引き寄せの法則体験談:ライフワークで豊かになった人達 (随時更新中)

引き寄せの法則体験談1:

ある人のライフワークは、人々を励まして奮い立たせ、その人の中の一番良いものを引き出すことでした。

彼は、ウェイター、ホテルのアシスタント、事務員、倉庫の管理係として働いていたとき、いつも人々を励まし、その人たちが自分たちの力を発見するのを助けました。

後に、彼は作家としての仕事を始め、人々が自己の可能性を思い切り表現し、楽しい人生を送れるように励ます感動的な本を書いたのです。

いったん彼の本が出版されると、彼は人気のある講演者となり、国中をまわって感動的なこうえんをするようになりました。

彼が成長するにつれて、彼の仕事の形態は変わり、進化しましたが、彼は自分のあらゆる仕事のなかに、人々を感動させるという彼の最高の技術を取り入れました。

引き寄せの法則体験談2:

ある女性は犬を愛していました。

そして、彼女の犬を扱う技術のおかげで、彼女の家は友人たちがいない間、その友人たちの犬のお気に入りの宿泊所となりました。

彼女は犬とかかわる自分の才能を使うことは、他のどの才能を使うことよりも楽しいことに気づいたので、犬の手入れをし、犬を宿泊させるビジネスを始めました。

また彼女は、自分のもう一つの才能は、人々が自分のペットとよりよく関係できるように助けることであることに気づき、多くの機会を見つけてその才能を活用するようにしました。

彼女は自分の仕事をとても愛して、自分のより高い才能を使ったので、人々とペットの生活に多くの光をもたらし、またお金も十分に稼ぐことができたのです。

引き寄せの法則体験談3:

ある男性は小売店を開きたいと思っていましたが、以前に店舗を経営した経験が全くありませんでした。

彼は、自分が何を売ることに興味があるかということよりも、どんな店が流行っているのかを見て、開く店の種類を選びました。

結果的に、アイスクリーム店を開くことを決めたのですが、自分ではアイスクリームについて経験も関心もほとんどありませんでした。

彼にとってその仕事はやるのは楽しいことではなかったので、集客などの仕事にもあまり力が入らず、お客をあまり引きつけることが出来ませんでした。

彼は自分にムチを打って長時間働いたにもかかわらず、そのお店はほとんどつぶそうになってしまいました。

ついに彼は、自分の仕事をどうやってかいぜんしたらよいかについて内なる導きを求めることを決意し、自分の本心や直観からくるメッセージに耳を傾けるようになりました。

そして、自分が関心のある製品を売ることが必要であることをメッセージとして受け取った気がしました。

それから、彼は自分の人生をふりかえり、自分が何に関心があり、親しんでいるのかを観察してみました。

彼は自分が走ることが好きで、スポーツにいつも惹かれてきたことに気づきました。

彼は、自分がランニングのシューズやそのほかの必需品を見つけるのにどれだけ苦労し、自分が欲しいものを見つけるのに多くの店にいかなければならなかったことを思い出したのです。

彼はランニングシューズとランニングに関連する商品を専門とするお店を開きたいと思い、アイスクリームのお店を売って、別の店を開きました。

彼は、ジョギングブームが世の中に起こっていることをあまり知らなかったのですが、その波にも乗れて、彼の店は繁栄し、彼も自分の仕事を喜んで続けることが可能となりました。

引き寄せの法則体験談4:

ある男性が、自分がどんな理想的仕事を夢見ているかを良く調べてみようと決心しました。

彼は自分の仕事から望むことをすべて書き出しました。

彼はニュースを聞いたり、読んだりすることがとても好きだったので、自分の理想的な仕事は、家にいてテレビを見たり、ニュース雑誌を読んだりすることを許してくれるものであると判断したのです。

彼はまた根っからのギャンブラーで、お金をかけて様々なゲームをすることを愛していたので、自分の理想的な仕事は危険の要素とそれに対する賞金があるだろうとも判断しました。

