ライトワークの技術:アストラル界の霊的存在の開放

FS196

今日は自分に影響を与えているかもしれない存在を浄化する方法をお伝えいたします。

ちょっといつもよりも調子が悪いかなと感じたり、何か違和感があるときは以下の方法を実践してみてください。

 

<アストラル界の霊的存在の開放の仕方>

まずはじめに助けを求めましょう。

「大天使ミカエル、どうか光のトンネルをここへつないでください。アリエル、アズラエル、そしてアル・キリ、どうか力を貸してください。」

そして次の言葉を意図を込めて言いましょう。(口に出さなくても結構です。)

「私は、私自身あるいは私の体のなかに存在するだれか、または私の遺伝的係累が、意識的であれ無意識であれ、

アストラ界のエンティティ、残留思念、悪魔、闇の勢力、精霊、異星人、亡霊などと取り交わした、いかなる合意あるいは契約もすべた破棄します。

どうかトンネルのなかへ入って下さい。あなたを故郷へ送りだしてあげます」

あなたがエンティティの解放を開始するその瞬間から、あなたの感情や考えは自分のものではないと思ってください。

退屈、集中できない、抵抗、「こんなの効くわけがない」という考え、怒り、痛み、悲しみなどは、すべてエンティティからやってきているかもしれません。

それらを見つけ出し、送り出してあげましょう。

「抵抗しているエンティティたちよ、光のなかへ行きなさい!」と言います。(これは口に出して言いましょう。)

トーニング〔音を発することでヒーリングをする方法]はエンティティの解放にとても有効です。

あなたがすっきりと軽くなったのを感じたら、大天使ミカエルに頼んで、トンネルを五次元に戻してもらいましょう。

以上となります。

 
<ワークについての補足説明>

私たちのフィールドはしばしばアストラル界(霊的存在)に浸入されるものです。

意識的にせよ、そうでないにせよ、私たちが恐怖や必要にかられた瞬間に同意して受け入れてしまうのです。

こうしたエンティティはたいてい、私たちを身代わりに使って生きることの見返りとして、何かしら私たちの気が楽になるようなことを約束します。

アストラル界のエンティティたちは、三次元の存在と同じように二極性の幻影とゆがみに影響されているので、このような取り引きのほとんどは、まったく価値のないものです。

彼らはしばしば物に対しても人に対しても、さまざまなタイプの中毒を糧にして生きています。

あるものは本当に怒りと暴力を楽しみ、言い争いやカルマ的な状況からエネルギーを吸い上げ、カルマをさらに強烈なものにします。

ときには人と人との関係が、実際には取り憑いたエンティティどうしの関係だったりすることもあります。

これらのエンティティを光のなかへと解き放つことは常に有益です。

それによって彼らは次の進化の段階へと移れるし、あなた自身はそれらの影響から自由になれるからです。

「エンティティの解放」は、「スピリチュアルな清浄さ」を保つプログラムの一環として実行するとよいでしょう。

なかには、単に自分のフィールド内になんのエンティティも「忍び込んで」いないことを確認するために、定期的にこれを行っているという人もいます。

ただしこのプロセスは、あなた自身がこれらのエンティティと同意している場合にのみ、その解放が可能です。他の人の同意によるものを解放することはできませんので、注意してください。

大天使アリエル&タシラ・タチーレン著 「ライトボディの目覚め」より

=====================

自分の本質・故郷の惑星(ホーム)とつながるエネルギーワーク

===================== =====================

今の仕事から、だんだんと本当に自分らしい仕事・ライトワークにシフトするための実践型メルマガ講座はコチラ

=====================

関連記事

  1. FS151

    自分らしい物事の観方を知るテスト

  2. pak86_houijisyaku20131005_tp_v

    ライトワーク講座・自分の理想の仕事を描いたら、後は些細なことは気にしないこと

  3. fdrsedrftgyuhij_tp_v-1

    アセンデッドマスターのリスト

  4. hiro92_tukinomieruoka_tp_v

    ライトワーク講座:喜びをもっと増やすことに意識を向ける

  5. bsHIRO92_indasutoriarucity

    ライトワーク講座:あなたの本当の仕事(貢献)についてまとめ

  6. In October of 2013 Hubble kicked off the Frontier Fields programme, a three-year series of observations aiming to produce the deepest ever views of the Universe. The project’s targets comprise six massive galaxy clusters, enormous collections of hundreds or even thousands of galaxies. These structures are the largest gravitationally-bound objects in the cosmos. One of the Frontier Fields targets is shown in this new image: MACS J0717.5+3745, or MACS J0717 for short. MACS J0717 is located about 5.4 billion light-years away from Earth, in the constellation of Auriga (The Charioteer). It is one of the most complex galaxy clusters known; rather than being a single cluster, it is actually the result of four galaxy clusters colliding. This image is a combination of observations from the NASA/ESA Hubble Space Telescope (showing the galaxies and stars), the NASA Chandra X-ray Observatory (diffuse emission in blue), and the NRAO Jansky Very Large Array (diffuse emission in pink). The Hubble data were collected as part of the Frontier Fields programme mentioned above. Together, the three datasets produce a unique new view of MACS J0717. The Hubble data reveal galaxies both within the cluster and far behind it, and the Chandra observations show bright pockets of scorching gas — heated to millions of degrees. The data collected by the Jansky Very Large Array trace the radio emission within the cluster, enormous shock waves — similar to sonic booms — that were triggered by the violent merger. For more information on Frontier Fields, see Hubblecast 90: The final frontier. Links  Hubblecast 90: The final frontier Link to Hubblesite release

    あなたの出身星を知る方法

  7. l201106190600

    12のチャクラとは?各チャクラについてまとめ

  8. FS196

    名前のパワーについて

  9. axis141105267575-thumb-autox1600-19474

    黄金時代への扉を開く「問い」

本当の自分を知るテスト

  1. fdrsedrftgyuhij_tp_v-1
  2. In October of 2013 Hubble kicked off the Frontier Fields programme, a three-year series of observations aiming to produce the deepest ever views of the Universe. The project’s targets comprise six massive galaxy clusters, enormous collections of hundreds or even thousands of galaxies. These structures are the largest gravitationally-bound objects in the cosmos. One of the Frontier Fields targets is shown in this new image: MACS J0717.5+3745, or MACS J0717 for short. MACS J0717 is located about 5.4 billion light-years away from Earth, in the constellation of Auriga (The Charioteer). It is one of the most complex galaxy clusters known; rather than being a single cluster, it is actually the result of four galaxy clusters colliding. This image is a combination of observations from the NASA/ESA Hubble Space Telescope (showing the galaxies and stars), the NASA Chandra X-ray Observatory (diffuse emission in blue), and the NRAO Jansky Very Large Array (diffuse emission in pink). The Hubble data were collected as part of the Frontier Fields programme mentioned above. Together, the three datasets produce a unique new view of MACS J0717. The Hubble data reveal galaxies both within the cluster and far behind it, and the Chandra observations show bright pockets of scorching gas — heated to millions of degrees. The data collected by the Jansky Very Large Array trace the radio emission within the cluster, enormous shock waves — similar to sonic booms — that were triggered by the violent merger. For more information on Frontier Fields, see Hubblecast 90: The final frontier. Links  Hubblecast 90: The final frontier Link to Hubblesite release
  3. elly95_hanatotegami_tp_v-1
  4. oht97_nagareruhosi_tp_v
  5. 160512-8_tp_v
  6. FS196
  7. FS140
  8. FS151
  9. TSU852_icyounoochibadeakiwoshiru_TP_V
  10. PAK85_jinseimagarimichi20140102_TP_V
PAGE TOP