自分の究極的な説明書を作る講座

自分の究極的な説明書を作る講座は以下の方にオススメ

・魂のミッションの原型を知り、実際に地上での魂のミッションを生きたい方

・自分の最高の能力を意識的に使えるようになりたい方

・自分自身のことを本当に深く理解して活かせるようになりたい方

・自分の家族や周りの人について究極的に理解し、相手を活かせるようになりたい方

・自分の短所も完全に把握した上で、自分の長所を意識的に選択して活用していけるようになりたい方

・自分の短所やマイナスのパターンを超越し、プラスのパターンに意識的に入れるようになりたい方

自分の究極的な説明書を作る講座の目的

自分自身の地球での役割、人生の目的、最高の能力などを理解すること。

そして、意識的に自分の最高の長所を発揮できるようになること。

さらには、自分の短所やマイナスのパターンを理解し、超越し、意識的にプラスのパターンに移行できるようになること。

自分の究極的な説明書を作る講座の内容

自分の究極的な説明書を作る講座の内容は、以下の15の項目を1つ1つ具体的に理解していくように作られています。

1.自分の魂の年代を知る

2.魂のミッション原型・地上の役割を知る

3.魂(人生)の目標を知る

4.魂と調和する行動パターンを知る

5.魂に沿ったマインドパターンを知る

6.自分(人格)の弱点を知る

7.魂と繋がりが強いチャクラを知る

8.魂と繋がりが強い4大元素を知る

9.自分の出身星に見当をつける

10.肉体の光線を知る

11.感情体の光線を知る

12.精神体の光線を知る

13.人格レベルの光線を知る

14.魂レベルの光線を知る

15.モナドレベルの光線の知識を得る

自分の説明書の詳細

説明書の内容1.自分の魂の年代を知る

<魂の年代について>

肉体にも年齢があるように魂にも年齢があります。

「肉体の年齢」は一回の人生と関係がありますが、「魂の年齢」は何回も転生した人生と関係があります。

そして、魂には以下のような年代があります。

【乳児期】 【幼児期】 【若年期】 【成人期】 【老年期】

<魂の各年代の中にある7つのステージについて>

【乳児期】 【幼児期】 【若年期】 【成人期】 【老年期】のそれぞれの中に細かい7つのステージがあります。

7つのステージは導入から、外向、内向、準備、総括、集約、卒業などの段階を経ていきます。

自分が「どの魂の年代」の「どのステージ」にいるのかを知ること自分に対する理解がさらに深まることでしょう。

<魂の年代を理解すると何が良いのか?>

1.自分が本質的に求めているものがわかる

各年代の魂は本質的に求めているものが全く違います。

例えば、若年期の魂は権力、名声、金銭を求めるのに対し、老年期の魂は自己の魂を成長させ、人に真理などを教えることを求めます。

自分だけでなく家族や周りの人の魂の年代も理解すれば、本質的に求めているものに違いがよくわかるようになり、お互いを活かせるようになります。

2.自分のことを本質的に理解できる

魂の年代によって行動の仕方や物の捉え方などが全く違います。

例えば、成人期の魂は人間関係を重視し、人がどう思うのかなどを理解して気にします。

一方で、老年期の魂は自分の道を行き、変わり者に思われます。

多くの人は自分や他人の魂の年代を理解していないため、自分が人と違うことで悩みます。