彼はまた、自分の大学の専門でもある統計を愛していました。

彼は一人で働き、大金を稼ぐ可能性をもち、一日の一部分だけ働きたいとも思っていました。

彼は早起きをして、午後は自由にテニスやその他のスポーツをすることがとても好きでした。

彼は人を雇うことも、誰か他の人のために働くこともしたくありませんでした。

彼は、自分のすべての望みに叶う仕事を見つけることは不可能だろうと信じていたのですが、とにかくそれらを書き出して、自分のハイヤーセルフに自分のすべての望みを満たす仕事を探させることを決心したのです。

少したったあとで、彼は株と他の商品を取り扱っている友人が出来ました。

彼は、その友人のライフスタイルにすぐに魅了され、自分の暇な時間すべて使って、市場の研究を始めました。

昔から好きだった統計の技術を駆使し、商品価格の図表をワクワクしながらつくりました。

壁一面にグラフを張り、それに価格の変動の可能性を記入しました。

彼は円や波型の統計を追うことで、商品価格を計算し予測する理論を研究しました。

また、テレビを見てニュース雑誌を読むことは、自分の研究の重要な一部であることにも気づいたのです。

彼は自分の図表とグラフにのとづいて、商品市場に何が起こるかを非常に正確に予測することが出来るようになり、お金を稼げるようになり始めました。

彼と取引している人が、自分の他の顧客に伝えるアドバイスを彼に求め始め、ついにその取引をしている人は、彼にほかの何人かの自分の顧客と取引する気があるかと尋ねられました。

そして、彼はその人を経由して人を紹介してもらい、さらに多くの仕事をすることになりました。

収入が安定してき始めたことで、今までやっていた仕事を辞めて、専門で取引の仕事をすることができるようになりました。

彼は、自分が培ってきた統計の技術もその仕事では大いに活用することができ、その仕事の危険の要素と高い報酬をとても気に入っていました。

こうして彼は自分の理想として描いていた仕事に自然に移行することができたのです。

引き寄せの法則体験談5:

ある女性はクッキーを焼くことがとても好きだったのですが、今では繁盛している大きなクッキーのチェーン店をもっています。

また、パーティーを開くのがとても好きだったある女性は、会社の忙しい重役たちのためにパーティーを計画するビジネスを始めました。

また、ある男性は自分の仕事場で物を作ることが好きで、ユニークな家具を作るビジネスを始め、とても成功しました。

引き寄せの法則体験談6:

最近大学を卒業したある男性は、親から働くことを強要されていたので、ある会社に勤めることにしました。

彼は自分のライフワークを見つけたいとおもっていましたが、それが会社で働くことではないとわかっていました。

彼は、自分がどこに自分の時間とエネルギーを使っているのかを調べ始め、仕事のあと、フィットネスクラブへ通うことが待ちきれないということに気づいたのです。

彼は運動生理学者になって、体に問題のある人々のための治療として、また人々が健康になるのを助けるために、運動を考案しようと決心したのです。

彼は学校に登録し、自分の仕事をパートタイムに変えました。

彼はまだ学校に通っていますが、以前より自分が生き生きしていると感じています。

そして、自分のパートタイムの仕事さえ楽しめるようになったのです。

なぜなら、それが自分の学費を払ってくれていることを知っているからです。

この男性の例のように、自分の興味にしたがうことは重要です。

自分がワクワクすることが自分をライフワークへと導きます。

引き寄せの法則体験談7:

ある女性は美しいタオルやお風呂に関する変わった小物が好きでした。

彼女は変わった製品をあちこちで買い、さらに海外にまでそれらを注文するほど好きでした。

ある日、自分にも店が開けるのではないかと思いつきました。

というのは、経験から自分が見つけたほど多くの美しく変わった製品を売っているお店がないことを知っていたからでした。

彼女は小さな繁盛する小売店を開き、さらにあとで自分と同じように、見つけにくくて変わった製品を求める人たちのために、通販のビジネスもはじめました。

こういう例からもわかるように、あなたは自分の好きな活動を成功するビジネスに変えることができますし、実際そうした人々が多くいるのです。

引き寄せの法則体験談8:

