名前のパワーについて

FS196

 

名前のパワーについての情報をお伝えいたします。

・あらゆる音には波動があります。

それは自分の体や周りの環境を活性化します。

 

・生まれる前に自分が地球でやりたいことを決めた後、その生き方を正しく表現するための名前が選ばれます。

そして、テレパシーで両親にその名前が伝えられ、人は自分の使命にふさわしい名前を自分に付けます。

 

・自分が人生を通して学びたいことや表現したいことの一部しか対処できない場合は、特に子供時代などはあだ名や名前の短縮形を使います。

多くの場合は、大人になると、自分のフルネームを使うことによって、魂のすべての使命を担うようになります。

 

・自分の姓も、様々な経験引き寄せる波動を出します。

(そのため、結婚などで名前が変わるたびに人生も変化します。)

 

・自分の名前が心に思い浮かべられたり、声に発せられたりする時、その発せられた名前の波動には、自分の今回の人生のレッスン、使命、運命のエッセンスが内包されています。

自分の名前が呼ばれるたび、その音は、自分の魂が選択した経験の数々を引き寄せます。

そのため、愛を込めて誰かの名前を呼ぶことはとても大切です。

もし名前が不機嫌に呼ばれるなら、人は理由もなく怯えてしまうでしょう。

なぜなら、自分の運命が困難であるという感覚を与えるからです。

そのため、子供の名前を愛を込めて呼ぶことはとても大切なことです。

 

・友達や大切な人に頼んで、愛を込めてあなたの名前を歌ってもらうことは最大のヒーリングと開放感を得るエクササイズです。
<名前の文字が表す音の意味>

 

・声に出さずに心の中で話される母音や子音も、その度合いは少ないですが、人々や状況を引き寄せます。

 

・名前がもたらすレッスンがどんなものかを理解するために、自分の名前を音声学的に正しく発音してください。

 

音/魂の性質の表現/魂のレッスン

 

a/純粋性/純粋さを保つこと
aye/魂の純粋性/すべての低い思考と感情を変容させること
ah/ハートが開いた状態/他者の思いに対してハートを開くこと
b/実用性/しっかりしていて、地に足が着いていること
c/バイタリティー/健康に留意すること
d/寛大さ/与えること
e/人間関係における正直さ/人間関係を通して学ぶこと
ee/人間関係における愛/人間関係を開花させること
f/叡智を伴うパワー/パワーを正しく行使すること
g/サポート/肉体面、メンタル面、感情面、霊性の面において自分自身と他者をサポートすること
h/育むこと/自分自身と他者を保護し、育むこと
i/自己認識/自分自身を理解すること
iye/霊性/物質を超えた世界を探求すること
j/支配者的精神/自分の権威を表すこと
k/賢明な指導/叡智を持って知識を教えること
l/精神力/強い精神を持つこと
m/叡智/高い視野から状況を見ること
n/中心性(心の中心にいること)/生命の流れとともにいること、そして、バランスが取れている状態
o/統合性/統合性を持って行動すること
oh/真実/自分に誠実であること、自分の本質から外れないこと
oo/神との繋がり/いつも神と繋がっている事
p/誠実性、能力/有能であること
q/オープンさ/オープンで、正直でいること
r/正直なコミュニケーション/自分の真実を伝えること
s/信頼性/信頼される存在であること
t/満足/満足していること
ewe/個としての統合性/自分のハートを守りながら、統合性を維持すること
uh/脆弱性(もろさ)/自分の壊れやすいハートを見守ること
v/真実のパワー/注意深く自分の力を行使すること
w/思いやり、オープンなところ/オープンなこころを輝かせること
x/賢い教師/神聖な知識を教えること
y/軽快さ、純粋性/天使の性質を表すこと
z/叡智/あなたの内なる知識を維持すること
ch/保護/自分自身と他者を守り、尊重すること
sh/内なる美しさ/あなたの内なる美しさを表現すること
th/目的に対する粘り強さ/大切なものを決して手放さないこと

 

以上となります。

 

たりないアルファベットは気にせず、当てはまるものをつなげて、自分なりの意味を感じてみてください。

 

※書籍『アセンションの新しき光』 ダイアナ・クーパー著 より抜粋させていただきました。

素晴らしい書籍ですのでご一読オススメいたします。

=====================

自分の本質・故郷の惑星(ホーム)とつながるエネルギーワーク

===================== =====================

今の仕事から、だんだんと本当に自分らしい仕事・ライトワークにシフトするための実践型メルマガ講座はコチラ

=====================

関連記事

  1. pak76_aoihikarito320150218182522_tp_v

    素敵な強制

  2. gftdrsedrftgy_TP_V (2)

    ライトワーカーとは?ライトワーカーの特徴と能力の活かし方

  3. KAZ93_enkeiskytree_TP_V

    グラウンディングの方法|グラウンディングの重要性について

  4. l201212242000

    スターピープルとは?スターピープル・ウォークインの特徴と能力の活かし方

  5. pak85_awaihikari20141015185148_tp_v

    ライトワークについての記事まとめ

  6. DSCF4255-Edit2-Edit_TP_V

    エネルギーワーク講座:オーラを浄化し保護するエネルギーワーク

  7. fdrsedrftgyuhij_tp_v-1

    アセンデッドマスターのリスト

  8. TSU92_syukuhuku_TP_V

    本当の自分の役割と才能を知るテスト

  9. HIRO92_tukinomieruoka

    あなた人生の波動チェックテスト

本当の自分を知るテスト

  1. fdrsedrftgyuhij_tp_v-1
  2. In October of 2013 Hubble kicked off the Frontier Fields programme, a three-year series of observations aiming to produce the deepest ever views of the Universe. The project’s targets comprise six massive galaxy clusters, enormous collections of hundreds or even thousands of galaxies. These structures are the largest gravitationally-bound objects in the cosmos. One of the Frontier Fields targets is shown in this new image: MACS J0717.5+3745, or MACS J0717 for short. MACS J0717 is located about 5.4 billion light-years away from Earth, in the constellation of Auriga (The Charioteer). It is one of the most complex galaxy clusters known; rather than being a single cluster, it is actually the result of four galaxy clusters colliding. This image is a combination of observations from the NASA/ESA Hubble Space Telescope (showing the galaxies and stars), the NASA Chandra X-ray Observatory (diffuse emission in blue), and the NRAO Jansky Very Large Array (diffuse emission in pink). The Hubble data were collected as part of the Frontier Fields programme mentioned above. Together, the three datasets produce a unique new view of MACS J0717. The Hubble data reveal galaxies both within the cluster and far behind it, and the Chandra observations show bright pockets of scorching gas — heated to millions of degrees. The data collected by the Jansky Very Large Array trace the radio emission within the cluster, enormous shock waves — similar to sonic booms — that were triggered by the violent merger. For more information on Frontier Fields, see Hubblecast 90: The final frontier. Links  Hubblecast 90: The final frontier Link to Hubblesite release
  3. elly95_hanatotegami_tp_v-1
  4. oht97_nagareruhosi_tp_v
  5. 160512-8_tp_v
  6. FS196
  7. FS140
  8. FS151
  9. TSU852_icyounoochibadeakiwoshiru_TP_V
  10. PAK85_jinseimagarimichi20140102_TP_V
PAGE TOP