新時代のチャクラの色について

FS177

肉体の7つの主要なチャクラが浄化されてバランスがとれはじめると、ライトボディーと神聖な自覚の再建のプロセスが始まります。

第8のチャクラは「ソウルスター」(魂の星)や「高次元意識への架け橋」「悟りに至る虹の橋」とも呼ばれています。

キリスト意識、あるいはキリストの光の脈動が第8チャクラを通って7つのチャクラシステムに伝わり、4つの低次元の身体(精神体、感情体、エーテル体、肉体)全体に波及効果をもたらします。

(ここでいうキリストは創造主の純粋な本質を意味しています。)

それによって、途方もなく長い間にわたってもってきた停滞した思考形態やネガティブなエネルギーを開放するプロセスが加速されます。

チャクラシステムのバランスと調和と強化を達成すればするほど、より多くの神聖な光の物質を吸収することができるようになります。

肉体の7つの主要なチャクラにキリストの光が注入された後、色が以下のように精妙化され新しくなります。

ルートチャクラ:赤が紫に変わる

仙骨のチャクラ:オレンジがかすかにピンクを帯びる

太陽神経叢のチャクラ:黄色が黄金色になる

ハートチャクラ:緑が薄いピンク/紫色になる

喉のチャクラ:青が深い青紫色になる

第三の目のチャクラ:インディゴ(藍)が玉虫色のホワイトゴールドになる

クラウンチャクラ:紫がかった白になる

ソウルスターチャクラ:魂の融合-玉虫色の白

(※『運命の脚本を書く』 ロナ・ハーマン 著を参照にさせていただきました。)

以上となります。

特にこれから新しく生まれてくる子供たちは上記のような色である可能性があります。

高次の光や光線に関しては以下の関連記事をご参照ください。

=====================

自分の本質・故郷の惑星(ホーム)とつながるエネルギーワーク

===================== =====================

今の仕事から、だんだんと本当に自分らしい仕事・ライトワークにシフトするための実践型メルマガ講座はコチラ

=====================

関連記事

  1. FS179

    ゴールの本質を感じ、考えずにそこへ向かうことの重要性

  2. 人生の目的は何?まず目指したほうが良いものは?

  3. FS177

    波動の段階

  4. FS043

    十二光線とは?

  5. ヒーリングテクニック集

  6. FS078

    「地球上でもっとも重要な行為」と「自分に手を差し伸べる方法」

  7. 引き寄せの法則:肉体の理想・最高の健康を引き寄せる

  8. FS158

    十二光線の活用方法

  9. c02d525e99f637a5e5a0c8cb9b9b6efa_s

    ハイヤーセルフと繋がるセッション

本当の自分を知るテスト

  1. fdrsedrftgyuhij_tp_v-1
  2. In October of 2013 Hubble kicked off the Frontier Fields programme, a three-year series of observations aiming to produce the deepest ever views of the Universe. The project’s targets comprise six massive galaxy clusters, enormous collections of hundreds or even thousands of galaxies. These structures are the largest gravitationally-bound objects in the cosmos. One of the Frontier Fields targets is shown in this new image: MACS J0717.5+3745, or MACS J0717 for short. MACS J0717 is located about 5.4 billion light-years away from Earth, in the constellation of Auriga (The Charioteer). It is one of the most complex galaxy clusters known; rather than being a single cluster, it is actually the result of four galaxy clusters colliding. This image is a combination of observations from the NASA/ESA Hubble Space Telescope (showing the galaxies and stars), the NASA Chandra X-ray Observatory (diffuse emission in blue), and the NRAO Jansky Very Large Array (diffuse emission in pink). The Hubble data were collected as part of the Frontier Fields programme mentioned above. Together, the three datasets produce a unique new view of MACS J0717. The Hubble data reveal galaxies both within the cluster and far behind it, and the Chandra observations show bright pockets of scorching gas — heated to millions of degrees. The data collected by the Jansky Very Large Array trace the radio emission within the cluster, enormous shock waves — similar to sonic booms — that were triggered by the violent merger. For more information on Frontier Fields, see Hubblecast 90: The final frontier. Links  Hubblecast 90: The final frontier Link to Hubblesite release
  3. elly95_hanatotegami_tp_v-1
  4. oht97_nagareruhosi_tp_v
  5. 160512-8_tp_v
  6. FS196
  7. FS140
  8. FS151
  9. TSU852_icyounoochibadeakiwoshiru_TP_V
  10. PAK85_jinseimagarimichi20140102_TP_V
PAGE TOP