に創造していることに気づくことは重要です。

もし今まで自分が創造してきたものに満足していなければ、これからは違った選択をすることで、喜びやワクワクする感覚、その他あなたがほしいものは何でも与えてくれるような人生に変えることができます。

自分にとって最高と思える道(最も光のある道)を意識的に選択していくとが何よりも重要です。

174.たくさんの選択肢があるとき、他の選択肢に比べると、より明るい感じがし、より光があり、自分をより高い道にのせ、自分の本質をより明確に表現するのを助ける感じがするものが大抵一つはあります。

自分にとってより高いと思える道を選ぶことによって、自分の成長を早め、よりワクワクと感じ、豊かになります。

自分の人生にさらに豊かさを引き寄せるために、もっと明るい感じの道を見分け、選ぶ能力を育てることが必要です。

ある女性が宝石を販売する仕事を全国に展開したいと思っていました。宝石にはヒーリング効果があるため、より多くの人にその恩恵を広めたいという動機がありました。

友人たちに販売するのを手伝ってもらおうかと考えたのですが、彼女はその方向で始めようとするたびに、それは困難に思われ、気持ちが乗りませんでした。

その道にワクワクしなかったので、彼女はよりよい方法について内なる導きを求めました。

すると、彼女はお店の人たちに、彼らがどうやって他の人たちから宝石を買っているのか尋ねるという考えを、思いつきました。

そして、その内なる導きを行動に移したところ、宝石に関して自分が理想としていた販売の仕組みがすでにあり、自分の宝石を喜んで取り扱う販売代理店が完備されていることを知りました。

彼女は自分好きなことをする支えとなる選択と決定をすることで、最高の道を見つけたのです。

175.もし、自分に選択すべきことがあって、最高の選択がすぐに明らかでないならば、自分に一連の質問をしてみましょう。

もしすべての選択が同じように良く見えたら、次のように自分に尋ねてください。

「どの決定が自分にとって一番多くの喜びを与えるだろうか? どれが自分のやりたいものとして、自分のハートに呼びかけているように見えるだろうか?」

それから最も自分がワクワクし、喜びを感じる選択をするようにしましょう。

例えその道が自分に多くのお金を約束するように見えなくても、長い目で見れば、ワクワクしない選択よりはずっと利益が多いでしょう。

自分がどれだけお金を稼ぐかに基づいて選択しないでください。

自分のもっとワクワクする道にしたがうことは、いつも自分に最高の豊かさを引き寄せます。

もしすべての道が同じようにワクワクするように感じられたら、次のように自分に尋ねてみましょう。

「どの選択にしたがうのが最も常識的で、今の自分にとってもっとも実際的だろうか?」

実は、自分の最高の道はいつも実際的で常識的です。

それでもまだ選択を絞れない場合は、さらにこのように自分に尋ねます。

「どの選択が、自分も含めもっともたくさんの人に最大の貢献をし、また私が他の人たちに奉仕する最大の機会を与えてくれるだろうか?」

さらに、それでもまだいくつかの選択が同じように感じられるのであれば、幸福、愛、ワクワク感など自分の人生に創造したい高い質を考えてください。

そして、どの選択をすれば、自分がこれらの質をもっと表現できるようになるかを感じてみましょう。

上記のようにするためには、物事を徹底的に考え抜く時間もなく、すぐに決定しなければならないような立場に立たないほうが賢明であると言えます。

もし、自分がすぐに決定をすることが必要が立場に実際にいることに気づいたら、自分が一つの選択を右手に持ち、もう一つの選択を左手に持っていることを想像してみてください。

