セッションの体験談や様子

gftdrsedrftgy_tp_v

<セッションの体験談や様子>
 
ここでは私のセッションの体験談やどのようなセッションが行われているかをお伝えいたします。
 
「ライトワーカーという言葉にひかれて、直観で申し込みました!」
 
「先日はじめてライトワーカーという言葉を知り、検索したら何故かこのサイトに行きつき、興味をもってお申込みいたしました。」
 
という方など、ありがたいことに最近本当にたくさんの方にお申込みいただいております。
 
セッションの内容は本当に人によって見えてくるものや出てくるものが違うため、ほぼオーダーメイドのようになっています。
 
人は惑星のルーツも違えば、輪廻して探求してきたテーマもカナリ違うため、その人にあった開花の仕方があるからです。
 
あなたが自分の本質と繋がる手助けになればと思いこの記事を書かせていただきました。
 
以下の体験談は、一人ひとり違いますがあなたが自分らしさに気づく何かの機会になるかもしれませんので参考にしてくださればと思います。

 
・Yさんのワークを受けての感想です。
 
目をつむってすぐ、こちらに近づいてくる光がありました。
 
あ、ゆうきさんの光だな、これからどこに連れて行ってもらえるのかな、と思っていたら、青白い光の静かな神殿のような所に着きました。
 
(この光は私の光ではなく、彼自身の本質の光です。)
 
そこで目の前の大いなる光が声を掛けてきました。
 
「我を受け入れよ」というので受け入れた所、何か爆発するような巨大なエネルギーを感じました。
 
この後、今の自分が新しいことを出来ないでいる理由(恐怖の正体)を知ることができました。
 
自分は、常に人の反応を気にしていました。
 
自分がこう言ったら相手はどんな反応を示すだろうか?
 
受け入れてくれるのだろうか?拒絶されはしないだろうか?
 