しかし、魂の年代の違いがわかれば、自分と他人が根本的に違う理由がわかり、大きな安堵感や安心感を得ることができるでしょう。

3.今の自分が魂として何を求め、次にどこへ向かうかがわかる

自分の魂の年代や自分のいるステージを理解すれば、自分が今何を深めるべきで、その先にどこに向かうかが明らかになります。

人は自分の魂が本当に求めていることをしているときに充実感を感じ、そうでない時には気力がなくなるものです。

地球での人生を満喫するには自分が本当に求めているものを知り、それを追求することが不可欠なのです。

4.魂の年代ごとの長所を活かせるようになる

魂の年齢ごとに長所と短所があります。

例えば、若年期の魂の長所は「生産的」「勤勉」などがあり、短所には「厚かましさ」「流行に飛びつく」などがあります。

老年期の魂の長所は「霊的な気づきを得る」「寛大」などがあり、短所には「お金を求めないため貧乏になりやすい」「やる気がない」などがあります。

それぞれの魂の年齢の長所と短所を理解すれば、仕事やプライベートなどの場面においてお互いの良いところを理解し、活かすことが出来るようになるでしょう。

<魂の年代を知るワーク内容>

・自分の魂の年代を理解するワーク

・魂の年代の中で自分が今いるステージを理解するワーク

・魂としての自分を満たすワーク

・家族、友人、仕事仲間などの魂の年代やステージを理解するワーク

説明書の内容2.魂のミッションの原型・地上の役割を知る

<魂のミッションの原型・地上の役割について>

この宇宙が誕生した時、7種類の波動エネルギーが創造されました。

そして、この地上にいるどの存在も7つのうちどれかの波動エネルギーの影響を受けています。

その波動エネルギーの影響により、魂のミッションやこの地上での役割は以下の7種類に分けられます。

【慈悲】 【奉仕】 【創造】 【表現】 【説得】 【支配】 【知識】

それぞれの人が上記の7つの波動エネルギーに関わる自分自身の魂のミッションを持っており、その役割を生きる時に自分本来の能力を発揮することができます。

そして、何より自分の魂のミッションである地上の役割を生きることで真の喜びや充実感を感じることができるのです。

説明書を作るこの講座では自分自身の魂のミッションの原型や自分の地上での役割を理解し、実際にこの地上において自分自身を生きられるようにします。

<魂のミッションの原型・地上の役割を理解すると何が良いのか?>

1.地上での自分を最大限に楽しみ、そして活かせるようになる

魂のミッションの原型である地上の役割はあなたが地上を生きていく上で一番重要です。

俳優が自分の役割を理解すると格段に良い演技ができるようになるように、自分の役割を知ると人生を最大限に生きることができるようになります。

自分の持っている才能を知ることで、その能力を意識的に使うことができるようになり、継続的に最高の結果を出すことができるようになります。

さらには、自分の役割を知ることによって、個人的な見解だけで反省している時よりも、深く自分を受け入れられるようになります。

役割によってそれぞれ固有の特徴があります。

この特徴は、どんな環境は文化の中で育とうと、必ず現れます。

これらの役割は生まれつきのものなので、行動を抑えるにしても、心を抑えるにしても、それに逆らって生きようとすれば「苦労」や「困難」を何らかの形で経験することでしょう。

