引き寄せの法則:肉体の理想・最高の健康を引き寄せる

今回の引き寄せの法則シリーズのテーマは「自分の肉の理想・最高レベルの健康を引き寄せる」です。

まず自分の肉体レベルでの理想(健康)を引き寄せるために大切なのは、自分の身体を最大限に愛するようにしているかどうかです。

そして、次に、今自分が一番良いと感じるものを食べているかどうかということです。

これは、あるダイエット本や健康本が食べたほうが良いといっているものではなく、あくまで自分が一番良いと感じるものを食べているかどうかという意味です。

実は食べ物も私たちの身体と同様に思考形式の一つです。つまり、思考のシンボルが物質化したものの一つが食べ物です。

私たちはどんな食べ物でも自分の身体のためになる振動数に(自分の思考、愛、光、意図で)変えることができます。

それは、コーヒーやチョコレート、甘いお菓子でも何でもです。

ただ、この自分の身体のためになる振動数に変える能力が完全に開花するまでは身体はある種の食べ物(自然の光をいっぱいに吸い込んだ有機栽培の果実や生野菜など)を欲しがる傾向があります。

どのような段階にあるにしても、自分が(自分の身体が)良いと感じるものを食べることが大切です。

実際、本質的には肉にしてもそうですが、食べ物に良し悪しはありません。

あなたの本質と身体の欲求に耳を傾けて、その声に従いましょう。

また今日では、身体を活性化して状態を引き上げてくれる数多くの素晴らしい物質も、新たに手に入れられるようになっています。(素晴らしいサプリメントなど)

食べ物の次は、身体が求め、喜ぶような運動をすることも肉体の理想を引き寄せる上では大切です。

そして、暖かい日など肉体に光を与えることも大切です。

他には、愛情のこもったふれあいやハグ、そして快楽を与えることも大切です。

もし自分のハートが性的充足を求めていたら、それを与えることも重要です。

セックスについては、スピリチュアルな師の多くが肉体を弱らせ、老化させたり、精神的に悪い影響があるなど今まで言ってきました。(特に男性に対して)

ある面ではそれは事実の部分もあるのですが、実は、セックスに関してはさらに高次の真実があります。

それは、セックスが愛の神聖な行為として存在のすべてをかけて営まれるとき、それに等しいエネルギーがやりとりされ、チャクラを通って頭頂部まで性的エネルギーが上昇します。

そうなることによって、存在全体にエクスタシーがもたらされ、強力な悟りの手段となります。つまり、愛をもって行う場合、それは自分や人生に素晴らしい影響を与えるということです。

上記に合わせて、呼吸も肉体レベルの理想を引き寄せる上で大切になってきます。

あなたはどのように呼吸をしているでしょうか?深く、自由にしているでしょうか?空気中の生命力に自分を育て、維持してもらっているでしょうか?

感覚が鋭くなってくると、空気のなかになる活力を感じることができるようになり、それを吸い込むだけで自分の身体が若返るのを感じることがあります。

空気から欲しいものを招き入れて、受け取ることは非常に良いことです。そのように考えれば、そうなるので、実践してみることをオススメいたします。

肉体的なレベルで理想を引き寄せるには、物質的なすべてのものを祝福し、受け入れることが重要です。

実際、「純粋な物質的なもの」というものはないです。

物質界は、思考と感覚のあらわれであり、自分の霊的な部分(スピリット)と心からのあらわれです。

自分の自分の思考、愛、光、意図をもって食べ物や空気などを祝福して、活用してみましょう。

その効果に驚くはずです。

自分自身が悪い信じない確り、悪いものはこの世界には存在しません。逆を言えば、自分が良いと思えば、良いものが世界に存在するともいえます。

あらゆるものをあなたの豊かさに貢献するための機会としてください。

(こちらの記事は『アセンションするDNA~光の12存在からのメッセージ~』ヴァージニア・エッセン編集を参考にさせていただきました。)

=====================

自分の本質・故郷の惑星(ホーム)とつながるエネルギーワーク

===================== =====================

今の仕事から、だんだんと本当に自分らしい仕事・ライトワークにシフトするための実践型メルマガ講座はコチラ

=====================

関連記事

  1. FS043

    十二光線とは?

  2. FS197

    様々な宇宙法則の紹介

  3. FS143

    健康×引き寄せの法則:体からのメッセージ

  4. FS179

    ゴールの本質を感じ、考えずにそこへ向かうことの重要性

  5. FS062

    「チャクラ融合」への祈り

  6. FS078

    「地球上でもっとも重要な行為」と「自分に手を差し伸べる方法」

  7. FS184

    今世でアセンションを達成するためのチェックリスト

  8. FS177

    時間の本質1

  9. c02d525e99f637a5e5a0c8cb9b9b6efa_s

    ハイヤーセルフと繋がるセッション

本当の自分を知るテスト

  1. fdrsedrftgyuhij_tp_v-1
  2. In October of 2013 Hubble kicked off the Frontier Fields programme, a three-year series of observations aiming to produce the deepest ever views of the Universe. The project’s targets comprise six massive galaxy clusters, enormous collections of hundreds or even thousands of galaxies. These structures are the largest gravitationally-bound objects in the cosmos. One of the Frontier Fields targets is shown in this new image: MACS J0717.5+3745, or MACS J0717 for short. MACS J0717 is located about 5.4 billion light-years away from Earth, in the constellation of Auriga (The Charioteer). It is one of the most complex galaxy clusters known; rather than being a single cluster, it is actually the result of four galaxy clusters colliding. This image is a combination of observations from the NASA/ESA Hubble Space Telescope (showing the galaxies and stars), the NASA Chandra X-ray Observatory (diffuse emission in blue), and the NRAO Jansky Very Large Array (diffuse emission in pink). The Hubble data were collected as part of the Frontier Fields programme mentioned above. Together, the three datasets produce a unique new view of MACS J0717. The Hubble data reveal galaxies both within the cluster and far behind it, and the Chandra observations show bright pockets of scorching gas — heated to millions of degrees. The data collected by the Jansky Very Large Array trace the radio emission within the cluster, enormous shock waves — similar to sonic booms — that were triggered by the violent merger. For more information on Frontier Fields, see Hubblecast 90: The final frontier. Links  Hubblecast 90: The final frontier Link to Hubblesite release
  3. elly95_hanatotegami_tp_v-1
  4. oht97_nagareruhosi_tp_v
  5. 160512-8_tp_v
  6. FS196
  7. FS140
  8. FS151
  9. TSU852_icyounoochibadeakiwoshiru_TP_V
  10. PAK85_jinseimagarimichi20140102_TP_V
PAGE TOP