ライトワーカー講座:「天才」とは「周波数帯」のことである。

<天才について>

天才と聞くと、どのようなイメージが湧くでしょうか?

頭が良い、計算が早い、新しいものを創造する、とてつもないセンスがある、

など、いろんな業界にいる天才たちのイメージが湧くかもしれません。

 
宇宙からのメッセージによると、

「天才」とは「周波数帯」のことであり、

「天才」という「波動の状態」があるということです。

 
つまり、あなたが天才になるには、

自分の波動の状態を上げ、

天才の周波数帯に入れば良いだけなのです。

 
「天才」になろうとすると、

「ものすごいトレーニングしないといけない・・・」

「天才は生まれつきなので、今から天才になんてなれない・・・」

など、過去の思い込み(人格)からの抵抗を受けるかもしれません。

 
しかし、あなたが自分の波動を上げれば、

天才の周波数帯に入ることになります。

 
そうすれば、自然とアイデアや能力が湧き出すようになるのです。

<天才の周波数帯について>

感情を起点とした波動の段階は以下の通りです。

1.喜び、大いなる気づき、自信、自由、愛、感謝
2.情熱
3.熱意、やる気、幸せ
4.ポジティブな期待
5.楽観(全てが上手くいくという明るい考え方)
6.希望
7.満足
8.退屈
9.悲観(悪い結果などを予測したり、考えたりして気を落とすこと)
10.不満(またはストレス)、いらだち、焦り(または短気)
11.戸惑い(または圧倒)
12.落胆(期待通りにならず、がっかりすること。)
13.疑い
14.心配
15.非難(相手や何かの欠点や間違っていることを取り上げて責めること)
16.失望
17.怒り
18.復讐
19.敵意(または憎しみ)、激怒
20.嫉妬
21.自信喪失(または危機感)、罪悪感、自己卑下(または無価値感)
22.恐れ、苦悩(または悲しみ)、憂鬱(または落ち込み)、絶望、無気力

~『運命が好転する実践スピリチュアルトレーニング』 エスター・ヒックス&ジェリー・ヒックス著(『引き寄せの法則』の著者) より抜粋~

 
上記の波動の段階のうち、

天才の周波数帯は「1.喜び、大いなる気づき、自信、自由、愛、感謝」「2.情熱」

になります。

 
つまり、あなたがこの感情を感じるような状態でいれば、

周波数は天才の状態であるということです。

 
この状態でいれば、自然とアイデアが溢れ出し、やる気が出て、天才的な能力を発揮することができるのです。

 
「2・情熱」の感情は、自分の魂と調和している時に感じる感情です。

「1・喜び、大いなる気づき、自信、自由、愛、感謝」の感情は、神なる自己であるモナドと調和していることで感じることができます。

 
真の天才性は「1・喜び、大いなる気づき、自信、自由、愛、感謝」の感情を感じている波動の状態の時に発揮されます。

基本的には、まず自分の魂と調和し、それからモナドと調和することによって安定して天才性を発揮することが出来る様になるでしょう。

 
あなたが天才(の周波数)になる秘訣は、

自分が本心からやりたいことを行い、

波動を高める習慣を持つことです。

 
そして、生活においてストレスになる要因を工夫して排除し、

安定して高い周波数の状態を維持することです。

 
天才と呼ばれている人たちは、自然にこのことを行っています。

あなたも今から天才になることができます。

「天才性を思い出すことができる」というのが正確な表現です。

 
自分の周波数を高め、あなたの中の天才を目醒めさせてください。

新しい時代に変わろうとしているこの世界は天才を待っています。

P R:自分の魂・モナドと融合して天才性を目醒めさせさせましょう!

ハイヤーセルフと繋がるワーク講座 モナド(アイ・アム・プレゼンス)と融合するワーク講座

PR2

このような内容のメールを毎日メルマガで発行しています↓

=======================

祝!2964人突破!記事よりも実践的で人気のメルマガ講座はコチラ

=======================