アルクトゥルスとは?アルクトゥルス人と繋がるとどうなる?

ohkobayashi_img47961_tp_v

<PR>アルクトゥルス人と繋がるセッション


 
アルクトゥルスについてのまとめを書かせていただきます。

アルクトゥルス星に縁を感じる方は是非参考にしてみてください。

 

<アルクトゥルス人とは?その特徴についてまとめ>


・アルクトゥルス星は地球から約37光年離れたところにあります。

 
・アルクトゥルス人は地球の存在する宇宙においてもっとも高い知性をもつ部類の種族です。

彼らのテクノロジーはほかの超銀河文明よりもはるかに進化しています。

アルクトゥルス人は言語ではなくテレパシーでホログラムのやり取りによってコミュニケーションします。

もしかするとあなたも言語ではなくテレパシーでほろぐらむ

 
・アルクトゥルス人は5次元~12次元の間で存在し、自分という存在を楽しむ資質を大いに持ち合わせています。

 
・アルクトゥルス人たちは、光の領域に存在しているため、基本的にはこの3次元の地球に姿を現すことはありません。

しかし、みずからの波動を下げて低い波動領域を楽しみ、必要とあれば喜んでそうします。

この3次元の世界に姿を現すほど宇宙船の周波数を落とすには膨大なエネルギーが必要なため、

簡単なことではないとアルクトゥルス人達は言っています。

アルクトゥルス人達によっては、高い周波数の領域で活動するほうがずっと容易ではありますが、

必要に応じて私達地球人が住む3次元の世界に物質化することができるようにしているといっています。

 
・アルクトゥルス人は柔軟性と冒険的な魂をもち、とほうもなく機略にたけた布陣の達人達です。

どんな状況も多次元的に眺めることができ、同時に過去・現在・未来の視点から分析することすらできます。

このようなものの観方はアルクトゥス人のDNAに織り込まれているものです。

もしあなたもアルクトゥルス人と繋がりが強まればこのような資質を身に着けることもできるでしょう。

(もともとアルクトゥルス星出身の魂の場合は、このような資質が思い出される、という表現のほうが正しいかもしれません。)

 
・アルクトゥルス人で地球でも有名な存在にサナート・クマラがいます。

サナート・クマラは9次元の存在で、この地球や太陽系、銀河系の守護者として知られています。

サナート・クマラは今から1千万年前に、京都の鞍馬山に降り立ちました。

後に、同じ場所で臼井甕男氏にレイキというヒーリングの方法をチャネリングのようなカタチで教えたのもサナート・クマラです。

 
・アルクトゥルス人の他の特徴として、使命の追求があります。

彼らは戦いを好むわけではないのですが、恐れ知らずで勇敢です。

自分たちよりも強大に見える勢力に遭遇したときにも、つねにその相手に相応しい対処法や振る舞い方を探り出します。

必要とあれば行動をためらいません。

全ての行動は、最善の結果を導くために可能なかぎり多角的に分析したうえで決定されます。

しかし、どれほど良い意図から起こした行動でも、この宇宙では賭けになるとサナート・クマラは言っています。

なぜなら、どんな行動にも対立する力が生じるからです。
 

<アルクトゥルス人の使命>


・アルクトゥルス人達は、博愛精神のもと、生命と知性と自由を進化させるために地球や銀河系の守護者としての役割を担っています。

存在するものはみな、他者の自由を侵害しない限り自由であるべきだと思っています。

アルクトゥルス人の使命をさらに細かく見ていくと、以下のようになるといっています。

生命()と知性と自由(守り甲斐のある場合に)を守ること

 
・アルクトゥルス人の使命を現実化させるために2つの作戦がとられています。

作戦1


宇宙船とテクノロジーによって地球人に害をもたらす存在達から地球を守ること。

宇宙には人間の否定的な感情を食べている存在など、様々な実際に害をもたらす存在達がいます。

アルクトゥルス人はこういった存在が地球に近づいて目に見えない操作を与えないように手助けしてくれています。

作戦2


アルクトゥルス人と地球人の間にミクロトンネルといわれるコミュニケーション回路をたくさん開通させること。

ミクロトンネルは個人がアルクトゥルス人とコンタクトする準備ができてその意志が固まったときに開かれていきます。

そうすると、その人の高次の相である高次元の身体がアルクトゥルス人のところへやって来たり、

ときにはアルクトゥルス人達がその人のところへ行くことができるようになります。

それによって、多くの有益な情報やエネルギーを地球人にもたらし、意識を開くのを促進します。

すると地球人達は地球を覆っている隷属や暗さ、支配などのベールを突き抜け、新たな可能性を発揮できるように手助けすること。

このベールは、今まで地球人がつくりあげてきた集合意識的なエネルギーともいえます。

<さらにミクロトンネルについて2つのこと>


1.