自分の役割について理解すれば、この地上において自分自身を使いこなし、深い満足感や心の豊かさを感じ、喜びながら楽に自分の望むものを経験することができることでしょう

自分の最大の長所・才能・能力を理解し、活用できるようになる

7つ役割それぞれが非常にたくさんの長所・才能・能力を保有しています。

あなたがそれらの能力を使いこなせるようになるには、まずそれらの存在を認知する必要があります。

そして、それから意識して使うようにしなければなりません。

この講座を通じて自分自身の役割を知り、能力について理解することは、あなたが自分の真の能力を発揮する基盤を作り上げることでしょう。

自分の短所を理解し、抜け出すことができるようになる

プラスのパワーは反転するとマイナスのパワーになります。

それは、長所があれば同時に短所も存在するということです。

自分の役割を知れば、短所も理解することができます。

そして、この講座では自分の短所から効果的に抜け出す方法もマスターします。

自分らしくないパターン認識すれば、あなたは意図的に負の連鎖から抜け出すことができるようになるのです。

<魂のミッションの原型・魂の役割を知るワーク内容>

・自分の地上での役割、魂のミッションの原型を見つけるワーク

・自分の地上のミッションの原型について理解を深めるワーク

・地上のミッションの原型とエネルギーレベルで融合するワーク

・現実レベル(プライベート、仕事、人間関係など)で具体的にミッションを生きるためのワーク

・家族や友人の地上での役割を理解するワーク など

説明書の内容3.魂(人生)の目標を知る

<魂の目標について>

「魂の目標」とは基本的な動機付け (人がある状況のもとでその行動を決定する意識的・無意識的な原因)のことです。

あなたは生まれる前に今回の「人生の目標」を決めてこの地上にやってきました。

あなたの本質はそれぞれの人生で、1つの目標の達成を目指します。

この「人生の目標」は「役割」の次に重要なものです。

たとえあなたがその目標を意識化できておらず知らなくても、無意識的に人生の目標の達成をひたすら目指そうとします。

<魂の目標を理解すると何が良いのか?>

「人生の目標」を知ることによって以下ことがわかってきます。


・自分が何のために生きているか


・自分の人生がどの方向に向かえば一番充実するのか


・生まれる前に決めた人生の方向性は何か


・人生で自分をいつもある方向に突き動かす衝動の正体は何か

<魂の目標を知るワークの内容>

・魂の目標について理解を深めるワーク

・自分の魂の目標を見つけるワーク

・魂の目標と調和するワーク

・家族や友人などの魂の目標を理解するワーク

・現実レベルで魂の目標を生きるためのワーク など

説明書の内容4.魂と調和する行動パターンを知る

<魂と調和する行動パターンについて>

「魂と調和した行動パターン」とは「あなたの基本的な表現方法」「目標を達成する方法」のことです。

それは目標を達成するためにとる行動や方法のことで、ここでいう目標とは人生の目標だけでなく、人が目指す事柄すべてが含まれています。

それは、ある人の物事に対する一般的な取り組み方・方法のことです。

魂の行動パターンは人生の目標に次いで影響力がある要因です。

まとめると「人生の目標」は「自分が本当に求めるもの」、「目標」は「今求めているもの」、「魂の行動パターン」は「それらの目標を手にいれる方法」なのです。

<魂と調和する行動パターンを理解すると何が良いのか?>

自分の魂と調和した行動パターンを理解すれば、今求めている目標に対して自分らしく行動をすることができるようになります。

そして、自分らしく行動をすれば、波動が高い状態を維持することができるため、望ましい結果を受け取れるようになります。

<魂と調和する行動パターンを理解するワークの内容>

・魂と調和する行動パターンの理解を深めるワーク

・自分の魂と調和する行動パターンを理解するワーク

・魂と調和する行動パターンと馴染むワーク

・家族や友人など関わりの深い人達の魂の行動パターンを理解するワーク

・日常レベルで自分の魂と調和して行動できるようにするワーク など

説明書の内容5.魂に沿ったマインドパターンを知る

<魂に沿ったマインドパターンについて>

「魂に沿ったマインドパターン」とは「基本的なものの見方」です。

つまり、私たちが物事を見るときの立場であり、行動の決断方法です。

現在起こっていることをどう考えるのか、自分が何をすべきだと思うかは態度によって決まります。

今までに同じものを見ているのに、その物事に対する考え方が人によって違うことを感じたことはないでしょうか?

ある人は物事を楽観的に見るかと思えば、ある人は物事を疑ってみたり、別の人は批判的に見たりなど。

それがマインドのパターンであり、そのパターンはたくさんあるように思えますが実は大きく分けて7種類しかありません。

どのような人も7種類の角度から、物事を見て、行動の決断をしているということです。

7種類の態度に優劣はなく、あなたは自分の好きなマインドパターン(特定の人生の見方・受け止め方)を選んで生まれてきました。

「マインドパターン」は「人生の目標」や「行動パターン」と作用しあいます。

つまり私たちは、マインドパターン(どのように世界を見るか)を通して、目標(何を目指すか)を決め、行動パターン(どのような手段をとるか)を使って、実際に目標に向かい始めるのです。

マインドパターンは自分の意思で変えることができます。

マインドパターンを変えると、人生の行き先も、そこへ行く方法も変えられます。

重要なポイントは、各自の意識のレベルは人生全体に対する観点に反映するということです。

例えば「達観した観点」という言葉は、些細な出来事を高い意識レベルから対局的に見るさまを表しています。

私たちはみな、7つのマインドパターンをすべて経験します。

しかし、その中には、何度も経験するものや、めったに経験しないもの、長い間続けるものなど、頻度の違いがあります。

その時々で多少の変化はありますが、人は一生を通じて特定の考え方に基づいて生きています。

<魂に沿ったマインドパターンを理解すると何が良いのか?>

マインドパターンについて理解することによって以下のようなメリットがあります。

・自分の見方と人の見方の違いが理解できるため、他人と意見が食い違ったとき、短絡的に自分が変わり者だとか間違っているのではないかと思わなくなる。

例えば、「自分は理想ばかり見てしまうが、それは物事に可能性をたくさん見る能力があるからだ」など、マインドパターンに対する知識があれば自分の態度の長所を理解することができるようになるのです。

