十二光線とは?

FS043

私たちは今、太陽系の七つの光線に加えて五つの高次の銀河光線にアクセスすることができます。

それでは各光線の詳細を見ていきます。

=======================

第一光線  神聖な意思と力/意思/目的/保護/強さ/豊かさ/勇気

第一光線はあなたのヴァージョン(あなた版)の黄金の新時代を顕現しようとして大胆に前進するときに、勇気と決意を高めてくれる。

=======================

第二光線  愛/叡智/光明/カルマ

この光線の主要な焦点は知識を叡智に変え、叡智を愛と同情の思いで和らげることにある。

私たちのいる太陽系はこの第二光線の影響下にいるため誰でも影響を受けている。

=======================

第三光線 活発で創造的な知性/寛容/和

「高次元の心の光線」「話し言葉と抽象的な知性」「スピリットと高次元の原因界の局面」

心の思いを物質世界に顕現する。忍耐力と耐久力。行動志向。

寛容と気転と忍耐心を強化し、完璧さと知的な探求への願望を常識と誠実な態度で和らげてくれる。

=======================

第四光線  調和/美/芸術/謙遜

「美の光線」「調和と芸術的な探求」「直観の局面」相克を通じて達成される調和の光線。

高次の直観的な心にアクセスするためには、エゴと感情体をなだめる必要があるが、それは長年の相克と焦慮という結果をもたらすことが多い。

直観の光にあふれた資質を顕現させてスピリチュアルな世界と物質的な世界のバランスを創造するためには、感情体を癒して調和のとれたものにし、精神体を強化しなければならない。

=======================

第五光線 具体的な科学/知識/癒し

「具体的な知識の光線」「精神的局面」直線的に考え、分析すること。

感情の度合いが強すぎるときは、この光線のエネルギーを引き入れえると、精神的な焦点を定めてバランスをとれる。

創造の法則の科学的な属性に焦点を合わせ、集中力、癒しの能力、正義感、真理への願望を高める。

=======================

第六光線  献身/崇拝/慈悲/恩寵/ゆるし

「献身と理想主義の光線」「アストラルの局面」これは感情に基づいた光線。

アストラル界からもたらされるエネルギーのため潜在意識に焦点を絞ります。

この光線のエネルギーを活用すると、献身、優しさ、やすらぎ、静けさなどの美徳を高められる。

第六光線の感情的な力を第五光線の精神的な焦点によって強化し、それから、第七光線の変容のエネルギーと融合させれば、マスターの道を前進することができる。

=======================

第七光線 儀式的な秩序/紫色の変容の炎/自由/浄化

「紫色の変容の炎の光線」「儀式的な秩序」「贖罪(償い,和解,ゆるし)と浄化」「儀式と組織」祈願の光線であり、祈願を最も高次な奉仕の形で顕現させる光線です。

意識の変容の光線であり、「紫色の変容の炎」はゆるしの炎でもあります。外交術と洗練さを磨くために祈願し、視覚化する能力を高めるために、この光線を活用すると良いでしょう。

=======================

第八光線 (アクアマリンの冷光(紫を帯びた海の泡の緑色))

第八光線があなたの全身を螺旋状に包み込んで、魂の融合に助力し、肉体の器の中に詰まっているネガティブなエネルギーを浄化し、バランスを取り戻していく様子を想像してみてください。

第八光線の属性と美徳は第四・第五・第七光線から成り、それが調和のとれたものとなって高いオクターブの輝きとなったものです。

第八光線は四つの低い身体である精神体・感情体・エーテル体・肉体を浄化して明晰性をもたらしてくれます。

=======================

第九光線 (ターコイスの冷光)

ソーラーパワーセンター(太陽神経叢)と延命の働きがある喉・胸腺のチャクラを活性化します。第九光線は古い「ダーククリスタル」のネガティブなエネルギーを浄化、解放して、ダイヤモンド・クリスタルのライトボディー・エネルギーが「浄化された器」を癒すことができるようにします。

この光線は神聖なキリストの光によって満たされ、かつ活性化されている第一・第二光線のエネルギーから成っています。

=======================

第十光線 (真珠のようなホワイトゴールド)

第一・第二・第三光線の組み合わせです。この光線は魂の叡智をさらにしっかりと固定し、エゴを魂と融合し、やがては魂をハイヤーセルフと統合し、さらに「キリストの我れ」と統合し、究極的には私たちの「ありてある我れ」と融合します。