意識の交信に求められる心身の活動レベルについて

アルクトゥルス人が3次元の世界に降りてくるのは非常にエネルギー消費が激しいため基本的にはあまりありません。

そのためもしアルクトゥルス人と接触したい場合は、向こうからの直接コンタクトを待つよりも、

地球にいる私やあなたが自分の心身を調整してミクロトンネルをつくるようにすることが良いでしょう。

2.

ミクロトンネルが接する身体の部位やエネルギー場について

ミクロトンネルは超空間を通って人間のエネルギー場(オーラ)と繋がります。

さらに特定させると、一つか複数のチャクラということになります。

ほとんどの人は、「第三の目のチャクラ」か「クラウンチャクラ」を通じてアルクトゥルス人と接触します。

ミクロトンネルがあなたの一つ以上のチャクラと繋がると、チャクラの渦のエネルギーが影響を受けます。

それによってエネルギー体のギアがシフトされるようになり、それにつづいて脳と意識が適応するようになります。

アルクトゥルス人やその宇宙船とのミクロトンネルが形成されると、

脳でα波の活動が増大する、身体にリラックスした気づきの状態をもたらす、

など人間の脳の状態や生理活動に好ましい変化が生じます。

ミクロトンネルの影響力がチャクラ付近で大きくなると、周波数の高い脳波であるγ波が現れるだけでなく、

γ波を超えてさらに脳活動の高い値(120ヘルツ以上)にまで上昇します。

他にも、知覚に大きな流動性が生まれ、

少なくとも同時に2つの現実(地球次元にいる自分とアルクトゥルス人と接触している高次元の自分)を認識するようになります。

<あなたの宇宙レベルの潜在能力を発揮するには?>


・人間は多種多様な銀河文明から種子を受け継ぎ、たぐいまれな素質や才能を宿しています。

しかし今のところそれらは休止状態で、DNAの使われていない部分に存在しています。

もしあなたが真の自分としての潜在能力を発揮できるようになりたい場合は、第一に必要なのは自分自身の浄化です。

あなたの心と思考形態、細胞の記憶、オーラ体などから様々な権力や存在達に埋め込まれてきた嘘やしがらみをキレイに浄化する必要があります。

<自分自身を癒し、浄化する方法>


・アルクトゥルス人によると、宇宙には高次元のヒーラーが存在しており、眠りにつく前に癒しを依頼すれば誰でもヒーリングを受けることができるということです。

高次元の存在達は、私たちの自由意志を尊重しているため、ヒーリングを受ける場合にはコチラ側からお願いをする必要があります。

もし「自分は癒されるに値しない」「癒されることに対する恐れがある」など、

自分がヒーリングを受けることを妨げるような思い込みがある場合は、それを自己対話して認識し、根こそぎ一掃する必要があります。

ヒーリングをお願いする際には、自分が求めているヒーリングを具体的に伝える必要があります。

このヒーリングの依頼は、頭の中の思考によって行います。

あなたが思考したことは放送波として宇宙に送り出され、その思考に適切なヒーラーがあなたの依頼を受信し、実際にヒーリングをしてくれる流れです。

実際にヒーリングを依頼すると、敏感な人であれば、彼らの働きぶりをありありと感じると思います。

ヒーリングのエネルギーを実際に感じることもあれば、夢で見ることもあります。

この記事を書いている私も実際に高次元のヒーラーに寝る前に具体的なヒーリングをいくつかお願いしましたが、

とても精妙なエネルギーを寝ている間に感じ、次の朝本当にすっきり目覚めることができました。

 
・どれくらい回復するかは、そのヒーラーの熟練度と癒しを受け入れるあなたの意志できまります。

そのためこのようなヒーリングを受ける場合には、

「可能な限り高度な癒しを具体的に依頼」し、

「できるだけ優れたヒーラーが来てくれるように要請」することです。

同時に重複しますが、「自分がそんな癒しを受けるにふさわしくない」というような考えやイメージがあれば、積極的に手放し、一掃する必要があります。

上記のことを行えば、あなたにとって最高レベルの癒しにつながるでしょう。

 