・マインドパターンを理解することで様々な物事の見方があることを理解できるため、人の物事の見方を尊重しながら、自分の見方も大切にすることができます。

逆に知らないと、自分の物事の見方を捨てて、人に合わせないといけないと感じてしまうかもしれません。

もしかするとごく一部の人だけを見て「誰でもまったく同じものの見方をするんだ」と思うかもしれません。

自分らしさを無視することは自分への裏切りにもつながるため、違いを理解しておくことはとても重要です。

・7種類のマインドパターンを知ることで人それぞれの個性を理解できるようになります。

逆に、態度の違いが理解できていないと、他人に自分の考え方を押し付けてしまうかもしれません。

「女性はいつも男性のサポートをするべきだ」などと言ってしまうのです。

このような過ちを犯すのは自分自身のものの見方だけが正しく、自分は真実が見えていると信じ込んでいるからです。

マインドパターンの違いさえ理解していれば、自分と他人の違いもよくわかるようになり、たとえ人から意見を押し付けられたとしても、寛容になれます。

・マインドパターンが7種類あることがわかれば、以前なら頭がおかしいのではないかと疑っていたような人たちも含めて他人が、なぜ自分と違った考え方をするのかがわかるようになります。

・自分の物事の見方が分かれば、安心して独自のものの見方ができるようになります。

自分らしさをすんなりと受け入れ、自分の考え方の長所を認められるようになるからです。
そうすれば、自分の目標を見失わず、それに向かってまっすぐに進むためには、どのように態度を使えばよいかもわかるようになるでしょう。

