スターピープルとは?スターピープル・ウォークインの特徴と能力の活かし方

l201212242000

スターピープルやウォークインの特徴と能力の活かし方についてのまとめ記事です。

「本当の自分自身のこと」や「この地球での役割」について理解するために、自分に響くところをご活用いただければと思います。

スターピープル・ウォークインの特徴:


地球が3次元から5次元に次元上昇・アセンションし、黄金時代を迎えるために地球を助けに転生してきた、非常に高次元の存在達の多くをスターピープル・ウォークイン・スターシード・ライトワーカー・ワンダラーなどと呼びます。

(このサイトはそういった高次から来た存在達が安心して自分の仕事をできるようにサポートするためにあります。)

スターピープル・ウォークイン達は非常に高次のレベルまで進化した存在であり、今という時代に地球に属する物質的身体へと転生することを自ら選んだ存在達です。

その目的は、自分たちの力で新しいアイデアや数々のあたらしいスピリチュアリティー・精神性の進化を地球にもたらすことです。

スターピープル・ウォークイン達は、様々な方法で人々に教えることと癒しをもたらすことを通じ、平和と愛、深い自己理解を広めるために地球にとどまっています。

またスターピープル・ウォークイン達は地球に蔓延している苦難を少しでも和らげるため、新発明や科学技術・医療の分野での大いなる発展をもたらす活動も(無意識的にでも)行っています。

スターピープル・ウォークイン達がもたらす恵みのすべては、生きること自体に対する深い感謝の念や、自分と他者に対する慈悲の心で地球の人達を満たすことを容易にする効果のあることばかりです。

彼らは、異次元の世界からの情報・知識の宝庫にアクセスることができ、自分でも知らないうちに新しいアイデアや発明の「源泉」のような役割を演じています。

彼らの多くは「自分がいったい何者なのか」ということに気づいてはいませんが、だからといって必ずしもそのことが彼らの任務遂行を阻止する要因にはなりません。

とはいうものの、スターピープルの多くは依然として目覚めを経験しておらず、生きる「本当の目的」のために自分の精力・エネルギーを費やす段階に至っていないことも多くあります。

多くのスターピープルたちが完全に目覚めつつあり、「自分が何者であるか」について完全な知識を取り戻しています。

彼らの覚醒は、今まで地球のほんの少しの人達が経験したことのなかったような共感と無条件の愛を世界に広げ、人々の中に喚起させる効果があります。

そのような高次元の波動が地球各地で広まるにつれ、世界の波動が上昇し、安定し、新しい次元に移行していくのです。

そのため、もしあなたが自分がスターピープルであると感じるのであれば、いち早く本当の自分に目覚め、本来やりたかった活動に従事し始めることが重要だといえるでしょう。

 

スターピープル・ウォークインの特徴:


人間の形をしながら高次元の存在の本質を備えたスターピープル・ウォークインが地球にはたくさん存在います。

このように高次元に属する者たちが地球にやって来る方法は二つあります。

まずは通常の方法として「輪廻転生」、そしてもう一つの手段は、「ウォークイン」の言葉通り、物質的身体の中へと「歩み入っていく」方法です。

「輪廻転生」の方法で地球に訪れている者たちはスターピープル・スターシード・ライトワーカー・ワンダラーなどと呼ばれます。

「歩み入っていく」方法によって地球に来ている者、すなわち魂が抜けて空になった物質的身体のなかに入っていく方法をとる者は、ウォークインと呼ばれます。

この「魂の交換」が行われる際、物質的身体は生物的に生きている状態で行われます。

 

スターピープル・ウォークインの特徴:


今の地球ではだんだんとその数は増えてはいますが、依然として高次元の意識に目覚めた人は少数です。

何かのきっかけで目覚めたスターピープルは、

「あれ、他の仲間はどこにいるのだろう?せっかく助けになると思ってきたのに」

「一体わたしに何が起こっているのだろう?」

など、感じることが多くあります。

目覚めを経験した結果、自分自身の当たらなアイデンティティー・在り方にどう対処して良いのかわからず、今までと物事の見方がまったく変わってしまったことから、

「自分は気が狂ったのではないか!?」

と、感じることも少なくないでしょう。

なぜなら周りの人とあまりにも物事の感じ方や考え方が違うからです。

新たな意識に目覚めた人に伝えたいことは「あなたは狂っているのではありません。ただ、違うだけなのです。」ということです。

そして、数は少ないかもしれませんが同じようなものの見方や感じ方をする仲間は思っている以上にたくさんいます。

出来るだけ意欲的に活動し、同じようなフィーリングの仲間たちと繋がってください。

これからさきどのような活動をするにあたっても、土台の「安心感」は何よりも大切だからです。

実際、心を静め、リラックスしてみれば、目に見えない次元でも自分のことを助けてくれている高次の存在達がたくさんいることに気づくでしょう。

スターピープル・ウォークイン達は、地球の人達に無償の手助けをするためにあえて過酷な環境に飛び込んできた、非常に勇気ある英雄なのです。

 

スターピープル・ウォークインの特徴:


スターピープル・ウォークインか否かを見分ける一つの方法をお伝えいたします。

ちょっと暗い話になるかもしれませんが、それは、「孤独感」や「望郷の念」や「自分の本当の故郷に関するずっと美しくいとおしい場所に関する記憶を持っている」かどうかです。

スターピープル・ウォークイン達は地球の民に貢献するためにあえて故郷から離れてやってきました。

ときとして彼らは自分の行為には価値があり、すべては順調に進んでおり、自分が着手した任務は完遂するだろいうということを再確認する必要にかられます。

もし自分が「何かわからないけれどやる必要があると感じることを」うまくやれていないように感じたりすれば、正体不明の自責の念が自然と湧いてきてしまうこともあるでしょう。

さらにスターピープルは地球での生活から「疎外感」「自分がどうしてもここの常識には属せない感じ」を感じていることも多くあります。

まわりの世界を見渡した時、

「いったいどうして人々はあんなふう(争いや自然破壊など)に行動するのだろう?」

「なぜお金のため、地位のために、名誉のために生きなければならないのだろう?」

「どうして愛のない人の言うことを年上や地位が高いというだけできかなければならないのだろうか?」

ということを地球の人が当たり前にすることを見て感じずにはいられないからです。

スターピープルからすると、それらの「当たり前(と地球で思われている)」ことが理解できず、まったく正気を失っているようにしか見えない時もあります。

しかし、そのような感じ方をする人が周りにいないため、「自分の方がおかしいのでは?」と思ってしまうのです。

このようなこともあり彼らの多くは、地球での生活に適応することがあまりにも難しいと感じてしまうのです。

ちょっと暗い部分に焦点を当てて話をしましたが、実際にスターピープル達が上記のことを良く感じる傾向にあります。

さて、あなたはこれに該当すると感じるでしょうか?