・自分を浄化することに関して、あなたの中にある限界をつくっている情報についてお伝えいたします。

アルクトゥルス人からの情報によると、私達地球人のDNAにはその存在本来の素晴らしさを妨げる以下の2つの情報が埋め込まれているといいます。

<地球人のDNAに組み込まれている情報について>


DNAの中にあるあなた本来の存在性をそこねる情報1:


大昔に高次の存在が身体の中に閉じ込められたときに感じた、

物質に閉じ込められてしまった感覚と、

故郷に帰りたいのに帰れないという無力感が根強く残っています。

この感覚は自分たちの身体の根底に埋め込まれている感覚です。

集合意識の奥深くにも同様に、物質に封じ込められた閉塞感や、

いくら故郷(安心できる場所や天国)に帰りたくてもどうにもならないというエネルギーがあります。

私達地球人は自分自身の身体にあるDNAと集合意識のエネルギーの両方から、

この閉塞感や無力感をほぼ自動的に感じるようにさせられています。

そのため、

何かをしてもどうしようもならないという諦めや、

自分が本当に望んでいる世界(天国)には到底到達することはできないという無力感を感じてしまうのです。

これらの情報はまったくもって真実ではありません。

しかし、それが自動的に沸き上がる感覚であるということを自覚していないと、いつまでたってもこの感覚にとらわれ続けてしまうことになります。

DNAの中にあるあなた本来の存在性をそこねる情報2:


もう一つの情報は、アヌンナキという宇宙の存在が奴隷人種を生み出す目的で実施した遺伝子操作に関係があります。

その遺伝子操作の影響を要約すると、神(全てを決定づける存在)は自分の外側にいて、

その存在次第によって自分の人生は決められると思い込むようになっているということです。

別の言い方をすれば、私達地球人のDNAには高次元の力に対しては奴隷になるような指示がコード化されているということです。

そのため、人は自分をはるかに超えた「神」(自分の人生を支配している存在)との正しい関係を切望するようになり、

さらには、強者には服従し、崇拝してしまうという傾向があります。

 
この遺伝子情報があることによって、以下のようなことが自動的に起こることがあります。

⇒自分が生き残ることに大きく関係する主人や神のような存在の機嫌を取る。

⇒神や権力者や上に立つ人に見放されないように頑張ったり、

自分をよく見てもらうように自分の本心を捻じ曲げてこびへつらってしまう。

⇒間違っていると感じても絶対的な力を持っているように感じる人のもとに服従し、その人を崇拝してしまう。

恐ろしい限りですが、自動的にこの反応が起こるようにはるか昔に遺伝子操作をされているのです。

この遺伝子情報も完全に宇宙の法則に沿ったものではありません。

 
自分の身体のDNAの奥深くにこのような反応を促すものがあることを自覚することから始めましょう。

そうすれば、今まで振り回されていたものでも冷静に対処することができ、

今までと違った新しい選択をすることができるようになります。

本格的にDNAのパターンを開放していきたい方へはエネルギーのヒーリングワークも行わせていただいております。

<アルクトゥルス人や別の惑星と関係がある人へ>


・高次元の星からやってきた人たちはそれぞれ特有のエネルギーを「放射」しています。

高次元の星との繋がりからくるエネルギーの放射をするあなたとずっと地球に住んできた人たちの間には、時として様々な圧力がかかるかもしれません。

しかし、もしかかったとしても、その圧力は炭素をダイヤモンドに変えるような圧力ともいえるでしょう。

もし地球外の星から来たとあなたが感じるならば、この地球特有の圧力に耐えられれば、人生から素晴らしい価値を引き出すことができるでしょう。

あなたの本質的なエネルギー放射は、人類への祝福となり、望ましい世界へのシフトを促進させるものです。

 
・自分自身がどのようなエネルギーを「放射」しているのかに気づけば、自分の本質についての理解が進み、

自分特有の能力もさらに発揮しやすくなります。

あなたはどのようなエネルギーをまわりに「放射」しているでしょうか?

