新しい「仕事の選び方」と「起業の仕方」

あなたは本当に自分らしい仕事をしていると感じますか?

これは、「喜び、ワクワクしながら今の仕事をしていますか?」と同じ質問です。

喜び、ワクワクしながら仕事をしていくためには、仕事に対して今まで違った「在り方」や「やり方」で取り組む必要があります。

もっと具体的には、今までと違った「仕事の選び方」や「仕事に対する姿勢」を選択し、実行する必要があるということです。

本当に豊かな人生を送るために、「普通の仕事の選び方や起業の仕方」と「自分らしく豊かな人生を送るための仕事の選び方や起業の仕方」をみていきましょう。

<今現在、ほとんどの人がやっている仕事の選び方や起業の仕方>

・今までの自分に出来ることをしようとする。

転職をする時は今までと同じような職種の仕事を見つけようとし、起業するときは今までの自分に出来ることだけをしようとする。

現状の快適さの範囲内で選択をすることが多い。

・仕事をする動機が「生活していくためのお金を稼ぐため」。

つまり、仕事を探したり、自分で立ち上げるときの基本的な質問が「どのような仕事が一番楽に、効率的にできてお金を得られるだろうか?」というタイプのものである。

・転職に関しては、求人サイトや情報誌を見て、すでに存在している仕事の中から自分に合ったものを探す。

起業に関しては、自分のアイデアを実行に移すというよりは、既存のビジネスモデルの型に従う。

もちろん、既存の「型」や「やり方」を活用することは非常に重要ですが、多くの人は「従来のビジネスモデル」や「既存のやり方」の方を重視するあまり、自分の直観やアイデアをお蔵入りさせる傾向にある。

これは、「喜び、ワクワクして生きる」というよりは、「正しく、認められるように生きる」という在り方に近い。

・直感や感情などの内面的なものよりも、時給やボーナス、仕事の形態などの外的なものを重視する。

・仕事を通じて社会に貢献することに関しても、自分自身の本心とは関係なく、義務的に行う傾向がある。

つまり、「本当はやりたくないけれど、求められているからやるしかないか・・・」など、特に自分の精神的な状態をムシして貢献しようとする。

・周りの評価や反応を気にしながら仕事を選んだり、起業したりする。

基本的は質問は「この仕事はまわりの人に認められるだろうか?」「この仕事は人にウケるだろうか?」など、恐れがベースにあるタイプ。

ものすごく極端にいうと、「周りが認めてくれなければ生きていけないの!」という、受け身の姿勢ともいえる。

・自分が喜び、ワクワクしながら生きることはワガママに生きることであり、それは周りの迷惑になると勘違いしていることが多い。

そのため、自分の本音を抑え込んで、良い条件の仕事や周りから評価されるような仕事を選んだり、起業したりする。

などなど。。。

総じて、従来の仕事の選び方や起業の仕方は以下のようにまとめることができます。

「給料や勤務形態などの物質的なもの」>「喜びやワクワクなどの精神的なもの」

「人の目や評価や反応などの外的なもの」>「直感やアイデアなど内的なもの」

それでは次に、豊かな人生を送るための仕事の選び方や起業の仕方を見ていきましょう。

<豊かな人生を送るための仕事の選び方や起業の仕方>

・自分の天職やライフワークを求める。つまり、自分が喜び、ワクワクしながらできる仕事を求める。

転職するときも、今までやってきたことにこだわらずワクワクする仕事を選ぶ。

自分が喜びながらやることが一番の社会貢献につながることを知っているため、起業するときは自分のワクワクにしたがって直感やアイデアを仕事のカタチに変換する。

・仕事をする動機が「自分が喜び、ワクワクすることをやる」

仕事を探したり、起業するときの基本的な質問は「さて、どんな仕事をすれば自分が喜び、ワクワクするだろうか?」

(自分が喜び、ワクワクすることを行動に移していけば、結果的に豊かな人生を経験することができることを知っている。)

・転職する際も、自分がワクワクして喜びながらできるものを重要視して選択する。

もちろん生活していくための最低限のお金が稼げることは重要ではあるが、お金のために自分の喜びやワクワクを犠牲にはしない。

仕事を選ぶときの選考順序は➀「この仕事をすることで自分は喜び、ワクワクするだろうか?」⇒➁「さて、給料などの条件はどうだろうか?」

「どの仕事が楽にできて給料が高いだろうか?」というものではない。

・自分が喜んで、ワクワクしながら全力で仕事をやることが、結果的に世の中に対して一番の貢献になることを知っている。

そのため、変に周りの目や反応を意識せず、そして、必要以上に周りへの影響力を気にせず、軽いタッチでクリエイティブに仕事をする。

どれくらい軽いタッチで仕事をするかというと、「仕事」と「遊びやプライベート」の境目がなくなるほどの軽さである。

・ある意味、周りの人の評価や反応は一切気にせず、自分自身の直観や感覚を一番大切にして転職や起業を行う。

かといって人の考えや感じ方を押さえつけるわけでもなく、逆に尊重し、周りの人も自分らしく仕事をすることを望む。

・本当に喜び、ワクワクして生きることは良い意味でのワガママであり、別の言い方で言うと「あるがまま」であって、周りに迷惑をかけるどころか、むしろ自分が与えられる最高のものを世の中に送り出すことを自覚している。

そのため、起業する際には、市場の調査はもちろんするが、一方で相手の反応は変に気にしすぎず、自分の直観やアイデアを信じてどんどん実行に移す。

つまり、仕事をする上で市場のニーズや相手の求めているものは参考にはするが、変に相手にへりくだったり、求めている通りにしようとして自分の喜びやワクワクの感覚を犠牲にしない。

自分が喜び、そして結果的に相手も喜ぶような、両立の仕事スタイルである。

(実際、相手が喜ぶことは期待していないが、結果的に喜びやワクワクのエネルギーが伝わって良い影響を与えることがほとんどである。)

豊かな人生を送るための転職や起業の仕方は以下のようにまとめることができます。

「給料や勤務形態などの物質的なもの」<「喜びやワクワクなどの精神的なもの」

「人の目や評価や反応などの外的なもの」<「直感やアイデアなど内的なもの」

本来は、精神的なものが物質的なものを創造しています。

しかし、今現在の地球では物質的なものに対して重きを置く傾向にあり、その傾向から仕事を選んだり、起業している人がほとんどです。

本当に豊かな人生を送れるように、自分自身の喜びやワクワクする感覚を大切にし、転職や起業を行っていくことを私はオススメしております。

=======================

祝!1428人突破!記事よりも実践的で人気のメルマガ講座はコチラ

=======================