もし自分がスターピープ・ウォークインに当てはまると感じる場合は、あなたは一人ではないということを知ってほしいと思っています。

実際、同じ目的を持つ高次元の存在達が眠っているときも目覚めているときもあなたの側にいつもいて見守っています。

目覚めている時には、高次元の存在達はガイドなどの非物質的な存在として側におり、直観に働きかける方法をとってサポートしてくれています。

(そのため直観を大切にすることはとても重要です。)

さらに眠っているときは、癒しをもたらし、意識上昇のための技術を用い、地球以外の星や次元へと導いて必要なことを教え、慈悲を注ぎ、あらゆる手段を講じてあなたのことをサポートしてくれています。

実際にはあなたをサポートしている高次元の存在達とあなたは「ファミリー」なのです。

睡眠中に、高次元の存在達からのコンタクトについておぼろげながら覚えている人たちの多くは、高次元の存在達側からと同じように親近感を感じているはずです。

これらのことは忘れないでいましょう。

「孤独感」や「自責の念(任務を遂行できていない感じ)」などがわき上がってきたときも、心を落ち着けて、そういった自分の本当のファミリーたちに意識を向けてください。

そうすれば、「自分が一人ではない事」「自分はちゃんとやれることを奮闘しながらもやっていること」が分かり安心できるでしょう。

あなたはこの地球にとってかけがえのない存在なのです。

高次元の存在達もあらゆる手段を講じながら、そのことをあなたに伝えようとしています。

 

スターピープル・ウォークインの特徴:


スターピープルは特別優れた才能や鋭い理解力に恵まれている可能性が大きいのですが、その優れた才能が開花する機会が損なわれていることが多くあります。

彼らの才能の開花を阻害しているものは、地球に満ちている「恐怖心」と「苦難」そのものです。

これらの集合意識的エネルギーからスターピープル自身も解放されれば、その才能をフルに発揮し、自分に与えられた天命ともいえる任務を全うし、生きる目的を追求する有意義な世人生を送ることができます。

そのため、「宇宙連合」など高次元の存在達から「癒し」や「教え」のサポートを受けることは重要です。

スターピープル達がもとはどれだけ高次元から来ていたとしても、物質的な身体をもってこの地球で生きていく過程で、傷を負うことは多く、癒しが必要となってきます。

この地球の社会が、人々の健全な発展・進化を促進する方向で発展してこなかったかったため、長くこの地球に居ればどうしても癒しを受けることはどうしても必要な過程といえるでしょう。

 

スターピープル・ウォークインの特徴:


スターピープル・ウォークイン達は無意識的であっても、「惑星連合」「全宇宙銀河評議会」と呼ばれる、この銀河全体の進化を監督している高次元の存在達と協力し合って活動しています。

監督者たちとは「進化を促す」という点で任務の方向性は同じで、唯一違うのはスターピープル・ウォークイン達はあえて「物質的身体」の中に宿った形で任務を遂行することを選んでいる点です。

「惑星連合」と呼ばれる存在達は、「介入・干渉を禁ずる宇宙の法」にしたがい、私達地球にいる存在達の「自由意思」を尊重しながらも「進化を促す」という非常にやりがいのある仕事をしています。

「宇宙連合」のメンバーたちは「癒し」と「教え」をもたらすことによって、地球にいるスターピープル達を手助けしています。

(癒しと教えを授ける形で他種族を手助けすることは、他種族の進化への干渉とはみなされず、そういった形であればサポートすることが可能だからです。)

一方、物質的身体に宿っているスターピープル・ウォークイン達には、直接的に地球をより進化した惑星にする活動をすることができます。

スターピープル・ウォークイン達は普通に地球で転生してきている人たちに比べてはるかに「宇宙連合」の存在達の「声・メッセージ」を聞くことができます。

より直観的に「宇宙連合」からの求めやメッセージを理解し、行動に移すことも可能です。

他の種族に比べ「宇宙連合」が計画している大いなる宇宙の流れを敏感に察知し、先手先手と任務を遂行することができます。

「宇宙連合」とスターピープル・ウォークイン達は同じ方向性を目指し、違った次元の世界で連携して活動し合っていると言えるでしょう。

あなたがもし自分がスターピープル・ウォークインであると感じるのであれば、リラックスして、「宇宙連合」に心の中でコミュニケーションをとる意志を持ってみると良いでしょう。

そうすれば、あなたに縁のある「宇宙連合」のメンバーとコンタクトすることが可能です。

まずは「惑星連合」のメンバー達からのメッセージに耳を傾け、「自分は一体何者なのか?」に目覚めることが重要です。

そして、高次からやって来るメッセージに耳を傾け、そのメッセージの内容が心の中で響き、共鳴するものを実行に移していきましょう。

スターピープル・ウォークイン達はその特殊性から孤独になりやすい傾向にありますが、実際には目に見えないレベルでとてつもなく愛のある存在達からサポートを受け続けているのです。

このように、スターピープル・ウォークイン達である自分たちと同じ方向を目指している仲間として「宇宙連合」と意識的な連携をしながら活動を行っていくことが望ましいでしょう。

 

スターピープル・ウォークインの特徴:


スターピープル・ウォークイン達はますます多く地球に転生してきており、日々その数は増加しています。

ところがこの第三密度・次元に属する地球の密度の影響で、彼らの多くは、自分たちの「天与の特別なパワー」や「才能」に気づけずにいます。

地球に転生してくる際に、波動を落としたりするために「忘却のベール」などをかぶる必要があるため、多くの記憶がいったん見えない状態になっていることもその要因のひとつです。