・自分が今どのマインドパターンをとっているかがわかると、目的に応じて、適切な態度に切り替えることができるようになります。

例えば何かを始める時には理想主義的な物事の見方をし、実行する時には調査的な態度をとるなどです。

・自分のマインドのパターンをマスターすることで、どのような状況でも心地よく現実を見ることができるようになること。

その場に適したものの観方をすることができることによってヴォルテックス(自分自身)の中にいつづけることができます。

<魂に沿ったマインドパターンを知るワークの内容>

・マインドのパターンについて理解を深めるワーク

・自分の魂に沿ったマインドのパターンを見つけるワーク

・自分のマインドのパターンと調和して使いこなせるようになるワーク

・家族や友人など関わりが深い人たちのマインドパターンを理解するワーク

・日常レベルで自分の目標を達成するためにマインドをうまく活用できるようになるワーク など

説明書の内容6.自分(人格)の弱点を知る

<自分(人格)の弱点について>

「自分(人格)の弱点」とは、ある種の恐れやその影響について学ぶためにあなた自身が自分に課した基本的な障害であり、あなたの目標へ向けての努力を阻むものです。

言い換えると、弱点とは努力を白紙に戻す漂白剤、自分で仕掛けた障害物です。

ただし、弱点は人格から完全に消し去ることが可能なものです。

そのためにこのワークがあります。

「弱点」は目標を目指す自分のシナリオが、あまりにも簡単にすんでしまわないようにするものです。

つまり、「弱点」とは、目標を達成するのを遅らせて、学ぶべきことを学べるようにするための障害物なのです。

<自分(人格)の弱点を理解すると何が良いのか?>

自分自身の弱点を意識的に超越することができるようになる。

超越するとは、その弱点が出てきても振り回されることなく、自分の中で対処することができるようになることです。

自分の弱点は偽の人格(インナーチャイルド)の大部分を占めているため、意識的に消し去れば、自ずと真の自己(魂)が輝きだすことになります。

<自分(人格)の弱点をマスターするワークの内容>

・人類が持つあらゆる弱点について理解するワーク

・自分の弱点を理解するワーク

・自分の弱点を超越するためのワーク

・家族や友人など関わりの深い人の弱点を理解するためのワーク

・生活レベルで自分の弱点を超越するためのワーク

説明書の内容7.魂と繋がりが強いチャクラを知る

<魂と繋がりが強いチャクラについて>

チャクラとは、あなたの魂が物質世界を経験するための手段のことです。

チャクラには<知性・高次の知性・感情・高次の感情・運動・高次の運動・本能>の7種類があります。

チャクラはこの地上にいる<人格>の経験を本質である<魂>に伝えます。

チャクラは<人格>と<魂>をつなぐ橋、またはトンネル、あるいはエネルギーの渦といえます。

指令本部<魂>と出先機関<人格>のような関係です。

これらの伝達網は情報を<魂>と<人格>との間で往復させています。

<魂>が<人格>に指示や命令を伝え、<人格>その命令をもとに行動します。

<人格>の行動の結果が<魂>にフィードバックされます。

<魂と繋がりが強いチャクラを理解すると何が良いのか?>

私たちは必ず7つあるチャクラのうちいずれかをメインで使って行動しているため、それ以外のチャクラについて理解することが困難です。

人はどのセンターを認識の土台とするかで、ある意味で偏った世界の経験の仕方をしています。

このワークを通じて自分がメインで使っているチャクラを知ることは自己認識を深め、いつものパターンから抜け出すことを可能にします。

そして、今までとは違うアプローチができるようになるのです。

・誰にでも得意なチャクラがありますが、最終目標はすべてのチャクラをバランス良く使えるようになることです。

どの魂も何回も生まれ変わってすべてのチャクラを使い、特に低次チャクラ(知性・感情・運動・本能センター)のバランスをとって等しく用いれるように目指します。

このワークでは自分自身のチャクラのバランスを取る方法もマスターしていきます。

そうすればあなたの魂のパワーを意識的に活用することが可能になることでしょう。

<チャクラをマスターするワークの内容>

・チャクラについて理解を深めるワーク

・自分自身の魂と繋がりが深いチャクラを知るワーク

・魂と繋がりが深いチャクラと調和するワーク

・自分の関わりが深い人たちがどのようにチャクラを活用しているのかを分析するワーク

・各チャクラのバランスをとるワーク

・チャクラを強化し発達させるためのワーク

・理想的な習慣を作るワーク

説明書の内容8.魂と繋がりが強い4大元素を知る

<魂と繋がりが強い4大元素について>

すべての人には4つの元素・エレメンツが含まれています。
 
それは「空気/風」「水」「土」「火」です。
 
多くの人は、この内一つか、または二つだけを備える傾向があるので、これらのバランスを良く保つ必要があります。
 
この4つの元素に関してバランスを保つことができた時、真のマスターになることができます。

<魂と繋がりが強い4大元素を理解すると何が良いのか?>

場面に適した元素の力を発揮することができるようになります。

<4大元素をマスターするためのワークの内容>

・4大元素についての理解を深める

・自分が最も結びついている元素を見つけるワーク

・自分と繋がりが深い元素と調和するワーク

・活用できていない元素をインストールするワーク

・理想や目標を達成するために元素のバランスを取れるようになるワーク

説明書の内容9.自分の出身星に見当をつける

<出身星について>

出身星とは以下の3つの定義からなります。
 
1.自分の魂が形成された星
 
2.自分が多く転生していた星
 
3.多次元自己が現在進行形でいる星
 
(↑時間という概念を超えると、自分が同時に別の星に存在しているのを認識するようになります。)
 
