アセンションした世界についての情報

003YAMASHA601_TP_V

以下はこれから先地球がアセンション世界に関する情報です。
 
自分に響くところを取り入れて、実際に行動に移していっていただければと思います。

 
・2012年~2023年の11年間は、人間も含む全てが神・創造主に近づき、強化される「揺さぶり」が起きます。
 
その目標に向かって一歩一歩上がっていく時なので、地球の黄金時代を創造するために必要とされる資質(愛、優しさ、平和、協働など)に基づいて生きることがとても重要になってきます。
 
私達が良い資質を保ちながら日常を生きて行けば、より生きている実感を味わい、明るく活気に満ち、すべては明確になり軽やかになっていきます。
 
もし、仕事や人間関係などすべての場面を高い質と調和して喜びながら生きれば、最高に豊かな人生を送ることができるでしょう。
 
そして、その時あなたはより高次の光に包まれる必要がある人を抱擁し祝福するように求められます。
 
つまり人間関係においても本当に愛や光に基づいてい生きている人とつながり、その力になることが重要であるということです。

 
・5次元の世界では自己中心的なエゴ、権力争い、私的な欲や野心は存在しません。
 
その世界では、自分を創造的に表現したい、人々に奉仕したい、大地と繋がりたい、そしてスピリチュアルな次元に調和したいという熱望が強く存在します。
 
これは現代の人間性にまつわる葛藤や感情的な依存が織りなす人生のドラマを演じている人にとっては退屈に聞こえるかもしれません。
 
しかしこれは、本当の喜びや充足感、そして平和という素晴らしい感覚を呼び覚ますものです。

 
・5次元の世界では満足感と幸せを得られる仕事をすることが重要視されるようになり、人々は創造的で、満ち足りた生産的な時間を費やすようになります。
 
その世界では金銭や銀行は存在せず、エネルギーの交換のみが存在します。
 
つまり価値あるものと価値あるものが交換されるというシンプルな法則に従うということです。
 
この新しい時代と同調するためにも、今いるところから自分にウソをつかず心から価値があると思うものを提供することが重要となります。
 
なぜなら現代では実質的に仕事をしていなくてもお金がもらえることが多くあり、仕事の中身にその人の魂の表現が込められていなくてもそれなりには生きていけるからです。
 
自分の本質に本当に正直な世界では、本当に自分の内面と行動が一致している必要があります。
 
それは、本当に自分らしく生きていきたい人にとっては素晴らしいことでしょう。
 
新しい時代に備え、今いる場所から自分の中にあるウソを徐々にでも減らし、代わりに本当に自分の感じていることを大切にして行動をしていくと良いでしょう。
 
その切り替えが結果としてあなた自身と関わった人たちの波動をあげることとなるでしょう。

 
・5次元の世界では仕事をする上でのモティベーション・原動力となるものが切り替わります。
 
ビジネスを築き上げ、仕事で成功したいという潜在的な欲望ではなく、自分たちのために本当に必要とされているものを生産するという喜びが原動力となり、協力し合うでしょう。
 
余ったものは全て保存され、自由に交換されます。
 
人はまず自らの喜びとともに仕事をし、そのして結果としてそれが周りの他の人たちにも喜びをもたらすこととなるでしょう。
 
それぞれが自分を中心として喜びの波動を外側に広げていくのをイメージするとわかりやすく、そのためにはまずは自分自身が日常的にハイヤーセルフなど高次の自己と融合して生きていくことが重要となります。

 
・五次元の仕事をしていくうえでは、最も誠実な自分に忠実でいることが大切です。
 
誠実さとは本当の自分自身にウソがなく、正直であることです。
 
忠実とは大切なことを中心において実際にそれを生きることです。
 
実は「真実」は他人にも感知できる波動を持っています。
 
その波動によって、人々はあなたを信用しても大丈夫だという安心感を得ることができます。
 
「真実」とは「自分自身として存在すること」です。
 
その結果自然にあなたにぴったりの仕事が、あなたのもとに送られて来ます。
 
この法則は、会社などの従業員であっても、ビジネスオーナーであっても同じように働きます。
 
あなたのすべきことは、自分の中で今ある最高の理想を知り、それに対するウソを徐々になくしながら、同時に今ワクワクすることを次々と行動に移すということでしょう。
 
ただ自分を修正したりヒーリングし続けることが重要なのではなく、この地上に生きる神・創造主の分身として最高の現実を生きるために修正やヒーリングをすることが重要なのです。
 
あなたの送りたい最高の人生はどのようなものでしょう?
 
