心臓をとおして感謝の波動と共鳴し、恍惚の波動状態になるワーク

the-chakras-1165600-639x493

<心臓をとおして感謝の波動と共鳴し、恍惚の波動状態になるワーク>

この情報は10次元の存在であるハトホルが『新・ハトホルの書』トム・ケニオン著を通じてもたらしたものをまとめたものです。

 
この簡単なワークをすると以下のようなたくさんのメリットがあります。

・感謝という非常に高い波動と共鳴することができることで、恍惚の波動状態に達し、心身ともに光り輝くような健康を手に入れることができる。

・自分のオーラ体にもその感謝の波動を広げることができ、恍惚の状態にいつでもなることができるようになる。

・心臓の中にある「神秘の中の神秘」の扉を開くことになり、自分のハイヤーセルフと一体となって、アセンデットマスターなど光の存在達と繋がります。

・地球意識であるレディー・ガイアとも繋がりが強まります。

・この銀河に満ちている、進化を促す調和の波動とも結びつくことができるようになります。

・高波動の状態になることで自分にとっての真実が次々とみえるようになってきます。

(これは言葉での説明を超えたものであるため、自分自身でその状態になって体験してください。きっと新しい世界を見ることができるようになるでしょう。)

・自分の波動が上がることによって、自分が本質的に求めているものがどんどん引き寄せられてきます。

など、良いことが本当にたくさん起こります。

これは、体感してもらうのが一番良いでしょう。

その前に予備知識を少しだけつけていきます。

 
<心臓をとおして感謝の波動と共鳴し、恍惚の波動状態になるワークの予備知識>

・このワークは自分の心臓に焦点を合わせることによって、感謝の波動を自分のエネルギーに広げていきます。

これはハートチャクラではなく、肉体的な心臓に意識を向けることで行われます。

・意識や心の焦点を集中させた体内やエネルギー場のポイントまたはその周辺には、即座に精妙なエネルギーの流れが起こります。

そのエネルギーの流れは、体内の細胞を活気づけ、エネルギー体を活性化させます。

・このワークでは、あなたの意識・心の焦点という力を、感謝の気持ちと一体化させて使います。

「意識・心の焦点」と「感謝」という二つが一つになると、あなたのエネルギー場と、あなたの心臓から発せられる律動的な磁気放射に一貫した高いハーモニーがもたらされます。

