ライトワーク講座・自分の理想の仕事を描いたら、後は些細なことは気にしないこと

pak86_houijisyaku20131005_tp_v

今回はライトワーク・自分の理想的な仕事を現実化するためのコツをお伝えいたします。

 
<ライトワーカーとして自分の方向性を決め、あとは些細なことは気にしない>

「思考が現実を創る」ということは分かっていても、

何故か自分の望むような仕事やライフスタイルを手に入れることができない・・・

と感じることはありませんか?

自分の望むような仕事につけていない人に共通しているのが、

「望むことを何となく決める」→「次に起こる些細な事で自分の夢が叶わない気がして、あきらめる」

というものです。

 
<あなたの望む現実を引き寄せるコツ>

1.自分の望むことをハッキリ決めること。

まずは、自分の望むことを何となくではなくハッキリ決めることが必要です。

この宇宙には大きな夢は叶いにくく、小さな夢が叶いやすいという法則はありません。

どのような規模のものであっても、明確にオーダーされたものが何でも叶うようにできています。

実際にあなたの生活をみても、「歯を磨くこと」や「夕食で〇〇を食べること」などは叶っています。

それは、夢だとは言わないかもしれませんが、ハッキリ決めたことが叶うということは夢であっても同じことです。

「歯を磨く」ことのように、自分がそれをすることに確信が持てるくらい、明確に自分の望むことを決めましょう。

 
2.望む方向性を決めて、その後はそれが叶ったかのように振る舞い続け、目の前で起こることに影響されて方向性を変えないこと

夢をはっきりと決めた後は、それが叶ったかのように振る舞うことは重要です。

実際に、夢の状態と今のあなたが同調したときに、それを受け取ることができるからです。

そして、方向性を決めた後は、あとは「結果的に一番良いタイミングで必ず実現する」ということを信頼し、

次々起こることを楽しみながら経験し続けるということです。

次に起こることが自分の望んでいる事に反するようなものであったとしても、

自分の方向性は変えないようにしてください。

何が些細なことで、何が大事な事なのかを区別しましょう。

大事なものはあなたの向かいたい方向性です。

そして、些細なことは、目の前で起こる一つ一つの出来事、特にあなたの向かいたい方向性に関係のないことです。

例え、次の場面であなたの望んでいることをジャマするような出来事に遭遇したとしても、

自分の方向性を疑うことはしないでください。

そのような出来事は適当に流し、自分の向かいたい方向に向かい続けましょう。

実際、意識の仕組みとして、

自分の望むものを決めた後は、その望みにそぐわないものがデドックスされるというものがあります。

つまり、Aになりたいと決めた後に、それをじゃまするようなBやCが意識の中でクリーンにされ始めます。

クリーンにされる過程で、いったん現実でBやCが起こることがあるのですが、

それはAに向かっていて、Aがあなたにとって自然体の状態になるためにデドックスが起こっている状態なのです。「

理想のAの状態が自然体になるには、それにそぐわないBやCを手放す必要があります。

これが自動的に起こるのです。

ただし、多くの人は自分の望むAをじゃまするようなBとCが起こったら、

「やっぱりムリだった・・・」と思って引き返してしまうのです。

もう少し先に行けばAが当たり前の状態になるというのに・・・

ただあなたの理想の状態にそぐわない思考などのデドックスが起こっているだけなのです。

このデドックス現状を知っていれば、自分が望むものを決めた後に起こる出来事に振り回されて、

理想をあきらめることは起こりにくくなるでしょう。

「デドックス中なんだね。」

と、流せるようになるからです。

決めた後は、「必ず最善のタイミングで最高のカタチで叶うということを信頼し」、

あとは「起こる出来事を楽しんで、反する出来事があっても流して」どんどん前に進むことが重要です。

 
3.直観でひらめいたことをとにかく予測せずに、即座に行動に移すこと。

あなたが描いた理想は高次元で即座に現実化します。

そして、この3次元でそれを受け取れるようになるには、行動を起こす必要があります。

つまり、創造されたものを受け取りに行く必要があるということです。

どうすればあなたの理想の状態が現実になるかどうかは、直観が知らせてくれます。

「なぜか〇〇に行きたい気がする・・・」

「〇〇をしたいような気がする・・・」

と思ったら、それを行動に移しましょう。

些細なアイデアだと思って行動に移さなかったり、

それをしても自分の理想のと関係がない。。。と予測したりせず、

とにかく、即座に行動に移すことが重要です。

実際に、あなたの理想の状態は、あなたの予測の範囲の外側にあります。

予測とは今までのことを基準にして考えるということでもあります。

あなたの理想は今まで以上のものであるため、

どのようにしてそれが実現するのかを予測しないことも重要なことの一つです。

直観やアイデアは偶然ひらめくものではありません。

それは、その直感やアイデアにしたがえば、その先に自分の理想としている状態があるというサインなのです。

ただし、直観やアイデアはひらめいたときに行動に移す必要があります。

その時にしか有効でないものが多くあるからです。

おそらく、あなたのなかでも、ある一定期間が過ぎた直観の内容は、そこまでやる気がしなくなっているでしょう。

直観が降りてきたら、それを予測せず、即座に行動に移すこと。

これはあなたの理想を現実化するためにもとても重要なことです。
 
今回の以上になります。

 
~あなたの理想の仕事・ライトワークの現実化を加速させるワーク~

1.あなたの望んでいる仕事をできるだけ詳細に描きましょう。

 
2.今の時点で、「その仕事に今の自分が値しない」と思っているところや、

「そのような理想的な仕事に自分がつけるわけがない」などの、

あなたの理想の状態を妨げる思考がある場合は、それがあることを自覚しておきましょう。

自覚しておけば、それがキャンセルされます。

 
3.今、ワクワクすることをどんどんリストにして、実行していきましょう。

それが自分の理想と関係ないようなことでも、ワクワクすることは結果的にあなたの理想の状態に繋がっていきます。

 
4.何かひらめいたことがあれば、それを即座に実行しましょう。

それが一体に何になるのかなどは予測しないようにしましょう。

ただ楽しんで、行動に移してください。

今回は以上となります。

=====================

自分の本質・故郷の惑星(ホーム)とつながるエネルギーワーク

===================== =====================

今の仕事から、だんだんと本当に自分らしい仕事・ライトワークにシフトするための実践型メルマガ講座はコチラ

=====================

関連記事

  1. ppp_haretahinokumototaiyou_tp_v

    見えないコントロールから抜け出す唯一の方法

  2. pak76_aoihikarito320150218182522_tp_v

    素敵な強制