上記のように出身星とは必ず1ついうわけではありません。
 
複数の次元を同時に扱っているため、次元ごとに出身星が違っていることがあります。
 
つまりあなたは、様々な星の性質を持ち合わせているということです。
 
星によって特質があり、それはあなたはその特質のエネルギーを放射して生きています。
 
ただあなたがいるだけで何らかのエネルギーが放射されています。
 
よく「あの人がいるだけで〇〇な雰囲気になる」や
 
「あの人と一緒にいると〇〇に自分もなる」という経験をしたことがあると思います。
 
これはその人の放射するエネルギーと音叉のように共鳴した結果感じることなのです。
 
これと同じようにあなたも何らかのエネルギーを放射して生きています。
 
その放射しているエネルギーのルーツを知ることは、あなたの本質を知ることにも繋がります。

<出身星を理解すると何が良いのか?>

実は人には自らの高次のボディー(オーラ体)の内部に、出身星と繋がりを活用するためのチップが入っています。
 
このチップは身体や精神に悪影響を及ぼすものでないため安心してください。
 
むしろ、このチップは、様々なバイブレーションから放出される荒い情報エネルギーから身を守り、除去してくれる活性フィルターの役割も果たしています。
 
自分の出身星を知ることで、これらのチップが作動しやすい環境設定が整います。
 
そうすると、今いる次元での活動がしやすくなるだけでなく、多次元領域を見渡す視野も獲得することができるようになります。
 
つまり、あなたは高い周波数でいられるようになり、物事をより高い次元から選択することができるようになるということです。

<出身星との繋がりを強めるワークの内容>

・出身星についての理解を深めるワーク

・自分の出身星に見当をつけるワーク

・出身星のエネルギーと調和するワーク

説明書の内容10.肉体の光線を知る

<肉体の光線について>

宇宙には7つの光線エネルギーがあり、肉体はそのどれかの光線から強い影響を受けています。

影響を受けている光線によって肉体の特徴は大きく変わります。

<肉体の光線を理解すると何が良いのか?>

自分の肉体が影響を受けている光線を理解することで自分自身の乗り物である肉体をもっと使えるようになります。

<肉体の光線をマスターするワークの内容>

・肉体の光線について理解を深めるワーク

・自分の肉体の光線を知るワーク

・自分の肉体と調和するワーク

・周りの人の肉体の光線を理解するワーク

・自分の目標や理想を達成するために肉体を活用するワーク

説明書の内容11.感情体の光線を知る

<感情体について>

感情を司るオーラ体が感情体です。

私たちは感情体があるために感情を感じることができます。

エネルギーを感情に変換するのが感情体といってもよいでしょう。

その感情体も7つの光線のうちどれかの光線に強い影響を受けています。

7種類の感情体はそれぞれ大きく特徴が違います。

<感情体の光線を理解すると何が良いのか?>

自分の感情のパターンを把握することができるため、今までであれば振り回されていたような状況でも冷静に対処することができるようになる。

さらには感情をうまく味方につけることも可能になります。

<感情体の光線をマスターするワークの内容>

・感情体の光線について理解を深めるワーク

・自分の感情体の光線を知るワーク

・自分の感情体と調和するワーク

・周りの人の感情体の光線を理解するワーク

・自分の目標や理想を達成するために感情体を活用するワーク

説明書の内容12.精神体の光線を知る

<精神体の光線について>

精神体は思考を司る体で、精神体があるため思考することが可能です。

精神体は宇宙の叡智に接触するために乗り物です。

肉体の光線の番号を変える場合には時として一つの人生、感情体の光線は数百年、精神体の光線は数千年もの月日が必要とされると言われます。

精神体の光線の番号によって意識できていなくても寝ている間などにスピリチュアルなアシュラム(高次元の学校)の7つのグループと繋がり、さらに、いくつかのグループの人々と繋がります。

