「チャクラ融合」への祈り

FS062


「チャクラ融合」はひと息ごと、ひと足ごとに自分のスピリットに従えるようになるために最高の方法です。

光のバブル(泡)をつくり出して、その光のバブルがあなたにもっともっと広大な波動を取り扱うことを可能にする、力の場のような働きします。

そしてまた他人の現実の映像を遮蔽(しゃへい)するフィルターとなってくれます。

多くの人は、自身のエネルギー体がバラバラな状態にあるので、普通に歩きながら他人のエネルギー体に突っ込んでいってしまっているのがほとんどです。

重要なのは、自分のエネルギー体の中に戻って、自らのエネルギーが何であるのか知っていることです。

もし自分が「未来の過去」にはまってしまっているのに気がついたら、いつでも「チャクラ融合」を行うことをおすすめします。

忍耐強く続ければ、二週間以内に一瞬にして融合できるようになります。

さらに4~5週目の終わり頃には、融合した状態から外れないようになります。

これは他の多くの瞑想法と違って、自分の肉体を抜け出ることなく、意識をしっかり保ったままの状態で行われます。

つまりそれは変性意識の状態であり、その中で生きられるようになります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「チャクラ融合」への祈り

ハートの中心から
わたしは「光」を吸い込みます
わたしのハートは開きはじめ
わたし自身が美しい「光」の球へと
広がってゆきます

ハートの中心から
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしののどのチャクラと
太陽神経叢のチャクラを
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう

ハートの中心から
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの眉間のチャクラと
下腹のチャクラを
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう

ハートの中心から
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしのクラウン・チャクラと
ベース・チャクラを
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう

ハートの中心から
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしのアルファ・チャクラ(頭上約20センチ)と
オメガ・チャクラ(背骨の下20センチ)を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはメタトロンの波動が
この二つの点のあいだを流れるようにします
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第八チャクラ(頭の上方)と
太もも上部を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはみずからの感情体を肉体に融け合わせます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第九チャクラ(頭の上方)と
太もも下部を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはみずからの精神体を肉体に融け合わせます
アイ・アム「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
私の第十チャクラ(頭の上方)と
膝をひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはみずからのスピリット体を肉体に一体化させて
融合したフィールドをつくりあげます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第十一チャクラ(頭の上方)と
すねの上部を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはオーバーソウルを
融合したフィールドに一体化させます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第十二チャクラ(頭の上方)と
すねの下部を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはキリスト・オーバーソウルを
融合したフィールドに一体化させます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第十三チャクラ(頭の上方)と
足をひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしはみずからのオーバーソウルを
融合したフィールドに一体化させます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から
わたしは「光」を吸い込みます
その「光」を広めながら
わたしの第十四チャクラ(頭の上方)と
足もとの地面を
ひとつの融合した「光」のフィールドにします
体の内も外も、まわりじゅう
わたしは「根源の存在」を
融合したフィールド全体にゆきわたらせます
アイ・アム、「わたし」は「光」とひとつです

ハートの中心から
わたしは「光」を吸い込みます
どうかわたしの最高次のスピリットが
ハートの中心より輝きだし
この融合したフィールドを
完全に満たしつくすようにしてください
わたしはこの日一日じゅう「光」を放ちます
アイ・アム、「わたし」はスピリットとひとつです