常にそれを気にして、新しいことを始めたくても、相手がどんな反応を示すのか、怖くて一歩が踏み出せないでいる事がわかりました。
 
また、かつての前世で周りの人たちに裏切られころされた経験から、「周りの人たちは自分に害をなすもの」という恐怖心があった事もわかりました。
 
新しいことを始められない自分、周りの人に対する恐怖心、これがリンクしていたんです。
 
そして、大いなる光に、その克服する方法を教わりました。
 
それは「自分を傷つけた人たちを許し、受け入れること」でした。
 
早速、心の中で「許します、受け入れます」と言うと、身体が急に軽くなりました。
 
ワークが終わると、肩の力が抜けたような、とても楽でスッキリした感じになりました。
 
自分の周りにいくつもあった鎖が消滅した気がしました。
 
今までずっと分からなかった事に気付き、深い癒やしが起きたようです。
 
ありがとうございました。

 
・Kさん(女性)からのワークの体験談です。

Kさんはいくつかのワークを受けられた方です。

ワークを受けるとどのように変化されていくのか分かると思います。

~~~~~~~~

 
<セッション1回目の感想>

今回、インディコチルドレン ライトワーカ―というワードが心に引っ掛かるようになり 思いきってこのエネルギ―ワークに申し込みました。

これまで家族や友達といても 一人取り残されたような孤独感があり また社会とも適合しないといった生きにくさを感じでいました。

ワークに入る前に、誰にも言えなかった胸のうちを初めて話す事が出来き、またそれを全て肯定して頂いた事で 長年の胸の重荷が軽くなりました。

最初のワークでは 大天使ミカエルやファイヤードラゴン とユニコーンにつながる事が出来ました。

人より何か見えると言った体質でもなく、いたって普通な体質ですが、波動やエネルギ―を感じました。(なんとなくといった感じです。)

しかし、家のスペースや家族の周りにある低い波動を浄化したり、ユニコーンからヒ―リングを受け取ったり といったワークの最中は 子供たちが急に静かになったり 逆に元気になったり いつもとは 明らかに様子(テンション)が変わったので 驚きました。

ワーク後も自分で大天使ミカエルとファイヤードラゴンに自分自身や場所の浄化をお願いしました。

回数を重ねるにつれ 波動やエネルギ―の変化や種類の違いのようなものを感じるようになりました。

 
<セッション2回目の感想>

1回目のワークと2回目のワークの間は短かったのですが、外出すると人や場所のエネルギーに敏感になっていることに気づきました。

そのため、ワークに入る前にブロックの仕方を幾つか習いました。

ブロックの仕方を教わる前は 人や場所の波動が自分と合わず、近寄れない時もありましたが、今は普通に過ごす事が出来ます。

(私の場合は出掛ける場所に先にファイヤードラゴンに行ってもらい、人や場所の波動の浄化をしてもらっています。)

次に、今回のワークでは12チャクラの活性化をしました。

ここでは エネルギ―の色や強さ 太さと言ったものを感じました。

12のチャクラ・・・特に7大チャクラにいたっては体を通るチャクラなので 活性化していくたびに 光りが通るようなピリピリした感覚を覚えました。

そして そのまま ユニコーンに来てもらい 私や家族、日本のカルマを癒すワークを行いました。

自分自身の時は細かなシャワーを浴びるようなエネルギ―を感じ、家族の時はかなり 水圧の強いシャワーのようなエネルギ―を浴びました。

そして、国土 日本のカルマ的傷を癒すワークでは 足下(土の下)から 何かが沸き起こってくるような感覚と 国土が揺れ動く感覚を覚えました。

次に 私の側面(アスペクト)ともう一度繋がるワークをしました。

ここではユニコーンにサポートしてもらうのですが、 自分の奥深くに閉じ込めていたエネルギ―が外にグッと強い力で引っ張られた感じを受けました。

そして 最後に「アトランティス時代を思い出してみてください」と言われました。

私はアトランティスについて特に知識もありませんでしたので、一瞬戸惑いました。(確か古代ギリシャの伝説の都市で海に遺跡が見つかった事で話題になったような・・・くらいの怪しい知識です。間違っていたらすみません。)

「思い出す感じで」と言われ・・・本当に誰かの名前を必死に思いだそうとするような感覚で思いだそうとしました。

すると 急に右前方に小高い緑の芝生と林が見えました。

私の前には宮殿に続く道があり 私は白の布をまとっていました。

私の両脇に 一人ずつ人がいて 今でいうマネージャー?のような方だと感じました。

おそらく私は 男性で身分が高いようです。先生と呼ばれて 多くの人から救いを求められているようです。