自分では分からないことも多いので、よく周りの人からあなたに関して言われることはどのようなものでしょうか?

例えば「あなたがいるだけで周りの人が〇〇になりますね。」や「あなたから〇〇な印象を受けますね」など。

このような宇宙人の記事にひかれる人の場合、その放射しているエネルギーはこの地球がルーツでないことがほとんどです。

あなたがこのアルクトゥルス人の記事にひかれている場合は、もしかしたらあなたのルーツの星はアルクトゥルス星かもしれません。

別の惑星にひかれる場合は、その惑星があなたのルーツかもしれません。

自分のルーツの星を知ることは、自分自身のエネルギーのパターンの本質を理解することに繋がります。

ルーツの惑星が違えば、まったく物事に対する捉え方や対処の仕方も多くの地球人と違います。

出身の星が違うことを知れば、自分と典型的な地球人の違いが理解できるようにもなり、自分のことを変わり者として責めたりもしなくなるでしょう。

日本国内で住んでいる「地域」が違うだけでも、これだけの違いがあるのです。

もともと住んでいる星が違えば、その違いはとんでもなく大きなものになるでしょう。

つまり、違っていて当然なのです。

あなたは自分のルーツの星を理解し、意識的に繋がることによって、安心し、さらに自分特有のエネルギーの放射が強まります。

 
・もしかすると、あなたの放射するエネルギーはこの地球人の多くの人と違ったため、多くの人から裏切られたり、ひどい目に合わせられた過去生の経験もあるかもしれません。

そのような経験もあなたが浄化するべきものの一つです。

そのような経験があるとどうしても、あなたの本質的なエネルギーを放射することをためらってしまうことになるからです。

あなたが自分自身の真価を発揮したいと思うのであれば、自分自身がありのままの状態で放射するエネルギーの本当の価値や素晴らしさを自分で認め、

それを文字通りありのままに受け入れて愛する道を見出すことが必要です。

(これはこの記事を書いている私の経験上ですが、別の高次の星からやってきた人が自分らしさを発揮するときは、周りの人の反応は一切気にしないほうが良いです。

自分が自分らしい道を行き、好きにすることが結果的に周りにも良い影響を及ぼします。

ですので、多くの地球人の表面的な反応はあまり気にせず、あなたは自分が心地よいと感じる道を歩むことをオススメいたします。)

 
・もしかしたら、あなたは周りの多くの地球人と違うことについて、今までは悩んできたかもしれません。

しかし、実際はその違いこそが地球人への最大のギフトであるかもしれないのです。

つまり、あなたはその高次のエネルギーを地球にもたらすために、この地球にやってきたのかもしれないのです。

多くの地球人は現状維持を好み、大きなシフトには抵抗しがちです。

ただ、抵抗していても、今現在は宇宙の流れも関係して、地球の波動は変化し続けています。

もしあなたがアルクトゥルス星のように高次の星出身の場合は、あなたの放射するエネルギーは周りを自然に良い方向に変化させる力があります。

周りの人があなたに対して抵抗をしめしても、それ自体が「地球ではよくありがちなこと」ですので、あまり気にしないようにしましょう。

むしろ周りの反応は一切気にせず、あなたはあなたらしく居続けることに徹することが、この地球にとっても、まわりの人たちにとっても結果的に最善の結果をもたらすでしょう。

