十二光線の活用方法

FS158

十二光線は、それぞれが特定の資質を有しています。

十二好戦を使いこなせるようになるためには、まず別の記事「十二光線とは?」の内容をよく理解し、それぞれの光線の機能に慣れ親しむことが大切です。

それぞれの光線がどのような特質を有しているのかが自然に言えるくらいまで理解していることが理想的です。

そして、人生のあらゆる場面で必要な特質を識別し、それに対応する光線を活用することが大切です。

例えば、自分に意志と力が必要であれば、第一光線を呼び出します。

愛が必要であれば第二光線。

献身が必要であれば第六光線。

変容を促す必要があれば第七光線。

浄化が必要であれば第八光線。などなど。

活用方法は、自分が今必要としている光線を、心の中で、あるいは声に出して「今、私はここに、第〇光線を呼び起こします」と言うだけでよいです。

特定の光線を指定して呼び起こすためには、光線の番号を使っても、光線の色やそのエネルギーの質について言ってもよいです。

例えば「今、私はここに赤色の光線を呼び起こします。」あるいは、「今、私はここに意志と力の光線を呼び起こします。」などと言うことです。

今の自分がどのような精神状態や段階にあったとしても、呼び出したエネルギーと光線は直ちにあなたに注がれることになります。

私たちのすることは、ただ要請すればよいだけなのです。

もちろんこれらの光線は、自分のためだけでなく、世界に奉仕する仕事のために呼び起こすこともできます。

その場合注意点がいくつかあります。

まず人に対して光線を使う場合は、相手が必要としているかどうかを確認せずに、相手の許可を得ないままに光線を送ることは良くありません。

貧しい地域や争いが絶えない地域などにヒーリングを目的として光線を送ることもできますが、その場合、ヒーリングにそぐわない光線が二つだけあります。

それは第一光線と第四光線です。

まず第一光線は起爆性の高い光線で破壊的性質を帯びているため、誤用の可能性があります。

また、第四光線は、衝突あるいは対立を通して実現する調和の光線であるため、現在効果的に関わることが出来る人が少ないです。

この第四光線は感情が基盤となる光線であり、人格や否定的な自我によって導かれて使われると、闘争や混乱しか生み出さなくなる可能性が高いです。

ですので上記二つの光線の使用は、アセンションしたマスターにチャネリングなどを通じて指示を仰げる時だけ可能です。

以上のことさえ注意すれば、後は各自の自由意思に元図いて、直観や想像力を駆使しながら光線を活用することが出来ます。

高次の光線(第八~第十二光線)の使用は、個人的であっても、地球レベルの奉仕のためであっても、その絶大な効果に驚くと思います。

※上記の文章は『完全アセンションマニュアル 上』ジョシュア・D・ストーン博士 を参照しています。

大変素晴らしい本ですので、ご興味がある方はご一読をお勧めいたします。

=====================

自分の本質・故郷の惑星(ホーム)とつながるエネルギーワーク

===================== =====================

今の仕事から、だんだんと本当に自分らしい仕事・ライトワークにシフトするための実践型メルマガ講座はコチラ

=====================

関連記事

  1. FS062

    「チャクラ融合」への祈り

  2. FS197

    様々な宇宙法則の紹介

  3. FS179

    ゴールの本質を感じ、考えずにそこへ向かうことの重要性

  4. FS143

    健康×引き寄せの法則:体からのメッセージ

  5. FS177

    時間の本質1

  6. 160512-8_tp_v

    ハイヤーセルフとは?ハイヤーセルフと繋がるとどうなるのか?

  7. FS060

    波動を上げるカウンセリング

  8. FS043

    十二光線とは?

  9. FS078

    「地球上でもっとも重要な行為」と「自分に手を差し伸べる方法」

本当の自分を知るテスト

  1. fdrsedrftgyuhij_tp_v-1
  2. In October of 2013 Hubble kicked off the Frontier Fields programme, a three-year series of observations aiming to produce the deepest ever views of the Universe. The project’s targets comprise six massive galaxy clusters, enormous collections of hundreds or even thousands of galaxies. These structures are the largest gravitationally-bound objects in the cosmos. One of the Frontier Fields targets is shown in this new image: MACS J0717.5+3745, or MACS J0717 for short. MACS J0717 is located about 5.4 billion light-years away from Earth, in the constellation of Auriga (The Charioteer). It is one of the most complex galaxy clusters known; rather than being a single cluster, it is actually the result of four galaxy clusters colliding. This image is a combination of observations from the NASA/ESA Hubble Space Telescope (showing the galaxies and stars), the NASA Chandra X-ray Observatory (diffuse emission in blue), and the NRAO Jansky Very Large Array (diffuse emission in pink). The Hubble data were collected as part of the Frontier Fields programme mentioned above. Together, the three datasets produce a unique new view of MACS J0717. The Hubble data reveal galaxies both within the cluster and far behind it, and the Chandra observations show bright pockets of scorching gas — heated to millions of degrees. The data collected by the Jansky Very Large Array trace the radio emission within the cluster, enormous shock waves — similar to sonic booms — that were triggered by the violent merger. For more information on Frontier Fields, see Hubblecast 90: The final frontier. Links  Hubblecast 90: The final frontier Link to Hubblesite release
  3. elly95_hanatotegami_tp_v-1
  4. oht97_nagareruhosi_tp_v
  5. 160512-8_tp_v
  6. FS196
  7. FS140
  8. FS151
  9. TSU852_icyounoochibadeakiwoshiru_TP_V
  10. PAK85_jinseimagarimichi20140102_TP_V
PAGE TOP