そして、より高い選択を持っている手に、自然に上がるように頼んでみましょう。

自分の本質はより高い視点から物事がみれているため、より素晴らしい道の選択を手伝ってくれます。

176.自分のエネルギーの純粋さと誠意はとても大切です。

純粋とは、(ネガティブな考えや感情、などの)まじりけがないこと。自分の本質につながっていることともいえます。

誠意とは、ウソがなく正直であること。また、偽りや飾りのないこと心のことです。

誠意は自分の最も深い存在の部分と調和する物事を創造するように導きます。

誠意は自分にとって豊かな選択と状況へと自分を導いていきます。

自分の内面をみれば、自分が誠意を持っているときと、そうでないときの違いが分かります。

もし今、自分にとって快適でない何かをお金のためにやっていると感じているのであれば、それは自分の誠意から行動していません。

自分の誠意を敬いましょう。そうすれば、何倍もの豊かさでお返しがきます。

自分のすべての行動を快く思い、自分の真実から行動することが大切です。

177.自分が付き合う人々に対して正直であることも大切です。つまり、自分自身の真実や誠意を尊重することです。

自分の誠意は、自分にとって何が真実で大切であるかを見て、幻想や約束、あるいは見せかけだけの魅力を超えて真実を選ぶことを自分に要求します。

自分自身の最高の理想から行動し、他の人の知恵よりも自分の知恵にしたがい、自分のことを敬い、さらに自分にとって正しく感じられるやり方で物事をやりましょう。

178.本当の自分のエネルギーと存在はまわりの世界に対する贈り物です。

自分のエネルギーがより澄んでいて、純粋な状態で流れれば流れるほど、他の人たちに与えるものをますます多く持つことになります。

自分自身の誠意から生み出すお金は、自分と他の人たちに良いことをもたらす光のお金となります。

179.、自分の豊かさを実現する力をもっと早く発展させるためには、自分のほしいものを創造し、自分の誠意を敬い、正しい選択をすることをすでにどれほど成功しているかを認めることから始まります。

自分ができるとわかっていることを積み上げることが大切です。

今持っているビジョンと力に対して、自分を愛し、感謝しましょう。

自分がすでに成功して豊かであることを、時間をとって自分に言い聞かせましょう。

実際、静かになって人生を観察してみれば、自分に豊かな気持ちを与える目標を達成していなくても、自分は今すぐに豊かさを感じることができ、自分がやっているすべての素晴らしいことを認めることができます。

180.引き寄せの法則の本質は自分の意識の向けているもの引き寄せられるというものです。

もし、今現在、自分の貧しさや不足感に意識が向いている場合は、そこから豊かになることはできません。それでは貧しさや不足感をさらに多く引き寄せることになります。

逆に、自分が現在や今までどれかで豊かであったのかに意識を向ければ、さらに自分の人生に豊かさを引き寄せることができます。

出発地点がすべてを決めます。目に見えない世界では、マイナスのスタートからは、よりマイナスにしか行きつきません。

逆に、プラスのスタートは、よりプラスに行きつきます。

それが宇宙の法則(引き寄せの法則)だからです。

成功や豊かさは、今現在の瞬間に成功している、豊かであると感じることから生まれます。

それは、目標を達成したり、自分がほしいものを手に入れた時にだけ感じるものではありません。

多額のお金があれば成功や豊かさという感覚を感じるだろうと考えてはいけません。

多くのお金を持っていても、まだまだ足りないと不安に感じていたり、誰かに奪われるのではないかと心配したりする人はたくさんいます。

自分自身に感謝し、状況に関係なく、内面から成功や豊かさを感じることを学ばない限り、本当の豊かな人生を生きることはできません。

181.ほとんどの人にとって成功の本質とは、自分に対する愛、尊敬、あるいは価値を感じることと関係があります。

少し時間をとって、今すぐに自分がこういう気持ちを感じることができないかどうかを見てみましょう。

自分に「私は成功している。なぜなら〇〇がすでにあるからだ。」と言えるようなものをどんなに小さなものでもよいので探してみましょう。

もし自分が成功している思えるようなものが見つからなかったとしても、ただ「私は成功している」と言ってみてください。

それだけでも気持ちの変化が起こることが多いです。

182.自分が成功していると思ったとき、どのように感じるでしょうか?