道を歩いて行くと両脇にベットに横たわった人々がいて その方を看護する女性や男性がいます。

私はベットに横になっている方の胸に手をあてました。

するとその方が癒されていくのがわかりました。

真っ直ぐ進み、そのまま神殿に入りました。

柔らかな色のテラコッタタイルの床で どうやら 癒しを目的に創られたようです。

そこにも多くの方が横になったり 座っていたりしています。

私の前に 突然60代くらいの男性がやってきたので、私は彼の頭をそっと撫でました。彼が癒されていくのがわかりました。

ここまでで 現実に戻りました。

私はいたって普通で 特別なものが見えるタイプではないのですが、思いだそうと集中した時に突然 映像が浮かんで見えた感じです。

今、心理セラピーの勉強もしているので、おそらくこの「癒し」という部分が今世の私の使命ではないかと感じています。

導かれていると感じました。

ありがとうございました。

 
<その後>

Kさんが日常に戻られて、体調を崩されたとのことで手助けするために以下のワークをお伝えさせていただきました。

・宇宙人から埋め込まれたインプラントを除去したり、ネガティブな存在を取り払うワーク

・目に見えないスピリチュアルドクターたちの助けを得るワーク

・アルクトゥルス人と協力するワーク

・エーテル体(身体をこえた体)にある不必要なクリスタルや制限を取り去る「誓いの破棄」ワーク

・自分が高次元と繋がるのを妨げている信念の切り替え方のワーク

・自分のやりたくないことをできる限りやめ、やりたいことを増やしていくワーク

・自分らしさに対しての不要になった信念を切り替えるためのワーク など

以上をご紹介させていただきました。

 
~そのワークの感想~

アドバイスを頂いたワークを全てしてみました。

MAPの医療チ―ム(スピリチュアル界の医療チーム)とエ―テル界の医療チ―ム、アルクトゥルスの方々のお力を借りました。

終始、エネルギ―が体の周りを包んでいるのを感じました。

「誓いの破棄」も唱えて 出来ることは全てしてみました。

ワーク後は少し体が楽になりましたが、思いきって本当はしたくない事を出来る限りやめてみました。

具体的には家事の手抜きです。

完全にやめる事は出来ないので 必要最低限の事のみで 極力 体を休めました。

やる気が起こらない事も善しとしました。

また、同時に内観をしてみたところ、「完璧にならなければならない」という思いがある事に気がつきました。

ライトワーカーたるもの

物欲は捨てる

純粋になる

家族を守る

人を救くうべきetc.

ストイックになっていっていたような気します。

そしてもっと自分を高めなければと思っていたように思います。

たとえば

子育てや子供の喧嘩にイライラしてはいけない

叱ってはいけない

常に良い波動でいなければいけない

様々なものに、否定をして逆にエネルギ―を送っていた気がします。

肉体を得ている以上 様々な感情がある事はけして悪い事ではなく、感情の良い悪いはないと思いました。

あるとしたら ジャッジをしてしまう自分。

物欲や煩悩を捨てるといったことも 「過ぎたるは毒」といったように、ある程度、自分を満たす事も大切だと思います。

地球上で生活するには 半分はエネルギーですが、 半分は物質の部分もあるわけで いかにバランスをとるかという事なのかなぁ とぼんやり思いました。(解釈が違っていたらすみません)

あと、好きな事はメイクやお洒落をする事だったのですが「禁欲」を掲げてからは 一切やめていたのにも気がつきました。

そして、先日出先で受けたエネルギーは、まだ私の癒えていない部分と同調したために影響を受けたのかもしれないと考えると

小さい頃からの経験でお金に対する恐怖などがあった気がしました。

今朝は体が楽です。気持ちも穏やかです。

自分がどんな時も 暗闇の中にいるときも 守り導いてくれる存在に感謝です。

今、感じでいる事を思いつくままメール致しました。

ありがとうございました。

 
<セッション3回目の感想>

 
今回は2回目から約1週間後に3回目のワークを受けました。

その2日前から 手にエネルギ―を感じ始め、手を意識すると温かくなり、次第にピリピリし始めました。

前日は夜中に突然、全身が熱くなりました。エネルギ―が体を回っていると感じました。

そこで迎えた3回目、毎朝「12チャクラの瞑想」と「チャクラ融合の祈り」(←前回お渡しした瞑想です)をしている為か、

徐々に自分の波動の状態が分かるようになりました。

ワークの冒頭で 「大天使セラフィーナに繋がってお願いをするワーク」をしました。

私は前夜の事もあったので、「遠隔でエネルギーを送る力を授けて下さい」とお願いしました。

