それは愛に基づいているのか、恐れに基づいているのか?関係には2つしかない。

FS149

物事との関わり方は本質的には2つの違いがあります。

それは、愛に基づく関係と、恐れに基づく関係です。

そして、実際に愛に基づく関係こそ真実や本質に近く、恐れに基づく関係は偽りであり、3次元の人格的な勘違いであるということです。

愛に基づく人間関係は関わりあうことによってお互いが広がり合い、拡大していく関係です。

恐れに基づく人間関係はかかわりあうことで縛られたように感じたり、それによってダメージを受けたり、悪影響を受けたりしていると感じる関係です。

愛に基づく関係は守るものがありません。

恐れに基づく関係は守るものしかありません。

どんなことでも自分が何かと関わりあうときには愛に基づく観点から物事を見るようにしましょう。

これから何かを始めるときも愛に基づいて発想しましょう。

「これをやりたいけど、もしやろうとするとあんなことや、こんなことがジャマしてくるんじゃないのか?」

など考えてしまうときは恐れに基づく観点から物事を見ています。

愛に基づく観点から見た時は、「これをやったらこんなに良くなる。自分だけでなく周りの人まで良くなってしまうかもしれない。」という風に広がりがあるのです。

ポジティブがネガティブかという言葉は、愛か恐れかという言葉と同じ意味です。

よりポジティブに考えるということは、より愛の方向に向かって考えるということです。

よりネガティブに考えるということは、より恐れの方向に向かって考えるということです。

愛に基づいて考えているときは、自分の7つのチャクラのうちハートチャクラよりも上のところに意識があります。

逆に、恐れに基づいて感がているときは大体が太陽神経叢のチャクラ(第3のチャクラ)に意識が向いています。

慣れてくるとこの感覚の違いがよく分かるようになります。

そして、太陽神経叢のチャクラに意識が落ちているときは、それはありもしない幻想をもとにして生きている状態です。

ほとんどが過去にあったつらい出来事と同じようなことが起こることを恐れていたり、自分だけが生き残ろうとするようなことばかりに意識が行きます。

3次元の意識で生きるということ、つまり恐れに基づいて生きるということは、サバイバル的な発想です。

5次元の意識で生きるということ、つまり愛に基づいて生きるということは、天国的・楽園的な発想です。

どちらの次元も常に同時に存在し、完全に自分の意識的な選択でどちらの次元で生きるかを決めることが出来ます。

これからは常に意識的に愛の方向に向かう選択をしていくことを強くお勧めいたします。

実際にはあなたの本質は愛に基づいて存在しています。

あなたの人格は恐れに基づいて存在していることが多いです。

恐れがあるときは、それは偽物であることを知り、改めて、愛に基づいた視点で物事をとらえなおすことが大切です。

=====================

自分の本質・故郷の惑星(ホーム)とつながるエネルギーワーク

===================== =====================

今の仕事から、だんだんと本当に自分らしい仕事・ライトワークにシフトするための実践型メルマガ講座はコチラ

=====================

関連記事

  1. l201212242000

    スターピープルとは?スターピープル・ウォークインの特徴と能力の活かし方

  2. FS130

    強力な4つの祈り

  3. imarih20160806555319_tp_v

    ライトワーク講座:自分の羽根を生やす方法

  4. oht97_nagareruhosi_tp_v

    ライトワーカーの3つのタイプとは?

  5. ohkobayashi_img47961_tp_v

    アルクトゥルスとは?アルクトゥルス人と繋がるとどうなる?

  6. pak25_hikarimachinami_tp_v

    ライトワークを始める1:あなたのユニークさを見つける

  7. dscf4255-edit2-edit_tp_v

    仕事に関して今地球で起こっていること

  8. KAZ93_enkeiskytree_TP_V

    グラウンディングの方法|グラウンディングの重要性について

  9. 161103195224dscf7021_tp_v

    ライトワークとお金の付き合い方

本当の自分を知るテスト

  1. fdrsedrftgyuhij_tp_v-1
  2. In October of 2013 Hubble kicked off the Frontier Fields programme, a three-year series of observations aiming to produce the deepest ever views of the Universe. The project’s targets comprise six massive galaxy clusters, enormous collections of hundreds or even thousands of galaxies. These structures are the largest gravitationally-bound objects in the cosmos. One of the Frontier Fields targets is shown in this new image: MACS J0717.5+3745, or MACS J0717 for short. MACS J0717 is located about 5.4 billion light-years away from Earth, in the constellation of Auriga (The Charioteer). It is one of the most complex galaxy clusters known; rather than being a single cluster, it is actually the result of four galaxy clusters colliding. This image is a combination of observations from the NASA/ESA Hubble Space Telescope (showing the galaxies and stars), the NASA Chandra X-ray Observatory (diffuse emission in blue), and the NRAO Jansky Very Large Array (diffuse emission in pink). The Hubble data were collected as part of the Frontier Fields programme mentioned above. Together, the three datasets produce a unique new view of MACS J0717. The Hubble data reveal galaxies both within the cluster and far behind it, and the Chandra observations show bright pockets of scorching gas — heated to millions of degrees. The data collected by the Jansky Very Large Array trace the radio emission within the cluster, enormous shock waves — similar to sonic booms — that were triggered by the violent merger. For more information on Frontier Fields, see Hubblecast 90: The final frontier. Links  Hubblecast 90: The final frontier Link to Hubblesite release
  3. elly95_hanatotegami_tp_v-1
  4. oht97_nagareruhosi_tp_v
  5. 160512-8_tp_v
  6. FS196
  7. FS140
  8. FS151
  9. TSU852_icyounoochibadeakiwoshiru_TP_V
  10. PAK85_jinseimagarimichi20140102_TP_V
PAGE TOP