※アイ・アムの意味
ここでは単に「私は・・・である」という意にとどまらず、神でありすべてである自己という意味。

「チャクラの融合」が終わったら、多次元的にグラウンディングしましょう。

太い「光」のラインがオメガ・チャクラ(背骨の下約二十センチ)から発されているのをイメージしてください。

それがあなたの背骨に沿ってずっと上昇していき、そのまま融合フィールドの上層部までつながっています。

惑星地球にではなく、あなた自身のスピリットの広大さへとグラウンディングしましょう。

地球も変異のさなかにあります。

そのため自分のスピリットが自分を安定させるのを許しましょう。

自分のオメガ・チャクラのポイントから、裾広がりのスカートのように十二本の「光」のラインを下方へと伸ばします。

それによって自分自身を、この惑星ホログラムの平行現実を通じて安定化させます。

次の「光への祈り」は、自分の「融合フィールド」をその位置に固定することを助け、光の吸収量を増大させます。

これはパワフルな意図の宣誓です。

「光」への祈り

わたしは「光」のなかに住む

わたしは「光」のなかで愛す

わたしは「光」のなかで笑う

アイ・アム、「わたし」は「光」によって保たれ滋養を与えられる

わたしは喜びにあふれて「光」に奉仕します

なぜなら「わたし」は「光」だから

アイ・アム、「わたし」は「光」です

アイ・アム、「わたし」は「光」です

われここにあり

アイ・アム アイ・アム アイ・アム

『ライトボディの目覚め』 大天使アリエル&タシラ・タチーレン著より抜粋

<追申>

中心から外れた時の修正方法

平行現実間を越えてしまったり、間違った平行現実にはまってしまったと感じたとき、以下の2つの方法で自分自身の中心に戻ることができます。

まずチャクラ融合して、オメガチャクラから12本の光の線をホログラムにつなげてください。集中してください。

次に光の線をオメガに戻し、「私はKiddushin(神聖化、祝福)の現実の中を歩む」と言ってください。

そして勢い良く息を吐きながら、光の線をホログラムに勢い良く戻してください。

こうすることでたいていは、自分が存在していたい平行現実に戻ることができます。

もうひとつの方法は、自分のハートの最も神聖な空間に関するものです。

自分の神聖な空間は、肉体化のホログラフィック・グリッド全体をとおして内なる次元に存在しています。

つまり、自分がどの体でハートに降りようとも、同じ最も神聖な空間に入るのです。

ハートに降りて祭壇の上に両手を置いてください。

安定させてください。

そして「Kiddushin(神聖化、祝福)の現実に私を連れて行ってください」と言います。

ハートから出てくると、自分が適切な位置にいると思います。

まったくエネルギーがなく、なにもかもうまく行かない時には、これらのテクニックをすぐに行ってください。

=====================

自分の本質・故郷の惑星(ホーム)とつながるエネルギーワーク

===================== =====================

今の仕事から、だんだんと本当に自分らしい仕事・ライトワークにシフトするための実践型メルマガ講座はコチラ

=====================

関連記事

  1. FS151

    十二光線とは? さらなる詳細

  2. 引き寄せの法則:肉体の理想・最高の健康を引き寄せる

  3. 160512-8_tp_v

    ハイヤーセルフとは?ハイヤーセルフと繋がるとどうなるのか?

  4. FS184

    今世でアセンションを達成するためのチェックリスト

  5. FS177

    時間の本質1

  6. FS043

    十二光線とは?

  7. FS177

    新時代のチャクラの色について

  8. FS177

    波動の段階

  9. 人生の目的は何?まず目指したほうが良いものは?

本当の自分を知るテスト

  1. fdrsedrftgyuhij_tp_v-1
  2. In October of 2013 Hubble kicked off the Frontier Fields programme, a three-year series of observations aiming to produce the deepest ever views of the Universe. The project’s targets comprise six massive galaxy clusters, enormous collections of hundreds or even thousands of galaxies. These structures are the largest gravitationally-bound objects in the cosmos. One of the Frontier Fields targets is shown in this new image: MACS J0717.5+3745, or MACS J0717 for short. MACS J0717 is located about 5.4 billion light-years away from Earth, in the constellation of Auriga (The Charioteer). It is one of the most complex galaxy clusters known; rather than being a single cluster, it is actually the result of four galaxy clusters colliding. This image is a combination of observations from the NASA/ESA Hubble Space Telescope (showing the galaxies and stars), the NASA Chandra X-ray Observatory (diffuse emission in blue), and the NRAO Jansky Very Large Array (diffuse emission in pink). The Hubble data were collected as part of the Frontier Fields programme mentioned above. Together, the three datasets produce a unique new view of MACS J0717. The Hubble data reveal galaxies both within the cluster and far behind it, and the Chandra observations show bright pockets of scorching gas — heated to millions of degrees. The data collected by the Jansky Very Large Array trace the radio emission within the cluster, enormous shock waves — similar to sonic booms — that were triggered by the violent merger. For more information on Frontier Fields, see Hubblecast 90: The final frontier. Links  Hubblecast 90: The final frontier Link to Hubblesite release
  3. elly95_hanatotegami_tp_v-1
  4. oht97_nagareruhosi_tp_v
  5. 160512-8_tp_v
  6. FS196
  7. FS140
  8. FS151
  9. TSU852_icyounoochibadeakiwoshiru_TP_V
  10. PAK85_jinseimagarimichi20140102_TP_V
PAGE TOP