すると目を閉じて少しして 明るい白い光を感じました。

それと同時に体にエネルギ―が流れてくる感覚を覚えました。

次にセラフィーナが、主宰している学校へ連れて行って頂きました。

一瞬体が浮いた感覚があったので(浮きながら前に進んだ感じです。空港や駅にある遊歩道?の最速バージョンのような感じです)

そこで「セラフィーナに遠隔エネルギ―の使い方を教えてもらって下さい」との事でしたので 心の中でお願いしました。

すると 程なくして イラスト化された人の形が浮かんできました。

イラストの人の形を思い浮かべながら

目の前に遠隔でエネルギ―を送りたい人がいると思って 手をかざすようにしてエネルギ―を送る・・・

といった内容が感覚的に伝わってきました。

その後、ゆうきさんから「実際に今から僕にしてみて下さい」と仰ったので、

遠隔でエネルギ―を送ってみました。

丁度 寒い日でしたので 温かい癒しのエネルギ―を送りたいと思いました。

まず イラスト化された人の形を思い浮かべてみました。

次にオレンジ色のエネルギ―を想像しながら 意識を集中してみました。

すると 手からピリピリした感覚がし始め 前にエネルギ―が伸びていっている感じかしました。

暫くその状態を保っていました。

ゆうきさんから「段々 体が熱くなってきました」と仰って頂いたので送れていたようです。

最後はセラフィーナに感謝を伝えて終わりました。

ゆうきさんからは

「受け取るだけではなく、実践して行く事がはるかに成長する」

「(愛の)エネルギ―を送る事で、同時に不要なものが入ってこないので最大のプロテクションになる」といったお話を頂きました。

日々実践と思います。セラフィーナから授けて頂いた力をこの星のアセンションと皆さんの幸せの一助になればと思っています。

<さらにその後>

毎朝の12チャクラの瞑想とチャクラ融合の祈りも2週間を過ぎました。

ブレた時がわかりやすくなり、またブレた場合に自分の軸に戻るのも早くなったように思います。

この一週間は寝るまえに子供たちにヒ―リングのエネルギ―をイメ―ジしながら、遠隔や、時にはマッサージをしながら送るといった事をしていました。

いつもは寝るのに一時間かかっていましたが、今は ほぼ同時に3人が1分以内に熟睡します。(笑)

また、一昨日は遠隔でエネルギ―を送る時はクリスタルボ―ルに送るイメ―ジをしたところ 光をみました。

何かのサポートを頂きながら送るというやり方なのかもしれないと思いました。

子供の寝かしつけは本当に大変なのですが、多くのママがこういう事が出来ると助かるだろうなと感じます。

いつもゆうきさんが「思い出す感じで」と仰っていた事を意識して 色々試しています。

→このようにご自身の能力が開花されていくお話を聞くと本当にうれしいです。

 
・エネルギーワークで自分のユニコーンとコマンド・アシュタール(高次元のマスター)と一緒に、自分の今に影響を与えている惑星に行きました。
 
その星は本当にたくさんのユニコーンがいて、言葉に表せないような水の噴水がある惑星でした。
 
(後でお伝えしたのですが、それはシリウスという惑星がアセンションしたラクメイというユニコーンの故郷の星のようでした。)
 
その後に、自分のユニコーンにお願いをして、自分が被っている不必要なベールを溶かしてもらいました。
 
そうしたところ、ユニコーンから「たくさんベールを被ってたんだね」と優しく言われ、ヒーリングをされ、涙がどんどん出てきました。
 
(私は彼女のオーラ体にあった不必要なベールが解けて、輝きを増していったのを感じました。)

 
・ある女性のセッションでエネルギーを読んでいたところ青い惑星(シリウス)が見えたため、
 
「何かシリウスと聞いて感じることはありますか?」と聞いたところ、
 
「実は、小さいときからシリウスという星にとてもひかれていて、
 
小学校3年生のときなんてシリウスのことについて詩を書いていたんです。すごい小学生ですよね! 笑」
 
と彼女は答えました。
 
(幼少期は自分のルーツの惑星との繋がりが強いため、彼女の様に自分がどこから来たのかを分かっていることが多くあります。)
 
シリウスはスピリチュアルなテクノロジーや技術、叡智ともとても関係があることを伝え、
 
彼女は意識的にシリウスと繋がるようになり始めました。
 
自分と縁が深い惑星と繋がることはとても重要です。
 
そうすることによって自分の持っている資質や能力、そして自分が本当に属しているものがわかる安堵感などたくさんのものが得られるからです。

 
・セッションで12のチャクラを活性化させてから、自分がアトランティスの黄金時代にやっていたことがどんどん思い出されてきました。
 