  3. In October of 2013 Hubble kicked off the Frontier Fields programme, a three-year series of observations aiming to produce the deepest ever views of the Universe. The project’s targets comprise six massive galaxy clusters, enormous collections of hundreds or even thousands of galaxies. These structures are the largest gravitationally-bound objects in the cosmos. One of the Frontier Fields targets is shown in this new image: MACS J0717.5+3745, or MACS J0717 for short. MACS J0717 is located about 5.4 billion light-years away from Earth, in the constellation of Auriga (The Charioteer). It is one of the most complex galaxy clusters known; rather than being a single cluster, it is actually the result of four galaxy clusters colliding. This image is a combination of observations from the NASA/ESA Hubble Space Telescope (showing the galaxies and stars), the NASA Chandra X-ray Observatory (diffuse emission in blue), and the NRAO Jansky Very Large Array (diffuse emission in pink). The Hubble data were collected as part of the Frontier Fields programme mentioned above. Together, the three datasets produce a unique new view of MACS J0717. The Hubble data reveal galaxies both within the cluster and far behind it, and the Chandra observations show bright pockets of scorching gas — heated to millions of degrees. The data collected by the Jansky Very Large Array trace the radio emission within the cluster, enormous shock waves — similar to sonic booms — that were triggered by the violent merger. For more information on Frontier Fields, see Hubblecast 90: The final frontier. Links  Hubblecast 90: The final frontier Link to Hubblesite release

    あなたの出身星を知る方法

  4. FS140

    自分らしい行動のスタイルを知るテスト

  5. PAK85_jinseimagarimichi20140102_TP_V

    人生の目的を知るテスト

  6. FS161

    ライトワーカーのための時間講座:物事を簡単に、しかも、喜びを感じながら成し遂げるには?

  7. pak85_awaihikari20141015185148_tp_v

    ライトワークを始める4:今の仕事を変えなくても自分らしい仕事ができる

  8. ppw_komorebitohikarinomichi_tp_v

    ライトワーク・ライトワーカーの仕事とは?

  9. gftdrsedrftgy_TP_V (2)

    ライトワーカーとは?ライトワーカーの特徴と能力の活かし方

本当の自分を知るテスト

  1. fdrsedrftgyuhij_tp_v-1
  2. In October of 2013 Hubble kicked off the Frontier Fields programme, a three-year series of observations aiming to produce the deepest ever views of the Universe. The project’s targets comprise six massive galaxy clusters, enormous collections of hundreds or even thousands of galaxies. These structures are the largest gravitationally-bound objects in the cosmos. One of the Frontier Fields targets is shown in this new image: MACS J0717.5+3745, or MACS J0717 for short. MACS J0717 is located about 5.4 billion light-years away from Earth, in the constellation of Auriga (The Charioteer). It is one of the most complex galaxy clusters known; rather than being a single cluster, it is actually the result of four galaxy clusters colliding. This image is a combination of observations from the NASA/ESA Hubble Space Telescope (showing the galaxies and stars), the NASA Chandra X-ray Observatory (diffuse emission in blue), and the NRAO Jansky Very Large Array (diffuse emission in pink). The Hubble data were collected as part of the Frontier Fields programme mentioned above. Together, the three datasets produce a unique new view of MACS J0717. The Hubble data reveal galaxies both within the cluster and far behind it, and the Chandra observations show bright pockets of scorching gas — heated to millions of degrees. The data collected by the Jansky Very Large Array trace the radio emission within the cluster, enormous shock waves — similar to sonic booms — that were triggered by the violent merger. For more information on Frontier Fields, see Hubblecast 90: The final frontier. Links  Hubblecast 90: The final frontier Link to Hubblesite release
  3. elly95_hanatotegami_tp_v-1
  4. oht97_nagareruhosi_tp_v
  5. 160512-8_tp_v
  6. FS196
  7. FS140
  8. FS151
  9. TSU852_icyounoochibadeakiwoshiru_TP_V
  10. PAK85_jinseimagarimichi20140102_TP_V
PAGE TOP