成功や幸せを今の活動と結びつけるワーク

TSU92_syukuhuku_TP_V

〜成功や幸せについて〜
 
・多くの人が「◯◯の状況にならないと幸せではない。成功ではない。」と、状況(収入・環境など)と幸せや成功を結びつけ過ぎている傾向にあります。
 
それは、自分にとっての「幸せ」や「成功」について落ち着いて定義する時間を持つことがなく、さらにメディアや教育などによって「幸せ」や「成功」のイメージを植えつけられているからだと思います。
 
「ある特定の状況になること」と幸せや成功を結びつけている場合、「今」には幸せや成功はなく、「未来」に成功や幸せがあってそれを追いかける状況を作り出してしまいます。
 
この宇宙は今意識を向けているものが増幅するようにデザインされています。
 
もし、「今は幸せや成功ではなく、未来の◯◯になったら成功や幸せなんだ。だから今から頑張ってその状況にならないといけない。」と思って、未来の幸せを追いかける意識を持っていると、未来ではさらにその状況が引き寄せられ、強まっていきます。
 
つまり、いつまでも幸せや成功を追いかけることになり、どのような状況になってもきっと満足せずにさらに理想の状況を追い続けるようになるでしょう。
 
<解決策>
 
この状況の解決策は、「今自分ができること」に「成功」や「幸せ」を結びつけることです。
 
今自分のできることに成功や幸せを結びつけることができれば、今から幸せで成功することができます。
 
そして、引き寄せの法則により成功や幸せが現実面でもさらに強化され続け流でしょう。
 
ワークを通じて幸せや成功の定義を以下のように切り替えていきます。
 
幸せや成功は「ある特定の状況や状態」(名詞)ではなく、「自分の目の前にあることを自分がワクワクするような形で実行している状態(動詞)のこと」

 
〜成功や幸せを今の活動と結びつけるワーク〜
 
1.今までのあなたにとっての「幸せ」の定義を書き出してください。
 
今までのあなたはどうなったら幸せになると思っているでしょうか?
 
今までの自分の幸せの定義を知ることで、その定義から一度離れることができ、望ましい形に切り替えることが可能になります。

 
2.今までのあなたにとっての「成功」の定義を書き出してください。
 
今までのあなたはどうなったら成功したと言えると思っているでしょうか?
 
今までのあなたの成功の定義を知ることで、
 
今あなたが向き合っている状況を客観的に書き出してみましょう。

 
3.今より良くしたいと思っている領域や多くの時間を使っている活動をリストにしてください。
 
例)
◯◯の仕事
◯◯という課題
◯◯をより良くしたい
 
4.それらの状況に関して自分がワクワクする関わり方のアイデアを出してください。
 
例)
◯◯の仕事→ただ言われたことをこなすのではなく、自分なりのアイデアを出して△△すること
◯◯という課題→△△のように取り組めば楽しくできそう。 など
 
5.自分が目の前にあることに対してワクワクした状態(明るい気持ち)で取り組んでいること自体が「成功」や「幸せ」であるということを知りましょう。
 
そして、その前提の元で、今目の前のことをワクワクしながらただ行動に移してください。
 
〜こうすればあなたはずっと〜
 
上記の5の状態になれば、あなたは今からずっと「幸せ」であり「成功者」です。
 
時間差で、物質的な証拠が引き寄せられてくるでしょう。
 
しかし、物質的な状況が引き寄せられることは副産物であり、大切なのは今あなたが「幸せ」で「成功している」ことなのです。
 

=====================

自分の本質・故郷の惑星(ホーム)とつながるエネルギーワーク

===================== =====================

今の仕事から、だんだんと本当に自分らしい仕事・ライトワークにシフトするための実践型メルマガ講座はコチラ

=====================

関連記事

  1. elly95_hanatotegami_tp_v-1

    ライトワーカーのためのメルマガ講座

  2. ppw_komorebitohikarinomichi_tp_v

    ライトワークを始める5:本当にやりたいことをやろう!

  3. TSU852_icyounoochibadeakiwoshiru_TP_V

    自分の本当の短所を知るテスト&克服する方法

  4. 0687ea8e287d390c25a65fe049a1fae3_s

    財政的な豊かさを手に入れるワーク

  5. FS196

    名前のパワーについて

  6. 160512-8_tp_v

    ハイヤーセルフとは?ハイヤーセルフと繋がるとどうなるのか?

  7. gftdrsedrftgy_TP_V (2)

    ライトワーカーとは?ライトワーカーの特徴と能力の活かし方

  8. pak86_midorinokouseki15204929_tp_v

    ライトワークを始める7:自分らしい仕事は自分で創る

  9. gak88_kosumosutohikari_tp_v

    自分らしい仕事を台無しにする考え方

本当の自分を知るテスト

  1. fdrsedrftgyuhij_tp_v-1
  2. In October of 2013 Hubble kicked off the Frontier Fields programme, a three-year series of observations aiming to produce the deepest ever views of the Universe. The project’s targets comprise six massive galaxy clusters, enormous collections of hundreds or even thousands of galaxies. These structures are the largest gravitationally-bound objects in the cosmos. One of the Frontier Fields targets is shown in this new image: MACS J0717.5+3745, or MACS J0717 for short. MACS J0717 is located about 5.4 billion light-years away from Earth, in the constellation of Auriga (The Charioteer). It is one of the most complex galaxy clusters known; rather than being a single cluster, it is actually the result of four galaxy clusters colliding. This image is a combination of observations from the NASA/ESA Hubble Space Telescope (showing the galaxies and stars), the NASA Chandra X-ray Observatory (diffuse emission in blue), and the NRAO Jansky Very Large Array (diffuse emission in pink). The Hubble data were collected as part of the Frontier Fields programme mentioned above. Together, the three datasets produce a unique new view of MACS J0717. The Hubble data reveal galaxies both within the cluster and far behind it, and the Chandra observations show bright pockets of scorching gas — heated to millions of degrees. The data collected by the Jansky Very Large Array trace the radio emission within the cluster, enormous shock waves — similar to sonic booms — that were triggered by the violent merger. For more information on Frontier Fields, see Hubblecast 90: The final frontier. Links  Hubblecast 90: The final frontier Link to Hubblesite release
  3. elly95_hanatotegami_tp_v-1
  4. oht97_nagareruhosi_tp_v
  5. 160512-8_tp_v
  6. FS196
  7. FS140
  8. FS151
  9. TSU852_icyounoochibadeakiwoshiru_TP_V
  10. PAK85_jinseimagarimichi20140102_TP_V
PAGE TOP