大天使サンダルフォンと繋がる方法

9d3ce1040138175537c8faf3d4fef7e0_s

この記事は「読む」ものではなく「体験」するものです。

天使と繋がることについては大天使メタトロンの記事の最初の部分をご参照ください。

大天使サンダルフォンにサポートしてもらうこと1:


以下のことを心の中か声に出していってください。

「大天使サンダルフォンよ、私のアーススターチャクラ(足の下30センチにある高次のチャクラ)に触れ、光を灯し、完全に活性化させてください。」


アーススターチャクラが活性化されてシルバーグレーに輝くのを感じましょう。

そして、自分の壮大な可能と喜びの種に栄養が与えられ、発芽していくことをイメージしてみましょう。

アーススターチャクラを活性化すると、地球の中心にある7次元の空洞との繋がりが強まり、同時にステラゲートウェイチャクラ(頭上45センチ上にある高次のチャクラ)から源への繋がりが強化されます。

 

大天使サンダルフォンにサポートしてもらうこと2:


以下のことを心の中か声に出していってください。

「大天使サンダルフォンよ、地球の中心にある空洞の中心核である7次元のダイヤモンドに私を繋げてください。

そして、私の5次元ボディーに固定してください。」


このお願いによって、自分と源(ソース)との繋がりがさらに強化されるのを感じてください。

 

大天使サンダルフォンにサポートしてもらうこと3:


以下のことを心の中か声に出していってください。

「大天使サンダルフォンよ、私の男性性と女性性の完全なバランスを整え、さらにグラウンディングさせてください。」


自分の中の男性性と女性性が完璧に調和がとれ、融合し、その波動が美しい音色を奏でているのをイメージしましょう。

その音色は、自分のなかに「完全な平和」をもたらす倍音を創造します。

自分の中に「完全な平和」が広がり、それがさらに周りの世界に広がっていくのをイメージしてください。

 

大天使サンダルフォンにサポートしてもらうこと4:


以下のことを心の中か声に出していってください。

「大天使サンダルフォンよ、アーススターチャクラから5次元のシャボン玉を私のエネルギーフィールド全体に広げてください。」


自分のオーラがシルバーの輝きを放ち、波動が急上昇するのを感じてください。

しばらく時間をかけて、自分の細胞全部、オーラとエネルギーフィールド全体に広がるこのエネルギーの共鳴を感じましょう。

そして、自分の全てのチャクラは5次元に調整され、それぞれのチャクラがより高い可能性へと開かれていきます。

 

大天使サンダルフォンと共に天使達にサポートしてもらうこと5:


以下のお願いをすると自分の家に訪問する人の波動が高い状態になり、物事を違う目線で見られるようになったり、低い意図を持って家に入って来た人の考えが本来のその人の本質の状態に変わったりする手助けになります。

(この方法は人の考えを強引に変えたり、操作・コントロールするために使うことはできません。

ただし、あなたの空間・家などは高い波動の状態が保たれるようになるでしょう。)

以下のことを心の中か声に出していってください。

「大天使サンダルフォンと共に働く天使達よ、私の家の門(玄関)の前に達、家に入る人皆に5次元のシャボン玉を付けてください。」


5次元のシャボン玉がつくと、訪問者たちの波動が上がり、本来の自分らしい視点で物事が捉えられたり、感じたりできるようになるでしょう。

 

大天使サンダルフォンにサポートしてもらうこと6:


以下のことを心の中か声に出していってください。

「大天使サンダルフォンとマスターファルコム(音楽のマスター)よ、私を「音楽の天球(スフィア)」に繋げてください。」


星と惑星の動きによって創造された、神聖さにおいての完璧なハーモニー(音楽)と自分が繋がり、波動が上昇するのを感じてください。

そして、自分を中心としてこのハーモニーが自分の街、国、世界全体に広がるイメージをしてください。

このハーモニー(音楽)が広がることによって、全ての人が自分の5次元のブループリント(青写真)と繋がることを手助けすることができます。

 

最後に、大天使サンダルフォン、サンダルフォンと共に働く天使達、マスターファルコムに感謝を伝えましょう。


天使達はいつでも喜んであなたを手助けしてくれます。

 
参考文献:『大天使パーフェクトアセンションガイド』 ダイアナ・クーパー&ティム・ワイルド著

=====================

自分の本質・故郷の惑星(ホーム)とつながるエネルギーワーク

===================== =====================

今の仕事から、だんだんと本当に自分らしい仕事・ライトワークにシフトするための実践型メルマガ講座はコチラ

=====================

関連記事

  1. ed6214f7b43378dfae8cfff052604a24_s

    大天使ガブリエルと繋がる方法

  2. gold

    大天使メタトロンと繋がる方法

  3. c02d525e99f637a5e5a0c8cb9b9b6efa_s

    大天使ウリエルと繋がる方法

本当の自分を知るテスト

  1. fdrsedrftgyuhij_tp_v-1
  2. In October of 2013 Hubble kicked off the Frontier Fields programme, a three-year series of observations aiming to produce the deepest ever views of the Universe. The project’s targets comprise six massive galaxy clusters, enormous collections of hundreds or even thousands of galaxies. These structures are the largest gravitationally-bound objects in the cosmos. One of the Frontier Fields targets is shown in this new image: MACS J0717.5+3745, or MACS J0717 for short. MACS J0717 is located about 5.4 billion light-years away from Earth, in the constellation of Auriga (The Charioteer). It is one of the most complex galaxy clusters known; rather than being a single cluster, it is actually the result of four galaxy clusters colliding. This image is a combination of observations from the NASA/ESA Hubble Space Telescope (showing the galaxies and stars), the NASA Chandra X-ray Observatory (diffuse emission in blue), and the NRAO Jansky Very Large Array (diffuse emission in pink). The Hubble data were collected as part of the Frontier Fields programme mentioned above. Together, the three datasets produce a unique new view of MACS J0717. The Hubble data reveal galaxies both within the cluster and far behind it, and the Chandra observations show bright pockets of scorching gas — heated to millions of degrees. The data collected by the Jansky Very Large Array trace the radio emission within the cluster, enormous shock waves — similar to sonic booms — that were triggered by the violent merger. For more information on Frontier Fields, see Hubblecast 90: The final frontier. Links  Hubblecast 90: The final frontier Link to Hubblesite release
  3. elly95_hanatotegami_tp_v-1
  4. oht97_nagareruhosi_tp_v
  5. 160512-8_tp_v
  6. FS196
  7. FS140
  8. FS151
  9. TSU852_icyounoochibadeakiwoshiru_TP_V
  10. PAK85_jinseimagarimichi20140102_TP_V
PAGE TOP