始めはなぜか自分が高い塔の上に立っていて、白いヒーリングのエネルギーを天から地上の広い領域に降ろしている映像が見えました。
 
それから、ワークを続けていたら自分がその白いエネルギーを使って人にヒーリングをできることが分かってきました。
 
職場で悩んでいる同僚にそのヒーリングを黙って行ったところ、その同僚は誰にも打ち明けたことのない深い悩みを自分だけに打ち明けてくれたのにはびっくりしました。
 
(その同僚の何かが癒されて、今まで奥深くにあってなかなか出てこなかったものが表面に出てきたのだと思います。)

 
・ある男性は、「仕事」と「お金」というキーワードを思い浮かべると、とてもエネルギー的にも重たくなることを自覚していて、それに対して前世の経験などヒーリングを繰り返してきました。
 
しかし、あまり改善されてこなかったとのことで、一緒にみていったところ、その「仕事」と「お金」の重たいエネルギーが集合意識からやってきていることが分かりました。
 
彼に、その集合意識をイメージ化してもらい大天使ミカエルとその部隊を読んで、浄化してもらいました。
 
はじめその集合意識は黒い鎖のようでしたが、それが解けてなくなったといいます。
 
すると、突然彼は軽くなり、同時に相当広い領域(おそらく数十キロメートル)の範囲が明るくなりました。
 
(人の高次元のオーラ体は32キロメートル以上あることがあります。)
 
おそらく彼が代表してその集合意識の鎖を浄化したため、周りにいる人たちにもかなり良い影響が及ぼされているでしょう。
 
(わたしは彼とのセッションを通じて、ライトワーカーはこうやって代表してエネルギーを浄化する役割があるということに気づきうれしくなってしまいました 笑)

 
・Tさん(女性)は自分の高次元のチャクラであるコーザルチャクラを活性化させていたところ、とてつもなく白い光が降りてきて、圧倒されていました。
 
(はじめ高次元のエネルギーに接触すると、自分の今ある不純物などが取り除かれ始めるので、ある意味凄まじい滝に打たれているような感覚が起こることがあります 笑)
 
それから別のチャクラも活性化されていったことで接続がうまくいくようになり、だいぶんと落ち着いて、自分の本質と繋がれるようになっていきました。
 
(高次元の自己と融合するときは、自分のチャクラを浄化しておくことが重要です。
 
大体ワークのはじめでは、各チャクラをファイヤードラゴンや大天使ミカエルと協力して浄化していきます。)

 
・Fさんとセッションをしていったとき、突然「本を書いたほうが良い」というメッセージが聞こえました。
 
それを伝えたところ、彼女も乗り気になり、本を書き始めました。
 
すると、彼女は自分の過去を題材にした本を書くことで、自分が癒されていくことを発見しました。
 
始めは自分が一番苦しかった時期の章がどうしても書くことができず苦しかったとのことでしたが、天使達とのヒーリングを継続したところ、ある日突然自然にその章が書けるようになりました。
 
周りの友人からも「何か吹っ切れたんじゃない?」と言われるようになったとこのことです。
 
(私は本を書くことが本人のヒーリングになるとは思いもよりませんでした 笑
 
しかし、自分の過去の経験を詳細にわたって思い出し、整理することはヒーリング効果があるのはうなずけます。)
 
先日、彼女の本は完成し、アマゾンで電子書籍として出すことになりました。
 
とても嬉しいですね。

 
・Sさんは、お金の流れに関する不安や心配があり、
 
さらに、職場の人間関係でも、どうしても気になって影響を受けてしまう男性がいるとのことでした。
 
天使たちと協力して、まず彼女が「自分が豊かさに値する存在である」と確信することを妨げているエネルギーを一緒に除去していきました。
 
彼女は足や首から鎖で繋がった重りを感じ、それがなくなったといいます。
 
それから、「豊かさ」と「許し」に関して良くない影響を及ぼしている集合意識の影響から大天使ミカエルとその部隊の助けを借りて解放されました。
 
その後、彼女に高次の許しのエネルギーと繋がることを提案し、彼女は自分のインナーチャイルド達を一斉に癒しました。
 
彼女いわく、
 
「自分が豊かになることに対してどうしても抵抗し続ける小人が自分の中に一人いて、話をしてもなかなか分かってもらえませんでした。
 
でも、高次の許しのエネルギーと繋がってから自分を通して、他のインナーチャイルドも含め一気に地面からエネルギーが通って、
 
それから自分の中で抵抗がなくなりました。」
 
最後にセラフィムの一人であるセラフィーナや縁のある天使たちに歌を歌ってもらい、自分の本質的な豊かさとの繋がりを強固にしてもらいました。
 
彼女の意識は劇的に変化し、
 