その感覚をしばらくの間感じて、その感覚を体のいたるところに放射できますか?

自分が今やっているすべての成功している物事を認めてみましょう。

少しのことでも自分の成功を認めることができるようになるにつれて、お金についても、自分を成功している見なすことがより簡単になります。

自分の体は、物事を実現するための媒体です。なぜなら、自分の考えと感情を形にする行動を生み出すからです。

成功という感覚を自分の体にもっとたびたび与えれば、この感覚は人生のあらゆる領域において、もっと豊かさと成功を引き寄せるでしょう。

183.自分が今いるところに感謝できるところを探し、意識的に感謝してみましょう。

184.自分がどれだけ長い道のりを行かなければならないかに焦点を当てるよりも、自分がどれだけ長い道のりを来たかに感謝してください。

自分が創造したい長期的な目標を眺めるとき、その途中に識別できる段階つくり、小目標を立てることは良いことです。

そうすれば、その小目標を達成するたびに、自分のなかの小さな子供(人格)に次のように言えるからです。

「おめでとう!うまく仕事をやったね!君は目標に向かって長い道のりをやって来たんだよ!ほんとにすごいね!」と。

努力してきた目標に到達したとき、すぐ次の目標に目を向ける前に、自分にご褒美をあげるようにしてください。

多くの人は、自分がいま到達した地点に感謝する時間をとらず、次の行き先に出発しようとします。

そのため、自分が探し求めている満足の気持ちをほとんど味わいません。

どんな小さなことでもよいので自分の成功を認めてください。というのは、そうするときに、成功を積み上げる土台を築くことになるからです。

そして、その土台をもとにますます多くの成功が人生に引き寄せられることになります。

185.現在、未来だけでなく、過去においても自分を成功者とみなしてください。

自分が成功したと感じた過去のときを考え、それらの状況と感情を思い出してください。

実は、あなたが過去の成功を思い出せば思い出すほど、それを未来にも生み出すことになります。

186.その当時は失敗のように思えることでも、後からよく見てみると、それらはすべて自分の人生をより豊かにしていくことにつながっていたことが分かります。

その時の選択は、自分を成長へ導いたものもあれば、人生の方向転換へと導いたものもあります。

振り返ってみれば、どのような過去の出来事や選択であったとしても、そのときの自分が一番良いと知っていた選択をしていることが分かります。

そして実際に、高い視点から見れば、どのような出来事や選択でも、自分に多くの学びを与え、そのおかげで現在の自分がいることに気づきます。

今の環境が自分の理想と違っていたとしても、過去の自分の考えや選択が今を創造していることは事実です。

ということは、これから先は自分が望ましいことを考え、選択すれば、そのような世界を創造することができるというのも事実ということになります。

たとえ自分が今の環境に満足していないとしても、これからあなたは新しい選択をすることができ、自分の環境をよりよく変え始めること出来ることに気づくことは大切です。

187.過去を振り返って、次のようなことを考えるとき、自分を許してあげてください。

「私は賢くお金を使わなかった。私はあのとき〇〇をしておくべきだった。そうすれば、もっと多くのお金が手に入っていたのに・・・」など。

このように過去がどのように上手くいかなかったのかという観点で振り返り、考えることは自分のより大きな豊かさを引き寄せることをブロックする壁の働きをします。

状況が自分の望んだほど上手くいかなかった過去のイメージには関心を払わないでください。

もしこれらの考えや映像が思い浮かんだら、それらに関心を払わず、代わりに自分が実際にお金を賢く使ったとき、自分が手に入れたものに喜んだとき、自分がうまくお金を手にしたとき(少額のお金だったとしても)、自己投資して上手くいったときなどについて考えてください。

意識は一つのことにしか絞れないようにできています、上手くいかなかったことを考えながら、同時に上手くいくことを考えることはできません。

188.自動的に良くないことが映像としてや考えとして自分の中に浮かんできたとしても、それに対してあれこれ原因を探ったり、かき消そうとしたりして抵抗せず、ただ代わりに上手くいったことや良かったことに意識を向ければよいのです。

そういった良くない映像や考え方のほとんどは過去の惰性からやってきます。(今の自分が意識的に選んでその映像や考えを呼び起こしていないですよね?)