そして、あなたは高い波動の状態に至ることができます。

 
<どんな時にすれば良いのか?>

・思い立った時に頻繁にすることが一番良いです。

すればするほどあなたの波動は高い状態に落ち着くようになり、ハイヤーセルフや光の存在達との?がりも強まっていきます。

・とても感謝を感じられない環境にいる人であっても、何とか一日のうちの数分でも時間をつくり、このワークを実践することをオススメします。

感謝の波動と同調し恍惚の状態に数分でも入る時間があるかないかでは大違いだからです。

 
<心臓をとおして感謝の波動と共鳴し、恍惚の波動状態になるワークの手順>

1.あなたの意識あるいは心の焦点を肉体の心臓に合わせてください。

 
2.そこに集中すると同時に、感謝の気持ちを感じましょう。

謝意という「概念」ではなく、感謝の「感情」が湧いてくるのを感じてください。

あなたの内側でエネルギーの渦を起こし、恍惚の状態に至らしめる精妙なエネルギーを活性化させるのは、思考や概念ではなく感情や感覚の方です。

 
3.体の心臓に焦点を合わせ、そこに感謝の気持ちが湧いてくると、それは心臓の磁場にのって運ばれ、そのエネルギーの波形が全身に伝わります。

心臓の磁場は外側に広がって、あなたの全身を包み込んでいます。

この流れにそってエネルギーが体内にあふれてきているのを感じましょう。

おのずと自分の中に恍惚の状態が細胞レベルで目覚めるのを感じるでしょう。

 
4.自分の体に何が起こっているのかを感じてみましょう。

およそ一兆もの細胞膜が、感謝一色に染まるエネルギーをいっせいにうけとり、光り輝くのを感じてください。

恍惚の状態になっているのを感じてください。

 
5.この恍惚の状態を呼び起こす力を身につけ、望めばいつでもその状態に入れるようになったら、今度はそれを自分のエネルギー場(オーラ体)に広げていきます。

自分の意識・心の焦点は心臓に集中し、感者の気持ちが溢れるのを感じましょう。

そして、体内に恍惚のエネルギーが満ちるのを感じたら、体を包み込むエネルギー場(オーラ体)へと意識・心の焦点を移してください。

エネルギー場は光の卵のように自分の体を取り巻いています。

光の卵は丸いほうが肩のまわりに、そしてとがったほうが足もとにきます。

このエネルギー場(オーラ体)には中心線が通っていて、ちょうど頭頂と会陰(股の中心らへん)を結ぶ中心軸と一致しています。

あなたの意識・心の焦点をこの中心軸と体をとりまくエネルギー場に移すと、恍惚の状態も一緒に体からエネルギー場へと広がります。

あなたに力強いは調和の波形パターンが生まれ、エネルギー場が大きく広がっていくのを感じましょう。

そして、銀河全体に満ちている進化を加速する波形と共鳴するのを感じてください。

 
6.できるだけ頻繁に、このワークをやってください。

やるたびに自分の波動が上がっていくのを体感できるでしょう。

 
ワークは以上です。

=====================

自分の本質・故郷の惑星(ホーム)とつながるエネルギーワーク

===================== =====================

今の仕事から、だんだんと本当に自分らしい仕事・ライトワークにシフトするための実践型メルマガ講座はコチラ

=====================

関連記事

  1. TSU852_icyounoochibadeakiwoshiru_TP_V

    自分の本当の短所を知るテスト&克服する方法

  2. pak86_houijisyaku20131005_tp_v

    ライトワーク講座・自分の理想の仕事を描いたら、後は些細なことは気にしないこと

  3. ppp_haretahinokumototaiyou_tp_v

    見えないコントロールから抜け出す唯一の方法

  4. elly95_hanatotegami_tp_v-1

    ライトワーカーのためのメルマガ講座

  5. pak76_aoihikarito320150218182522_tp_v

    素敵な強制

  6. FS149

    それは愛に基づいているのか、恐れに基づいているのか?関係には2つしかない。

  7. imarih20160806555319_tp_v

    ライトワーク講座:自分の羽根を生やす方法

  8. FS004

    ライトワーク講座:あなたと世界を覚醒させる質問集

  9. ba6d20a7b8c02e47abb9def3c1ab6c30_s

    古きものを打破し、新しいものを創造する力を呼び起こす方法

本当の自分を知るテスト

  1. fdrsedrftgyuhij_tp_v-1
  2. In October of 2013 Hubble kicked off the Frontier Fields programme, a three-year series of observations aiming to produce the deepest ever views of the Universe. The project’s targets comprise six massive galaxy clusters, enormous collections of hundreds or even thousands of galaxies. These structures are the largest gravitationally-bound objects in the cosmos. One of the Frontier Fields targets is shown in this new image: MACS J0717.5+3745, or MACS J0717 for short. MACS J0717 is located about 5.4 billion light-years away from Earth, in the constellation of Auriga (The Charioteer). It is one of the most complex galaxy clusters known; rather than being a single cluster, it is actually the result of four galaxy clusters colliding. This image is a combination of observations from the NASA/ESA Hubble Space Telescope (showing the galaxies and stars), the NASA Chandra X-ray Observatory (diffuse emission in blue), and the NRAO Jansky Very Large Array (diffuse emission in pink). The Hubble data were collected as part of the Frontier Fields programme mentioned above. Together, the three datasets produce a unique new view of MACS J0717. The Hubble data reveal galaxies both within the cluster and far behind it, and the Chandra observations show bright pockets of scorching gas — heated to millions of degrees. The data collected by the Jansky Very Large Array trace the radio emission within the cluster, enormous shock waves — similar to sonic booms — that were triggered by the violent merger. For more information on Frontier Fields, see Hubblecast 90: The final frontier. Links  Hubblecast 90: The final frontier Link to Hubblesite release
  3. elly95_hanatotegami_tp_v-1
  4. oht97_nagareruhosi_tp_v
  5. 160512-8_tp_v
  6. FS196
  7. FS140
  8. FS151
  9. TSU852_icyounoochibadeakiwoshiru_TP_V
  10. PAK85_jinseimagarimichi20140102_TP_V
PAGE TOP