ある男性は他人のために働くことは簡単であるのに、自分のために何かして時間を使うことはむずかしいことに気づきました。

彼は自分が何をやりたいかについて、多くの良いアイデアをもっていましたが、自分がやりたいことは時間をかけるに値しないのではないかという疑いに悩んでいました。

彼にとって、週末と夜のすべてを他の人たちを助けることに費やすことは簡単だったのですが、自分の夢を実行するために時間を使うことはむずかしかったのです。

彼はまず自分のアイデアの価値を認めようと決心しました。

そして、ささやかなやり方で自分をもっと主張し、自分のためにもっと多くの時間をとり始めたのです。

彼は教えることをいつも愛し、また自然の中にいることが好きで、いつも散歩をしたり、花や木の本を読んでいました。

散歩しているとき、彼は植物の名前を言い当てることを楽しみ、野外にいることがとても好きでした。

彼が自分の町の公園へ出かけると、そこでは近くの自然公園のなかを案内するツアーを提供していることを知りました。

彼はまず、週末にそのツアーにボランティアで参加し、人々を自然の中で案内することを始めました。

そして、そのようにして少しずつ自分の好きなことを生活に取り入れ始めたところ、自分がヒマな時間すべてを子供と大人のグループ療法に自然について教えながら、案内するようになっていました。

まもなく彼は、ある地域のバックパックを使った旅をする案内をして、お金をもらうようになり、週末のガイドとしてひっぱりだこになりました。

彼は自分の好きなことをして、お金を受け取ってもいいと理解し始めました。

彼が自分の自然に対する知識と、自然の世界に対する自分の愛に価値を認め始めるにつれて、まわりの人々もそうしたのです。

彼はお金を稼ぐ多くの機会を見つけ、自分の好きなことをしながら、生活するようになりました。

彼は子供キャンプの企画を創造したり、運営したりする専任の仕事を提供され、ついにはそこの代表者となりました。

別の例で、ある女性は心の幸福を促進する色の使い方について広く研究し、取り組んでいました。

彼女は自分の家を調和のある落ち着いた色に塗り替え、自分の心の幸福をもたらす色のまわりに洋服入れをつくりました。

彼女は、家や洋服に対する色の使い方について、友人たちがたえず自分にアドバイスを求めていることに気づきましたが、彼らの質問は多くの時間をとることも分かりました。

まず彼女はささやかなやり方で自分を敬い、自分の時間が貴重で、自分の知識は役に立つことを理解し始めたのです。

最初彼女はそのことに臆病でしたが、アドバイスを求める友人たちに時間を予約するように勇気をもって提案しました。

一時間あたり安い金額で、彼女は彼らが達成したいことを調べ、彼らがそうできる方法を見つける手伝いをしながら、彼らに対してアドバイスをしたのです。

最初友人たちはお金を要求されたことに驚きましたが、彼女がもっと彼らに関心を払ったので、お金を払うほうがたすけになることにまもなく気づきました。

彼女はますます自分の才能を尊重し始めたので、もっと技術と知識を獲得し、それにそって訓練し、ついにそれを専門の仕事にすることが出来るようになりました。

会社が、事務所やホテルの計画について彼女のアドバイスを求め始め、彼女は専門のカラーコンサルタントになったのです。

引き寄せの法則体験談9:

ある夫婦がレストランを開店する準備をしていました。

彼らは現実のすべての法則を実践し、自分たちのライフワークの象徴にエネルギーを与え、自分たちの内なるメッセージにしたがい、一歩一歩階段を踏み、自分たちの方向はレストランを開くことだと確信したのです。