そのことさえ知っていれば、自動的に思い浮かんでくるネガティブな考えや映像に対して深刻にならなくて済みます。

映像や考えが浮かんだだけではそれ自体には何の力もありません。それに対して抵抗して、自分が出す力が、その相手に力を与えるだけです。

自分の意識が力を与えるので、せっかくですから、自分の望ましいものに意識を向け、力を注ぎましょう。

189.過去の自分を許して、自分が成功したあらゆるときに焦点を合わせるにつれて、自分の未来の方向を変えることができます。未来の方向を変えるのに遅すぎるということはありません。

190.潜在意識には過去の出来事に根ざしたプログラムや設計図のようなものが数多く埋め込まれています。

今回は、自分自身が理想の人生を引き寄せる上で、それをジャマするような子供時代の刷り込みなどについて見ていこうと思います。

自分の子供時代の刷り込みを解除するために、まずは以下の質問でこ答えられるものに答えて見てください。

「あなたの両親はどのようにお金を使っていましたか?」

「両親は自分たちのための買い物をしていたでしょうか?」

「お金を楽しんでいましたか?それとも、十分なお金をもつために、苦労していましたか?」

「良心はいくら収入があるかを自由にあなたと話しましたか?それとも、お金はある種の禁じられた話題でしたか?」

「両親はあなたのためにどのようにお金を使いましたか?」

「両親はあなたの願いを大切にしましたか?」

「あなたは今の自分のお金との関係が、両親がお金に対して持っていた関係と繋がっていることが分かりますか?」

「あなたの両親は、自分たちにワクワクするような感覚、幸福、健康、そして自己愛をもたらすような形で、お金を使っていましたか?」

191.子供時代は白紙のように純粋なので、一番近くにいる両親の考え方やライフスタイルなどあらゆるものを自分の中にコピーしがちです。

そして、その両親からの刷り込みが、自分にとっての当たり前(常識)になり、自分の世界のルールのようになります。

様々な刷り込みがありますが、その中の一つに物事の受け取り方の刷り込みがあります。

子供たちは自分たちの両親から物事を受け取るのに慣れています。

その結果、多くの人は自分たちが両親から受け取るのと同じやり方で、宇宙からも受け取るものだと思い込みます。

たとえば、自分の両親が気前よく惜しみなく与えるひとたちであったならば、宇宙も気前よく惜しみなく与えると信じます。

反対に、両親が自分のほしかった多くの物事を拒否したならば、今もその刷り込みが作用して、自分がほしい物事を自分で拒否しているかもしれません。

ほしいものを自分が手にできるかどうかを決めるために、何か目に見えない親や外部の権威を持っているように行動する場合があります。

宇宙がまるで自分の両親と同じであるとおもって行動していませんか?

もしそうであるならば、いったんそれを自分の中でキャンセルして、求めているものはなんでももつことを許してくれる、自分にふさわしい親(宇宙)に自分自身がなる必要があります。

192.人は自分が成功し、豊かになったときに焦点をあてて、自分のために新しい自分史(ストーリー)を創造することができます。

それは自分のストーリーを自由に書くことができる作家ともいえます。

自分にとって素晴らしいストーリーを書くためには、自分が引き寄せたいものを支持しないようなイメージや、過去の古いストーリ(物語)を手放す必要があります。

自分が過去に持っているイメージは、自分のために創造できる未来に制限を課すことが多くあります。つまり、自分の大きな可能性を実現することをジャマすることが多いのです。

過去のストーリーを開放するために、自分の子供時代とお金の関係について、自分が自分自身と他人について言ってきたストーリーを一度見てみる必要があります。

人に対して自分は豊かだったと言いますか?それとも、貧しかったと言いますか?もしかしたら、自分の両親がいかに自分にものを買ってくれなかったのかを話すかもしれません。

まず、自分の過去のどのような面を他人に強調しているかを見るのがコツです。

193.過去や子供時代には良かったことと悪かったこと両方が存在します。自分がどちらの面に意識の焦点を当てて、人に語っているか重要です。

なぜなら、人に言うことはその場で自分に言っていることにもなり、潜在意識は言われたことを真実だと思い込み、それを現実の世界に投影するからです。

あなたはお金に関してどのようなストーリー(物語)を持ちたいと思いますか?

