自分で自分を導く時代

自分で自分を導く時代について

この宇宙には7つの光線エネルギーがあり、地球全体も7つのうちどれかのエネルギーに影響を受けています。

2012年以前には地球は第6光線のエネルギーが支配的でした。

第6光線の特徴

第6光線は、献身のエネルギーと関係があります。

第6光線に影響を受けていると人は宗教的な情熱を持つようになります。

それは、己を捧げた崇拝の対象となる、肉体化した神のような存在を求めるようになるということです。

2~3000年前の人類が第6光線の影響下にあったのはまだあまり進化していない状態だったからです。

今や人類は魂の成長を遂げているため、第7光線のエネルギーを受け入れる準備が整っています。

第7光線の特徴

第七光線は地上にスピリットとして存在すること、神と通じて地球で生きることと関係があります。

新時代の第7光線の周期(サイクル)においては、

自分のパワーを取り戻すことや、

アセンデットマスター達と同じ資質が本来自分にもあるという真実に気づくことが重要になります。

つまり、誰か導く人が必要だった時代は終わり、自ら覚醒し、自分で自分を方向付ける時代になってきたということです。

今の時代について

これはしばらく前から起こっていることですが、この第7光線の影響によって多くの人の働き方や行き方などが軌道修正されています。

最近は自分で仕事をする人も増えましたし、自立する女性も増えてきました。

この時代の流れに乗ることで霊的な面でも非常に成長をとげることができます。

スピリットの自己として自分を生きるには?

スピリットとは12次元にいる自分自身であるモナドのことです。

モナドと融合して地上で生きるには、まずハイヤーセルフと融合する必要があります。

そして、それからモナドと融合します。

モナドと融合すればアセンションが完了し、地上にいながら5次元以上の波動を発することができるようになります。

本当の自分を生きたい場合はただ待っているだけでなく、ハイヤーセルフと積極的に融合していく必要があります。

ただチャネリングレベルでの融合ではなく、エネルギーレベル全体でハイヤーセルフと融合することが重要です。

ハイヤーセルフと繋がるセッションは、あなたの思考、感情、肉体レベルでハイヤーセルフと融合するのを手助けします。

今回の転生でどこまで進化するかは自分の自由意志に任されていますが、本来であればモナドと融合するところまでは積極的に行うことをオススメしています。

ハイヤーセルフやモナドと融合した後は?

あなたが高次元の自分と融合した後は、自分自身のライフスタイルを高次元の周波数にマッチするように調整する必要があります。

つまり、働き方や人間関係なども全て整理する必要があるということです。

今までサポートさせていただいた方も含めて、多くの人が自分で仕事を始めるようになるでしょう。

そして、今までの人間関係ではなく、自分の魂と調和する人間関係を築くことになります。

大きく進化できるこの時代に積極的に高次元の自己と融合することをオススメいたします。

セッションの紹介

自分で自分を導く基盤を作るためにハイヤーセルフと融合するセッション

ハイヤーセルフと繋がるワーク講座

 
あなたが目指す自分自身の太陽になるためのモナドと融合するセッション
モナド(12次元の自己)と融合するワーク講座

追伸

高次元の自分と意識的に融合しているかどうかは生きる人生が全く変わってきます。

特にモナドと融合することは世界的な規模で活動することを意味します。

本来の自分に目覚め、光の自己表現を行なってくだされば幸いです。

=======================

祝!1512人突破!記事よりも実践的で人気のメルマガ講座はコチラ

=======================