10次元の存在ハトホルより「光の薬」のつくり方

tsudadsss_tp_v

~水を使って「光の薬」をつくる方法~

これは放射線被ばくやウイルス感染などに対して有効な手段として、10次元の存在ハトホルが地球にもたらした情報です。

書籍『新・ハトホルの書』の内容をまとめてお伝えいたします。

 
<光の薬とは>

・光の薬は自分のハイヤーセルフと協力して水に波動を注入し、誰でもつくりだすことができます。

・放射線被ばく、神経毒、細菌あるいは突然変異種ウィルス感染による体調悪化を予防し、症状を癒す助けになります。

・がんやその他あらゆる症状に対しても同様に助けになるとのことです。

・もちろん緊急時には医療的な手段を使い、並行しながら活用することが望ましいでしょう。

 
<水を使って光の薬をつくる手順>

1.まずハイヤーセルフとエネルギーをやり取りする入り口を知ります。

頭の上にまっすぐ両手をあげて、左右の手のひらを合わせてください。

その指先あたりがハイヤーセルフとエネルギーをやり取りする入り口になります。

(位置を確認したら、両手を降ろしてください。)

光の薬をつくる最初のステップで、あなたの意識をこのポイントに向けましょう。

 
2.あなたが受け取りたい光の質を明確にしてましょう。

例えば、深刻なレベルの放射能にさらされていた場合、

上記のエネルギーポイントに意識を合わせ、

「放射能被ばくから自分を守り、癒してくれるエネルギーを降ろしてください」と意図します。

神経毒や細菌、ウイルス感染なども同様にして意図します。

 
3.そして、ハートチャクラから感謝の気持ちを上方のエネルギーポイントに向けて送りましょう。

そうすると、ポイントから、あなたの意図により放射線被ばくの防御とヒーリングに適正化されたエネルギーが流れ込んできます。

 
4.意識を、エネルギーポイントからハートチャクラ(胸の中央)へと移します。

そして、ハイヤーセルフから防護とヒーリングのエネルギーがやって来るのを待ちましょう。

意識をハートチャクラへ移します。

(このプロセスになじんで何らかの反応に気づくまで、何度か繰り返し、感謝と共にエネルギーの質についての意図を、エネルギーポイントへ送る必要があるかもしれません。)

上方からエネルギーが降りてくるのを感じられるまで意図と感謝を送りましょう。

そして、ハイヤーセルフからエネルギーが降りてきたのを感じたら、意識をハートチャクラに移します。

ハートチャクラで防護とヒーリングのエネルギーを受け取りましょう。

 
5.それから真水の入った容器を両手で包むように、あるいは上に両手をあてがい、ハイヤーセルフから受け取ったエネルギーを水へと送ります。

ハートチャクラに入った防護とヒーリングのエネルギーが両腕を流れ、手のひらの中心にあるチャクラを通って容器の水に伝わります。

 
6.上記2~5のステップをあと2回繰り返します。(全3回)

そして、その水を飲みましょう。

水はあなたの身体を構成している水の元素に浸透し、癒しと守護の性質がすべての体細胞に行き渡ってきます。

もしあなたが不安定で危険な状態にあるのであれば、一日に何度か光の薬をつくり、直観にしたがって飲むようにしましょう。

 
<追記>

他人やペットに対して光の薬をつくりたい場合は、上記のステップ2で、

「〇〇さんを□□から守り、ヒーリングするエネルギーを降ろしてください。」と意図します。

ただし、相手がペットや子供以外の場合は、その人につくり方を教えてあげるほうが建設的でしょう。

自分で自分の状態に対処する手だてがあるということを知り、実践するだけでも勇気や希望が湧いてくるものです。

 
※これは医療行為ではなく、光の薬の使用やその効果に関して当方は一切の責任を負わないことをお伝えしておきます。

ただ、知っているのとそうでないのでは大違いだと思いますので、ご自身の判断と責任でご活用いただければ幸いです。

 
参考文献:『新・ハトホルの書』 トム・ケニオン著

=====================

自分の本質・故郷の惑星(ホーム)とつながるエネルギーワーク

===================== =====================

今の仕事から、だんだんと本当に自分らしい仕事・ライトワークにシフトするための実践型メルマガ講座はコチラ

=====================

関連記事

  1. snow_wheel_tp_v

    ライトワーカーのための人間関係の講座

  2. FS161

    ライトワーカーのための時間講座:物事を簡単に、しかも、喜びを感じながら成し遂げるには?

  3. ppw_komorebitohikarinomichi_tp_v

    ライトワーク・ライトワーカーの仕事とは?

  4. FS140

    自分らしい行動のスタイルを知るテスト

  5. FS190

    大天使を呼ぶ祈願と瞑想の方法

  6. ppw_komorebitohikarinomichi_tp_v

    ライトワークを始める5:本当にやりたいことをやろう!

  7. FS130

    強力な4つの祈り

  8. pak85_awaihikari20141015185148_tp_v

    ライトワークについての記事まとめ

  9. pak25_hikarimachinami_tp_v

    ライトワークを始める1:あなたのユニークさを見つける

本当の自分を知るテスト

  1. fdrsedrftgyuhij_tp_v-1
  2. In October of 2013 Hubble kicked off the Frontier Fields programme, a three-year series of observations aiming to produce the deepest ever views of the Universe. The project’s targets comprise six massive galaxy clusters, enormous collections of hundreds or even thousands of galaxies. These structures are the largest gravitationally-bound objects in the cosmos. One of the Frontier Fields targets is shown in this new image: MACS J0717.5+3745, or MACS J0717 for short. MACS J0717 is located about 5.4 billion light-years away from Earth, in the constellation of Auriga (The Charioteer). It is one of the most complex galaxy clusters known; rather than being a single cluster, it is actually the result of four galaxy clusters colliding. This image is a combination of observations from the NASA/ESA Hubble Space Telescope (showing the galaxies and stars), the NASA Chandra X-ray Observatory (diffuse emission in blue), and the NRAO Jansky Very Large Array (diffuse emission in pink). The Hubble data were collected as part of the Frontier Fields programme mentioned above. Together, the three datasets produce a unique new view of MACS J0717. The Hubble data reveal galaxies both within the cluster and far behind it, and the Chandra observations show bright pockets of scorching gas — heated to millions of degrees. The data collected by the Jansky Very Large Array trace the radio emission within the cluster, enormous shock waves — similar to sonic booms — that were triggered by the violent merger. For more information on Frontier Fields, see Hubblecast 90: The final frontier. Links  Hubblecast 90: The final frontier Link to Hubblesite release
  3. elly95_hanatotegami_tp_v-1
  4. oht97_nagareruhosi_tp_v
  5. 160512-8_tp_v
  6. FS196
  7. FS140
  8. FS151
  9. TSU852_icyounoochibadeakiwoshiru_TP_V
  10. PAK85_jinseimagarimichi20140102_TP_V
PAGE TOP