自分自身のために今から新しいストーリーを創造し始めてください。

自分の子供時代を反映と欲しいものを手に入れた記憶で再構築しましょう。

改めて、あなたは自分の子供時代はどんなだったと言いたいでしょうか?

例えば、「私の両親はとても賢くお金を使いました。お金に関して我が家は全く問題がありませんでした。私たちにはいつも十分にお金がありました。」など。

このように意識して言えば、実際にそれにみあった過去のことを思い出すでしょう。

お金に関して今まで様々な経験をしてきたと思います。少しの間だったとしても、豊かさを感じた経験があるはずです。

自分がほしかったものを手に入れたこともあるはずです。

自分が予測もしなかったところからお金をもらったこともあるはずです。

または、自分の求めた以上のお金をもらったこともあったはずです。

このような出来事に意識の焦点を向け、それに対する喜び、感謝の感覚などを得れば得るほど、ますます多くの良い物事を自分の未来に引き寄せることになるでしょう。

194.引き寄せの法則を活用するために自分自身に成功を許すことが大切です。

そのうえで重要になってくるのが「自分の信念を変える」ことです。

195.信念とは、現実はいかにあるべきかということに関する自分のなかの仮定のことです。そして、その仮定が自分にとって真実だと信じているもののことです。

信念が自分の現実を創造します。

例えば、この宇宙は豊かであると信じている人は、自分が豊かさを経験するように行動し、実際に豊かさを得ます。

また、お金を得るには一生懸命働くことしかないと信じる人は、ただ一生懸命働くことからだけお金を得ることになります。

このように人は自分が信じることを創造するので、その結果、自分が考えた通りに現実は作用するという多くの証明を後に得ることになります。

自分で信じて、創造し、そののちにこの物質の世界で、信じていたことを体験し、「やっぱりそうだったのか!」とより確信を得るわけです。

196.多くの人は、自分の考えがこの物質の世界の経験に与える影響を軽視しているため、逆に、物質世界に反応して、それをもとに考え、その枠組みの中で生きています。

つまり、主従関係が逆転している状態です。本当は、自分の考えのほうがこの物質世界を創造しているのですが、逆に、ほとんどの人はこの物質世界を見て、それをもとに考えているので、この世界の犠牲者のように振る舞います。

実際には出発地点を勘違いしているだけなのです。この世界が最初にあるのではなく、自分の思考が先にあるのです。自分が信じていることが先にあり、それに基づいてこの物質世界が創造されるのです。

197.自分が求めているものを引き寄せるための作業を行い、エネルギーに働きかけている場合、次に、自分の信念が、いかに簡単に早く物事が自分のところにやって来るかに影響を及ぼします。

198.引き寄せに影響を与えるような信念を見つけるためにはどのようにすれば良いのでしょうか?

まず、自分の人生の過去または現在の状況を見てみましょう。

現在の状況は、人によっては今取り組んでいる問題かもしれませんし、課題かもしれません。逆に、素晴らしい結果かもしれません。

そして、自分に次の質問をしてみてください。

「この状況を創造した人は、何を信じているせいで、この状況にいるのだろうか」と。

もしある人が、借金の返済ができずに、返済のための催促の電話を何社からも受け、その事実から目をそらして電話に出ていない状況があるとしたら、その人はこの状況を生み出すために、現実について何を信じているのでしょうか?