そういった発芽させていない才能をもったまま眠らせているスターピープル・ウォークイン達は、本当なら使えるはずの意識レベルからの行動を起こせないままでいます。

彼らの多くはまさに眠った状態にあるといえるでしょう。

「惑星連合」など高次の存在達は、何とかしてスターピープル・ウォークイン達が本来の自分を思い出すように様々な形でメッセージを送っています。

「惑星連合」も自らの任務遂行のために、スターピープル・ウォークイン達の協力が不可欠だからです。

あわせて、スターピープル・ウォークイン達も同じ任務を遂行するために地球へと転生しているため、お互いから意識や能力の覚醒は求められている事でもあります。

地球を癒し、高次元の波動(3次元から5次元)に転換させるという広大な計画の中核として、スターピープル・ウォークイン達は地球に存在しているのです。

 

スターピープル・ウォークインの特徴:


スターピープル・ウォークイン達を目に見えない次元からサポートしている宇宙的存在達についての概要をご説明します。

いま数えきれない宇宙的存在たちが、地球のまわりを取り囲む大多数の宇宙船の中で生活しています。

宇宙船の内部には、高次の存在達が快適に過ごせるような環境が整っています。

宇宙船はまるで小都市の集まりのように地球の上級に漂っている島々のようにも例えられます。

彼らは必ずしも全員が地球に関係する活動・任務を持っているわけではありませんが、中には地球に関する任務に直接携わっている者(スターピープル・ウォークイン達)をサポートするだけの存在達もいます。

そういった存在達は「チャネリング」やそれに準ずる方法で、地球にいるスターピープル・ウォークイン達にメッセージをもたらし、新しい技術や文化を地球にもたらす活動をしています。

宇宙船は違う次元に存在していることから地球の人々の目にさらされることはほとんどありません。

しかし、やろうと思えば自由に地球の次元と高次の次元を行き来することが可能です。

高次の存在達の波動の振動数は地球人よりもずっと高いレベルにあるため、多くの地球にいる人達からは見えませんが、彼らから地球人をみることはできます。

宇宙船内外には地球で行われている活動全てをモニターできるような科学技術がそっくり搭載されていて、地球の情報収集を行っています。

宇宙船の種類は多岐にわたっていて、乗員たちも多くのタイプや種族が存在します。

コンタクトの方法も、任務遂行の方法も実に様々ですが、全員に共通しているのは「地球に対するなみなみならぬ関心・興味を持っていること」です。

高次の存在達は寝泊まりする「家」として巨大な母船のほかに、彼らは小型の宇宙船をもっていて、実際の任務遂行にはこの小さな宇宙船を利用します。

地球でよく目にされる宇宙船は、この小型の宇宙船です。

なぜなら、任務遂行のため、この小型宇宙船はしばしば地球の3次元に出入りするからです。

ほとんどの活動は夜、彼らの姿がもっとも目につきにくい時間帯に行われます。

彼らの多くは様々な理由から人目にうつりたくないのですが、夜明けの時間帯に姿を見ることができるかもしれません。

宇宙船の中にいる高次元の存在達の生活は地球での生活と同様リアルなものです。

というのも、ほとんどの宇宙船が属している4次元などの世界は物質的な世界であり、地球の3次元の世界と似通っています。

(もっと高次元の存在達が存在する世界は物質的な性質が薄れていく傾向にありますが、彼らにとって自分たちがいる世界はリアルなのです。)

他にも宇宙船の中には5~7次元に属する非常に高次レベルの存在達がいます。

地球に関する任務のサポートを行っており、通常、彼らはほかの者たちを指揮する地位に就いています。

それぞれの存在達が一番自分たちの能力を活かせるポジションでそれぞれ活動を行い、スターピープル・ウォークイン達の活動もサポートしてくれています。

地球のサポートにきている高次元の存在達は、スターピープル・ウォークイン達を手助けすることはしますが、進化そのものには介入しない決まりになっています。

手助けのなかには、何も必要なものをすべて与えたり、困難や挑戦に遭わせないよう保護者の役を務めたり、自由意思による選択の結果を止めることなどは含まれていません。

高次の存在達は、地球の存在達にポジティブな影響を与えることではありますが、地球の存在達の自由な選択を尊重しており、メッセージや提案を無視されることも一切気にしていません。

ただ愛ある善意からそれらのサポートを行っているだけなのです。

地球に居る側である私達は、「高次元の存在達が何とかしてくれる」という考えがあれば手放し、自分から彼らのサポートを意欲的に活かし、より良い世界を創っていくことが望ましいでしょう。

実際に、この地球の世界をどうしていくかは、私達地球人の手にゆだねられているからです。

 

スターピープル・ウォークインの特徴:


高次元の存在達がスターピープル・ウォークイン達にコンタクトする方法についてお伝えいたします。

コンタクトのほとんどは、眠っている間の変性意識状態で、四次元世界で行われます。

コンタクトを経験している人の大半は、コンタクト中、アストラル体、すなわち4次元世界で標準とされる存在形態へと変化しています。

4次元世界は私達地球に居る存在達が体験している世界によく似ています。

そのため、夢の中でもある程度リアルな感覚で体験することができ、高次の存在達もメッセージを様々な形で伝えやすいのです。

この地球3次元にいながら、高次元の存在とコンタクトできるのは通常スターピープル・ウォークイン達に限られています。

コンタクト経験は地球の多くの人達にとって衝撃が大きすぎるのと、直接的コンタクトに対処できるだけの能力が備わっていないこともその理由の一つです。

「魂の同意・契約」を結び、その種のコンタクトを受けることを許可している人達もいて、そういった人たちはチャネリングなどを通じて地球にメッセージを送っています。

基本的には、あなたがそういったコンタクトに「ワクワク」するのであれば、おそらく何らかの形で高次元の存在達との繋がりがあるといえるでしょう。

「ワクワク」は自分の本質ができることや向かっている方向を知らせるサインだからです。

もし高次元の存在達とコンタクトすることに興味がある方は、今日から寝る前る前に「自分の縁のある高次の存在に対してメッセージをください」とお願いしましょう。

そして同時に近くにノートなどを置いた状態で「私は夢を思い出します」と宣言して寝てください。

それから朝目が覚めたらすぐにノートなどに何か思得ていることを片っ端から書き出していくと良いでしょう。

すると、そこにメッセージがあることに気づくでしょう。

自分の心に響くメッセージがあれば、それを実行してみることをオススメいたします。

自分に響かないもの、気乗りしないものは保留したり、スルーしても大丈夫です。

これは本当の自分に目覚めていく上で非常に素晴らしい方法です。

 

