ライトワーカーのためのエネルギーの防御方法

okayamajyou0i9a1056_tp_v

特にライトワーカーの人に言えることですが、あなたが世界の波動を上げていく道を歩むとき、それは光を掲げながら道を進んでいるようなものです。

それによってもたらされる良い点は、その光があなたにもっとも望ましい道を示してくれるとともに、他者の道をも照らすことです。

不都合な点は、あなたが目立って様々な攻撃を受けやすくなるという点です。

あなたを攻撃する可能性のある存在は、あなたに光を放たれると不都合なことになると考えていたり、あなたのエネルギーを取りたいと思っていたりするかもしれません。

そのような者たちは実際に存在しますが、

まずあなたの「するべきでないこと」は、そのような存在達と争ったり、消し去ろうと躍起になったり、抵抗したりすることです。

そのようなことをすればより一層エネルギーをその存在達に供給することになりかねません。

逆に、あなたの「するべきこと」はエネルギーの防御を確立したうえで、さらに自分が一番喜びを感じる光の道へ進み続けことです。

 
<エネルギーの防御方法>

いくつか強力なエネルギーの防御方法をご紹介いたします。

これらの防御は、あなたが信じる分だけの効果しかないということを覚えておきましょう。

逆を言えば、自分の防御法を100パーセント信じれば、それだけの効果がもたらされるということです。

そのため、自分に一番合うと感じるエネルギーの防御法を選んで、活用してください。

 
・大天使ミカエルの深い青色のマント

大天使ミカエルの深い青色のマントは強力なエネルギーの防御法です。

大天使ミカエルを心の中で呼び、自分の周りに深い青色のマントをかぶせてもらいましょう。

マントをかぶせてもらったら、自分自身が完璧に保護されているのを実感しましょう。

実感すればするほど効果が上がります。

最後に大天使ミカエルに感謝のエネルギーを送りましょう。

 
・黄金の卵

あなたの周りを黄金の光の卵で覆うように、心の中で天使達に頼んでください。

(そのようにお願いすれば、適切な天使がやってきてくれます。)

これを分厚い黄金のエネルギー帯にしてください。

それから天使たちがその周りに濃い青色のエネルギーをかぶせるのを視覚化し、観察してください。

最後に、特にあなたが人々と共に働き、よくその人達の問題を感知することがあるのなら、紫色をその外周においてください。

それは他人にネガティブなエネルギーからあなたを守ってくれます。

自分の周りにそれらが覆われたのを感じたら、自分自身が完璧に保護されているのを実感しましょう。

実感すればするほど効果が上がります。

最後に大天達に感謝のエネルギーを送りましょう。

 
・キリストの黄金の光線

全てのエネルギーの中でも最も強力で、保護する力があるものの一つに、キリストの黄金の光線があります。

それを召喚する時は、3回呼び出す必要があります。

3回心の中でキリストの黄金光線を召喚したら、最後に「それは成された。」といって締めくくりましょう。

唱え方:「私はキリストの黄金の光線を召喚します。」×3回 → 「それは成されました。」

自分の周りにそれが覆われたのを感じたら、自分自身が完璧に保護されているのを実感しましょう。

実感すればするほど効果が上がります。

 
・透明な光、透明なダイヤモンド

透明な光は最も高い波動の一つと言われています。

「純粋な白光」、つまり色がないゆえに「透明な光」と呼ばれるものは、最も高みに上昇した意識の本源的な波動の現れだからです。

透明な光を使った防御方法には簡単な2つの基本的なやり方があります。

1つ目は透明な光を心の中で呼び、感じることです。

2つ目は自分が透明なダイヤモンドの中にいるのをイメージすることです。

ダイヤモンドは地球においてもっとも透明に近い光を発しているため透明な光をイメージしやすくなります。

ほとんどの人にとっては、透明なダイヤモンドの中に自分がいることをイメージするほうがやりやすいとおもいます。

どちらかの方法を行ったら、自分自身が完璧に保護されているのを実感しましょう。

実感すればするほど効果が上がります。

 
・あなたの天使の保護

常にあなたの天使にあなたを守護してくれるように願ってください。

願うことによって、あなたは自分と自分の天使の絆を強化することができ、実感もできるようになるので、効果も上がるでしょう。

以上が簡単にできるエネルギーの防御法です。

全て試して自分にあっているものを見つけても良いかもしれません。

エネルギーの防御を行って、自分の一番喜びを感じる道を前進し、地球の波動をどんどん上げていきましょう。

 
参考文献:
『アセンションの新しき光』 ダイアナ・クーパー著
『アルクトゥルス人より地球人へ』トム・ケニオン&ジュディ・シオン著

=====================

自分の本質・故郷の惑星(ホーム)とつながるエネルギーワーク

===================== =====================

今の仕事から、だんだんと本当に自分らしい仕事・ライトワークにシフトするための実践型メルマガ講座はコチラ

=====================

関連記事

  1. TSU852_icyounoochibadeakiwoshiru_TP_V

    自分の本当の短所を知るテスト&克服する方法

  2. el140095240_tp_v

    あなたの波動はどのようにして上がっていくのか?