この光線が何十億もの小さなダイヤモンド・クリスタルに満たされてチャクラシステムの中に注ぎ込まれる姿を見てください。

それはあなたの肉体の器のあらゆる部分を満たし、DNAの核心と細胞のレベルにまで及びます。

あなたがキリストの光の錨になると、母なる地球が高次元の周波数を統合し固定する手伝いをすることができます。

私たちは皆、一緒に和の意識に向かって前進し、上昇しているのです。

=======================

第十一光線 (ゴールドがかった玉虫色のピンク)

原因界の心のへの架け橋であり、あなたの神聖な<ありてある我れ>と再び接続してくれる光線です。

第十一光線は最高の形における愛/叡智をもたらすもので、第一・第二・第五光線の属性の組み合わせです。

この光線はニューエイジへの架け橋であり、私たちの存在の最も深いレベルで神聖の喜びと認知を活性化するものです。

=======================

第十二光線 (乳白色を放つゴールド)

他のすべての光線の組み合わせ(合成光線は均等ではありません)。第十二光線はニューエイジの黄金の光線であり、私たちの源である創造主と私たちを再び接続してくれる光線です。

第十二光線は再来の光線です。キリスト意識を私たちの内部及び地球の内部に固定する光線です。

この光線がきらきら輝く神の塵の形をとってあなたの「ありてある我れ」から降りてくるさまを想像してください。

あなたを取り囲み、守っている様子を想像してください。

それが徐々にあなたの精神体・感情体・エーテル体・肉体へと浸透し、癒し、バランスと調和をとり、光で満たしてく様子を見てください。

これこそ、私たちが皆、待ち焦がれていた神聖な贈り物なのです。

それが何であるか分からなかったにもかかわらず、誰もが待ち焦がれていた贈り物なのです。

それは「愛/光」の螺旋状の道であり、ふるさとへと導いてくれる光線です。

=======================

『運命の脚本を書く』 ロナ・ハーマン 著 より引用。

=====================

自分の本質・故郷の惑星(ホーム)とつながるエネルギーワーク

===================== =====================

今の仕事から、だんだんと本当に自分らしい仕事・ライトワークにシフトするための実践型メルマガ講座はコチラ

=====================

関連記事

  1. FS179

    ゴールの本質を感じ、考えずにそこへ向かうことの重要性

  2. FS143

    健康×引き寄せの法則:体からのメッセージ

  3. FS142

    才能を育てる:今あなたが育んでいるものは何なのか?

  4. FS078

    「地球上でもっとも重要な行為」と「自分に手を差し伸べる方法」

  5. 160512-8_tp_v

    ハイヤーセルフとは?ハイヤーセルフと繋がるとどうなるのか?

  6. c02d525e99f637a5e5a0c8cb9b9b6efa_s

    ハイヤーセルフと繋がるセッション

  7. FS184

    今世でアセンションを達成するためのチェックリスト

  8. FS062

    「チャクラ融合」への祈り

  9. 人生の目的は何?まず目指したほうが良いものは?

本当の自分を知るテスト

  1. fdrsedrftgyuhij_tp_v-1
  2. In October of 2013 Hubble kicked off the Frontier Fields programme, a three-year series of observations aiming to produce the deepest ever views of the Universe. The project’s targets comprise six massive galaxy clusters, enormous collections of hundreds or even thousands of galaxies. These structures are the largest gravitationally-bound objects in the cosmos. One of the Frontier Fields targets is shown in this new image: MACS J0717.5+3745, or MACS J0717 for short. MACS J0717 is located about 5.4 billion light-years away from Earth, in the constellation of Auriga (The Charioteer). It is one of the most complex galaxy clusters known; rather than being a single cluster, it is actually the result of four galaxy clusters colliding. This image is a combination of observations from the NASA/ESA Hubble Space Telescope (showing the galaxies and stars), the NASA Chandra X-ray Observatory (diffuse emission in blue), and the NRAO Jansky Very Large Array (diffuse emission in pink). The Hubble data were collected as part of the Frontier Fields programme mentioned above. Together, the three datasets produce a unique new view of MACS J0717. The Hubble data reveal galaxies both within the cluster and far behind it, and the Chandra observations show bright pockets of scorching gas — heated to millions of degrees. The data collected by the Jansky Very Large Array trace the radio emission within the cluster, enormous shock waves — similar to sonic booms — that were triggered by the violent merger. For more information on Frontier Fields, see Hubblecast 90: The final frontier. Links  Hubblecast 90: The final frontier Link to Hubblesite release
  3. elly95_hanatotegami_tp_v-1
  4. oht97_nagareruhosi_tp_v
  5. 160512-8_tp_v
  6. FS196
  7. FS140
  8. FS151
  9. TSU852_icyounoochibadeakiwoshiru_TP_V
  10. PAK85_jinseimagarimichi20140102_TP_V
PAGE TOP