(これらの自分らしく豊かさを顕現する法則はコースの中で学び、使いこなせるようにマスターします。)

彼らはお客を引きつける作業を行い、そして完全な場所を視覚化し、自分たちの豊かさと繁栄に対するあらゆる内なる障害を取り除くのに適切なワークや練習を行いました。

彼らの友人たちはすべて、不可能ではないにしてもレストランをやって成功することはむずかしいだろう、と言ったのです。

彼らは、レストランはめったに儲からないし、失敗する可能性が大きいし、やっていくのに長時間懸命に働くことが必要だ、と言われました。

しかし彼らは、友人たちが自分たち自身の疑いを映し出しているということに気づいたので、友人たちの意見を自分たちが手放す必要のあるあらゆる恐怖や疑いについての反映として活用したのです。

彼らは自分たちの内なるメッセージを確認し続け、それは自分たちの道としてレストランを示し続けました。

彼らは小さいレストランを開くことを決め、よい場所を見つけました。

しかし、彼らがそのビルを所有していることを視覚化し、それが自分たちのものであることを肯定したあとになって、買う交渉をしている最中にその取引がだめになったのです。

彼らは、友人たちが正しかったのか、また宇宙が彼らを止めようとしているのかどうかと考えました。

しかし、彼らの内なるメッセージは、続けることを指摘し続けたので、別の場所を探し、そして見つけたのです。

その場所は完全な場所であることがわかり、自分ちは、およそ適切とは言いがたいもう一つの場所を買うことから守られたことを、彼らは理解しました。

そのあと次から次へとよい出来事が起こったのです。

予期していなかったのに、店のためになる宣伝をたびたびしてもらったのですが、それは、彼らの店がその地域でその種の最初のレストランだったからです。

そのレストランは最初の三カ月以内にとても繁栄したの、彼らはもっと多くの人を雇い、自分たちの働く時間を減らすことができました。

彼らは期待したより多くのお金を稼ぎ、また多くの貴重なビジネスの経験を得ました。

彼女の方は子供を生み、子供と家にいるために休みをとることができ、それは彼女がいつも夢見ていたことでした。

スピリチュアルな法則をフル活用することによって、自分たちにとって最も素晴らしい世界をスムーズに創造したのです。

引き寄せの法則体験談:10

大会社で働いているある女性は、最初は自分の仕事を楽しんでいましたが、最近仕事量に圧倒されるように感じ始め、それを嫌いになり始めました。

彼女はやめることを考えて、自分の上司に仕事の不満を打ち明けたところ、その上司は賢明な人だったので、彼女の仕事にともなうあらゆる仕事のリストをつくり、その中の何が好きで何が嫌いかをみるように彼女に求めました。

自分が何をすることに時間を費やしているかを調べてみると、彼女は、自分が楽しんでいるより大きくより意義のある仕事ではなく、小さな仕事をすることに自分の大部分の時間を費やしていることに気づきました。

彼女は他の人たちに迷惑をかけたくなかったので、仕事を他の人に任せたり、助けを求めることをしなかったのです。

彼女は、自分に仕事をあまりに与え過ぎていることで、他の人たちを非難していましたが、必要なことは、自分が他人から大切にされる前に自分を大切にすることを、学ぶことであると分かりました。

彼女は自分の仕事と関連しているどの仕事が好きで、どの仕事が好きでないかを見た結果、自分が好きでないものは自分のより高い技術を使わないものであり、それらはそういう仕事にやりがいを感じて、楽しむことができる人たちに任せることができることに気づきました。

彼女が自分で何でもやろうとすることはやめて、代わりに自分のより高い技術を使うことに専念するようになるにつれて、彼女は多くの創造的で革新的なアイデアを生み出したので、会社にとってより貴重な人材となったのです。