その世界は目に見えない世界ですでに創造されています。
 
この地上にいるあなたがするべきことは、その最高の理想に対する自分の中にあるウソや疑いや拒絶を手放し、ただ喜んで創造主からのプレゼントを受け取る事だけなのです。
 
あなたの経験によって創造された次なる最高の展開を経験し続けていく、天国のような世界を実際に今から生きることは可能なのです。
 
まずはあなたが自分にとっての理想郷を生きることで、周りの人にも最高の世界を生きることが可能であるということを示していってください。
 
誰か高次の存在が勝手に地球を5次元にシフトさせてくれるわけではありません。
 
高次の存在たちはこの地球にいる私たちをサポートしにきてくれているため、実際にその天国を地上にもたらすのは私たちなのです。
 
最高に理想について意識を向け、感じ、そして、今いる場所から現実的に行動していきましょう。

 
<ワーク>
 
上記の文章を読んで、自分に響いたところを取り入れ、自分なりの表現に変換してみましょう。
 
ブログを書いている人は記事にしたり、作品を創っている人はそこに上記の情報を活かしてみてください。
 
情報を得てからは、それを自分が明るい気持ちになる行動に変換し、実際に行動して結果を経験するところまで行く量にしましょう。
 
学ぶの本当の意味の1つは、「この地球で実際に行動に移した自分の験から」学ぶということです。

=====================

自分の本質・故郷の惑星(ホーム)とつながるエネルギーワーク

===================== =====================

今の仕事から、だんだんと本当に自分らしい仕事・ライトワークにシフトするための実践型メルマガ講座はコチラ

=====================

関連記事

  1. ppw_komorebitohikarinomichi_tp_v

    ライトワークを始める5:本当にやりたいことをやろう!

  2. el140095240_tp_v

    あなたの波動はどのようにして上がっていくのか?

  3. pak0i9a4230_tp_v

    ライトワークをする際にやってはいけない質問

  4. ohkobayashi_img47961_tp_v

    アルクトゥルスとは?アルクトゥルス人と繋がるとどうなる?

  5. pak86_midorinokouseki15204929_tp_v

    ライトワークを始める7:自分らしい仕事は自分で創る

  6. FS196

    ライトワークの技術:アストラル界の霊的存在の開放

  7. gftdrsedrftgy_TP_V (2)

    ライトワーカーとは?ライトワーカーの特徴と能力の活かし方

  8. tsu_img_2437_tp_v

    本質と繋がり最高の一日を創造する26秒間のワーク

  9. bsHIRO92_indasutoriarucity

    ライトワーク講座:あなたの本当の仕事(貢献)についてまとめ

本当の自分を知るテスト

  1. fdrsedrftgyuhij_tp_v-1
  2. In October of 2013 Hubble kicked off the Frontier Fields programme, a three-year series of observations aiming to produce the deepest ever views of the Universe. The project’s targets comprise six massive galaxy clusters, enormous collections of hundreds or even thousands of galaxies. These structures are the largest gravitationally-bound objects in the cosmos. One of the Frontier Fields targets is shown in this new image: MACS J0717.5+3745, or MACS J0717 for short. MACS J0717 is located about 5.4 billion light-years away from Earth, in the constellation of Auriga (The Charioteer). It is one of the most complex galaxy clusters known; rather than being a single cluster, it is actually the result of four galaxy clusters colliding. This image is a combination of observations from the NASA/ESA Hubble Space Telescope (showing the galaxies and stars), the NASA Chandra X-ray Observatory (diffuse emission in blue), and the NRAO Jansky Very Large Array (diffuse emission in pink). The Hubble data were collected as part of the Frontier Fields programme mentioned above. Together, the three datasets produce a unique new view of MACS J0717. The Hubble data reveal galaxies both within the cluster and far behind it, and the Chandra observations show bright pockets of scorching gas — heated to millions of degrees. The data collected by the Jansky Very Large Array trace the radio emission within the cluster, enormous shock waves — similar to sonic booms — that were triggered by the violent merger. For more information on Frontier Fields, see Hubblecast 90: The final frontier. Links  Hubblecast 90: The final frontier Link to Hubblesite release
  3. elly95_hanatotegami_tp_v-1
  4. oht97_nagareruhosi_tp_v
  5. 160512-8_tp_v
  6. FS196
  7. FS140
  8. FS151
  9. TSU852_icyounoochibadeakiwoshiru_TP_V
  10. PAK85_jinseimagarimichi20140102_TP_V
PAGE TOP