<精神体の光線を理解すると何が良いのか?>

自分のマインドの代表的なパターンを把握することができるようになり、思考をうまく活用できるようになります。

多くの人は自分の思考に振り回されていますが、逆に思考を味方につけることが可能となります。

<精神体の光線をマスターするワークの内容>

・精神体の光線について理解を深めるワーク

・自分の精神体の光線を知るワーク

・自分の精神体と調和するワーク

・周りの人の精神体の光線を理解するワーク

・自分の目標や理想を達成するために精神体を活用するワーク

説明書の内容13.人格レベルの光線を知る

<人格レベルの光線について>

人格と魂を区別することは重要です。

人格は輪廻転生のために使う肉体の構成要素であり、人が他の人たちや外的な形とどのように関わりあうのかを決める魂の服、仮面のようなものです。

今生きている人生の個人的なアイディンティティーと言っても良いでしょう。

一つの人生で人格の光線を変えることができます。

魂の光線はほとんど変わることがありません。

<人格レベルの光線を理解すると何が良いのか?>

人間レベルの自己を超越し活用することができるようになります。

<人格レベルの光線をマスターするワークの内容>

・人格の光線について理解を深めるワーク

・自分の人格の光線を知るワーク

・自分の人格と調和するワーク

・周りの人の人格レベルの光線を理解するワーク

・自分の目標や理想を達成するために人格を活用するワーク

説明書の内容14.魂レベルの光線を知る

<魂レベルの光線について>

魂の光線は魂の神聖な表現そのものです。

個性の最も素晴らしい側面である精神体と魂を区別することも重要です。

精神体は知識、具体的な事柄、具体的な思考を扱います。

特定の植物、建物、図形などです。

精神体は具体的な思考のための道具であり、肉体の脳を使うことによって具体的な思考を表現します。

それとは対照的に魂は原則や抽象的な思考と関係しています。

樹というもの、車という概念、全ての三角形に共通する性質などが対象となります。

魂は抽象的な思考のための道具であり、抽象化された本質や体験によって獲得された叡智の貯蔵庫です。

魂の存在のおかげで人間は自己意識を持つことが可能で、グループ意識を発達させることができます。

<魂レベルの光線を理解すると何が良いのか?>

自分の核を理解することは、この地上において真の自己を生きることを可能にします。

自分の魂のタイプを知らずにただ生きている人と、自分魂の光線を理解して意図的に生きている人ではその人生に大きな違いができることでしょう。

<魂の光線をマスターするワークの内容>

・魂の光線について理解を深めるワーク

・魂の光線を知る5つの方法

・自分の魂の光線を知るワーク

・自分の魂と調和するワーク

・周りの人の魂レベルの光線を理解するワーク

・自分の目標や理想を達成するために魂を活用するワーク

説明書の内容15.モナドレベルの光線について知識を得る

<モナドの光線について>

モナドとは12次元の自己のことです。

モナドはハイヤーセルフのハイヤーセルフとも例えることができ、アセンションの時に魂と融合するあなたの一側面です。

モナドの光線はそれぞれの魂と永遠にある根本的な光線であり、モナドの光線は変わりません。

モナドの光線は神の光線ということも可能です。

ここではモナドの光線についての知識を得て理解します。

自分のモナドと融合することによって真の意味で自分のモナドの光線を理解することができます。

自分の説明書を作る講座の詳細

セッションを受けるための前提条件:

「ハイヤーセルフと繋がるセッション」 &と「インナーチャイルドを癒すセッション」の2つを受けていること。

セットでの割引きもありますので詳しくはお申し込みフォームよりお問い合わせください。

 
価格:330,000円(税別)

手数料4%がかかりますがクレジットカード払いも可能です。

 
セッションの進め方:

ステップ1:全体の説明のための電話セッション(30〜60分)

ステップ2:PDFデータを読みながら自分のペースで進めます

ステップ3:最後に内容をさらに深めるための1回の電話セッション(60分)を行います。

 
申し込み方法:こちらのお申し込みフォームをご記入の上ご送信ください。

 

お申し込みの流れ

 
1.こちらのお申し込みフォームを1回目の電話セッションを受ける候補日を3つご記入の上ご送信ください。

2.こちらからセッションの日程とお振込先をお送りいたします。

3.お振り込み後、こちらからセッション日にお電話させていただきます。

<追伸>

自分自身をあらゆる角度から理解することによって、眠っていたあらゆる能力を解放し、活用することができるようになります。

今まで自分だと思っていたものが実は自分の一部であることにも気づくことでしょう。

それが覚醒です。

あなたは自分のあらゆる部分を活用しながらこの地上で魂のミッションをこなすようになることでしょう。

何より自分のことを深く理解することは非常に楽しいものです。

誰も教えてくれなかった自分自身のことをこの機会に究極的に理解してください。

=======================

祝!1710人突破!記事よりも実践的で人気のメルマガ講座はコチラ

=======================