  3. ohkobayashi_img47961_tp_v

    アルクトゥルスとは?アルクトゥルス人と繋がるとどうなる?

  4. In October of 2013 Hubble kicked off the Frontier Fields programme, a three-year series of observations aiming to produce the deepest ever views of the Universe. The project’s targets comprise six massive galaxy clusters, enormous collections of hundreds or even thousands of galaxies. These structures are the largest gravitationally-bound objects in the cosmos. One of the Frontier Fields targets is shown in this new image: MACS J0717.5+3745, or MACS J0717 for short. MACS J0717 is located about 5.4 billion light-years away from Earth, in the constellation of Auriga (The Charioteer). It is one of the most complex galaxy clusters known; rather than being a single cluster, it is actually the result of four galaxy clusters colliding. This image is a combination of observations from the NASA/ESA Hubble Space Telescope (showing the galaxies and stars), the NASA Chandra X-ray Observatory (diffuse emission in blue), and the NRAO Jansky Very Large Array (diffuse emission in pink). The Hubble data were collected as part of the Frontier Fields programme mentioned above. Together, the three datasets produce a unique new view of MACS J0717. The Hubble data reveal galaxies both within the cluster and far behind it, and the Chandra observations show bright pockets of scorching gas — heated to millions of degrees. The data collected by the Jansky Very Large Array trace the radio emission within the cluster, enormous shock waves — similar to sonic booms — that were triggered by the violent merger. For more information on Frontier Fields, see Hubblecast 90: The final frontier. Links  Hubblecast 90: The final frontier Link to Hubblesite release

    あなたの出身星を知る方法

  5. fdrsedrftgyuhij_tp_v-1

    アセンデッドマスターのリスト

  6. bsHIRO92_indasutoriarucity

    ライトワーク講座:あなたの本当の仕事(貢献)についてまとめ

  7. FS149

    それは愛に基づいているのか、恐れに基づいているのか?関係には2つしかない。

  8. tsudadsss_tp_v

    10次元の存在ハトホルより「光の薬」のつくり方

  9. pak0i9a4230_tp_v

    ライトワークをする際にやってはいけない質問

本当の自分を知るテスト

  1. fdrsedrftgyuhij_tp_v-1
  2. In October of 2013 Hubble kicked off the Frontier Fields programme, a three-year series of observations aiming to produce the deepest ever views of the Universe. The project’s targets comprise six massive galaxy clusters, enormous collections of hundreds or even thousands of galaxies. These structures are the largest gravitationally-bound objects in the cosmos. One of the Frontier Fields targets is shown in this new image: MACS J0717.5+3745, or MACS J0717 for short. MACS J0717 is located about 5.4 billion light-years away from Earth, in the constellation of Auriga (The Charioteer). It is one of the most complex galaxy clusters known; rather than being a single cluster, it is actually the result of four galaxy clusters colliding. This image is a combination of observations from the NASA/ESA Hubble Space Telescope (showing the galaxies and stars), the NASA Chandra X-ray Observatory (diffuse emission in blue), and the NRAO Jansky Very Large Array (diffuse emission in pink). The Hubble data were collected as part of the Frontier Fields programme mentioned above. Together, the three datasets produce a unique new view of MACS J0717. The Hubble data reveal galaxies both within the cluster and far behind it, and the Chandra observations show bright pockets of scorching gas — heated to millions of degrees. The data collected by the Jansky Very Large Array trace the radio emission within the cluster, enormous shock waves — similar to sonic booms — that were triggered by the violent merger. For more information on Frontier Fields, see Hubblecast 90: The final frontier. Links  Hubblecast 90: The final frontier Link to Hubblesite release
  3. elly95_hanatotegami_tp_v-1
  4. oht97_nagareruhosi_tp_v
  5. 160512-8_tp_v
  6. FS196
  7. FS140
  8. FS151
  9. TSU852_icyounoochibadeakiwoshiru_TP_V
  10. PAK85_jinseimagarimichi20140102_TP_V
PAGE TOP