本質と繋がり最高の一日を創造する26秒間のワーク

tsu_img_2437_tp_v


<本質と繋がり最高の一日を創造する26秒間のワークについて>

この情報は光の存在達の集団である「ザ・グループ」からチャネリングによってもたらされた本『リ・メンバー』スティーヴ・ロウザー&ザ・グループ著をまとめたものです。

 
このワークは以下のことに役立ちます。

・自分の本質と回路を繋ぎ、創造のパワーを発揮するのを助けます。

・最高の可能性に意識を集中しやすくなり、実際にそのような出来事を創造することができるようになります。

・日中に不快な出来事などでエネルギーのバランスが崩れて本質との接続が切れたときもすぐに持ち直すことができるようになります。

 
<本質と繋がり最高の一日を創造する26秒間のワークの手順>

1.1日の始まりに、それぞれの手の親指の先と中指の先を合わせて環を作り、無言で座ります。

 
2.そうすると電気回路が繋がった形になり、すぐに後頭部か首の後ろにピリピリした感じがするはずです。
自分の内なる神(本質)に呼び掛けてください。

そして少し時間をとって神との繋がりが強まるのを感じてください。

始めは何も感じないかもしれませんが、それでも自分の本質である神との繋がりが強まっていることを信じて、まるでそうなっているかのように振る舞ってください。

 
3.次に、これから始まる一日のために最高にポジティブな可能性だけに思考を集中させて、考えてください。

この方法を使えばただ考えるだけよりもずっと簡単に、一日全体の方向性が楽に決めることができます。

不可能なことは何もなく、何の制限もなく、どのような望みも叶えられるとした、今日は自分のためにどのようなことを創造しますか?

子供のころの生き生きとした夢を見る状態に戻って、楽しみながら頭の中で起こりうる可能性についていろいろと想像してください。

共同創造主でありパートナーとしてあなたのそばにいるスピリットとともに今日一日最高の出来事が進展するのを想像してください。

目の前でスピリットが魔法のように開ける扉を想像しましょう。

少なくとも26秒間この想像を楽しんでください。

 
4.もしネガティブな考えや恐ろしい考えが思考に入ってきた時は、両手の指を離してください。

そして、3回深呼吸をして、最初からやり直してください。

 
5.この26秒間、源と繋がって今日一日の最高の可能性を描けたら、後は期待を手放して、起こることがどんなことであっても贈り物だと思って感謝して受け取りましょう。

何が来ようとも、まず感謝の姿勢で受け取る習慣をつければ、あなたは波動が高い状態で保たれ、結果あなたの前にプレゼントが届けられ続けるでしょう。

実際に、普段の意識では悪いと思っている出来事も感謝の姿勢で受け取ってみると、その中にある本当の贈り物に築くことができます。

同時に、波動が高まることで自分の望むこともはるかに引き寄せやすくなります。

さらには、あなたの周りにいる人もあなたの高い波動の良い影響によって本質と繋がりやすくなり、実際に良いことを経験し始めるでしょう。

 
6.日中、難しいことや災難に出くわし、エネルギーのバランスが崩れたと感じる時には、いつでもこれと同じことをしてみましょう。

親指と中指を繋げるだけですぐにスピリットが働き、エネルギーバランスが整います。

 
参考文献:『リ・メンバー』スティーヴ・ロウザー&ザ・グループ著

=====================

自分の本質・故郷の惑星(ホーム)とつながるエネルギーワーク

===================== =====================

今の仕事から、だんだんと本当に自分らしい仕事・ライトワークにシフトするための実践型メルマガ講座はコチラ

=====================

関連記事

  1. FS130

    強力な4つの祈り

  2. ppw_komorebitohikarinomichi_tp_v

    ライトワークを始める5:本当にやりたいことをやろう!

  3. l201212242000

    スターピープルとは?スターピープル・ウォークインの特徴と能力の活かし方

  4. okayamajyou0i9a1056_tp_v

    ライトワーカーのためのエネルギーの防御方法

  5. l201106190600

    12のチャクラとは?各チャクラについてまとめ

  6. ppw_komorebitohikarinomichi_tp_v

    ライトワーク・ライトワーカーの仕事とは?

  7. TSU852_icyounoochibadeakiwoshiru_TP_V

    自分の本当の短所を知るテスト&克服する方法

  8. b2c638673241ca72bc1523426a126a74_s

    自分を制限するあらゆる誓いの破棄をする方法

  9. FS161

    ライトワーカーのための時間講座:物事を簡単に、しかも、喜びを感じながら成し遂げるには?

本当の自分を知るテスト

  1. fdrsedrftgyuhij_tp_v-1
  2. In October of 2013 Hubble kicked off the Frontier Fields programme, a three-year series of observations aiming to produce the deepest ever views of the Universe. The project’s targets comprise six massive galaxy clusters, enormous collections of hundreds or even thousands of galaxies. These structures are the largest gravitationally-bound objects in the cosmos. One of the Frontier Fields targets is shown in this new image: MACS J0717.5+3745, or MACS J0717 for short. MACS J0717 is located about 5.4 billion light-years away from Earth, in the constellation of Auriga (The Charioteer). It is one of the most complex galaxy clusters known; rather than being a single cluster, it is actually the result of four galaxy clusters colliding. This image is a combination of observations from the NASA/ESA Hubble Space Telescope (showing the galaxies and stars), the NASA Chandra X-ray Observatory (diffuse emission in blue), and the NRAO Jansky Very Large Array (diffuse emission in pink). The Hubble data were collected as part of the Frontier Fields programme mentioned above. Together, the three datasets produce a unique new view of MACS J0717. The Hubble data reveal galaxies both within the cluster and far behind it, and the Chandra observations show bright pockets of scorching gas — heated to millions of degrees. The data collected by the Jansky Very Large Array trace the radio emission within the cluster, enormous shock waves — similar to sonic booms — that were triggered by the violent merger. For more information on Frontier Fields, see Hubblecast 90: The final frontier. Links  Hubblecast 90: The final frontier Link to Hubblesite release
  3. elly95_hanatotegami_tp_v-1
  4. oht97_nagareruhosi_tp_v
  5. 160512-8_tp_v
  6. FS196
  7. FS140
  8. FS151
  9. TSU852_icyounoochibadeakiwoshiru_TP_V
  10. PAK85_jinseimagarimichi20140102_TP_V
PAGE TOP