スターピープル・ウォークインの特徴:


スターピープル達の役割の一つとして、「無条件の愛」などの高次元の波動の「出入り口」となることがあります。

それは高次元の世界と結びつき、高波動のエネルギーを中継して、他者や周りの世界へと伝達することです。

多くのスターピープル達が高い波動を世界に放射し、伝達しておくことによって新しい世界が出現し始めます。

新たな波動エネルギーに地球の人々を適応させる方法としては、スターピープル・ウォークインのような存在を媒体として、少しずつ一般の人々に新たなエネルギーを伝えるという方法があります。

この方法では単にスターピープルが特定の人物の前に現れるだけでよく、そうすることでその人物は比較的容易にスターピープルのエネルギーに触れ、自分に必要なだけのエネルギーを存分に体内に取り込むことができます。

このことからもスターピープルやウォークイン達は「自分らしくただそこに存在するだけ」でも新世界の創造という重大な仕事をしていることになることが分かります。

人はスターピープル・ウォークイン達のような存在のエネルギーを体いっぱいに受ける機会が増えれば増えるほど、自分の「エネルギー体」に新たな波動を受け入れ、統合する能力が増大します。

この高次のエネルギーは感情を司る「感情体」にも癒しをもたらします。

このエネルギーを受けて体内で調和させることにより、情緒的な「閉塞物」が見事に取り除かれ、自由に感情エネルギーを表現できるようになるのです。

このように高次の存在達はスターピープル・ウォークイン達をエネルギーの出入り口として高次の波動をこの地球に広めていっているのです。

感情体を癒すことは地球が新しい世界に移行する上で非常に重要なステップです。

 

スターピープル・ウォークインの特徴:


スターピープル・ウォークイン達は人々を直接励まし、同時に新しいヒーリングの方法を地球にもたらすこともその役割の一つです。

スターピープルの資質を備えている人は、地球に転生する前に住んでいた星ですでにヒーラーとして働いていたことも多く、癒しに必要なあらゆる特殊な知識をすでに備えています。

スターピープル達は地球においてヒーリングのパイオニア的存在であり、その知識は一人ひとりの奥深くに眠っていて、夢や直観、ビジョンなどの霊的方法でその知識の記憶を目醒めさせられるでしょう。

多くは睡眠中、異次元で自分のヒーリング技術に磨きをかけています。

同時に、「惑星連合」のような高次元の存在達は、地球に居る縁のある存在達の無意識に知識・情報を送信し、霊的、感情的、知的、肉体的に発達できるようにサポートし続けてくれています。

有益な数学・物理学・科学的技術知識やヒーリングの新手法、発明などの情報も送信して地球の教育と文化を改善する手助けや、

地球の人々の意識のシフトを促す絵・音楽・映画・詩などを送信し、未来への心の準備を整えるために宇宙人関連のSFのアイデアも送り届けてくれています。

実際に、想像を絶する人達が高次元の存在達からの情報とインスピレーションを受信し、その情報に基づいて行動しています。

ただ、ほとんどの人はその情報や考えがどこから湧いてきたのかについて全く意識していないことが多くあります。

スターピープル・ウォークイン達の多くはそれぞれ教師、発明家、芸術家、音楽家、作家、科学者、チャネラーなどのサイキッカーとしての優れた天与の才に恵まれています。

スターピープル・ウォークイン達の一人一人が本当の自分らしさを開花させていくにつれ地球に黄金時代がもたらさせるのです。

 

スターピープル・ウォークインの特徴:


地球には今までにないほどたくさんのスターピープル達が転生してきていますが、多くの者たちがまだ真の自分に覚醒していません。

そのため、高次元の技術やエネルギーを地球に送り届ける出入り口役としての役割を最大限発揮できていないスターピープル達もいます。

その状況を打破するために、より多くのスターピープル達の覚醒を手助けし、傷を癒すことをしているスターピープル達もいます。

(私事ですが、この記事を書いている自分もこのブログやセッションを通じてその役割をさせていただいていると感じています。)

スターピープル達が覚醒すればするほど、そのスターピープル達が周りの人達に癒しをもたらすことができ、高次の波動エネルギーを世界に送り届けることができます。

充分な数のスターピープルが覚醒し、高次の波動のエネルギーが地球にもたらされるほど、地球全体の波動は上昇し、多くの人々がより高い意識の状態に容易に到達できるようになるでしょう。

そのようにして地球に新しい黄金時代(かつては天国と思われていた世界)が実際に顕現されるのです。

 

スターピープル・ウォークインの特徴:


スターピープル・ウォークイン達のガイドについてお伝えいたします。

スターピープル・ウォークイン達がガイドについて理解することで、今度は自分たちが地球の人達をガイドすることがどのような事なのかの方向性をつかむことができます。

通常、地球に高次の波動をもたらす役割を持っているスターピープル・ウォークイン達のガイド役をしているのは「惑星連合」のメンバーなど高次の光の存在達です。

ガイド達は、直観や、夢、感覚などの無意識に働きかける方法でコミュニケーションをとってきています。

場合によってはもっと直接的にテレパシーやサイキックな手段で働きかけていることもあります。

良いガイドであるということは、ある特殊な技術を必要とし、それは良いセラピストであることと似ているといわれています。

何をどれだけいうべきか、そしてどのような表現でいつそれを言うべきか、常にガイドは理解していなければならないからです。

つまるところ、ガイドの仕事とはガイドされる者の自由意思に介入することなく、本人の精神的姿勢、信念、思考、感覚、思想的傾向に影響を与えることに他なりません。

実際にガイド達は必要な条件を満たすために「いかにガイドすべきか」について広範囲、しかも詳細にわたる訓練を受けています。

ガイドされる側にとって信じたり受け入れることが困難な情報・知識をいかにして本人に知らせるかについての方法は、大幅に変更されつつありますが、

現在は、ガイドは相手が新しい物の考え方に徐々に慣れていけるよう、非常にゆっくりとことを運ぶこととなっています。

人間の自由意志と、そこから生まれる自然の発展に干渉しないため、誰かをガイドする際のガイドの主要な規則の一つとして、

「ガイドが尋ねてもいなければその情報を受け入れる準備も整っていないおせっかいな情報を与えることを避ける」

という規則があります。

一つの情報がガイドされる側にとって必要であるか否かを判断するのはきわめて難しいことから、ガイド役はガイドされる側の人間を非常に注意深く観察する必要があります。

実際に、ガイド達のほとんどは、ガイドを担当することになる人間のことを、相当前にいくつもの生涯にまたがってじっくりと観察、調査しているのです。

目標やゴールに達するまでの道が星の数ほどあるという事実を、ガイドは尊重しなければなりません。

ガイドする側、される側は、ともにどの道を選ぶべきかをテーマに二人三脚で取り組み、そこでガイドはガイドされる者にとってより好ましいと考えられるコースへとガイドされる者を少しずつ導いていきます。

(ガイド達はガイドされる者の無意識や夢に働きかける方法と使って自然な形で導く傾向にあります。)

高次に進化した ガイドはガイドされる側の人生の選択に干渉することはまずありませんが、お願いされたときには手助けできるように常に助言できる位置に自分を置いています。

これは高次の存在達や天使達などの光の存在達に対して共通のことですが、助言やサポートを受けるためには、受ける側の方から議論すべきテーマをあげたり、援助が必要な内容についてお願いする必要があります。

自由意思を尊重しているため、高次レベルに進化したガイド達は、受け取る側の想念に浮かんだテーマについて以外、積極的に問題提起してくることはないのです。

彼ら高次のガイド達の人を導く手法としては、すでにガイドされる側の心の知的側面に浮かんだ主題に関し、より自由に意見を述べるという形をとります。

また、時としてガイドの方から新しい質問や新たな領域に関するテーマを持ち出し、ガイドされる側がそれに応じてそのテーマに関する新たな質問を投げかけ、追求するまでじっと待っている、ということもあります。

ガイドされる側で何か無意識的に知りたくないと感じていることがあった場合には、ガイドはあえてそこには言及せず、ガイドされる側の意志を尊重するでしょう。

人類と地球に関する任務に就いているガイドや天使など光の存在達について理解しておくとよいことは、

「彼らの任務遂行が彼ら自身の成長と進化のためである」

ということです。

地球にいる人類へのガイド達の奉仕は、彼ら自身の進化の促進剤となっており、彼らは人類と関わり合うことを通じて何かを学んでいるのです。

人類から見れば「全知全能」のように見える光の存在達も、自分の目標を実現するためのすべての答えを知り尽くしているわけでもなく、全てが万能な存在ではありません。

ガイド達も人類と同じく、一つのことがうまくいくまで試行錯誤を続けます。

ガイド達もより高いレベルで学習の途上にあり、ただ、学んでいる領域が地球に居る人類と違うだけなのです。

今地球の人類が学びつつあることをガイドたちはすでに学習済みではありますが、だからといって彼らは自分たちの知っていることの伝達法を完全に心得ているわけではありません。

実際にガイド達は地球人類と同じように手探りで前に進んでいるのです。

これらのことを理解すれば、変な崇拝にもならず、親しみと敬意をもってガイド達と協力していくことができるでしょう。

この地球を現実的に3次元から5次元にシフトさせていくのはスターピープルであれウォークインであれ、地球の人類であれ、実際にこの地球に存在している人達の手にゆだねられています。

私たちは自分が何者であったとしても、自分の今できるところから手をつけ、ガイド達にも質問したりサポートしてもらいながら着実に進んでいく必要があるのです。

 

スターピープルの特徴:


スターピープルたちは宇宙全体の進化の計画を実行に移す惑星連合などのメンバー達と協力して仕事をしています。

ただし、その活動は寝ている間アストラル体で行われることも多くあります。

そして、アストラル体の場合は肉体年齢は関係がないため、幼い子供であったとしても同様に活動をすることができます。

今地球には赤ちゃんも含め今までにないほどたくさんのスターピープルたちが転生してきています。

もしかするとあなたのお子さんもスターピープルの場合、寝ている間にあなたと同じような活動を行っている可能性もあるということです。

 

教育分野におけるスターピープル・ウォークインの役割:


教育分野におけるスターピープルの役割は、新しい教育のシステムを地球にもたらすことです。

スターピープル達は社会システムの病んだ部分を癒し、新しく、より良い方法を見出そうと試み続ける革新者です。

スターピープル達は地球の教育システムを転換させることができる新しいアイデアや理解力を備えています。

すでに新しい教育のアイデアはそこにあり、より広大なスケールで実行されることをただひたすら待っているのです。

彼らはその新しいアイデアにアクセスし、この地球の現地で実際の形にする役割も持っています。

 
問題は、「システム」というものは変化に抵抗する傾向があり、自体が絶体絶命になったときにようやく、新しいプログラムを試してみようとする、という点にあります。

あなたが教育に関心がある場合、すでに自分の中にあるアイデアを実行に移し始めることが重要です。

というのも、そのアイデアを形にするのは「誰か」ではなく「あなた」だからです。

 
今地球の教育システムは上手く機能しておらず、現場で教えられている内容は地球の未来に対して不適切なものであることがほとんどです。

新しい教育は生徒たちに、「自分の頭を使って考えること」「工夫に富んだ思考力を持つこと」を教えることと関係があります。

 
これからの教育は「何かを教えて詰め込む」ものではなく「天賦の才能を引き出す」ものにシフトしていく必要があります。

さらには、「他者を愛すること」も教育の過程に盛り込むことは重要です。

今の地球の教育現場における、「知識・情報によって子供を訓練・プログラムしようという試み」は、子供たちの天賦の好奇心の芽をつぶし、

それぞれ個性に応じた独自の方法で学習しようという子供たちの足を引っ張る結果を招いています。

 
これからの波動の高い子供たちは特に、自分たち独自の方法で学ぶ自由を必要としているだけでなく、彼らが興味をもった事柄を学ぶ自由というものを与えられるべきなのです。

スターピープル達は、子供たちの天与の感性や才能に気づいており、その能力を開花させるためには独特のアプローチが必要であることも深いところで理解しています。

さらには人は何が自分にとって正しいのかを理解しており、自分の中の真実を追求することによって高いレベルの自己実現、幸福、そして生産性をもたらすことも知っています。

そのため、スターピープル達は「思考の自由」だけでなく、個人の希望や夢、感覚、直観、衝動にしたがって選択し、行動する自由を尊重する傾向にあります。

 
スターピープル達の多くは、地球以外の星、あるいは過去の地球での生活を経験したことがあり、そこでは思想の自由は完全に抑圧されていました。

それらの経験から彼らは今この地球で、教育システムを通じて「思考の自由」や「自由」そのものを世界に広めようとしているのです。

なぜなら、すべての活動の基盤は「教育」にあることを理解しているからです。

 
これからの新しい教育は知識を重視するのではなく、子供に自由な選択権をもたせ、自分の選んだ経験から(時に失敗から)学ばせ、

経験を通じて自己の才能を開花させるとともに、自分の人生に対する自己責任の感覚を養うような生きたものになることでしょう。

より具体的には、子供たちに学習したいコースを自由に選ばせ、子供たちの望む独自のペース配分でそれを学ばせ、必要に応じてコースに調整を加えていくことです。

それらの「新しい教育システム」は「変化に抵抗する」のではなく、「変化」そのものです。

子供たちに自分の望むものが何かを理解させ、その望みを追及させ、そしてその結果生じたすべての事柄に対する責任を担わせるのです。

 
革新者であるスターピープル達は学ぶことを愛しており、知識や知性というものを高く評価します。

しかし、知識や知性は人間のほんの一側面を表現するに過ぎないことも理解しています。

さらに新しい教育システムは子供の情緒的、身体的、そして霊的側面を総合的に育てるものでなければならないことも理解しています。

彼らの教育に関する展望は、子供たちの人格を「身体」「感情」「思考」「精神」をバランスよく総合的に育てるというものです。

そのためにまず、子供たちは自己実現を妨げたり、他人に害を与えたりすることのないよう、自分のネガティブな感情にうまく対処する方法を教える必要があります。

心に傷を負っていたり、自分の感情のままにふりまわされている人は、本人の可能性を十分に発揮して社会貢献することが困難なため、感情面の教育やケアはとても重要です。

この感情面に対する教育の役割は学校が担うことが最適であり、家族に任せるのは不適切であることも多いでしょう。

なぜなら多くの家族たちが絶え間ない感情的な刺激の連鎖を繰り返しており、自分の子供だからということで客観的に感情面のケアをすることが困難であることが多いからです。

 
さらには人間の霊的側面を育成することも重要です。

その際の重要なコンセプトは「一人一人が自分よりもよりさらに大きな何か(創造主・神・源)と自分とが一つの絆で結ばれている」ということを理解させるということです。

人は「大いなるものとの絆」を実感できない場合、分離した自己(エゴ)による自己中心的な「指図」に従う傾向が強くなってしまいます。

実際に自己中心的な発想が、今の地球のあちこちで生じている闘争と苦難の背後に存在する要因と言えるでしょう。

 
自己中心的な利益を追求することのなかには、これから地球が向かう世界に必要な真の平和はありません。

真の平和は、各人が「大いなるもの(ハイヤーセルフや源)」としっかりと繋がりを確立し、愛を実感しながら自らの感覚を大切にして行動することから生まれます。

高いレベルで調和した社会は、各々がこのように自己の中に愛に基づいて自発的に行動することから生まれるハーモニーの結果なのです。

自己の本質との繋がりを理解すれば、自分がどれだけかけがえのない存在であるかを実感することができます。

そして、そうなって初めて様々な経験を通じて人生を生きることは本当に素晴らしいことだと実感することができるのです。

そのためこれからの教育は自分の本質との繋がりを教え、それに伴った、愛や許し、協力、善への貢献の大切さを理解させる手助けをすることが重要でしょう。

多くのスターピープルが今地球を訪れ、様々なアプローチで以上のことを子供たちに教え、このようなコンセプトを地球に定着させようとしています。

 
スターピープルの多くは教育上の高い地位に就いているわけではなく、一般の市民であることがほとんどでしょう。

そのため、各人が他人任せにせず、草の根的に自らの中にあるアイデアを勇気をもって行動に移していくことが重要なのです。

行動に移す際には、自らをサポートしてくれている光の存在達がいることを常に理解し、さらには自らには地球をより良くするだけのパワーがあることを知っていることも大切です。

高次の存在達とも連携をとって、地球に新しい教育を根づかせるのは一人一人の個人に他なりません。

 
自分がスターピープルであるかどうかに疑問があったとしても、自らの中にあるアイデアを実際に行動に移していきましょう。

実際あなたの中にある「もっとこうだったら良いのにな・・・」というアイデアは、誰もが待ち望んでいあることなのです。

自分のアイデアや自分自身のことを軽んじず、一つ一つ大切にして、実際に行動に移していきましょう。

その結果、地球の各地にあらたな教育システムがもたらされ、その教育によって育てられた子供たちが新たな社会を創り出していくのです。

このように教育に関心のあるスターピープル達はとても重要な役割を持っているのです。

 

創造的芸術分野におけるスターピープル・ウォークインの役割:


創造的芸術は様々なアイデアや霊感(インスピレーション)や癒しをもたらす機会を提供することから、スターピープルの多くが芸術分野で活躍しています。

スターピープル達は変性意識にアクセスすることができ、そうすることで創造的なアイデア、音楽、絵画、文章、踊りなどの世界に高次元の波動をチャネリングすることができます。

自分の編成意識にアクセスし、様々な表現方法でチャネリングをした結果、スターピープルは鮮明な将来のビジョンを見たり、気持ちの高揚を感じたり、啓発されたり、癒しを得たりする傾向にあります。

