ライトワークを始める4:今の仕事を変えなくても自分らしい仕事ができる

pak85_awaihikari20141015185148_tp_v

実は、本当に自分らしい仕事(自分らしい表現や貢献)をするために、あなたは今の仕事を変える必要がないかもしれません。

 

前回の記事でお伝えしたのですが、本当に自分らしい仕事は特定の職業名というよりは、

その中味や内容や質に関係があります。

 

例えば、カウンセラーという肩書きや職業名よりは、

「人の話を聞いて相手の本質的な良いところを引き出す」

「人を安心させること」などといった内容がとても重要です。

 

自分の好きな活動、持っている才能や特有の技術を使って人に貢献することが本当に自分らしい仕事です。

 

そのため、今の立場がアルバイトや無職などどのようなものであっても、

意識的に自分の好きな活動、才能、特有の技術を周りの人や環境に対して使い始めれば、

本当に自分らしい仕事(真の自分の表現や貢献)を始めることができるということです。

 

つまり、あなたは自分らしくないと感じるどんな仕事でも、意識と関わり方を変えることで

本当に自分らしい意義ある貢献をしはじめることができます。

 

実際には、本当に自分らしい仕事(真の自分の表現や貢献)をするうえで特定の職業につく必要もなく、

ビジネスの世界にいる必要さえもありません。

 

なぜなら地域活動や趣味を通じて、本当に自分らしい仕事をすることができ、本当の自分を表現することができるからです。

 

ある人は本当の自分の仕事として、子供を育て、その子たちの才能がもっとも良いカタチで輝くのを手助けしているかもしれません。

 

このように職業についていなくても本当に自分らしい仕事をすることは可能なのです。

 

<自分らしい仕事を創造するための質問>

 

質問1:『本当に自分らしい仕事を創造する方法3:職業名ではなく、まず先に自分の才能を見つける』の質問0~3で見つけた自分の好きな活動や才能と思われるものをもう一度リストにしてみましょう。

 

例)・人の話を聞きながら、本当のその人を引き出すように働きかけること。

 

・人の悩みに対して自分の学んだことをもとにわかりやすく文章にして伝えること。など

 

質問2.今現在の仕事場でどのように上記の才能を活用できそうか作戦を考えて、それを具体的に書き出してください。

 

例)

 

・現在のやりたくないけどやっている個人宅の営業の際に、自分の才能である「人の話を聞きながら、本当のその人を引き出すように働きかけること」を実際に行ってみる。

 

・職場のあまり得意でない○○さんに対して自分の才能である「人の話を聞きながら、本当のその人を引き出すように働きかけること」を意識的に使ってみる。など

 

質問は以上となります。

 

どんな状況や環境に置かれていたとしても、あなたは自分らしくいることができ、

工夫次第でいくらでも本当に自分らしい仕事を表現することができます。

 

今いるところでも、もっと輝いてください。

=====================

自分の本質・故郷の惑星(ホーム)とつながるエネルギーワーク

===================== =====================

今の仕事から、だんだんと本当に自分らしい仕事・ライトワークにシフトするための実践型メルマガ講座はコチラ

=====================

関連記事

  1. 自分のライフワークの象徴にエネルギーを与える

  2. dscf4255-edit2-edit_tp_v

    仕事に関して今地球で起こっていること

  3. ppw_komorebitohikarinomichi_tp_v

    ライトワークを始める5:本当にやりたいことをやろう!

  4. FS196

    ライトワークの技術:アストラル界の霊的存在の開放

  5. tsudadsss_tp_v

    10次元の存在ハトホルより「光の薬」のつくり方

  6. 引き寄せの法則×お金とライフワークを創造する24:自分のあらゆる面に愛と肯定的態度をもたらす。

  7. FS196

    名前のパワーについて

  8. y

    本当の自分の仕事を創ろう!

  9. ライフワークに関する情報まとめ

本当の自分を知るテスト

  1. fdrsedrftgyuhij_tp_v-1
  2. In October of 2013 Hubble kicked off the Frontier Fields programme, a three-year series of observations aiming to produce the deepest ever views of the Universe. The project’s targets comprise six massive galaxy clusters, enormous collections of hundreds or even thousands of galaxies. These structures are the largest gravitationally-bound objects in the cosmos. One of the Frontier Fields targets is shown in this new image: MACS J0717.5+3745, or MACS J0717 for short. MACS J0717 is located about 5.4 billion light-years away from Earth, in the constellation of Auriga (The Charioteer). It is one of the most complex galaxy clusters known; rather than being a single cluster, it is actually the result of four galaxy clusters colliding. This image is a combination of observations from the NASA/ESA Hubble Space Telescope (showing the galaxies and stars), the NASA Chandra X-ray Observatory (diffuse emission in blue), and the NRAO Jansky Very Large Array (diffuse emission in pink). The Hubble data were collected as part of the Frontier Fields programme mentioned above. Together, the three datasets produce a unique new view of MACS J0717. The Hubble data reveal galaxies both within the cluster and far behind it, and the Chandra observations show bright pockets of scorching gas — heated to millions of degrees. The data collected by the Jansky Very Large Array trace the radio emission within the cluster, enormous shock waves — similar to sonic booms — that were triggered by the violent merger. For more information on Frontier Fields, see Hubblecast 90: The final frontier. Links  Hubblecast 90: The final frontier Link to Hubblesite release
  3. elly95_hanatotegami_tp_v-1
  4. oht97_nagareruhosi_tp_v
  5. 160512-8_tp_v
  6. FS196
  7. FS140
  8. FS151
  9. TSU852_icyounoochibadeakiwoshiru_TP_V
  10. PAK85_jinseimagarimichi20140102_TP_V
PAGE TOP