もしかしたら、その人は自分がお金を持つに値せず、請求書を払うことはいつも難しく、自分はいつも貧乏であると信じているかもしれません。これがその人のお金に対する信念です。

よくある信念の一つに「もし私がお金を持っていると、他の人たちは私をそれほど愛してくれないだろうし、また彼らは私自身のためでなく、お金のために私を愛するだろう」というものがあります。

もしかすると、ある人はお金をもつことが、自分と友達を切り離してしまうだろうと心配していて、だからお金を得ることは悪いことだと信じているかもしれません。

そして、そのように心配して信じれば信じるほど、それは現実のものとなります。

もしその人が上記のような信念を持ち続けている場合はお金を得ることを恐れるでしょうし、実際にお金を得ない人生を送るでしょう。

これでは信念という枠組みの檻(オリ)に入れられているのと同じです。ただ、ここでの重要な点は、その檻のカギは自分が実際には持っているということです。

いったん自分の信念が現実を創っていることを自覚した人は、今創造されている現実を観察し、その現実を創造している自分の信念を検証します。

そして、今の現実が自分の望ましいものではない場合は、今持っている信念をキャンセルし、新しい信念に書き換えます。そうすることによって、新しい現実を創造するのです。

199.信念から解放されるにはいろいろな方法があります。

ある人はその信念とは合わない現実に挑戦し、徐々に自分の信念を手放すかもしれません。

例えば、上記のようにお金を持てば友人に嫌われると思っている人は、自分の中で抵抗があったとしても、実際にお金を稼いでみて、友達がどのような反応をするのか見てみるかもしれません。

そして、お金を持っていても、友達は今まで通りであることを発見することで、信念を手放すかもしれません。

(普通に生きている人は信念というものの存在すら知らないことが多いので、このようなパターンで自分の信念を超越していくことがほとんどです。

ただ、多くの人が自分の信念を超えて生きようとせず、その信念の枠組みの中の安心感に浸って、変化しようとしない傾向があります。

本当に自分らしい人生を生きるためには、進んで今の安心感から抜け出すある程度の勇気が必要です。

つまり自分の信念を進んで手放し、今現在安全に感じている範囲を理想に向かって少しずつでも広げていく意志が必要です。)

信念を開放する一番簡単な方法は、自分の内面を探って信念をただ発見することです。

発見した瞬間に、その信念はキャンセルされます。

ただし、信念を発見するためには、まず、この現状を自分自身の信念が創り出しているということを認識し、誰かのせいにするのではなく、自分の内面に答えを求める姿勢が必要です。

これにはある程度、自分の内面と向き合うトレーニングを積んでいる必要があるかもしれません。

しかし、練習すれば誰にでもできるようになります。

200.ある人は、たくさんのお金を持つことは荷の重い責任になってしまい、自分を拘束してしまうと信じています。

また別の人は、請求書が払えず、お金について心配しています。

どちらの人にも共通していることは、お金が自分を拘束していると信じているので、実際にそのようにしばられているという点です。

逆に、お金は自分を拘束すると信じず、またお金というものをそう取り扱わなければ、それにしばられることはありません。

自分が信じることを、自分で生み出しているのです。

もし多額のお金が重荷であると信じている場合は、大金を稼ぐ前に、その信念をかえたほうが良いでしょう。

そうしないと、そのお金を重荷と責任として経験することになります。

201.自分が大金を求めているのに、まだそれを手に入れられていない場合は、自分の本質(ハイヤーセルフ)はそれを自分に与える前に、否定的な信念のいくつかを変えることを助けているのかもしれません。

お金についての信念によって、自分がそれをどのように引き寄せ、使い、お金と関係するかが決まります。

あなたは自分の好きなことをやって、お金を稼ぐことができると信じていますか?

それとも、お金を稼ぐためには勤勉と努力が必要だと感じますか?

