時間の本質1

FS177

実は時間は、人々が信じているほど、「現実的」で、固定的なものではありません。

時間は今新しく地球にやってきているエネルギーの影響を受けて、変わりつつあります。

実際にゆっくりと過ぎ去る時間もあれば、早く過ぎ去る時間もあります。

もしかしたらあなたも最近、一日をとても長く感じたり、短く感じたりしているかもしれません。

それは単に想像や受け取り方のせいだけではないのです。

実際に今地球次元での、時間の流れ方がますます流動的になり、固定的ではなくなってきています。

高い次元では、存在するすべては、永遠の「今」、つまり、多次元の時間にわたる現在の瞬間です。

今の地球のような直線的な時間を超えた高い次元では、あるアイデアが思い浮かんだとき、それは瞬時に初めから終わりまで完成しています。

その高い次元はこの地球の次元にいたとしても、意識の焦点をそこに合わせれば経験することができ、思い浮かんだアイデアのどの部分でも時空を超えてあらかじめ経験することができます。

経験したい部分に意識を合わせるとき、その時間の中に存在し始めます。

なぜなら、ある出来事全体を選び取り、それを個々の部分に分割したからです。

時間と空間は物事を区切るものです。

ここで時間をもっと増やす秘訣を一つお伝えいたします。

それは、自分の高い目的を創造することだけを行うことです。

自分の本質(ハイヤーセルフ)は、物事を部分としてではなく、全体として経験します。

物事を見渡し、一つ一つの出来事をはじめから終わりまで見ています。

物事を個々の部分としてではなく、全体として経験すれば、あなたもハイヤーセルフのように時間を経験することができます。

それには、できるだけ精神的に高い状態になって、自分の人生について、もっと広範囲にわたるイメージを抱くことが重要です。

そして、計画に取り組む場合でも、必要な手順をすべて意識し、そのビジョンを持つことです。

イメージが完成されたものになっていき、より高いものに意識を合わせるようになると、自分の高いビジョンにとって何が重要であり、何が重要でないのかが、よくわかるようになります。

高いビジョンに貢献しないと感じるもの省けば、その時間で他のことができるようになります。

もしかしたら、あなたは過去に何かが広い視野で見え、その高い見方のおかげで、時間とエネルギーを省く行動を思いついたことがあったかもしれません。

同様に、このような広い見方のために、もはや必要でなくなった活動を手放すことができた経験があるかもしれません。

少ない時間で多くの成果を挙げたいと思えば、やっていることが、自分の人生の大きなビジョンにどれくらい当てはまるかに、すべてのレベルで注意を払いましょう。

たとえば、自分が事業を行っていたら、生産と販売がバランスの取れている計画を達成したいと思うことでしょうし、それぞれの部門がバラバラに仕事をしていたら困るはずです。

販売部門んが生産可能な量よりももっと売ってしまうかもしれませんし、売り切れないほどの量を生産部門が作ってしまうかもしれません。

どちらにしても、大変な時間や労力の無駄ですし、そのような状態だと会社は高い目標を達成することが困難になります。

しかし、高いビジョンとそれにそった計画があれば、すべての部門にそれを実現するために協力して働くよう調整することができます。

あなたはこれからやろうとしていることと自分の高いビジョンの結びつきをどれくらい意識していますか?

