ライトワーク講座:自分の羽根を生やす方法

imarih20160806555319_tp_v

<自分自身の羽根について>

・実は私達は現在波動を上げて、高次元へと移行しつつあるため、肩からエーテル体の羽根が生え始めています。

これらの羽根は、一部の透視能力者の人は実際に見ることができます。

多くの人達が、肩に奇妙な痛みと違和感を感じていますが、これが自分の羽根が成長しているかもしれないと気づいている人はほとんどいません。

 
・自分の羽根を感じて、意識をフォーカスすることによって、あなたは羽根が開いていくプロセスを加速することが出来ます。

小さな羽根の人もいれば、巨大な羽根の人もいます。

色も、白、ゴールド、ピンク、虹色や透き通っているものなど、人によって本当に様々です。

 
・羽根に意識を向けたときに、もしかすると子供のころの自由さを思い出すかもしれません。

そして、天使のような自己の性質に目覚めるかもしれません。

自分の感覚を大切にしましょう。

参考文献:『アセンションの新しき光』 ダイアナ・クーパー著

 
<自分の羽根を生やすためのワーク>

1.リラックスしましょう。

そうすることによって目に見えないものを感じることができるようになります。

 
2.自分の肩に意識を向けてください。

そして、自分の感覚で結構ですので、どのような羽根が生えているのかを感じてみましょう。

もしあまり感じられない場合は、意識を向けることで、羽根が生えるのを促進することができるので安心してください。

 
3.どのような感じがしますか?

自分の直観で良いので、どのような色をしていると思いますか?

どのような形をしていると思いますか?

そして、どのようなエネルギーのタイプの羽根だと感じますか?

例えば、安心感を与えるエネルギーだったり、喜びを与えるエネルギーだったりと自分特有のエネルギーの質を感じてみましょう。

 
4.羽根の存在を感じたら、上下に動かしたり、広げてみたりしましょう。

少しの間、動かしてみてください。

あなたの羽根は自分のイメージにしたがって、大きくしたり、小さくたたんだりできることに気づくかもしれません。

 
5.あなたの羽根を通して、あなた特有のエネルギーを送り出すことができます。

あなたの羽根のエネルギーを必要としていると感じる人をイメージしてみてください。

その人達をあなたの羽根で優しく包み込み、エネルギー送ってあげましょう。

どのような感じがしますか?

このようにあなたの羽根を意識的に活用すればするほど、羽根はエネルギーを通すようになるでしょう。

 
今回のワークは以上です。

日常でもいろいろ工夫して、自分の羽根を上手く使えるようになってください。

感想などありましたらynishikori0711@gmailcomまでご連絡いただけましたらうれしいです。

世界にあなたなりの祝福を広げてみましょう!

=====================

自分の本質・故郷の惑星(ホーム)とつながるエネルギーワーク

===================== =====================

今の仕事から、だんだんと本当に自分らしい仕事・ライトワークにシフトするための実践型メルマガ講座はコチラ

=====================

関連記事

  1. gftdrsedrftgy_TP_V (2)

    ライトワーカーとは?ライトワーカーの特徴と能力の活かし方

  2. TSU852_icyounoochibadeakiwoshiru_TP_V

    自分の本当の短所を知るテスト&克服する方法

  3. pak86_midorinokouseki15204929_tp_v

    ライトワークを始める7:自分らしい仕事は自分で創る

  4. b2c638673241ca72bc1523426a126a74_s

    自分を制限するあらゆる誓いの破棄をする方法

  5. ba6d20a7b8c02e47abb9def3c1ab6c30_s

    古きものを打破し、新しいものを創造する力を呼び起こす方法

  6. FS140

    自分らしい行動のスタイルを知るテスト

  7. tsudadsss_tp_v

    10次元の存在ハトホルより「光の薬」のつくり方

  8. okayamajyou0i9a1056_tp_v

    ライトワーカーのためのエネルギーの防御方法

  9. the-chakras-1165600-639x493

    心臓をとおして感謝の波動と共鳴し、恍惚の波動状態になるワーク

本当の自分を知るテスト

  1. fdrsedrftgyuhij_tp_v-1
  2. In October of 2013 Hubble kicked off the Frontier Fields programme, a three-year series of observations aiming to produce the deepest ever views of the Universe. The project’s targets comprise six massive galaxy clusters, enormous collections of hundreds or even thousands of galaxies. These structures are the largest gravitationally-bound objects in the cosmos. One of the Frontier Fields targets is shown in this new image: MACS J0717.5+3745, or MACS J0717 for short. MACS J0717 is located about 5.4 billion light-years away from Earth, in the constellation of Auriga (The Charioteer). It is one of the most complex galaxy clusters known; rather than being a single cluster, it is actually the result of four galaxy clusters colliding. This image is a combination of observations from the NASA/ESA Hubble Space Telescope (showing the galaxies and stars), the NASA Chandra X-ray Observatory (diffuse emission in blue), and the NRAO Jansky Very Large Array (diffuse emission in pink). The Hubble data were collected as part of the Frontier Fields programme mentioned above. Together, the three datasets produce a unique new view of MACS J0717. The Hubble data reveal galaxies both within the cluster and far behind it, and the Chandra observations show bright pockets of scorching gas — heated to millions of degrees. The data collected by the Jansky Very Large Array trace the radio emission within the cluster, enormous shock waves — similar to sonic booms — that were triggered by the violent merger. For more information on Frontier Fields, see Hubblecast 90: The final frontier. Links  Hubblecast 90: The final frontier Link to Hubblesite release
  3. elly95_hanatotegami_tp_v-1
  4. oht97_nagareruhosi_tp_v
  5. 160512-8_tp_v
  6. FS196
  7. FS140
  8. FS151
  9. TSU852_icyounoochibadeakiwoshiru_TP_V
  10. PAK85_jinseimagarimichi20140102_TP_V
PAGE TOP