引き寄せられない時の共通項と解決策

思考は現実化する。

ほしいものに意識の焦点を当て続ければ、その物事は引き寄せられる。

これは今や広く知られていることですが、なかなか思ったように物事が引き寄せられないことも多くあると思います。

なぜほしいものに意識を集中させたり、理想を頻繁に思い描いても、なかなかその物事が現実の世界に引き寄せられてこないのでしょうか?

物事が引き寄せられないときの共通項の一つに「自分が求めている物事を自分がもつことを想像できない、実感できない」というものがあります。

例えば、「年収一億円になる!」ということを引き寄せたいと思ったときに、本当にその状況になることを本当に想像できるでしょうか?

今の自分が月末の支払いなどに追われているような金銭状況である場合や、時給制の仕事をやっているような状況であれば、なかなか年収一億円というのは実感をもって想像できないかもしれません。

そのものごとが現実になることは可能であるというあなたの信念がそれほど強くない場合は、なかなかそれが現実の世界に引き寄せられることはありません。

本心では、なかなかそれは難しいと思っているからです。

自分がもてると想像できる物事を求めることから始めるのが、一番オススメです。

簡単なものから引き寄せることを試し、それが上手くいくことで、自分の物事を引き寄せる能力に自信が持てるようになります。

そうしていけば、大きな物事を引き寄せることが出来るという信念が自分の中に根付いていき、ますます自分の望んでいることが現実の世界に引き寄せられてくるでしょう。

一つひとつの成功が以前の成功の上に積み上げられていきます。

あなたが成功を経験するにつれて、始めた時には不可能だと感じられた物事さえも、創造可能だという信念と内なる確信を育てることが出来るでしょう。

自分がもつことが可能であり、ほとんど確実でさえあるという内なる感覚や確信は、物事を自分の人生に引き寄せる準備をするときに、最も重要なことです。

自分が本当にほしくて、持つ準備が出来ていて、もつことにワクワクする物事を引き寄せるようにしましょう。

あまり準備が出来ていないと感じるものは、今の状態では手放して、他のもっと自分にとって望ましいものに意識を集中させたほうが良いです。

さらに、妥協する何かではなく、本当に自分がほしいものを引きつけてください。

妥協するような内容のものはそれを持つことに関してめったにワクワクすることはないので、結果としてそれを引き寄せることは困難になります。

自分に正直になって、本当にほしいもの、かつ、自分が持つことを想像できるものに意識を集中させましょう。

そして次に、自分が今までほしがっている自分で考えてきたあらゆるもののリストを作り、それら一つ一つをしっかりと観察してみることは大切です。

実際、その夢のリストを観察してみると、過去の自分が望んでいたものを惰性で今でも望んでいると勘違いしているものが見つかるかもしれません。

そのように昔はほしかったけど、今現在はそこまでほしくはないものを過去の惰性で心の中で持ち続けていると、意識がそこにとらわれます。

そして、今現在はそのものをほしいとはあまり思っていないのが本心なので、引き寄せが起こりません。

それで、自分が求めているものが引き寄せられないと勘違いすることにつながることが多くあります。

あなたは自分が愛している物事、つまり自分に単なる安心ではなく、喜びを与える物事を想像するように動機づけられています。

「私は自分の借金を返済するため、あれこれを手に入れるために、お金を生み出すべきだ」と、多くの人は言います。

しかしこの「べき」という言葉がついている場合、豊かさを生み出すための十分な感情的エネルギーを与えませんし、その願望は自分の本質(ハイヤーセルフ)からくる物ではありません。

つまり「~~べき」がついている願いは、本当のあなたが望んでいるものではなない可能性が高いということです。

上記の例で言えば、もし借金が消えていくのを想像したときに喜びや幸福感がないのであれば、それはあなたの本当の望みではないかもしれません。

このように過去から惰性で望んでいる願望や「~~すべき」のようなタイプの願望は本当のあなたの求めているものではない可能性が高いため引き寄せが起こりません。

しっかりと自分の本当のほしいものと、本当にほしいとは思っていないものの識別をすることが重要です。

識別できれば、自分が本当にほしいものに集中することができ、引き寄せもスムーズに起こすことができるようになるからです。


~上手く夢や欲しいものが引き寄せられないときの解決策のまとめ~

引き寄せられないときの解決策は以下の手順で行うと良いです。

<夢のリスト化>

今描ける夢や欲しいと思うものをリストにする。



<夢の選別>

まず、そのリストの一つ一つを観察し、過去の願望の惰性で今も欲しいと勘違いしているものはないかを識別する。

「これは今の自分からみても実現すればワクワクするようなものだろうか?」など質問しながら識別すると良いです。

もし、その夢にや物事に今現在ワクワクしないのであれば、それは過去の古いイメージであるため、リストから外す。

今でもその夢が実現することにワクワクしたり、ポジティブな感覚が起こるものはそのまま残しておく。



<夢が実現可能と感じているかチェックする>

次に、そのリストの中で自分がそれを本当に持つことを想像できないものがあるか調べる。実感がわかないものや不可能に思えるものなど。



<夢が実現可能であるように感じられない場合の対処方法>

もし本当に想像できないものは、そのままでは引き寄せるのが難しいため、その最大の理想を実現するための、想像や実感することが可能なもっと小さな目標をつくる。

例:最大の理想が「独立して年収一億円」であり、なかなかそれが想像できないのであれば、その最大の夢を実現させるための、今の自分が想像できて実感できる「まず自分の仕事を始める」という小さな目標を立てる。など。

そして、その小さな目標に意識を集中させる。小さな目標が達成できれば、その地点からまた、最大の目標を実現させるための次の小さな目標を立て、それを引き寄せることに意識を向ける。

注意点としては、大きな目標と小さな目標が自分の中でつながっている感覚があることです。

そして、その小さな目標も自分にとっては欲しいもので、かつ、ワクワクするものである必要があります。

自分の中でこの小さな目標に近づけば最大の目標にも近づくことになると感じられるものを小さな目標として設定してください。(小さな引き寄せの対象として決める。)

他の人から見てつじつまが合わなくても、自分の中でつじつまが合いさえすればそれで良いです。

引き寄せを上手くいかせるには、他人の感覚ではなく、あくまで自分の感覚が大切です。

=======================

祝!972人突破!記事よりも実践的で人気のメルマガ講座はコチラ

=======================

関連記事

  1. 引き寄せの法則:自分自身に成功を許す➈ 出ていくよりも入って来るお金を増やす

  2. 引き寄せの法則×お金とライフワークを創造する21:古いパターンを手放し、新しい一歩を踏み出すこと

  3. 喜びながらお金を引き寄せるワーク7:信念を変える

  4. 引き寄せの法則×お金をもつことの秘訣⑰:宝くじ的な富がなぜ本質的に上手くいかないのか?

  5. 引き寄せの法則:自分自身に成功を許す⑰ 最高の物事が起こることを期待する

  6. 自分の可能性を日々広げる方法

  7. 引き寄せの法則×お金をもつことの秘訣➃:お金を引き寄せるお金の支払い方

  8. 引き寄せの法則×ライフワークを創造する➂ 自分のライフワークに関する技術を見つける方法

  9. 引き寄せの法則:自分らしく豊かになる方法

PAGE TOP