 
宇宙をテーマにした作品は、これから先の宇宙時代の到来を人類に準備させる役割があります。

SF作家や映画監督たちは無意識化で宇宙の存在達とコンタクトし、作品のコンセプトを受け取っていることが多くあります。

このように芸術家の多くは、地球以外の世界や次元のイメージを受信しています。

その方法は、夜眠っているとき自らの多次元レベルの旅行によって体験しているか、目覚めているときに見ているビジョンのどちらかです。

 
この地球において異次元世界のイメージを受け取れる人は極めて進化した魂の持ち主であり、その霊能力を活用して人類の手助けをする役割を担っています。

実際にこれから先、人類は多くの銀河系と関わり次元を超越するようになります。

芸術家たちはその世界を先に体験し、その世界の情報を自分たちの独自の表現によって人々に知らせているのです。

天使や天国を表現した絵画や彫刻の増加は、ポジティブな時代の流れであり、それらの芸術は人々の心を高揚させ、希望を与え、人々に日々の生活の困難さを超越させる効果を発揮しています。

 
スターピープルの多くは、異次元世界からの音楽をチャネリングする役割を果たしています。

スターピープルによってチャネリングされる音楽は、異次元世界における人類のかつての記憶を目覚めさせ、他のスターピープルの覚醒を促す効果があるだけでなく、

今の人類に最も必要とされている癒し・ヒーリングをもたらしています。

その音楽を聴いた人は波動が上昇し、エネルギー場にある「しこり・ノイズ」を浄化されることによって癒しが起こります。

エネルギー場にある「しこり・ノイズ」は一度焼失しても再び現れる可能性がありますが、意識をシフトさせる行為をくり返すうち、

最終的にこれらのしこりは永久的に浄化させることになります。

 
音楽などを通じて高次の波動を何度も経験すると、その波動レベルの意識に戻ることがより容易になり、しかも、より長い時間その意識レベルにとどまっていられるようになります。

高次の世界をチャネリングした音楽を聴くことによって、高次の意識状態に導かれることが可能になり、日常生活でもそのような意識状態を保つことができるようになるのです。

 
波動を高め、癒しを促す点ではダンスもまた音楽と同じ効果を発揮します。

高次の波動をもった音楽に合わせて自由に体を動かすと、意識が高まり、エネルギーのしこりが浄化され、鋭い洞察やインスピレーションが得られることがあります。

「目醒め」を経験するための方法として人にダンスを教えているスターピープルも大勢います。

 
このように芸術は地球の波動を上げるためになくてはならない役割を果たしているのです。

芸術に興味のある方は、今できるところから自分の表現を始めてみることをオススメいたします。

それが上手か下手かは関係ありません。

その表現の背景にある高い波動が重要だからです。

自分がしたい表現をすることは、世界に高い波動をもたらし、目に見えない形で癒しや覚醒を促すことでしょう。

 

科学・医療分野におけるスターピープル・ウォークインの役割:


科学・医療分野は比較的保守的な領域であり、この分野に居るスターピープルの役目は、そこでの伝統的な価値観に疑問を投げかけることです。

さらには、特定の研究による新たな治療法の発見、人間への愛という視点により重きを置いた科学技術の発明も積極的に行っています。

スターピープルは人道主義者であり、同時に冒険家でもあります。

主流派に妥協せず、ある意味ゲーム感覚でその分野の先駆者となり、今までにない新しい流れを創り出していきます。

将来、この科学・医療の分野が新しいアイデアや発明を歓迎し始めるようになれば、スターピープル達によって、より多くの有益なアイデアがもたらさせるでしょう。

 
一方先駆者的なスターピープルの一部は、新事業を始めるなどの方法で他者の牽引役となるでしょう。

そのような先駆者たちは、実際に地球以外の星でも先駆者として世界に貢献するという偉業を成し遂げていることも多く、自信があって、転んでも立ち上がる弾力性に富んだ魂であることも少なくありません。

彼らは過去の経験を通じ、新規開拓の専門家となっているのです。

彼らは新しい変化を引き起こす先駆者として宇宙をところ狭しと旅して活躍し、そうすることにもっとも価値を見出しています。

そして、彼らはいったん新境地を開拓し、その後、自分の仕事をひきついで更なる変化をもたらす手腕に優れたものが現れたときには、すぐにそこから退く傾向にあります。

先駆者としてのスターピープルは勇敢で度胸があるだけではなく、優れた知性も備わっています。

ただしスターピープル達が道を間違わずにその能力を発揮するためには、知性だけではなく、霊性や情緒や霊性もバランスよく発達させる必要があり、その点でも地球は新しい教育の仕組みが必要となってきているのも事実です。

いずれにせよ自らの感覚を信じ、愛をもって行動を起こす人はどのような分野でも新しい流れを創り出す先駆者なのです。

 

ヒーラー・サイキック・チャネラーとしてのスターピープル・ウォークインの役割:


スターピープルのなかでは他のどの分野よりも、ヒーラー、サイキック、チャネラーなどとして活躍している者がたくさんいます。

今地球におけるヒーリングの需要がことのほか高いこともあり、この分野で活躍するスターピープルは少なくありません。

そして、ヒーリングなどに携わっているスターピープルたちは意識的・無意識的に高次元の存在達と地球人の橋渡し役として活動しています。

彼らはある意味で高次のエネルギーや情報の出入り口として機能し、地球に直接的に高次元のエネルギーや情報をもたらしているのです。

高次元の存在達も直接地球人にコンタクトするよりも、上記のようにヒーラーなどの存在を通して人類とやり取りすることを選ぶ傾向にあります。

それは単にそのほうが受け入れられやすく、より多くの良い影響をもたらすことができるからです。

 
基本的には高次の存在達が地球にいる人達とコミュニケーションする一般的な方法は、夢を用いた方法です。

普通、人は毎晩夢をみながら、同時に高次の存在達からの交信を受信しています。

交信の種類とその源は、受信者の興味の対象や生涯を通じて実行すべき任務、意識レベルなどによって変わることが多いです。

 
多くのスターピープルは寝て夢を見ている状態で、彼らの生涯の任務遂行に役立つ訓練を受けています。

たとえばヒーラーの多くは睡眠中、新しい治療法を伝授されています。

多くのヒーラーは先天的に備わっているヒーリングに関する知識を夢の訓練で思い出し、その知識をこの地球次元で使えるよう、手助けを受ける必要があります。

高次の次元で実践していたことであっても、この地球次元で使うとなるとまったく話が異なってくるからです。

まれにヒーラーたちのなかには、テレパシーやチャネリングなどを通じて高次の存在から直接指導を受ける人もいます。

このように高次の存在達と協力してヒーリングを行っている人たちはチャネリング・テレパシーを通して施術の手順、手の位置、特別なつぼに関する情報を得ながら施術します。

 
ヒーリング分野における進歩の多くは、チャネラーなどのサイキッカーの活躍によって実現しています。

彼らはヒーリングに関する新知識や新しい技術を地球にもたらすこと

この先もっと音を利用した技術が地球にもたらされるでしょう。

 
人体の健康の秘密を解き明かしていく上で、オーラ(身体のまわりに存在するエネルギー場)に関する理解を深めることが不可欠です。

すでに大勢のスターピープル達がこの分野に携わり、新しい知識や技術を地球にもたらしているところです。

他の領域におけるスターピープルと同様に、すでに人々の健康に関する分野で活躍しているスターピープル達は、「死後の生・世界」に関する理解を深めるための情報を地球に提供しています。

高次の視野からはこの肉体の死の危機は、死んでいく者と取り残される者の両方が「スピリット」との絆を経験する重要な機会となります。

死に対する人類の理解を変えるアプローチの一つとして、臨死体験を記述した書籍の出版があります。

実は臨死体験をする者はほとんどの場合、地球に転生する前に臨死体験をするという魂の合意を結んでいます。

大勢のスターピープルが、地球の人々を霊的領域に目醒めさせるとう目的で臨死体験者になることを自主的に立候補し、

彼ら自身、臨死体験というプロセスを通じて、自らの天賦の潜在能力に目覚めることがほとんどです。

このように臨死体験はしばしば、体験者に驚くべきヒーリング能力とサイキックパワーを与えています。

 
スターピープルは地球の普通の人よりも霊的に進化しており、ヒーリングやチャネリングを自然にできることも少なくありません。

ただ徐々に地球の目醒めを促すために、自分の力の全てを一気に開放することを控えていることもあります。

どのような能力も本来は人に備わっているものではありますが、今の地球の大多数の人達はそのことを忘れてしまっています。

そのため、人間本来の能力を目の当たりにすると、誤解される可能性もあります。

この3次元の世界は高次の世界に比べればゆっくりと変化が起こる傾向にあるため、スターピープル達も今できることから少しずつ行動を起こし、

それにともなって能力が開放されていくでしょう。

一気に奇跡を起こそうとしたり、奇跡的な覚醒を期待するよりも、今いるところから自分のできる範囲で自分の感覚を大切にして行動し始めることが重要です。


 
参考文献:『アセンションへの道~惑星連合からのメッセージ~』ジーナ・レイク著

=====================

自分の本質・故郷の惑星(ホーム)とつながるエネルギーワーク

===================== =====================

今の仕事から、だんだんと本当に自分らしい仕事・ライトワークにシフトするための実践型メルマガ講座はコチラ

=====================

関連記事

  1. FS190

    大天使を呼ぶ祈願と瞑想の方法

  2. FS004

    ライトワーク講座:あなたと世界を覚醒させる質問集

  3. pak86_houijisyaku20131005_tp_v

    ライトワーク講座・自分の理想の仕事を描いたら、後は些細なことは気にしないこと

  4. TSU92_syukuhuku_TP_V

    成功や幸せを今の活動と結びつけるワーク

  5. pak25_hikarimachinami_tp_v

    ライトワークを始める1:あなたのユニークさを見つける

  6. fdrsedrftgyuhij_tp_v-1

    アセンデッドマスターのリスト

  7. dscf4255-edit2-edit_tp_v

    仕事に関して今地球で起こっていること

  8. el140095240_tp_v

    あなたの波動はどのようにして上がっていくのか?

  9. FS149

    それは愛に基づいているのか、恐れに基づいているのか?関係には2つしかない。

本当の自分を知るテスト

  1. fdrsedrftgyuhij_tp_v-1
  2. In October of 2013 Hubble kicked off the Frontier Fields programme, a three-year series of observations aiming to produce the deepest ever views of the Universe. The project’s targets comprise six massive galaxy clusters, enormous collections of hundreds or even thousands of galaxies. These structures are the largest gravitationally-bound objects in the cosmos. One of the Frontier Fields targets is shown in this new image: MACS J0717.5+3745, or MACS J0717 for short. MACS J0717 is located about 5.4 billion light-years away from Earth, in the constellation of Auriga (The Charioteer). It is one of the most complex galaxy clusters known; rather than being a single cluster, it is actually the result of four galaxy clusters colliding. This image is a combination of observations from the NASA/ESA Hubble Space Telescope (showing the galaxies and stars), the NASA Chandra X-ray Observatory (diffuse emission in blue), and the NRAO Jansky Very Large Array (diffuse emission in pink). The Hubble data were collected as part of the Frontier Fields programme mentioned above. Together, the three datasets produce a unique new view of MACS J0717. The Hubble data reveal galaxies both within the cluster and far behind it, and the Chandra observations show bright pockets of scorching gas — heated to millions of degrees. The data collected by the Jansky Very Large Array trace the radio emission within the cluster, enormous shock waves — similar to sonic booms — that were triggered by the violent merger. For more information on Frontier Fields, see Hubblecast 90: The final frontier. Links  Hubblecast 90: The final frontier Link to Hubblesite release
  3. elly95_hanatotegami_tp_v-1
  4. oht97_nagareruhosi_tp_v
  5. 160512-8_tp_v
  6. FS196
  7. FS140
  8. FS151
  9. TSU852_icyounoochibadeakiwoshiru_TP_V
  10. PAK85_jinseimagarimichi20140102_TP_V
PAGE TOP