ライトワークを始める7:自分らしい仕事は自分で創る

pak86_midorinokouseki15204929_tp_v

本当にあなたらしい仕事は、すでにこの世界に存在してる場合もあれば、

まだ存在していなくて、あなたが新しく創りだす必要があるものもあります。

 

本当に自分らしい仕事が見つからないときは、自分自身でそれを創造する時なのかもしれません。

 

自分の本当にやりたいことに正直でありながら、どのような人に貢献していくかは工夫が必要かもしれませんが、

既存のどんな仕事よりもやりがいはあることは確実です。

 

実際、世界はあなたが本当に自分らしい仕事を始めることを待っています。

 

あなた自身も本当に自分らしい仕事をしたいという強い衝動を感じているかもしれません。

 

今こそその衝動に正直になる時です。

 

世界が待っています。

 

<本当に自分らしい仕事を創る質問>

 

質問1.本当にあなたがやりたい仕事はどのようなものですか?

 

自分が好きな仕事を一から自由に創れる能力があると仮定して、その仕事の要素を自由に書き出してください。

 

書き出すうえで、それでお金になるかどうかや人から評価されるかどうかは一切気にしないでください。
例)・文章を書くこと

・人の夢を叶えるのを助けること

・自分が好きなスピリチュアルな本の内容を使って講座を開くこと など

 

 

質問2.その仕事を創れるのが世界であなたしかいないとして(実際にそうなのですが)、

今からその仕事を始めるための具体的な行動を書き出してみましょう。
例)・ブログを開設する

・友人の夢を聞きはじめる

・講座のために本の内容をまとめて文章にする

 

質問は以上となります。

 

本当に自分らしい仕事はあなたが動き始めることでスタートします。

 

はじめは、それが上手くいくか、お金になるか、人のためになるかなどはあまり考えすぎず、まず行動に移してみましょう。

 

それから、その結果をもとに改良していけばどんどん自分らしい仕事が創りだされていきます。

=====================

自分の本質・故郷の惑星(ホーム)とつながるエネルギーワーク

===================== =====================

今の仕事から、だんだんと本当に自分らしい仕事・ライトワークにシフトするための実践型メルマガ講座はコチラ

=====================

関連記事

  1. ppw_komorebitohikarinomichi_tp_v

    ライトワークを始める5:本当にやりたいことをやろう!

  2. imarih20160806555319_tp_v

    ライトワーク講座:自分の羽根を生やす方法

  3. ba6d20a7b8c02e47abb9def3c1ab6c30_s

    古きものを打破し、新しいものを創造する力を呼び起こす方法

  4. oht97_nagareruhosi_tp_v

    ライトワーカーの3つのタイプとは?

  5. 複雑に考えて身動きが取れない人へ

  6. l201212242000

    スターピープルとは?スターピープル・ウォークインの特徴と能力の活かし方

  7. fdrsedrftgyuhij_tp_v-1

    アセンデッドマスターのリスト

  8. pak86_houijisyaku20131005_tp_v

    ライトワーク講座・自分の理想の仕事を描いたら、後は些細なことは気にしないこと

  9. FS177

    時間の本質1

本当の自分を知るテスト

  1. fdrsedrftgyuhij_tp_v-1
  2. In October of 2013 Hubble kicked off the Frontier Fields programme, a three-year series of observations aiming to produce the deepest ever views of the Universe. The project’s targets comprise six massive galaxy clusters, enormous collections of hundreds or even thousands of galaxies. These structures are the largest gravitationally-bound objects in the cosmos. One of the Frontier Fields targets is shown in this new image: MACS J0717.5+3745, or MACS J0717 for short. MACS J0717 is located about 5.4 billion light-years away from Earth, in the constellation of Auriga (The Charioteer). It is one of the most complex galaxy clusters known; rather than being a single cluster, it is actually the result of four galaxy clusters colliding. This image is a combination of observations from the NASA/ESA Hubble Space Telescope (showing the galaxies and stars), the NASA Chandra X-ray Observatory (diffuse emission in blue), and the NRAO Jansky Very Large Array (diffuse emission in pink). The Hubble data were collected as part of the Frontier Fields programme mentioned above. Together, the three datasets produce a unique new view of MACS J0717. The Hubble data reveal galaxies both within the cluster and far behind it, and the Chandra observations show bright pockets of scorching gas — heated to millions of degrees. The data collected by the Jansky Very Large Array trace the radio emission within the cluster, enormous shock waves — similar to sonic booms — that were triggered by the violent merger. For more information on Frontier Fields, see Hubblecast 90: The final frontier. Links  Hubblecast 90: The final frontier Link to Hubblesite release
  3. elly95_hanatotegami_tp_v-1
  4. oht97_nagareruhosi_tp_v
  5. 160512-8_tp_v
  6. FS196
  7. FS140
  8. FS151
  9. TSU852_icyounoochibadeakiwoshiru_TP_V
  10. PAK85_jinseimagarimichi20140102_TP_V
PAGE TOP