「この意識の状態だとお金のことやこの先のことなどを考えても不安というものが一切存在しません。
 
この先良くしかならないのが分かります!本当に楽しみです!」
 
と言っていました。
 
彼女に対してメッセージが以下のように浮かんだので伝えました。
 
「今感じている豊かな世界が本来のあなたが住んでいる世界です。
 
自分にとって何が些細なことで、何が大切な事か理解してください。
 
そして、自分にとって大切な事を周りの雰囲気などに引っ張られても、譲らないでください。
 
むしろ、自分がその豊かな世界に住み続け、その場所から周りの人に豊かさを分け与えてください。
 
困難に遭遇している人のところに降りて行って、その人に同調して何かをすることは共倒れになる可能性があります。
 
そうではなく、自分自身は何があっても自分の本来の世界に居続け、その人をその世界に招待するのです。」と。
 
彼女のオーラ体は大きく光り輝くようになりました。
 
私はそれエネルギーを感じて、これを「豊かさ」と言わずしてなんというのだろうか?と感じたのを覚えています 笑
 
わざわざ遠方から新幹線できてくださったのですが、「今日は来て本当に良かった!」と喜んでくれたのがとてもうれしかったです。
 
あの状態になればこの先本当に良いことしか起こらないでしょう!

 
・Aさん(男性)は、スピリチュアルなことに関心がありましたが、自分の今やっている仕事が全く関係のないことなので今後のことについて迷っていました。
 
今後のことに関して私からアドバイスがほしいということだったので、
 
「私よりもあなたのことを一番わかっているハイヤーセルフに聞いてみてください」
 
とお伝えして、ハイヤーセルフと繋がってもらいました。
 
ハイヤーセルフと繋がってもらった時、彼は、
 
「今まで瞑想をしていてこの感覚になることがあったのですが、これは自分の本質と繋がった感覚だったんですね!」
 
といって、自分の本質と繋がった感覚をつかんだようでした。
 
(彼と同じようにどの感覚が自分の本質と繋がっている状態なのかが不確かがな方が多くいらっしゃいます。
 
一緒にエネルギーセッションをすると、それがよくわかるという声をいただいおります。)
 
それから彼に、
 
「ハイヤーセルフの状態になった今のあなたは、自分に対する最高のアドバイザーやコンサルタントの状態です。
 
自分の今後のことなどについて質問したいことを何でも聞いてみてください。」
 
と伝えました。
 
彼は自分で自分に質問して驚いていました。
 
「本当に質問したら一瞬で答えが返って来るんですね!むしろ質問したと同時に答えが来る感じがします。」
 
と言っていました。
 
自分で自分に質問して、自分で答えるという不思議な光景ではありますが、笑
 
私の考える理想的なセッションはこのようなものです。
 
セッションを与える側が見えることを伝えるだけのセッションの場合は、
 
相手からの依存関係もつくりやすいように感じますし、
 
その人が自分で自分の真実を知り、生きる力を育まない可能性があります。
 
最終的には、その人が自分の力で自分の人生を豊かに生きられるようにすることが私の役割であると思っているので、
 
私のセッションは、相手に自分で自分を癒したり、開放したりするツールをお渡しするようにしています。
 
例えば、「チャクラの活性化のやり方」「天使やユニコーンとの繋がり方」「エネルギーの浄化の仕方」などです。
 
彼は自分の本質と繋がり、今後のことに関してとてもよく理解できたようでした。
 
こうやって人が自分の本質と繋がり、周りの人や環境に預けてきた自分本来のパワーを取り戻すのを見るはとてもうれしいことです!

 
・セッションでお会いしたある方は最近になってチャネリングをすることにひかれるということでした。
 
高次の存在と繋がりやすいようにチャクラの活性化などもさせていただき、その後で試しにチャネリングをやってもらいました。
 
始めは不確かそうな部分や自分を疑うような部分があったようですが、
 
「チャネリングで本当に大切な事は誰と繋がっているか、ちゃんと繋がれているかというよりも、
 
そこでもたらされた情報が実際に自分の人生に役立つかどうかです。
 
実際にチャネリングで繋がった高次の存在達も、同じように言っています。
 
私達が誰であるのかは重要ではありません、重要なのはメッセージの内容のです。」
 
とお伝えいたしました。
 
それから、エネルギーの質についてなどいろいろとお話しさせていただき、彼女はこれからの自分の方向性が分かってきたとのことでした。
 
「今日来てよかったです!」と言っていただいてとてもうれしかったです。

 
などなど随時更新中。

=====================