もしほしい何かがあるのに、まだそれを手に入れていないとすれば、それを手に入れることを妨げている信念を、もっている可能性があります。

202.実は、自分がいま信じている信念のなかに、また自分が実現していない反対の信念の種があります。

「自分はお金に値しない」という信念の中には、「自分はお金に本当に値する」とう反対の信念の種があります。

否定的な信念に関心を払っていることに気づいたら、その関心を引き離し、肯定的信念を活発にし始めるにつれて、自分が経験するものを変えることができます。

203.自分のほとんどの考えの基礎、想像、概念は幼少期に自分の両親とまわりの人々の言葉、信念、そして言葉にならないメッセージによって、植え付けられます。

自分の両親から得た信念の存在に気づくことは大切です。

そして、その信念をとっておきたいかどうかを意識して決めましょう。

もし、両親が自分に教えてきた信念で、自分がもう望まないものがあったとしても、彼らを許してあげてください。

なぜなら、両親はその時点では自分たちの最良のことだとおもうことをそれぞれしていたからです。

今は不要に思える数々の信念も、幼少期には必要だったものもあるかもしれません。

そして、それらの信念があったおかけで、自分がより多くの可能性を達成するために必要であった適切な教訓と成長へと、自分を導いたかもしれないのです。

204.今や、もう自分には役に立たない古いプログラムや信念のどれも手放すことができます。

そして、自分に役立つ原則を意識的に選ぶこともできます。つまり、自分の望む信念、考え、概念、イメージを自由に選べるのです。

自分がワクワクする感覚と成長をもたらす信念を選びましょう。

205.信念を手放し、新しい信念を創造する方法をいくつか紹介いたします。

自分を拘束する信念を見つけたら、心を静めて、目を閉じ、自分のまわり一面に光を想像します。

そして、次に何らかの象徴的な方法でその古い信念を取り除きます。

例えば、天使がハサミでその信念を切り離しているイメージや、光の中に信念が溶けてなくなっているイメージなど、自分がしっくりくるイメージであれば、なんでも結構です。

それから、自分がしっくりくる方法で望ましい信念を創造します。

自分の目の前に「私はお金を持つに値しない」とい書いてあるのをイメージし、それから、一字一字を消して、その場所に新しい信念を大文字で「私はお金に値する」とイメージするのもよいでしょう。

更に、新しい信念になじむため、その信念について考えるとき、それを手で書いたり、自分に向かって言ったり、スマホの待ち受けに文字が出るようにしたり、家や職場の良く見える場所にその言葉を張り付けたりするのもオススメです。

206.自分の感情と想像力の使い方が、もっている信念を強化したり弱めたりします。

古い信念を否定したり、無視したりするのではなく、自分が見つけた古い信念を現実そのものの事実ではなく、それは単に現実の性質についての自分の考えであるとして受け入れてください。

それから、自分が反対の信念を持っていることを想像してください。

もしお金を稼ぐことが難しいと信じているのであれば、上記のように、それはただ自分が信じているだけに過ぎないとして受け入れた後、お金を稼ぐのは実際には簡単だと想像するのです。

視覚化する能力をつかって、その想像をできるだけ実感しましょう。

視覚化するとき、この新しい信念を生きるときにもつ肯定的な感情を経験することが大切です。

そして、自分が新しい信念を思い出すように、毎日一つでよいので小さなことを実行しましょう。

207.信念を望ましく書き換える他の方法は、もし自分が素晴らしいものに値しないと考えているのであれば、自分に一つ本当に素晴らしいものを買うこと行動をとってみることです。

つまり、今持っている信念を超越した状態を実感できるようなことを、意識的にやってみるといことです。

そのように自分の古い信念を超越した状態を経験する行動をとることで、自分の中に新しい信念がやってくることに気づくでしょう。

208.お金を集めるのに役立つ信念を育てることができます。

例えば、自分は好きなことをやって生活できるのだという信念のおかげで、もっと創造的になりたいと思うでしょう。

まず、お金とは楽しむものであり、自分の高い目的に貢献し、自分が人類に貢献するのを助ける何かであると信じることが必要かもしれません。

なぜなら、自分は貧しいと信じているのであれば、それが潜在意識にあるせいで、自動的に自分を貧しいと感じさせる出来事を生み出すからです。

(潜在意識はプログラムし直さない限り、同じことを続けるので、自分の信念の結果を現実に生み出し続けます。)