何よりもあなた自身も楽だと思います。

高次の星からやってきた人は、地球人や地球の文化に関して「理解」はする必要はありますが、「周りに合わせて気を遣う」必要はないと私は感じます。

ライトワーカーの人はむしろ「空気を読まない」くらいで丁度よいのです。

あなたが少しでもやりたいなと感じることをどんどん表現していきましょう。

 
・ライトワーカーの人は自分自身の使命と同時に自分の心の声も大切にする必要があります。

どうしても世界や周りの人のために奉仕や貢献しすぎてしまい、自分自身のことを大切にしないことが多くあるように見受けられます。

何事にもバランスはとても重要であるとアルクトゥルス人達も言っています。

特にアルクトゥルス星と繋がりが強い人は、つねに使命に没頭する傾向にあります。

それは時として自分の心の声を意志で押し返し、使命の遂行に向かいすぎてしまうことになるかもしれません。

自分だけに意識がフォーカスしすぎても問題ですが、うまく自分も他人も大切にするバランス地点を常々見つけていく必要はあるでしょう。

自分の心をないがしろにすることなく使命に忠実であること、どうすれば使命をないがしろにせず自分の心に忠実であれるのか、

このバランスをとることはとても重要なことです。

~アルクトゥルス人ともっと繋がりたい方へ~


アルクトゥルス人ともっと繋がりたい人のためにセッションを行わせていただいております。

興味のある方は以下をご参照ください。

アルクトゥルス人と繋がるセッション


 
参考文献:『アルクトゥルス人より地球人へ』トム・ケニオン&ジュディ・シオン著

=====================

自分の本質・故郷の惑星(ホーム)とつながるエネルギーワーク

===================== =====================

今の仕事から、だんだんと本当に自分らしい仕事・ライトワークにシフトするための実践型メルマガ講座はコチラ

=====================

関連記事

  1. TSU92_syukuhuku_TP_V

    成功や幸せを今の活動と結びつけるワーク

  2. FS149

    それは愛に基づいているのか、恐れに基づいているのか?関係には2つしかない。

  3. hiro92_tukinomieruoka_tp_v

    ライトワーク講座:喜びをもっと増やすことに意識を向ける

  4. the-chakras-1165600-639x493

    心臓をとおして感謝の波動と共鳴し、恍惚の波動状態になるワーク

  5. pak86_houijisyaku20131005_tp_v

    ライトワーク講座・自分の理想の仕事を描いたら、後は些細なことは気にしないこと

  6. 160512-8_tp_v

    ハイヤーセルフとは?ハイヤーセルフと繋がるとどうなるのか?

  7. DSCF4255-Edit2-Edit_TP_V

    エネルギーワーク講座:オーラを浄化し保護するエネルギーワーク

  8. pak25_hikarimachinami_tp_v

    ライトワークを始める1:あなたのユニークさを見つける

  9. ill151201503784_tp_v

    ライトワーカーのための記事まとめ

本当の自分を知るテスト

  1. fdrsedrftgyuhij_tp_v-1
  2. In October of 2013 Hubble kicked off the Frontier Fields programme, a three-year series of observations aiming to produce the deepest ever views of the Universe. The project’s targets comprise six massive galaxy clusters, enormous collections of hundreds or even thousands of galaxies. These structures are the largest gravitationally-bound objects in the cosmos. One of the Frontier Fields targets is shown in this new image: MACS J0717.5+3745, or MACS J0717 for short. MACS J0717 is located about 5.4 billion light-years away from Earth, in the constellation of Auriga (The Charioteer). It is one of the most complex galaxy clusters known; rather than being a single cluster, it is actually the result of four galaxy clusters colliding. This image is a combination of observations from the NASA/ESA Hubble Space Telescope (showing the galaxies and stars), the NASA Chandra X-ray Observatory (diffuse emission in blue), and the NRAO Jansky Very Large Array (diffuse emission in pink). The Hubble data were collected as part of the Frontier Fields programme mentioned above. Together, the three datasets produce a unique new view of MACS J0717. The Hubble data reveal galaxies both within the cluster and far behind it, and the Chandra observations show bright pockets of scorching gas — heated to millions of degrees. The data collected by the Jansky Very Large Array trace the radio emission within the cluster, enormous shock waves — similar to sonic booms — that were triggered by the violent merger. For more information on Frontier Fields, see Hubblecast 90: The final frontier. Links  Hubblecast 90: The final frontier Link to Hubblesite release
  3. elly95_hanatotegami_tp_v-1
  4. oht97_nagareruhosi_tp_v
  5. 160512-8_tp_v
  6. FS196
  7. FS140
  8. FS151
  9. TSU852_icyounoochibadeakiwoshiru_TP_V
  10. PAK85_jinseimagarimichi20140102_TP_V
PAGE TOP