自分の本質・故郷の惑星(ホーム)とつながるエネルギーワーク

===================== =====================

今の仕事から、だんだんと本当に自分らしい仕事・ライトワークにシフトするための実践型メルマガ講座はコチラ

=====================

本当の自分を知るテスト

  1. fdrsedrftgyuhij_tp_v-1
  2. In October of 2013 Hubble kicked off the Frontier Fields programme, a three-year series of observations aiming to produce the deepest ever views of the Universe. The project’s targets comprise six massive galaxy clusters, enormous collections of hundreds or even thousands of galaxies. These structures are the largest gravitationally-bound objects in the cosmos. One of the Frontier Fields targets is shown in this new image: MACS J0717.5+3745, or MACS J0717 for short. MACS J0717 is located about 5.4 billion light-years away from Earth, in the constellation of Auriga (The Charioteer). It is one of the most complex galaxy clusters known; rather than being a single cluster, it is actually the result of four galaxy clusters colliding. This image is a combination of observations from the NASA/ESA Hubble Space Telescope (showing the galaxies and stars), the NASA Chandra X-ray Observatory (diffuse emission in blue), and the NRAO Jansky Very Large Array (diffuse emission in pink). The Hubble data were collected as part of the Frontier Fields programme mentioned above. Together, the three datasets produce a unique new view of MACS J0717. The Hubble data reveal galaxies both within the cluster and far behind it, and the Chandra observations show bright pockets of scorching gas — heated to millions of degrees. The data collected by the Jansky Very Large Array trace the radio emission within the cluster, enormous shock waves — similar to sonic booms — that were triggered by the violent merger. For more information on Frontier Fields, see Hubblecast 90: The final frontier. Links  Hubblecast 90: The final frontier Link to Hubblesite release
  3. elly95_hanatotegami_tp_v-1
  4. oht97_nagareruhosi_tp_v
  5. 160512-8_tp_v
  6. FS196
  7. FS140
  8. FS151
  9. TSU852_icyounoochibadeakiwoshiru_TP_V
  10. PAK85_jinseimagarimichi20140102_TP_V
PAGE TOP