209.富を得ることは悪だと信じているのであれば、その信念のせいで自分に富をもたらす可能性のある技術や能力を使わないようにするでしょう。

210.お金を持たないほうが良いと信じているのであれば、自分の才能や技術を押しころしてしまうとくことにもつながります。

なぜなら、自分の才能や技術を使うことは、経済的な成功をもたらす可能性が高いからです。

211.何か新しいことを引き寄せることが出来る前に、自分に対する認識と、新しい物をもつに値しないという信念を変えることが必要です。

ある女性は、自分の古いアパートよりもずっと素晴らしい家を欲しがっていました。一年貯金したあと、お金の準備ができたので今よりもずっと新しい家に引っ越しました。

新しい家は彼女にとって美しく素晴らしく思われたので、彼女は前より多くの友人を招待し始め、より美しい内装にし、そして自分自身についてもより良く思うようになりました。

そして、彼女は、自分には価値があるという気持ちをますます感じることができたのは、新しい家のおかげだと考えました。

この例は、目に見える部分では何の変哲もないものですが、目に見えない世界で何が起こっているのかを見るとたくさんの学びがあります。

まず、新しい家を得る前に彼女は自分自身に対する認識を、今よりもずっと素晴らしい家に値するものに徐々に変えていました。

意識的ではなく、ほとんど無意識的に自分の信念を新しいものに調整していたので、一年の期間がかかりました。

彼女の信念が新しい家に値するものになって初めて新しい家が現実に引き寄せられたのです。

お金が貯まっていたかどうかよりも、彼女の信念が今よりもずっと素晴らしい家に値するものになっているかどうかの方がはるかに重要です。

もし彼女の信念が変わっていなければ、何年たっても新しい家に引っ越すことはなかったでしょう。(現実の世界で彼女のもとに新しい家は引き寄せられなかったでしょう。)

このように、現実の世界でほしいものを引き寄せるためには、自分が引き寄せたいものを彼女のようにはっきりさせた後、その引き寄せたい対象と自分の状態を同調させる必要があります。

素晴らしい家を引き寄せるためには、それに見合っていると自分が思える状態に自分からならないと引き寄せが起こらないということです。

そして、上記の例で他の学びになる点は、彼女は新しい家に引っ越し、結果的に自分が素晴らしい人間であると思えるようになったことが一番の収穫だと思っている点です。

もしあらかじめ彼女が、自分が本当にほしいものは、自己イメージを変えることだということがわかっていたならば、彼女はすぐにでも自分に自己価値の質を与える物事をやり始めることができました。

さらに、その新しいアパートのお金ももっと早く引き寄せられたでしょう。

彼女が新しい家に住むために一年間待たなければならなかったのは、自分はよりよい家族と家に値するという信念をもつほどに成長するまで、それだけ長くかかったからだったのです。

212.自分が理想としている状態を引き寄せることを加速するために、今すぐ次のように自分に尋ねてみてください。

「私が自分の人生に豊かさを持てない理由が何かあるだろうか?私は自分の理想の状態に値すると思っているだろうか?」

もしかしたら自分の豊かさをジャマしている様々な信念を発見するかもしれません。その場合は、そのような信念はキャンセルしましょう。

そして、次のように自分に質問しましょう。

「どんな自己イメージがあれば、自分はお金や豊かさを手に入れることができるだろうか?

つまり、それを創造するために、自分についてどんな新しい信念をもつことが必要だろうか?」と。

自分がお金や豊かさをもってよいあらゆる理由をたくさん考える、そのような信念をことが大切です。

213.

以下随時更新中

=======================

祝!1450人突破!記事よりも実践的で人気のメルマガ講座はコチラ

=======================