これから行うことに関して、全体像に気づこうと思うことや、一つ一つの部分がその全体像に貢献し、協力するように望むことは重要です。

精神的な成長を意識し、高い目的にかかわる事すべてのバランスをとるとき、あなたは時間を縮め、より短い期間で「数多くの人生」を生きることができます。

よく偉人で普通の人では到底できないような量の仕事をこなしたり、様々な活動をしている人がいますが、そのような人は上記のようなあり方で仕事や活動に取り組んでいます。

行動する前に、どうしてそれをする必要があるのかを考えるようになりましょう。

これからしようとする行動を人生の広いビジョンに当てはめて以下のような質問を自分にしてみることは重要です。

「この行為はどんなふうに高い目的を達成するだろうか?」

「これを今この時間にする必要があるだろうか?」

「これをするのに、もっと高いやり方はないだろうか?」

物事を広い視野で見るとき、高い目的に奉仕する活動だけをしているようになることができます。

それではまず、しばらく時間をとって、楽にして、自分の人生の高い目的を考えてみましょう。

自分がハイヤーセルフになって、自分自身にアドバイスを与えているところをイメージしてください。

そして、自分の人生と目的のビジョンに意識の焦点を当ててください。

翌日や来週や来月の高い目的は何かを尋ね、そして、今自分がやっていることはどれくらいその目的にふさわしいかを尋ねてみましょう。

いきなり行動を起こす前に、心の中で、来るべき一日にざっと目を通し、どんなことを、どういう順序でするといい感じがするかも調べてください。

物事を高い視点に照らし合わせることに少し時間を使えば、毎日、何時間も節約できるだけでなく、不必要なことをして何カ月もムダにすることもなくなります。

高い状態になればなるほど、どれはしなくてよいのか、どうすれば物事をもっと効果的に、あるいは、違ったやり方でできるのか、どうすれば仕事の一部を人にやってもらえるのかがわかるようになります。

自分のやっていることを当たり前のことだと思ってはいけません。

ただ無意識的に、反応的に、惰性的に行動するのも良くありません。

行動の目的と、それが高い目的にどのように合うのかを十分に検討したうえで、それをやるようにしてください。

これは成長を加速させるうえで、最も重要なステップの一つです。

=====================

自分の本質・故郷の惑星(ホーム)とつながるエネルギーワーク

===================== =====================

今の仕事から、だんだんと本当に自分らしい仕事・ライトワークにシフトするための実践型メルマガ講座はコチラ

=====================

関連記事

  1. gak88_kosumosutohikari_tp_v

    自分らしい仕事を台無しにする考え方

  2. FS177

    新時代のチャクラの色について

  3. ライフワークに関する情報まとめ

  4. FS197

    様々な宇宙法則の紹介

  5. FS060

    波動を上げるカウンセリング

  6. FS158

    十二光線の活用方法

  7. FS140

    好きを仕事にするための質問リスト

  8. FS062

    「チャクラ融合」への祈り

  9. 160512-8_tp_v

    本当に自分らしい仕事を創造する方法2:好きなことをする時間を意識的に増やす!

本当の自分を知るテスト

  1. fdrsedrftgyuhij_tp_v-1
  2. In October of 2013 Hubble kicked off the Frontier Fields programme, a three-year series of observations aiming to produce the deepest ever views of the Universe. The project’s targets comprise six massive galaxy clusters, enormous collections of hundreds or even thousands of galaxies. These structures are the largest gravitationally-bound objects in the cosmos. One of the Frontier Fields targets is shown in this new image: MACS J0717.5+3745, or MACS J0717 for short. MACS J0717 is located about 5.4 billion light-years away from Earth, in the constellation of Auriga (The Charioteer). It is one of the most complex galaxy clusters known; rather than being a single cluster, it is actually the result of four galaxy clusters colliding. This image is a combination of observations from the NASA/ESA Hubble Space Telescope (showing the galaxies and stars), the NASA Chandra X-ray Observatory (diffuse emission in blue), and the NRAO Jansky Very Large Array (diffuse emission in pink). The Hubble data were collected as part of the Frontier Fields programme mentioned above. Together, the three datasets produce a unique new view of MACS J0717. The Hubble data reveal galaxies both within the cluster and far behind it, and the Chandra observations show bright pockets of scorching gas — heated to millions of degrees. The data collected by the Jansky Very Large Array trace the radio emission within the cluster, enormous shock waves — similar to sonic booms — that were triggered by the violent merger. For more information on Frontier Fields, see Hubblecast 90: The final frontier. Links  Hubblecast 90: The final frontier Link to Hubblesite release
  3. elly95_hanatotegami_tp_v-1
  4. oht97_nagareruhosi_tp_v
  5. 160512-8_tp_v
  6. FS196
  7. FS140
  8. FS151
  9. TSU852_icyounoochibadeakiwoshiru_TP_V
  10. PAK85_jinseimagarimichi20140102_TP_V
PAGE TOP