彼女は再び自分の仕事を愛し始めました。

彼女が自分自身を大切にするにつれて、自分が仕事によって大切にされていることに気づきました。

自分のなかに変化を起こすことによって、彼女はその仕事を自分に喜びをもたらすものに変えたのです。

引き寄せの法則体験談11:

ある女性が仕事を探していて、自分が望んでいること、すなわち時間、仕事の種類、環境、自分がいっしょに仕事をしたい人々についてとても明確だったのですが、自分が新しい仕事を得るために一生懸命努力しないことで、罪悪感を感じ続けていました。

しかし、内なる声は外に出かけてそれに取り組んだりしないように、と自分に言っているように思えたのです。

彼女は自分の仕事に少し予定よりも長くいて、自分の態度を変え始めることにしました。

彼女はたとえ以前に自分の仕事が単調で退屈だとわかったにしても、もし自分が同じ場所で働き続けるつもりならば、明るく振る舞い、自分のやっていることを愛そうと決心しました。

彼女が喜びに焦点を合わせるにつれて、ますます多くの人々を引き寄せるようになり、よいことがじぶんの人生の他の領域で起こり始めました。

彼女は自分の仕事に会いを注いでいましたが、常に自分が望む新しい仕事のビジョンはもち続けていました。

そんなある日、長い間会っていなかった古い友人に一緒にお昼を食べないかと誘われました。

彼女はその日の午後にやるべきことがたくさんあったにもかかわらず、彼女の内なる声はその友人と会った方が良いと告げているように感じました。

結局その友人は、彼自身のビジネスをしていて、彼が最近やった仕事のお客が、ある地位の空きをうめてくれる人を探していたのです。

その仕事はまさに彼女が探していたものにピッタリでした。

彼女は彼のお客に会い、そしてその仕事に雇われたのです。

引き寄せの法則体験談12:

ある女性は医者になりたいと思っていましたが、必要な教育を何年もかけて得ることは、彼女には楽しそうに思えませんでした。

彼女は自分の望むことの本質を調べてみると、それは人々を癒すことでした。

彼女はこれに対する象徴を創造し、それにエネルギーを与え始めました。

それから、内なるメッセージにしたがうと、自分がボディーワークに惹かれていることに気づきました。

彼女はクラスを受講し始め、それがとても楽しかったので、見つけられる限り様々な分野のすべてのクラスを受講しました。

彼女は最高の先生の何人かのもとで勉強し、数年後自分でもボディーワークを行うようになりました。

そして、彼女の仕事は成功し、成長したのです。

彼女は人々に働きかけ、彼らが自分自身を癒すことを助け、彼女は自分の仕事に大きな喜びを見いだすことができました。

引き寄せの法則体験談13:

高校を途中でやめて、それから数年間倉庫係として働いていたある男性が、学校に戻って大学で工学の勉強をすることを決心しました。

彼は自分がどうやってその学費を払うのか、また高校を卒業していなくても受け入れてもらえるのかどうかを知らなかったのですが、まずそうできると信じ始めました。

彼は自分が学校に行くことを視覚化し、その象徴を作り、それにエネルギーを与えました。

彼は大学を選び、6カ月先の秋の学期に登録しようと決心したのです。

彼はクラスのスケジュール表のカタログを取り寄せ、自分のコースの計画を立て始めました。

彼は学校の職業カウンセリングサービスを利用することを決め、カウンセラーと友人になりました。

そのカウンセラーは彼が奨学金を調べるのを助けてくれ、彼はその学校には、高校を終えていない人たちに財政的援助を与えるプログラムがあることを知りました。

この特別な奨学金の資格を得るには、数年の労働経験が必要でしたが、彼はそれを満たしていました。

このプログラムには、彼が高校過程を終えるために必要なコースさえ含まれていたのです。

彼は自分がイメージしたとおり、仕事をやめることができ、秋には世紀に学校へ通うことができたのです。

実際彼は工学で学位を取り、卒業したときには非常にいい仕事を得ることができました。

引き寄せの法則体験談14:

たとえば、ある女性は歌手になりたいと思っていました。

彼女は歌手になるには、何百万円もする高価な機材と、自分が有名になる間暮らしていけるだけの多額の貯金が必要だと考えていました。

長い間、彼女は自分が好きでない仕事をして働き、いつか歌手の仕事をするために十分なお金をためたいと思っていたのです。

ある日彼女は、自分がますます自分の夢から遠ざかっていて、もし今始めないと自分は決して歌手にはなれないことに気づきました。

そこで彼女は夜、歌のレッスンを受け始め、彼女がやりたいことですでに成功している人々と付き合い始めました。

一年後彼女と親しかったバンドの一つで、その歌手の一人がやめ、彼らは彼女にその女性の代わりをしないかと誘ってくれたのです。

彼女は機材のお金も何も必要なく、仕事をやめて本業の仕事として歌っていけるだけの十分なお金を稼ぎました。

この女性にあるように、自分のビジネスを始めたり、また学校へ戻ったり、自分の仕事に乗り出したりするためには多額のお金が必要だという考えによって、決して自分を押し止めてはいけません。

まるで自分には必要なお金がすべてあるかのように、今すぐにできることをやり始めてください。

引き寄せの法則体験談15:

あるセールスマンがいて、その売り上げが落ちたとき、その理由が彼には理解できませんでした。

彼はまだ自分がやっていることを愛し、自分が打っている商品を信じ、自分のより高い目的を成し遂げているところだと感じていました。

ある日、友人と話しているときに、自分がもはや奉仕し、人々に与えることに専念せず、ただ人々が自分に何を与えることができるかとう観点から、人々のことを考え始めていたことに気づきました。

彼は、人々を自分が奉仕する人たちと見るのではなく、代わりに自分のポケットにお金をもたらす数としてみていたのです。

彼はあまりにお金を儲けることに専念していたので、自分が人々に奉仕するという仕事をしていることを忘れてしまいました。

彼はやり方を変え、売ることができてもできなくても、一人ひとりの人に自分がどのようにして最善を尽くして奉仕できるかに関心を払いました。

そして、自分のお客や彼らが必要としていることを知り、心から彼らを助けるために努力することに時間を費やしました。

彼は惜しみなく自分の愛、時間、エネルギーを与え、その結果彼の売り上げは劇的に伸びたのです。

引き寄せの法則体験談16:

競争よりも、協力のほうがずっと多くのものをもたらした例。

ある会社に働いていた男性が、短期間に副社長になりたいと思っていました。

彼は、あらゆる人に自分の野心を話してまわり、たびたび自分の仕事を称賛しました。

彼は自分の仕事がよく見えるように、他の社員の仕事を過小評価し、他人がやった仕事を自分の手柄にしようとしました。

それとは逆に、同じ会社にいたもう一人の男性は、ただ自分ができる最高の仕事をしたいと思っていました。

彼はたえず仲間の社員のことを考え、余分な仕事をし、できるときにはいつも上司を助け、自分が雇われている仕事を関心と愛をもって行いました。

最初の男性は、昇進しなかったので、「自分をただみとめることができない」会社に多くのうらみを残し、怒ってやめていきました。

結局、二番目の男性が副社長になったのです。

引き寄せの法則体験談17:

ある店長が自分の店に入って来るあらゆる人のために愛を送り、成功を思い描くことで、自分の売り上げを劇的に伸ばしました。

人々は何かに引き寄せられるように、彼の店にやってくるようになったのです。

人が送り出す肯定的イメージと愛は、何倍にもなってあなたのところへ戻って来た良い例です。

以下、随時更新中

※参照、光の存在オリンとダベンのチャネリング情報『クリエイティング・マネー』サネヤ・ロウマン&デュエン・パッカー著

=======================

祝!1428人突破!記事よりも実践的で人気のメルマガ講座はコチラ

=======================